★阿修羅♪ > 戦争b22 > 340.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ロシア軍機の撃墜でも登場するフランスという国(その2)(櫻井ジャーナル) 
http://www.asyura2.com/18/warb22/msg/340.html
投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 9 月 24 日 18:08:45: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

ロシア軍機の撃墜でも登場するフランスという国(その2)
https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201809240000/
2018.09.24 櫻井ジャーナル


 イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相の父親、ベンシオンはポーランドからパレスチナへ移民した人物で、大学時代にジャボチンスキーの「修正主義シオニスト世界連合」へ参加、1940年にはアメリカへ渡り、ジャボチンスキーの秘書になった。

 その直後にジャボチンスキーは死亡するのだが、死んだ後もベンシオンはアメリカで活動を続け、パレスチナへ戻るのはイスラエルの「建国」が宣言された翌年、1949年のことだ。1950年代からはアメリカの大学で教鞭を執っている。

 アメリカでエマニュエル・マクロンに近いのはヒラリー・クリントン、ベンヤミン・ネタニヤフに近いのはドナルド・トランプだ。

 マクロンは昨年(2017年)5月の大統領選挙で勝利、大統領になったのだが、そのときのライバルがマリーヌ・ル・ペン。フランスの裁判所はル・ペンのダーイッシュ(IS、ISIS、ISILとも表記)批判に絡み、彼女に精神鑑定を受けさせるように命じた。ル・ペンにつけられた「極右」というタグに影響され、「左翼」や「リベラル」を自称している人の相当部分は反射的に彼女を敵視する。彼女からなら言論の自由を奪ってもかまわないという発想なのだろうが、その矛先は全ての人びとに向けられることになる。

 アメリカのジョージ・W・ブッシュ政権が2003年にイラクを先制攻撃した際、フランスはアメリカ政府の命令に従わず、戦争に反対した。そのときのフランス大統領はド・ゴール派のジャック・シラク。その後、シラクはスキャンダルに巻き込まれ、2011年12月に有罪判決を受けている。

 シャルル・ド・ゴールは1959年から69年にかけてフランス大統領を務めた人物。アメリカ支配層とは一線を画していた。

 フランスはイタリアと同じようにコミュニストの影響力が強かった国で、それはCIAの積極的な秘密工作につながる。1947年にフランスで社会党政権が誕生すると、その内部大臣だったエドアル・ドプは、右翼の秘密部隊が創設されたと語っている。その黒幕はアメリカとイギリスの支配層だったと見られている。

 その年の夏、アメリカのCIAとイギリスのMI6は秘密部隊を使い、「青計画」と名付けられたクーデターを実行、シャルル・ド・ゴールを暗殺しようとする。発見された文書によると、まず政治的な緊張を高めるために左翼を装って「テロ」を実行し、クーデターを実行しやすい環境を作り出すことになっていた。フランスの情報機関SDECEも関与していたと見られている。

 1961年にはOAS(秘密軍事機構)なる秘密組織が作られた。ド・ゴールに反発する軍人らによって構成される組織だが、その黒幕もCIAの破壊工作部門。OASはこの年の4月にマドリッドで開いた会議でクーデターを計画する。

 まず、アルジェリアの主要都市、アルジェ、オラン、そしてコンスタンチンの支配を宣言し、その後でパリを制圧するという計画。その中心にはモーリス・シャレをはじめとする4名の将軍がいた。

 それに対し、アメリカ大統領に就任して間もないジョン・F・ケネディはジェームズ・ガビン駐仏大使に対し、必要なあらゆる支援をする用意があるとド・ゴールへ伝えるように命じた。クーデター軍がパリへ侵攻してきたならアメリカ軍を投入するということを意味しているわけで、クーデター計画の黒幕とも言うべきCIAは驚愕する。その後、ド・ゴール大統領はSDECE長官を解任、SDECEの暗殺部隊と化していた第11ショック・パラシュート大隊を解散させた。

 クーデターに失敗したOASだが、その一部は1962年8月にパリでド・ゴール大統領の暗殺を試み、失敗している。暗殺計画に加わったメンバーは9月にパリで逮捕され、全員に死刑判決が言い渡された。ただ、実際に処刑されたのはジャン=マリー・バスチャン=チリー大佐だけ。ド・ゴールを救ったケネディ大統領は1963年11月に暗殺された。

 ド・ゴール暗殺未遂から4年後の1966年にフランス軍はNATOの軍事機構から離脱、翌年にはSHAPE(欧州連合軍最高司令部)をパリから追い出したが、ド・ゴールが大統領を退くとフランスの情報機関は再びCIAの下部機関と化してしまう。フランスがNATOの軍事機構へ一部復帰すると宣言したのは1995年のこと。完全復帰は2009年、ニコラ・サルコジが大統領だったときだ。(了)


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2018年9月25日 16:23:07 : jopg6ikkx6 : LTjVlMcsjUY[4] 報告
ロシアのショイグ国防相は、2週間以内に、シリアに対して、最新式のS−300を供与すると、発表した。

さらに、より強固な防空システムの統合が行われる。

敵味方識別装置も、現在、ロシア軍で使用しているものを、使うと言う。

コメルサントによれば、シリアのS−300の運用には、ロシア軍兵士も参加すると言う。

S−300は、イスラエル軍が、イスラエル領内から攻撃しても、それに照準を合わせることが、できると言う。

2. 2018年9月25日 19:29:23 : bqSxumkiHM : ojact308L1k[403] 報告
嫌な奴 レッテル貼って 排除させ
3. 2018年9月26日 01:07:03 : Eey18V1Rbk : uud7@Kzd7eo[109] 報告
アメリカCIAの戦後の作戦および結果が戦後どうであったか

・インドネシア 大勝利、共産党がクーデターを図ったとかの理由で政権を奪って弾圧、合計20万人から100万人の反対勢力を虐殺しスハルトを立て親米政権を確立した。スカルノのままだったら親中ロの政権になりかけていた。

・チリ 選挙で左派のアジェンデ政権が誕生したがこれを武力でひっくり返した。こちらも大量の人間を虐殺 これも成功。民主主義の国アメリカが聞いてあきれる。

・パナマのノリエガ政権 アメリカは軍隊を使ってノリエガを逮捕、アメリカのパナマ利権を確保した。麻薬の国コロンビア、小国グレナダも同じ。

このあたりは成功例、失敗例は

キューバ ヒッギス湾に亡命キューバ人を上陸させて政権転覆を狙ったが失敗
ベトナムは大量の兵器と人員で軍事介入したが敗退、これを補ったのがインドネシアでの勝利。最大の失敗は中国の内戦で傀儡蒋介石の国民党軍が敗れ共産党に政権を奪われたこと。

現在進行形はウクライナ、シリア、ソマリア、アフガニスタン、ベネズエラ、いずれも今後予断を許さない。尚朝鮮半島は国連軍として大きな兵力を投入したがやっと引き分けで現在に至っている。アフリカはいずれも過去西欧諸国の植民地であり現在も関係は深いが最近は中国の影響力が大きくなっている。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b22掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b22掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
戦争b22掲示板  
次へ