★阿修羅♪ > 戦争b22 > 483.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
世界から米軍を撤退するトランプ(田中宇の国際ニュース解説)
http://www.asyura2.com/18/warb22/msg/483.html
投稿者 HIMAZIN 日時 2018 年 12 月 29 日 10:34:04: OVGN3lMPHO62U SElNQVpJTg
 

http://tanakanews.com/181228trump.htm

世界から米軍を撤退するトランプ

2018年12月28日   田中 宇

この記事は「トランプのシリア撤退」の続きです

12月19日に米トランプ大統領が、米軍をシリアから総撤退すると発表した後、シリアで米軍から支援されてシリア政府軍側(露イラン・ヒズボラ)と戦っていたイスラム過激派のテロ組織(Mahavir al-Saura)が、シリア政府軍に対して登降したいと申し出てきた。この組織は、米軍が支援してきた反政府軍SDFの一部で、表向きはテロ組織でないが、本性はおそらくサラフィ主義のイスラム過激派で、ISアルカイダの一部だ。シリアの反政府武装組織はISアルカイダ・サラフィ主義者以外の勢力がいないからだ。 (Southeast Syrian Rebels Ready to Surrender After US Pullout From Tanf Base) (Syrian opposition militants ready to lay down arms once US troops leave Al-Tanf base)

米軍は、シリア南東部のヨルダン・イラクとの3か国の国境沿いのアルタンフに基地を持ち、ヨルダン・イラクとシリアを往復するISカイダのテロリストたちに軍事訓練をほどこし、武器弾薬や食料などを支援してきた。ISカイダが中東や欧州などで勧誘したイスラム主義の志願兵は、ヨルダンからアルタンフ経由でシリア各地のISカイダの拠点に送られてきた。米軍が、シリア内戦を激化させ、何十万人ものシリア市民を殺す役割を果たしてきた。こうした構図は、イラクやアフガニスタンも同様だ。マスコミはこれらを報じず、911以来の20年近く、殺戮に加担してきた。まさにマスゴミだ。 (いまだにシリアでテロ組織を支援する米欧や国連) (シリア政府は内戦で化学兵器を全く使っていない?)

今回、トランプがシリアからの米軍撤退を決め、アルタンフの米軍基地を閉鎖するので、米軍がシリアのISカイダを支援して殺戮を続けてきた構造がようやく終わる。米軍に支援されてきたシリアのテロ組織は、すでにほとんどが露イランアサドの軍勢によって潰され、投降したテロ組織とその家族たちは、トルコ国境沿いのイドリブ周辺に集められ、トルコが面倒を見ている(トルコは米軍に協力して北からシリアにテロリストを入れていたので、その後始末をイドリブでやっている)。前出の投降したがっているテロ組織(Mahavir al-Saura)も、イドリブに移動したいと言っている。 (シリア内戦 最後の濡れ衣攻撃)

米軍は、中東各地でテロリストを支援し、内戦を抑えると称して激化させてきた。トランプはシリア撤退によって、この構図を破壊している。米軍は最近、シリアで敗退したISのテロリストたちをアフガニスタンの対イランや対中央アジアの国境地帯に移送し、イランや中央アジア、中国といったアフガンと隣接する地域をイスラムテロによって不安定化させる戦略を進めてきた。トランプはアフガニスタンからも米軍を引き揚げていくことを決めたが、これが米軍によるアフガンの「IS化」に歯止めをかけることが期待される。 (What Is Left for the US To Do in Afghanistan? The Answer: Lose.)

