★阿修羅♪ > 戦争b22 > 537.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
中国が2035年までに原子力空母4隻を建造、米軍と並ぶ(ニューズウィーク)
http://www.asyura2.com/18/warb22/msg/537.html
投稿者 赤かぶ 日時 2019 年 2 月 15 日 21:34:30: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

中国が2035年までに原子力空母4隻を建造、米軍と並ぶ
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/02/20354.php
2019年2月15日(金)14時30分 マドゥール・デーブ ニューズウィーク


中国は今後、空母6隻態勢を構築したいという構想を持っている REUTERS


<中国海軍の軍事力は米海軍に匹敵するレベルにまで増強されるが、戦闘経験不足のために戦闘力では及ばない>

中国海軍は、2035年までに米海軍に追い付くことを目標に、戦闘機を搭載できる新たな原子力空母4隻を建造する計画だ。中国海軍は現在2隻の空母を所有していることから、最終的には空母6隻による戦闘態勢を構築する構想だ、と香港のサウスチャイナ・モーニングポスト紙が今月13日に報じた。

中国の新たな空母には、現行の蒸気式カタパルトよりも戦闘機の射出が容易な電磁式カタパルト(EMALS)が搭載される。これで中国海軍の装備は米海軍に匹敵するが、中国海軍には実際の戦闘経験が不足しているという問題がある。

「電磁式カタパルトが搭載された原子力空母は、2035年までに海軍に配備される見通しだ。これによって中国海軍の空母は6隻になるが、戦線に投入されるのは4隻だろう」と、中国海軍の元駆逐艦乗組員で軍事専門家のワン・ユンフェイは同紙の取材に答えている。ワンはまた、米軍と同レベルに達するまで中国は軍事力を増強しなければならない、と話している。

ワンはさらに、中国の景気減速は空母の建造予算に影響しないだろうし、もし影響したとしても、軍事支出全体の中で調整することで海軍全体の近代化が止まることはないだろう、と見ている。

「中国軍の近代化のための予算は、例え中国が武力で台湾を統一すると決断してもカットされることはない。戦争を想定したシナリオでも、中国政府はインフラ整備等の支出は減らすかもしれないが、軍事支出は増やすだろう」

■複数の原子力空母による戦闘態勢

習近平(シー・チンピン)国家主席は、2035年までに人民解放軍を近代化し、2050年までに世界トップクラスの軍事力となるよう指示している。この近代化の中で、陸軍部隊を減らして空軍、海軍にもっと予算を割くように命じている。

中国の通常型空母「002型」の建造は2018年に開始され、中国で初めて電磁式カタパルトが装備される。香港の軍事テレビコメンテーター、ソン・チョンピンは、「電磁式カタパルトを装備した通常型空母は『002型』だけになるだろう。今後中国は、複数の原子力空母による戦闘態勢を構築するからだ」と話している。

現在、中国は2012年に就役した空母「遼寧」だけが実戦配備され、国産空母「001A型」はまだテスト段階にある。「遼寧」は旧ソ連で設計された船体を建造途中でウクライナから購入して中国で完成させた空母で、乗組員の訓練に使用されている。

中国海軍はさらに空母搭載の戦闘機も開発する計画を進めている。現在、中国で配備されている艦載機は「J-1」だけだが、米軍では2タイプの艦載機が配備されている。

前述の軍事専門家2人は、中国軍の総合的な軍事力は戦闘経験の不足によって限定されるものの、空母や艦載機の技術は米軍と匹敵するレベルになるだろうと見ている。

中国は、海軍力の近代化を早急に進めることが貿易航路の安全確保や公海上の平和維持に必要だと主張してきた。またこれまで中国軍は平和維持に貢献してきたし、新たな海軍力は公海上のパトロール活動に使用されるとも主張している。

しかし日本やアメリカなどの関係国は、こうした中国の主張には懐疑的で、中国が敵対的な姿勢に転換したと見ている。さらに、中国が南シナ海や東シナ海で、周辺国との間に領土問題を抱えていることが、海軍力の増強に駆り立てる要因になっていると見ている。



















 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 赤かぶ[4547] kNSCqYLU 2019年2月15日 21:35:26 : 90EZJT5uPI : 4gKn5wchQzA[1051] 報告


2. 赤かぶ[4548] kNSCqYLU 2019年2月15日 21:36:01 : 90EZJT5uPI : 4gKn5wchQzA[1052] 報告


3. 赤かぶ[4549] kNSCqYLU 2019年2月15日 21:36:34 : 90EZJT5uPI : 4gKn5wchQzA[1053] 報告


4. 赤かぶ[4550] kNSCqYLU 2019年2月15日 21:37:11 : 90EZJT5uPI : 4gKn5wchQzA[1054] 報告


5. 2019年2月16日 19:01:13 : o4ZxWSpuaU : GJN2zyS682U[153] 報告
長い目で 見て泳がせる 仮想敵
6. 2019年2月17日 11:19:37 : 1hFwhl5XF6 : A44FqszPm3Y[1023] 報告
中共は、帝国海軍の敗北をじっくり研究していると思うが。
どうなることやら。
7. 2019年2月17日 20:01:07 : KyPgZPlu8Y : dYpPxkZtSWI[1] 報告
>>06さん。そこなんですよ。本来の中国人民解放軍なら、海軍増強なんて考える訳がありません。中国人民解放軍の父、朱徳氏を紹介します。

