★阿修羅♪ > 戦争b22 > 484.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
トルコとの国境に近いマンビジをクルド勢力がシリア政府軍へ引き渡し(櫻井ジャーナル)
http://www.asyura2.com/18/warb22/msg/484.html
投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 12 月 29 日 10:57:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

トルコとの国境に近いマンビジをクルド勢力がシリア政府軍へ引き渡し
https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201812280001/
2018.12.29 櫻井ジャーナル


 ​シリア政府軍の部隊がシリア北部、トルコとの国境に近いマンビジへ入ったと伝えられている​。ここはクルド系のSDF(シリア民主軍)が支配していた。トルコ軍が侵攻するとも言われる中、クルド側が政府軍へ引き渡したという。

 今年(2018年)11月からマンビジ周辺ではトルコ軍とアメリカ軍が共同でパトロールを行っていたようだが、トルコ側が攻撃姿勢を見せたことでアメリカは引き上げざるをえなかったと言われている。アメリカ軍が留まっていた場合、NATO加盟国同士の戦闘になる可能性があった。

 SDFの主力はYPG(クルド人民防衛隊)だが、ユーフラテス川の東(北)側を支配しているこの勢力を対する攻撃計画に変更はないとフルシ・アカール国防大臣は語っている。イギリス軍やフランス軍が居座ろうとした場合、やはりNATO加盟国同士の戦闘になりかねない。

 アメリカ軍が撤退した後、トルコ軍やイスラエル軍がシリアに対する大規模な侵略作戦を開始、その後でアメリカ軍が再び介入してくると推測する人もいる。

 アメリカをはじめとする国々がシリア侵略を始めた2011年春ならトルコがアメリカの意向で動くことは考えられたが、現在のトルコがそうした作戦を始めるようには思えない。イスラエルはレバノンへも軍事侵攻できない状況にあり、シリアへの侵攻はさらに難しい。

 トルコがアメリカ側へ寝返り、イスラエルがアメリカ軍の支援を前提に、犠牲を厭わず攻撃することはありえるものの、それはアメリカ軍がロシア軍との全面衝突を覚悟したときだ。

 ロシア政府は12月26日、音速の20倍で飛行するグライダー型ミサイルの発射実験に成功したと発表している。ウラジミル・プーチン大統領の命令で急遽、実施されたようだ。このミサイルは2019年から実戦配備するという。

 アメリカとロシアとの戦争が始まった場合、過去の世界大戦とは違い、アメリカ本土が戦場となり、核攻撃の対象になることをプーチンは示したとも言える。

 その前、12月12日にはロシア軍のTu-160戦略爆撃機がベネズエラ軍のSu-30戦闘機とF-16戦闘機を伴ってカリブ海上空を約10時間にわたって飛行したが、この目的も同じだろう。

 もっとも、ロシア軍がアメリカ本土を攻撃する場合、Tu-160をベネズエラへ送り込む必要はない。遙か遠くからミサイルを発射すれば良いだけだ。

 いや、アメリカにとって最大の脅威は戦略爆撃機ではなくロシア軍の潜水艦。潜水艦は水面下にいて姿を見せないので、警告のためには派手なTu-160が使われたのだろう。

 ジョージ・W・ブッシュ政権は正規軍を使って2003年にイラクを先制攻撃したが、傀儡体制の樹立には失敗、イラクとイランを接近させることになってしまった。そこで戦略を変更、倒したサダム・フセイン体制の残党を含むスンニ派に接近する。2010年8月にはバラク・オバマ大統領がPSD-11を出し、ムスリム同胞団を使った体制転覆プロジェクトを始めた。

 オバマの師匠、ズビグネフ・ブレジンスキーはジミー・カーター大統領の国家安全保障補佐官だった1970年代の終わりにアフガニスタンでジハード傭兵の仕組みを作り上げた。戦闘集団の主力はサウジアラビアが送り込んだサラフィ主義者やムスリム同胞団だった。この工作でアル・カイダが出現する。

 アル・カイダとは、2005年7月にロビン・クック元英外相が指摘したように、CIAの訓練を受けたムジャヒディンの登録リスト​​。プロジェクトが計画されると、そのリストから傭兵が集められ、さまざまなタグがつけられるということだ。アラビア語でアル・カイダは「ベース」を意味、「データベース」の訳語としても使われる。オサマ・ビン・ラディンは戦闘員のリクルート担当だった。

 アメリカ軍の情報機関​​DIAは2012年8月にホワイトハウスへ提出した報告書の中で、シリアで政府軍と戦っているのはサラフィ主義者、ムスリム同胞団、そしてアル・カイダ系武装集団のAQIだとしている。当時、シリアで活動していたアル・カイダ系武装集団はアル・ヌスラを名乗っていたが、AQIもアル・ヌスラも実態は同じだとDIAは報告している。

 また、報告書はオバマ政権が反政府軍を支援し続けるなら、東部シリア(ハサカやデリゾール)にサラフィ主義者の支配国が作られる可能性があると警告していたが、これは2014年にダーイッシュ(IS、ISIS、ISIL、イスラム国とも表記)という形で現実になった。