アフガンで最も強い勢力は、米傀儡のアフガン政府でなく、米国が敵視してきたタリバンだ。アフガンにおいて、ISとタリバンは仇敵どうしだ。タリバンはISと似たイスラム主義だが、土着の勢力であり、民族主義勢力である(汎アフガンでなくパシュトン人の民族主義だが)。根無し草(というより米軍産・諜報界の産物)であるISとは相反する存在だ。 (US losing ground to militants in Afghanistan despite long occupation)

アフガンにおけるトランプの代理人をしているカリルザドやカルザイは、タリバンと交渉すると同時に、中国やロシアがアフガン復興に協力することを大っぴらに歓迎している。米国は表向きイランを敵視しているが、イランがアフガンの安定化に協力していることは静かに歓迎している。以前の米国は、タリバンを敵視すると同時に、中露イランがアフガンに関与することを拒絶し、米軍の軍事力のみに依拠する単独覇権的なやり方でアフガンを平定しようとして失敗し続けてきた。トランプはそれと正反対の、米軍撤退プラス多極化のやり方でアフガンを安定化しようとしている。 (US Should Not Deal With Pakistan On Afghan Peace: Karzai) (3rd round of U.S.-Taliban talks start without Afghan government reps.)

ロシアは先月、タリバンとアフガン政府の代表をモスクワに集め、アフガンの和平交渉を開始している。この和解交渉には、米国も下級要員を派遣した。中国とロシアがつくる上海協力機構は、アフガンをオブザーバー参加させ、印パやイランも加盟しており、今後は米国でなく上海機構がアフガン問題の解決役になっていく。(これは数年前から予測されていた) (Russia Hosts Taliban And Afghan Officials For Peace Talks; U.S. Diplomat In Attendance) (Karzai Sees Moscow Summit As A First Step Towards Peace) (中国がアフガニスタンを安定させる)

イランも、すでにタリバンと協力し、自国に近いアフガン西部に入ってきているISを潰すことに注力している。トランプが今後、米軍をアフガンから撤退していくほど、中露やイランがアフガン問題の解決役になり、ユーラシアにおける米国の影響力が下がっていく。トランプ政権は、米軍撤退の前提として、来年4月までにタリバンと和解(停戦)することを目標にしている。 (Confirmed: Iran talking to Taliban ‘to aid Afghan security’) (US special envoy hoping for peace deal with Taliban by April: report)

▼「大人」の言うことなんか聞かない方が良い

トランプは16年秋に当選した時から、シリアやアフガンからの米軍撤退を公約に掲げていた。だが当選してから最近までの2年間、トランプはシリアやアフガンからの撤退に着手できないでいた。その理由は、米国の上層部を牛耳っている軍産複合体(諜報界、軍部、外交筋、議会、2大政党、マスコミ、学界など)がこぞって撤退に反対し続けたからだ。トランプの側近の中にも、マチスやケリー、マクマスター、ティラーソンといった「大人」と称する軍産系の高官たちが陣取り、トランプを抑止し続けた。軍産は、自分たちの特権を維持するため、米国が軍事的に世界を支配し続ける単独覇権体制を必要としていた。反戦リベラルを気取るマスコミや米民主党が、シリアやアフガンでの戦争をやめようとするトランプの撤兵策に猛反対するという馬鹿げた構図が、今回も展開されている。リベラル派(うっかり軍産)の化けの皮がはがれている。 (軍産の世界支配を壊すトランプ) (We Know How Trump’s War Game Ends)

トランプは就任後2年かけて、軍産支配の構図を破壊した。軍産系の「大人」の側近を辞めさせて、代わりにボルトンやポンペオといったネオコン(隠れ多極主義)系の人々を入れた。彼らは、軍産の戦略を過激にやって無効化する策略を展開した。ボルトンは9月、それまで「IS退治(と称するIS支援)」だけが柱だった米軍のシリア駐留の目的に「シリアでイランと戦って追い出すこと」を付け加えた。米軍がシリアでイランと戦うと、それは米イラン間の本格戦争になってしまう。軍産は、イランを何十年も封じ込めたい(=何十年も中東に駐屯したい)だけで、米イランの本格戦争には強く反対だ。だがプロパガンダ的には「イランを潰せ」なので、ボルトンの本格戦争案に、軍産は正面切って反対できない。 (シリアで「北朝鮮方式」を試みるトランプ) (米朝会談の謎解き)

