★阿修羅♪ > 戦争b22 > 231.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
仏の動きが目立つリビアで戦乱が激化、米はアフリカに特殊部隊を大量投入(櫻井ジャーナル)
http://www.asyura2.com/18/warb22/msg/231.html
投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 7 月 04 日 16:09:15: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

仏の動きが目立つリビアで戦乱が激化、米はアフリカに特殊部隊を大量投入
https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201807030000/
2018.07.04 櫻井ジャーナル


 2011年10月にムアンマル・アル・カダフィ体制が倒され、破綻国家と化しているリビアで戦闘が激しくなりそうだ。この体制転覆に最も積極的だったのはイギリスとフランスだが、アメリカのバラク・オバマ大統領が2010年8月に出したPSD11、つまりムスリム同胞団を使った体制転覆計画の一環でもあった。体制転覆はNATOが空から攻撃、地上ではアル・カイダ系のLIFGが主力だった。LIFGは1996年にMI6の命令でカダフィ暗殺を試みた組織だ。NATO側は特殊部隊も投入していた。

 その後、侵略を主導した米英仏などを後ろ盾とする政府が作られ、その正規軍とされているのがハリファ・ハフトラ率いる軍隊。ハフトラは元々リビア軍の将校だったが、1980年代からアメリカと手を組んでいる。この軍隊が東の油田地帯を押さえているイブラヒム・アル・ジドランの武装勢力を一掃すると宣言したのだ。

 アル・ジドランはカダフィ体制が倒された後、「新政権」の石油防衛軍を指揮することになるが、その「新政権」が腐敗し、ムスリム同胞団に支配されているとして離反したという。

 現在、リビアではフランスが介入をエスカレートさせているが、その背景にアフリカの自立阻止があることは本ブログでも指摘してきた。フランスやイギリスはアフリカの利権で維持されている国。カダフィが目論んだように金貨ディナールが全アフリカ通貨として導入され、アフリカが自立したなら英仏が破綻国家になりかねなかった。

 経済システムが破綻しているという点ではアメリカも同様で、1970年代から金融マジックで維持してきた。そのマジックでサウジアラビアが重要な役割を演じている。いわゆるペトロダラーだ。

 そのアメリカは現在、特殊部隊をアフリカへ投入、内部への侵食を図っている。特殊部隊の工作を統括しているのは2008年に創設されたAFRICOM(アフリカ軍)。アフリカ支配が目的だということが見え見えだったこともあり、アフリカ諸国は反発、その司令部をドイツに置かざるをえなくなった。

 こうした欧米の強欲さが形になって現れた一例がスーダンでの戦闘。2003年からスーダン西部にあるダルフールで資源をめぐる戦闘が激化した。このダンフールへ積極的に介入したのがネオコン。その地域の資源に目をつけた隣国チャドの政府が反スーダン政府のJEM(正義と平等運動)へ武器を供給したことも戦闘を激化させた一因だが、カダフィによると、チャドの背後にはイスラエルが存在している。南スーダンの石油利権も欧米諸国が狙い、戦乱が深刻化した。その利権争いに日本も参加したわけだ。



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2018年7月04日 21:31:48 : pxgwgovz2Q : W8I8Zx2GSxE[462]
まだあるぞ アフリカ叩く 奥の手が

2. 2018年7月05日 12:50:58 : QJKOdWT1xQ : HRSzGEDe_UQ[2]
疲弊したリビアから、たくさんの人々が、粗末な船に、命を託して、ヨーロッパに避難しようとしている。

ヨーロッパの人々は、難民受容政策が、己が民主主義を破壊するために、行われていることを、理解している。

アフリカの人々は、西側政府が、テロとの戦いを口実として、軍隊を進駐させ、資源の一人占めを画策していることを、知っている。

リビアの人々を、難民へと駆り立てている、社会の荒廃は、カダフィ独裁政権のときには、全くなく、アフリカで一番恵まれた国だった。

リビア国軍の将軍が、昨年と今年、ロシアを訪問して、軍事支援を、要請していた。

> Libya Prompts Russia for Military Defense Cooperation - Russian Contact Group

https://sputniknews.com/middleeast/201802201061826555-libya-russia-haftar-military/

ただし、米国の情報を引用する形で、イスラエルのニュースサイトは、ロシアの特殊部隊が、リビア入りしている、と伝えている。

> Russia moving special forces into Libya

http://www.israelnationalnews.com/News/News.aspx/226649

ロシアの軍事会社の傭員が、リビアにいることは、確実だ、と思っている。

カダフィ大佐の息子が、2018年に行われる、大統領選挙に出馬する、と発表された。

> Saif Gaddafi may run for Libya’s presidency to ‘save’ country 7 years after father’s murder

https://www.rt.com/news/421764-gaddafi-saif-libya-presidential-race/


3. 2018年7月06日 11:34:35 : ubsqxr99nk : L8tnnf@OvnU[515]
クリントンの部隊が、ガダフィーを殺した。

写真が残っている。

凱旋した兵士は、到着したアフガニスタン空港で、飛行機ごと爆発し証拠隠滅を図った。

これがクリントン、おんなの仕業と、、、驚きます。

ガダフィーが、アフリカ基金にためていた金塊は持ち逃げされた。

これがアメリカのシリア戦費に使われたそうな。

クリントンが選挙で負けるのは、当然ですよね〜

アメリカ国民は、知ったのです。


4. 2018年7月07日 02:26:44 : 1z0U4r7YxE : qOizxeHsfO8[104]
アメリカはリビアで自国の意志どうり動く傀儡政権を作るのに失敗した。アフガニスタンでもイラクでも失敗した。成功したのは日本だけ。

この成功体験が平気で他国を他国の国民を殺戮する作戦を続けさせた。


▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b22掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b22掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
戦争b22掲示板  
次へ