★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK255 > 453.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
“費用対効果”重視のトランプが辺野古に待ったをかける日(日刊ゲンダイ) 
http://www.asyura2.com/18/senkyo255/msg/453.html
投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 12 月 26 日 10:30:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 


“費用対効果”重視のトランプが辺野古に待ったをかける日
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/244378
2018/12/26 日刊ゲンダイ


トランプ米大統領(=ロイター)に声は届くか/(C)共同通信社

 沖縄に駐留する米海兵隊のための辺野古新基地建設。「辺野古が唯一」を繰り返す安倍政権は、沖縄の民意を無視し、埋め立て工事を強行している。そんな中、米軍の元高官が、「在沖米海兵隊に戦略的な必要性はなく、存在理由は米国の経済的負担軽減」だったことを証言した。辺野古基地は完成に最低でも13年、2.5兆円かかる。経済合理性を重視する“経営者”のトランプ大統領のこと。「待った」をかける可能性もあるんじゃないか。

 元米国陸軍大佐のローレンス・ウィルカーソン氏(73)が、琉球新報(23日付)のインタビューに登場。ブッシュ(息子)政権で、パウエル国務長官の首席補佐官を務めた人物だ。1990年代初頭、米海兵隊大学校の責任者として、冷戦終結に伴う米国内外の米軍基地再編・閉鎖の調査研究などを分析した。

 当時の分析によると、沖縄の海兵隊について日本政府が多額の駐留経費を支払っているため、「カリフォルニア州での費用より、米側の負担は50〜60%安く済んでいた」と指摘。加えて、沖縄の海兵隊員を米本土に戻しても駐留させる場所がなかったため、海兵隊幹部が兵士削減を恐れたという。つまり、沖縄の海兵隊は、米国の財政と軍幹部の都合で駐留しているに過ぎないということだ。

「とても重大な証言です。沖縄海兵隊の戦略的価値を強調して、辺野古基地を進める論拠にしてきた安倍政権の前提が崩れることになります」(元外交官の天木直人氏)

■海上滑走路を「ばかげている」とバッサリ

 さらに、インタビューでウィルカーソン氏はこう続ける。

「(抑止力は)もろ刃の剣だ。抑止力の一方で、米軍の駐留は中国の軍事費を拡大させ、より強力な敵にさせる」

「(朝鮮半島有事の在沖海兵隊の派遣は)戦闘が終わってからしか現地に到着しないだろう。60万人の韓国軍にとって微少な追加でしかなく、戦略的理由はない」

 戦略的必要性がない以上、辺野古基地は米国の財政上もむしろ重荷だ。ウィルカーソン氏も、多額の費用のかかる海上滑走路を「ばかげている」とバッサリだった。

「トランプ大統領は“費用対効果”で判断する人です。シリア派遣も、割に合わないから撤退を決めました。辺野古基地が戦略上意味がなく、コストばかりがかかる代物だと分かれば、これまでの経緯を無視して『辺野古やめた』と言い出す可能性は十分あります」(天木直人氏)

 米政府に辺野古工事の停止を求める署名は16万筆を超えた。聞く耳を持たない安倍首相よりもトランプ大統領の方が脈がありそうだ。




























関連記事
<想田和弘氏、絶句するしかない!全員読んだ方がいい>「戦略的必要性ない」 在沖海兵隊に元米軍高官言及 90年代分析 
http://www.asyura2.com/18/senkyo255/msg/390.html


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 赤かぶ[2397] kNSCqYLU 2018年12月26日 10:41:06 : foLi271siw : Gk_qr4u6MEE[863] 報告


2. 赤かぶ[2398] kNSCqYLU 2018年12月26日 12:03:03 : foLi271siw : Gk_qr4u6MEE[864] 報告


3. 2018年12月26日 13:01:17 : 9UAcvE8k3E : MbycC56598Y[1] 報告
天木氏>「トランプ大統領は“費用対効果”で判断する人です・・・これまでの経緯を無視して『辺野古やめた』と言い出す可能性は十分あります」


 ”現実的なものは理性的、理性的なものは現実的”と言ったはヘーゲル大先生じゃが、今は力関係から辺野古にバンバンと土砂がブッコまれるんが当然にみえても、この無意味さ・合理性なさ・非経済性から、必然的に辺野古撤退に流れが変わっていくし、また変わざるえない、これが歴史の弁証法ちゅうもんじゃろう。辺野古の無意味さ・非合理性を、頭脳の中に体現させる者が、商ん人としてのトランプでは。トランプの人生哲学からみれば、シリアなんか馬鹿馬鹿しいくってやっちょれんし、辺野古も同様となる。ただ、シリアや沖縄海兵駐留で利益えてきたもんがいるから、今はその連中とのせめぎ合い、それがオーバルルームから漏れてくる死闘だ。ハッキリ言えることは、最後は辺野古は勝つ、安屁やすだれガースは惨めに敗退つうことだ。10/4阿修羅<米紙NYが異例の社説!・・・ワシントンとトーキョーは妥協策を見つける時だ>サイトで、下記コメ載せたので再掲する。