トランプとボルトンは、シリアでの米イラン本格戦争を標榜して軍産をビビらせて弱体化しておき、11月の中間選挙で共和党をトランプ化して自らの政治力を強めた後、今回のシリアとアフガンからの撤退、マティスの首切りをやって、軍産の戦略を一気に破壊した。過激な好戦策をやって軍産をビビらしておいて一気に反転するのは、北朝鮮問題でトランプがとったやり方と同じだ。マティスは、トランプ政権中枢に残った最後の「大人(=軍産)」だった。マティスが辞任に追い込まれたことで、軍産はトランプ政権中枢での足場を失った。「戦争をやめたくない」軍産の勢力はトランプ政権から一掃された。政権に残っているのは「戦争を拡大するふりをしてやめていく」要員だ。軍産を無力化したので、トランプは来年、さらに反軍産的な独自の軍事外交戦略を打ち出すと予想される。 (好戦策のふりした覇権放棄戦略) (中東大戦争を演じるボルトン)

中東において、米軍の恒久駐留という軍産の戦略を後ろで操ってきたのはイスラエルだ。米軍がいる限りイスラエルは安泰だったが、トランプのシリア撤退により、イスラエルは後ろ盾を失った。米国の軍産はイスラエルに対し、今こそシリアのイラン系の拠点を空爆してイラン・イスラエル戦争を引き起こし、撤退しようとしている米軍を引っ張りこんで撤退不能にしろとけしかけている。この線上で米国はハイテク(ポンコツ)戦闘機のF35をイスラエルに売りさばき、それを使って12月25日、イスラエルがシリアの軍事拠点を空爆した。だがこの空爆は全くの裏目に出た。 (US to give Israel more F-35s to face S-300s, deploy a squadron in Emirates) (Russia and Syria threaten to fire SA-5 missiles into central Israel if IAF air strikes continue)

シリアの軍事的な後ろ盾となっているロシアは、イスラエルの違法行為に激怒し、イスラエルに隣接するシリアとレバノンの防空体制を大幅に強化する宣言した。シリア軍は12月25日、イスラエル軍の空爆を受けたとき、反撃の意味を込めてイスラエル本土にミサイルを撃ち込んだ。この戦闘の後、露シリアは、次にイスラエルがシリアやレバノンを攻撃したら、もっと本格的にイスラエル本土を反撃すると宣言した。シリアがイスラエル本土を攻撃したのはほとんど初めてで、イスラエルの迎撃ミサイルは一部しか迎撃できなかった。イスラエルはロシアにかなわない。ロシアの警告を無視して、次にイスラエルがシリアを空爆する時は、本土を破壊されることを覚悟する必要がなる。イスラエルは、シリアレバノンを攻撃できなくなっている。 (Moscow: Israeli air strike hazarded Beirut, Damascus civilian aircraft, weighs extending Syria’s missile shield to Lebanon)

(私は前回の記事で、もうイスラエルはロシアに配慮してシリアレバノンを空爆しないだろうと書いたが。その後、12月25日の空爆があり、私の予測はまたもや「外れ」た。しかし、米国がイスラエルに空爆をけしかけ、イスラエルが空爆を挙行してロシアが激怒し、イスラエルがシリアレバノンを空爆できない状態がさらに確定したことを考えると、私の予測は長期的な構造として「当たって」いる。短期的な当たり外れなど、どうでもいいことだが) (トランプのシリア撤退)

ロシアは1月に、パレスチナで分裂している西岸のファタハとガザのハマスを和解させる試みを開始する。これは今までエジプトが試みて失敗してきたことで、エジプトが失敗したのにロシアが成功するはずない、みたいな分析が出ているが、それは間抜けな見方だ。エジプトは米イスラエルの傀儡国で、米イスラエルはファタハとハマスの和解を望んでいない。エジプトの失敗は、当然の結果だ。ロシアは、米イスラエルに批判的だ。1月の和解交渉は成功する可能性がある。 (Can Russian succeed with Palestinians where Egypt has failed?)