 アメリカはアフリカでも同じような作戦を展開中だが、ここで活動している傭兵につけられたタグのひとつはボコ・ハラムだ。スーダンの南部を「独立」させたSPLM(スーダン人民解放軍)のジョン・ガラングはアメリカのジョージア州にあるアメリカ陸軍のフォート・ベニングで訓練を受けた人物。つまりアメリカ支配層の傀儡である。




 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2018年12月29日 13:06:25 : GgP1QYuazb : t4j0Ko9BkZY[3] 報告

戦況について記しておく。

 マンビジ市内ではシリア国旗が掲揚されたらしい。

 シリア軍は郊外に配置してはいるが、入市はしていない。

 トルコ勢力は市北方に展開している。

 市内のUS軍は、トルコ側と協同でパトロールの任にあった部隊かと思われるが、未だに駐留している。

 シリア軍は市郊外への展開部隊を一応増強してはいる。

 このにらみ合いの様子は、戦闘能力がないUS軍が少数であるが存在する限り、続くと予想される。US軍の動静が注目される。

 シリアとすれば、クルド勢力がシリア国旗を市内にて掲揚するならば、市を防衛する義務が生じるが、郊外にとどまり、US軍とクルド勢力の真意、引き渡す気があるのか否か、を量っている状態であろう。

 

2. 2018年12月30日 08:03:42 : pzibMCDASY : iG6ux_RZ1Rc[1] 報告
https://twitter.com/trappedsoldier/status/1079013241978667008mko @trappedsoldier
mkoさんがAron Lundをリツイートしました
マンビジで起っていること―
米国:バイバイ、シリア!
YPG:待って。何が起こっている? 我々を見捨てるのか?
米国:イヤ捨てるだけではない。我々はトルコに君たちを殺させるんだ。
YPG:アサド政府、助けて!
米国:信じられない。君らは最悪の同盟軍だ。
3. 2018年12月30日 19:00:35 : d0QODkNglo : ul9iNPnSst8[203] 報告
傀儡を 使って隠せ 己が意図
4. 2018年12月30日 19:31:31 : DRzzfQxF6c : g1zqL_yq4ns[2] 報告
https://twitter.com/trappedsoldier/status/1079298367375663104
mko @trappedsoldier
mkoさんがFort Russ Newsをリツイートしました
マンビジを巡るクルドとシリア政府の取引は、米国の歴史的敗北を示す。アフリンをトルコが攻撃した時もクルドを見捨てた米軍。その時、YPGは国境ゾーンをシリア軍に返すことを拒否。しかし二度目はない。トルコ軍の全面攻撃の脅しを前に、YPGはシリアに助けを求めた。ハサカ・ディルエゾールも返す?
5. 2018年12月31日 07:09:08 : GMI7hzPiGk : iE6Zeyt2wbc[1] 報告
parstodayから
http://parstoday.com/ja/news/middle_east-i50585
イランとロシアが、シリア北部への同国政府軍の到着を歓迎する声明
イランとロシアが、シリア北部の都市マンビジへの同国軍の到着を歓迎しました。

シリア政府軍は28日金曜、声明を発表し、同軍がシリア北部アレッポ州のマンビジに入り、この町にシリア国旗が翻ったとしました。

シリア軍はまた、「マンビジの住民をはじめ、すべてのシリア市民の安全を保障する」と表明しました。

クルド民主統一党(PYD)の武装軍であるクルド人民防衛隊はこれに先立ち、シリア政府に対しマンビジを管轄し、トルコの脅威から彼らを防衛するよう求めていました。

トルコは数日前、「近く、シリアのクルド人民防衛隊とPKK・クルド労働者党の部隊に対する、新たな作戦を開始するだろう」と表明していました。

トルコは、これまでに数回にわたりシリア領を攻撃しています。

国際機関や、中立的な国々の政府の多くは、シリアにおけるトルコの軍事駐留を非難し、シリアでのトルコの軍事作戦の停止を求めてきました。

イラン外務省のガーセミー報道官は28日金曜、「シリア政府軍のマンビジ入りとこの町にシリア国旗が掲揚されたことを歓迎する」としました。

ロシアのペスコフ大統領府報道官も28日夜、「シリア軍のマンビジ入りは同国における平和と安定の確立に向けた前向きな一歩だ」としました。

シリアの東部と北東部の人々は、シリア軍のマンビジ入りに心からの喜びを表明しています。

6. 2018年12月31日 20:42:26 : LiAK8mOVpk : JfLzxe_9T5I[970] 報告
https://twitter.com/trappedsoldier/status/1079703094424784896
mko @trappedsoldier
トランプとエルドアンの取引の背後にボルトン? シリア北部クルドYPG支配地域をトルコに明け渡す取引をし、クルドに対するジェノサイドにゴーサイン。ところがエルドアンもクルドもバカじゃない。YPGはマンビジをシリア政府に返還。チェスをするプーチンと、チェスの駒になるトランプ。勝てる訳がない
3:37 - 2018年12月31日

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b22掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b22掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
戦争b22掲示板  
次へ