 <プラグマチズムの国アメリカは、理性的・合理的に素早く行動できる国だ。役に立たない、利益を生まない、不合理なものと判断すれば、過去の如何なるしがらみあろうと素早く捨てる。この風土の上に、デイーラーの才覚もつトランプが加わった。トランプの判断基準は、いかなるものであれ結果としての、結論としてのお金の量で判断する。いかなる取引であれ、外交であれ政治であれ、あるいは貿易であれ、結果としてお金の量を増やしたか否か、それで判断する。これも一種のプラグマチズムだろう。
 アメリカの従来の対朝鮮政策とは何か、軍事的緊張を煽り継続することが対朝鮮政策であったが、そのためにアメリカは莫大なコストを払ってきた。その代わりに何を得たか、アメリア経済の沈下、サンベルト、中産階級白人の貧困化、国境の壁等々、お金を得るどころか、真逆じゃあねえかと、これがトランプの偽らざる心境だし、意識するにせよしないにせよ、多くのアメリカ人も同様だ。
 沖縄の米軍とは何か、2万2千人の米兵を置くことで、アメリカが負担してきたコストは、半端でなかった。確かに日本側は、毎年およそ40億ドル(思いやり予算約3500億円)負担してるが、総体的にアメリカが被ってきたコストは、甚大だった。朝鮮問題にケリつけたら、連動して沖縄米軍問題もケリつけるべきだと、トランプや彼に連なる有力アメリカ支配層の一つが、現今こう考えているかは別として、いずれはこうした方向に行くだろうし、又それも必然だろう。最近のトランプ周辺を観察してると、こうした洞察は、まあ間違っても的に遠からずだろう。今次NYT社説も、こうしたアメリカの雰囲気を表したものでは >

4. 2018年12月26日 14:09:56 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-10352] 報告
戦争といえば共産主義国が相手なのが当然だというシチュエーションにばかり拘る日本の右翼とプロパガンダに沿ってアラブから共産主義国まで相手を問わず戦争を仕掛けようとする米国との間に実際にはあまり国益的な共通点はないように思える。そのズレがこれからどこで生じてくるか。

[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理
5. 2018年12月26日 16:17:52 : epj0chJy4E : kOLfGatuiZQ[1] 報告
トランプ氏に言わせたいセリフは

”沖縄基地と海兵隊に掛ける日本の金を、
そっくり全部アメリカ兵器購入に回せ! ァヘ〜!”

ですかね〜?。

6. 2018年12月27日 03:11:46 : IJjjrLkBu1 : Tp0IihGPIW0[3794] 報告
   米国は以前から、辺野古軍事基地問題は日本の国内問題だと述べていたように、普天間の部隊はいずれグアムへと移転することが決定されている以上、普天間から辺野古へ移転という選択肢は米国には無く専ら日本の中枢が何等かの理由で固執している事は明らかだ。
   辺野古基地建設を大型公共事業の一環とし早くから周辺土地を買い占めていた政財官が諦め切れないか、もしくは沖縄県が軍事関連の土建事業を嫌いノーを首長が突き付けた事を以て、防衛省に楯突く自治体として先例を作ってはならじと捻じ伏せることを自民防衛省軍需産業が一致したからであろう。
   調査工事の段階で既にコンクリート塊を珊瑚の上に投げ入れるような工事に対して、翁長氏が中止を決断したのは建設工事の施主として当然であり、家一軒作るのでさえ、当初の契約と話しが違えば一旦ストップは常識である。
   杜撰な工事は、本土ではいざ知らず、環礁地帯は土砂が環礁内に留まり珊瑚の上に堆積、太陽光を遮られた珊瑚は死に至り周辺の海洋生物も死滅するため、緻密な対応が必須である。
   珊瑚で飯を食えるか、の論理が中央の自民財官の土建型政策だろうが、本土から訪れる観光客も珊瑚で飯を食いたいという県民の意志を尊重しているのであり、翁長氏はその県民の意思を、調査工事の段階でコンクリ塊で珊瑚を破壊した事業者への中止の指示で示したが、沖縄防衛局職員が直ちに中央に注進、大臣を担ぎ出し、閣僚の権威を以て捻じ伏せようと暴走したのが契機であり、本来は大臣こそが知事の意を受けて工事業者をストップさせねばならない立場だが、逆に知事を抑えたことで、これが、米国の意思でも何でも無く、本土でも自治体市民の泣き寝入りを以て強行されて来た大型公共工事の一環であったことが明らかとなったのである。
7. 2018年12月27日 11:34:19 : MwqM2u5ylY : dQ69spG4nR8[336] 報告
米軍元高官が言っている事が正しく真実だ。グァムとハワイがあるのに沖縄に何故わざわざ海を埋め立ててまで新基地を造るのか、安倍自民党と官僚と土建業者の利権に固持している。自民党は今迄も利権に関わることを何が何でもしてきた、一党独裁の権力を意のままにしてきたがこれだけ沖縄県民、本土国民も反対している基地は必要ないという事に何故耳を傾けられないのか、強欲もいい加減にせよ、人間の心がないのか、鬼畜政権だ。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK255掲示板 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK255掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK255掲示板  
次へ