ファタハとハマスが和解して連立政権を再開する流れになると、分裂していたパレスチナが結束し、来年再開される見通しの中東和平交渉においてパレスチナの交渉力が強くなり、イスラエルに不利になる。来年トランプが発表する中東和平案は、パレスチナに最低限のものしか与えていない。これまでの分裂したパレスチナなら、最低限のものでも受け取って和平が成立したかもしれないが、ロシアの仲裁で再結束が成功した後のパレスチナは、最低限だと拒否しそうだ。米国覇権下なら、中東和平におけるイスラエルの優位が揺るがないが、来年の中東はもう米国覇権下でない。 (Netanyahu tries postponing publication of Trump’s peace plan)

イスラエルは4月に総選挙をやって右派連立政権を組み替え、中東和平をやれる政権を作る予定だが、4月までの間にパレスチナが再結束して強化されるだけでなく、トランプの覇権放棄がさらに進展しそうだ。イスラエルボイコットが世界的に広がっている。時間がない。米国は親イスラエルのふりをした反イスラエル(ロスチャイルド)の系統なので、イスラエルに自滅的な戦争をさせたがってきたが、ロシアはもっと現実的なので、イスラエルが自滅戦争に入るのをむしろ防いでいく。しかし半面、イスラエル国内では、イスラエルを自滅させようとする右派(入植活動家)が強い。それらのバランスの中で、最終的にどうなるかわからないが、中東和平も来年が一つの山場だ。 (イスラエルとロスチャイルドの百年戦争)

トランプは就任後、米国の傭兵・戦争下請け会社であるブラックウォーターに、中東各地で米軍がやっている戦闘や治安維持の活動を下請けさせて、米軍が世界から撤退する「戦争の民営化」を検討してきた。従来は、トランプ側近の軍産の「大人」たちが猛反対し、戦争の民営化が見送られてきた。だが、大人たちが全員いなくなった今後は、戦争の民営化がトランプ政権の正式な戦略として出てきそうだ。ブラックウォーターは最近、やる気満々の全面広告を雑誌に出した。 (‘We are coming’: Chilling Blackwater ad triggers fears of Trump seeking to privatize Mideast wars) (Trump, Blackwater, and private war)

戦争の民営化は、軍産が好む究極の形であると思う人が多いかもしれないが、そうではない。軍産(諜報界)は、米政府の財政を牛耳り、どんぶり勘定の巨額の防衛費の中から、自作自演の911テロ事件を起こすための資金や、ISカイダの養育費、ウクライナやグルジアをロシアに噛み付かせるための資金、マスコミやインターネットを通じてプロパガンダをばらまく(そしてそれをロシアにせいにする)ための費用などを出し、世界を支配してきた。国防総省は会計監査不能な領域だ。諜報は、裏金でやらないと正体が暴露されてしまう。戦争は、体質的に使途不明なので、公的な事業として行われる必要がある。覇権運営も、超国家・超法規的な営みであり、戦争と同様、裏金の世界だ。民営化するとコスト計算が必要になり、軍事諜報や覇権の秘密の体質と抵触してしまう。 (米軍の裏金と永遠のテロ戦争) (肥大化する米軍の秘密部隊)

トランプが戦争の民営化をやりたがるのは、まさにこのような軍産による諜報活動や覇権運営をやめてしまいたいからだ。トランプは、世界中の米軍駐留を民営化し、コスト計算を明示して、その金額を同盟国に負担させたい。ブラックウォーターは、イラク占領時などに活動したが、残虐で無駄が多く、とても評判が悪かった。同盟諸国は、米軍の代わりにブラックウォーターが駐留してくるぐらいなら、米国に頼まないで自国の軍隊だけで防衛したくなる。そこが覇権放棄屋であるトランプの戦争民営化の狙いだ。 (Mattis is out, and Blackwater is back: ‘We are coming’)

軍産から解き放たれたトランプは、まず中東の軍事撤退・覇権放棄を進めている。だが来年には中東を一段落させ、欧州や東アジアの軍事撤退に着手するだろう。欧州ではドイツが「米国がINF条約から抜けるなら、欧州への核ミサイルの配備をやめてほしい。欧州は、米露の核の対立に関与したくない」と言い出している。この傾向が進むと、EU諸国がNATOから離脱もしくは距離を起き、EU統合軍を唯一の防衛力としてやっていく新体制に移行することになる。東アジアでは、朝鮮半島の南北の和解、在韓米軍の撤退、そして在日米軍の撤退へと、すでに線路が敷かれている。トランプは来年、米軍の世界支配をさらに壊していく。 (Germany To Trump: Don't Even Think About Stationing Nuclear Missiles In Europe After INF Withdrawal) (Elites United in Panic Over Syria Pullout, Afghanistan Drawdown)
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2018年12月29日 11:11:54 : LiAK8mOVpk : JfLzxe_9T5I[965] 報告
放火魔が居るから、火事が無くならないのであり、放火魔対策としての防災が求められるから防災の費用や負担が増えるのであり、その放火魔をきっちり取り締まれば自ずと火事は減りただの失火に成ればこれまでの防災対策や費用は大幅に削減される。
アメリカという放火魔を野放しにしていれば永遠に防火対策やその為の費用は増える事は有っても減る事は無い。
マッチポンプは止めなさいアメリカ。
2. 2018年12月29日 11:45:21 : x5fVhYNPKY : XaaTQ7YAwsg[52] 報告
米政権から大人が一掃された、というのはまだ予断を許さない
状況ではあるんだろうけどいいニュースだな。

これで本当に中東和平が成立したら、今まで米国がやってきた
ことは何だったのか、ということになる。

米国風に、中東は損害賠償を請求してもいいかもな。

3. 茨城市民[66] iO@P6Y5zlq8 2018年12月29日 14:35:34 : 2mB9WkmAoY : Yeyevk@VMl4[28] 報告
>東アジアでは、朝鮮半島の南北の和解、在韓米軍の撤退、そして在日米軍の撤退へと、すでに線路が敷かれている。トランプは来年、米軍の世界支配をさらに壊していく。

〇興味深い記事でした。
 この方向だと、辺野古問題も進展しそうですね。その意味で、来年はトランプ大統領に期待します。
 安倍総理にはガッカリ、何も見えてないね。見ようともしない(笑)。
 草々

4. 仁王像[2506] kG2JpJGc 2018年12月29日 16:27:06 : SK7aNF1oE6 : qTTnDCX3tsE[24] 報告

 >私の予測は長期的な構造として「当たって」いる。短期的な当たり外れなど、どうでもいいことだが) (トランプのシリア撤退)

 筆者もそのように考えていた。

 イスラエルという国が、常に周辺諸国に武力行使してしか生きられない構造なら、新世紀のパラダイムの中で生き残って行くのは難しいだろう。

 世界が大平和で埋め尽くされなければならない今世紀、このままではイスラエルは地中海に叩き込まれるだろう。
 生き残るには、周辺国や世界と平和共存して行くしかないはずだ。


・世界から兵を引かざるを得ない歴史局面に登場する運命に出逢ったトラ大明神
 http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/642.html
 投稿者 仁王像 日時 2018 年 12 月 26 日 20:04:35: jdZgmZ21Prm8E kG2JpJGc

5. 2018年12月29日 17:36:07 : 9QLJwF5irk : xonFHUfl5Qc[3] 報告
>短期的な当たり外れなど、どうでもいいことだが

それを口実にどれだけ外れても自分の間違いを認めないんだろ。
トランプが大統領選挙でオバマ政権の軍事費削減を非難して軍拡を公約し、実際に三年連続で軍事費は増大、武器輸出も激増していて、明らかな軍産の味方である現実から目を背けているからな。

6. 仁王像[2507] kG2JpJGc 2018年12月29日 18:04:23 : SK7aNF1oE6 : qTTnDCX3tsE[25] 報告
 >トランプの側近の中にも、マチスやケリー、マクマスター、ティラーソンといった「大人」と称する軍産系の高官たちが陣取り、トランプを抑止し続けた。軍産は、自分たちの特権を維持するため、米国が軍事的に世界を支配し続ける単独覇権体制を必要としていた。
 …
 トランプは就任後2年かけて、軍産支配の構図を破壊した。軍産系の「大人」の側近を辞めさせて、代わりにボルトンやポンペオといったネオコン(隠れ多極主義)系の人々を入れた。彼らは、軍産の戦略を過激にやって無効化する策略を展開した。
 …
 マティスが辞任に追い込まれたことで、軍産はトランプ政権中枢での足場を失った。「戦争をやめたくない」軍産の勢力はトランプ政権から一掃された。政権に残っているのは「戦争を拡大するふりをしてやめていく」要員だ。軍産を無力化したので
 (引用終わり)

 加えて言いたいのは下の事。前世紀の覇権国華やかなりし頃と今(今世紀)は、軍産の勢いが違う。貧困化して白人対非白人の対立化が深刻化するなか、米人の国税をむやみに軍産に回す余裕はない。
 軍産がアメをむしゃぶれば本物の内乱が起きる。

http://www.asyura2.com/18/kokusai24/msg/159.html#c2
 軍産を内部から突き動かす動機は、主としてこの集団の利害関係のみだろう。
従ってそれなりの視野ー狭い視野ーに成らざるを得ない宿命にある。
 対するトランプは大統領に選出されただけあって大局観を持って世界を見ていると考えられる。これが生来の資質なのか、ビジネスマン時代に培ったものか、大統領になって開花したものかはここでは問わない。

http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/529.html#c1
 (1月20日、TBS報道特集から一部)
 ペンネーム、ヴィクター(35歳)はヴァンガードという白人至上主義者の団員。
ヴィクター「白人vs非白人の内戦は始まっている。トランプ大統領のお蔭で人種問題はタブーではなくなった」

 (仁王像)
 やはりそうだったか。「内戦は始まっている」という認識は重大である。「思想的内乱状態」では済まなくなっている。今後大きな意味を持って来ると思う。それこそ他国にかまけていられなくなろう。
 米国の黒人奴隷制は1640年代から1865年まで2百数十年とされているが、その大きなツケが回ってきた。400年も前に強制的に連れて来て世代も重ねた黒人を、もう用済みだとアフリカに追い返すわけにも行かない。
 経済が好調な時代は露わにならないが、資本主義が行き詰まって白人貧困層が引きも切らないと、”レイススト”などと洗練された文化でフタをされてきた問題も、フタが外れざるを得ない。国内のあちこちで白人と非白人が銃火を交えることも想像される。

 (4に関連)
・イスラエルは”窮鼠猫を噛む”状態に追い込まれているのではないか〜この直接の原因を創ったのはトラ大明神
 http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/601.html
 投稿者 仁王像 日時 2018 年 5 月 15 日 21:22:19: jdZgmZ21Prm8E kG2JpJGc

•Re: 今回のエルサレム騒動ではっきりした事は、イスラエルがいかに脆弱な地盤の上に打ちたてられていたかを世界に再認識させられた
 http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/602.html
 投稿者 仁王像 日時 2018 年 5 月 18 日 20:11:29: jdZgmZ21Prm8E kG2JpJGc

7. 2018年12月29日 18:29:09 : 9QLJwF5irk : xonFHUfl5Qc[4] 報告
>代わりにボルトンやポンペオといったネオコン(隠れ多極主義)系の人々を入れた。
>彼らは、軍産の戦略を過激にやって無効化する策略を展開した。

「本当は『隠れ○○』で本音は正反対なんだ」
こんな屁理屈が通るならどんなデタラメでも言い放題だな。
ストーカーが「嫌い」と面と向かって言われても「本音では僕を愛しているんだ」
と思い込むのに近い心理かもしれないな。

8. ボケ老人[199] g3uDUJhWkGw 2018年12月29日 19:36:49 : QHkUDaloVM : nhEL_@HJWto[-2699] 報告
5.7. さん 田中宇に対して随分辛口の評論ですね。

別に悪いことではない。
わたしは5年以上前から田中宇をウォッチしているが、そう大きな間違いはないように思う。
隠れ他国主義者など、独特の言い回しが奇異に感じることもあるが
かなり的確ではなかろうかと思う。

マア人それぞれに評価ポイントが異なっても悪いことではないが、デタラメというのは言い過ぎではないかな。
そうか、直接デタラメとは言っていないな、これは失礼した。

    

9. クロタン[383] g06DjYNeg5M 2018年12月29日 21:45:57 : agaAeEAANw : RbfU98@PEM4[12] 報告
★本当の理由
シリアからの撤退は米国でのニューマドリッド大地震M9、ロス地震、米国のあちこちでの激変とカオスに準備するため 惑星Xとポールシフトが関連している トランプ大統領は知っている プーチン大統領 習近平 安倍君も
10. 2018年12月29日 23:26:39 : x5fVhYNPKY : XaaTQ7YAwsg[53] 報告
まあもしトランプが中東シリアアフガンから撤退して
朝鮮戦争も終結させたらもう評価せざるを得んわな。

ネオコンが本当に策略だったか、真価が問われる。

田中だろうが誰だろうが、盲信しない、という
スタンスは大事。

11. 仁王像[2508] kG2JpJGc 2018年12月30日 08:38:57 : SK7aNF1oE6 : qTTnDCX3tsE[26] 報告
 今世紀の米国は、どこかの国または地域に大規模な地上軍を投入してそこを制圧するという体力も気力もない。
 現在の米国のアフガンや中東での細々とした軍事活動を見れば分かろうというもの。
 従って、そこから得られる軍産勢力の利権も極めて限定される運命から逃れることはできない。米国の貧困化はこれに益々拍車をかけて行く。

@http://www.asyura2.com/18/kokusai22/msg/582.html#c2
 米国はイランに戦争を仕掛ける体力も気力も知力(インテリジェンス)もないと思う。
 得意の「最大限の圧力」しかないだろう。(天さん、元外交官にも関わらず大局を戦略観をもって見渡す視線が乏しいと思う。櫻井ジャにもそれを感じるー余談)
 イスラエルは非公然と核を保有していると見られている。
 イランに核化の動きがあるとすればこれに対抗して地域バランスを取るためだろう。
 インドに対抗したパキスタンと同じ構図。

http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/591.html
 >休戦協定のまま今日まで放置してきたのは、軍産の都合なのだろうが、前世紀までと違って、大規模な地上戦に打って出る体力も気力も減退している今日、休戦協定体制から得られる利権の構造にも限界がある。

(トラ大が仮に軍産に下ったとして何が大事が出来るのか)
http://www.asyura2.com/18/kokusai22/msg/166.html#c8
 >トランプ大統領が、差し当たり軍産に下ったとして、その後どんな展開になって行くのか。前世紀の覇権国家に舞い戻っていく、体力も気力・知力はもはやない。米高官たちの重みを欠く一連のチンピラ発言にそれが露呈している。
 軍事予算が増えたというが、むやみに増やしていくことにも自ずから限界がある。国民の生活を犠牲にしてまでそれをやれば、思想的内乱から本物の内乱に発展する不穏な空気も漂っている。
 木村太郎(田中も)が指摘しているように、米国は世界から速やかに兵を引いていかねばならない。

Ahttp://www.asyura2.com/18/kokusai22/msg/582.html#c6
 (@の続き)
 米国がイランに戦争を仕掛けるということは、得意の空爆だけでは済まない。最終的には大規模な地上軍を送り込んで全土を平定しなければならない。その過程で数百人〜千人単位の米兵を殺すことになるだろう。今の米世論はもうこれには耐えられいはずだ。
イラン戦争ともなれば、イラク、アフガンの二の舞を踏むのは必定。イランという国家は崩壊し内戦状態が常態化した地域になる。その権力の空白地帯にISのようなモンスターも誕生する。

 タガが外れたのをきっかけに米国内で白人対非白人の内戦が勃発するかもしれない。だから国外でちょっかいを出しているヒマはなく、自国第一主義に徹しなければならない国情(世紀)だ。

(もはや米兵を数百人単位で殺すこともできまい)
http://www.asyura2.com/18/kokusai22/msg/194.html
 >国民の生活を犠牲にしてまでそれをやれば、思想的内乱から銃火を交えた内戦に発展していく不穏な空気も漂っている。
 軍産という利権集合体は軍事費を増やすことに常に腐心するだろう。だが、新世紀の今、世界のどこかで大規模なドンパチをしてまでという展望を持ったものだろうか。筆者はもはやそれは有り得ないと考える。米兵を数百人単位で殺しても米世論は「大義のない戦争から手を引け」の大合唱になるだろう(5)。利権を追究するフェーズの質が前世紀とは大きく違ってきているのではないかと考える。
 木村太郎(田中も)が指摘しているように(1)、米国は世界から速やかに兵を引いていかねばならない。田中説は論証不十分だが、「覇権国に幕引き」というトラ大へ課された歴史圧力は時代の流れで、トラ大と謂えども逆らはなければならない必然性はないはずだ。

・Re: 米国はベトナムで5万人の米兵を殺したが、今や「万」を超える兵士を殺すことはできなくなった!
 http://www.asyura2.com/13/warb11/msg/655.html
 投稿者 仁王像 日時 2013 年 9 月 06 日 20:07:15: jdZgmZ21Prm8E

12. 2018年12月30日 13:23:01 : CgHPV3omuY : RrjgasaeCfk[4] 報告
長文で読むだけで、疲れるが読んだ。
学がない庶民クラスで込み入った事は予想も出来ないが、海外NEWSを見ると、イスラエルに何かしら?変化の兆しが見えているような気がするが?

アメリカが日本にこれだけ、金をたかり続けて来、ジャンク兵器を押し付けて来た時点で、戦争をやり過ぎてアメリカは金にかなり困っているか。

田中宇氏の記載で、分かった低レベルな些末な点。
移民政策の割り当て枠があるらしいし、当然すぎる話だが、アメリカの移民政策はいかに、政治経済とリンクしているか。
アメリカのフランス料理店での青年。メキシコのように出稼ぎしたい程、困窮して渡米した様子でもない、アメリカに何かしら、勉強したいものがある訳でもなく、何かスキルがある訳でもないエジプト青年に何故?ビザ、永住権が下りたのか?だった。

ただのつまらないguessだが、戦術と言うほどのものでもないがメキシコボーダーの壁騒動は何かの視点をそらす為のめくらまし装置?

トラおじさんはアホではない。バカを演じる人は利口だ。
利口ぶっているバカが多い世の中で。

アへ晋は本物の〇カだが。

13. 2018年12月30日 19:57:23 : O4pUfLwvsA : lleAWoei_CE[853] 報告
 大変参考になる記事でした、ありがとうございます。

特に、この所のトランプ政権の人の出入りの理由が納得できました。
12氏がおっしゃるようにトランプは馬鹿のふりをする利口だと感じ
ます。
 トランプの家系はニコラ・テスラに関わっておりそれがために大統領に
任じられた節がありそのような情報(Q関連)を垣間見ると日本
その他のメデイアはこんなことになるとは想像もしていなかったら
しく慌てふためいてトランプは痴呆だガキだ裸の王様だと見苦しく
騒いでおりますね。

14. 2018年12月30日 20:11:12 : d0QODkNglo : ul9iNPnSst8[227] 報告
裏金に 頼るほかなし 悪巧み
15. 2019年1月01日 11:04:40 : mrlI2OpSis : HM1TbK7kgrY[6] 報告
実際のところ、イランはかつてはアメリカの傀儡パーレビ国王が利益を独占し支配する国だった。半世紀前それが民衆の蜂起により打倒された。その後の指導部はアメリカのあらゆる嫌がらせを跳ね除け耐え忍び自国の独立を守ってきた国。

そう簡単にやられることはない国だ。この政治体制が他の中東諸国に広がればアメリカはこの地区で詰む。

16. 2019年1月15日 00:08:36 : abn4ghevQs : 6aKqbN5YwJo[52] 報告
負け戦を、これ以上続けられるか!(トランプ)。

アメリカ軍は弱いのですよ。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b22掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b22掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
戦争b22掲示板  
次へ