朱徳
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%B1%E5%BE%B3

●新中国の成立に重要な役割を果たした3人のうちの1人です。この3人とは、毛沢東氏、周恩来氏、朱徳氏です。

朱徳氏は、ドイツで社会主義を学び、ソ連で軍事を学びました。ソ連は陸軍主体で、労働者、農民を主体とする「労農赤軍」と呼ばれていたのです。戦術はゲリラ戦でした。中国人民解放軍は、都市を包囲する戦術で蒋介石軍に勝ち、中国大陸を解放しました。

しかし1976年に周恩来氏、朱徳氏、毛沢東氏が相次いでなくなると、中国社会も変わり始めました。翌年には四人組が追放され、これによりケ小平氏が復活。改革・開放経済がスタートしました。その後、1979年、中国とベトナムの間で戦争が勃発します。

中越戦争
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E8%B6%8A%E6%88%A6%E4%BA%89

当時、中ソ対立は深刻で、ベトナムはソ連側、カンボジアは中国側でした。大虐殺を行ったカンボジアのポルポト政権がベトナム軍の攻撃で崩壊し、これに怒った中国がベトナムに攻め込んだ。ところがソ連から最新兵器を供与されたベトナム軍に中国軍は歯が立たず、多数の犠牲を出して戦争は1ヶ月で終わりました。

●この影響は甚大で、中国側は歩兵中心のゲリラ戦では戦えないとして、改革・開放経済を加速させ、経済成長で得た税収で軍備増強することとなります。この頃からですね。中国が、カネ、カネ、カネにうるさくなったのは。

陸軍主体の中国人民解放軍は、戦車やミサイルなど近代化を進めましたが、1980年代までは海軍の増強は考えていなかった。どうして最近、海軍を増強しているのか。海外留学組が中国に帰国して、欧米の実情を報告したり、あるいは欧米の軍事コンサルタントの売込みがあったのだと思います。

それで欲だして、かつての中国なら考えられない軍備増強(海軍)をしていますね。ソ連崩壊で未完成の空母を購入しましたが、海軍は他の軍隊より巨額の予算を食いつぶしますからね。ましてや、空母なんて膨大な予算が必要です。

●かつてソ連も陸軍主体でしたが、アメリカに対抗する上で海軍増強が重要だとして、空母を建造しました。しかし巨額の運用費用が必要で、ソ連崩壊後、維持が難しくなっています。シリアでのISIL退治には投入しましたが、現在は改装中らしいです。中国、空母四隻なんて大丈夫かな ?

8. 2019年2月17日 21:27:48 : UlV7BJJin6 : 26dwJXSm1LU[2] 報告
中国の海軍増強は明らかに台湾侵攻狙いだろう。
なぜ台湾が中国にとってそれほど重要なのか。それは中国海軍がアメリカ西海岸まで進出できるようになるからだな。

今のところアメリカが中国を攻撃した場合、中国は反撃としてICBMを発射するわけだが、ICBMは飛行距離も時間も長く精度に欠け迎撃されやすい。台湾が中国領となれば中国の原潜は基地を出航した瞬間から深度500m以上に潜り全速力でアメリカ西海岸に向かえる。しかも西側が原潜の出航を探知する手段は偵察衛星しかない。台湾自体が強力な空軍及び補給修理基地としての機能を備えておるのは太平洋戦争での台湾沖航空戦で実証済みなので、他国の空軍や海軍が偵察を行うのは困難だろう。

いったん台湾を出航すれば原潜は大深度でアメリカ西海岸まで潜行したまま到達し、探知は極めて困難である。アメリカが中国を攻撃すればアメリカ西海岸でパトロールしている原潜から報復攻撃としてSLBMが発射され、アメリカ西海岸はおろか東海岸までも中国の核ミサイル攻撃目標となる。当然サンフランシスコやロスアンゼルスやシアトルはミサイル迎撃時間も短いので無事では済まない。

以上の理由からアメリカからの先制攻撃を防ぐ意味でも海軍を増強して台湾を侵攻するのは中国の国防にとって非常に重要なのである。それなら沖縄や九州でも良いではないか、なぜ台湾なのだと不思議に思う人もいるかも知れないが、太平洋戦争終了時にアメリカは日本領だった台湾の管理を中国人に任せてしまった。それで中国人が占領して台湾を中国領として徹底的に改造したわけだ。中国化を拒否したり抵抗した人間はこの世から消えてもらった。それを前世紀49年から現在まで延々と70年もやってきたので中国にとってはただの外国である沖縄や九州に侵攻するよりも占領が楽なわけだ。それに今の台湾島内にも中国と統一したいと言う人間はエリート層を中心として大勢いる。当初台湾住民の意思を尊重して独立でもさせれば良かったのに、地元の住民無視民主主義無視がアメリカのやり方なんだからどうしようもない。まぁ今ではアメリカは後悔しているだろうけど後の祭りである。

このように中国海軍の主な目標はそれほど遠くない台湾であり、戦前の日本のように太平洋奥深くで英米と戦争するわけではない。したがって空母も陸上の航空基地を補強するために使われるのが予想される。中国海軍の脅威は、空母よりもむしろ世界一の人員規模を誇る潜水艦部隊だろう。

9. 2019年2月17日 21:48:12 : A3vi7f7MBE : QE04zZM_hPo[101] 報告

出かけた小便は止められん、と、

他人から分捕った空母部隊を全滅させた司令官が居たが、

日本人より雑な中国人が運用出来るのだろうか?


  電磁推進機研究者談


10. 2019年2月28日 12:55:49 : abn4ghevQs : RzhaWG0yQUVZa0U=[23] 報告
こんな金がどこにある?中国。

破綻し分裂するぞ!中国は。

中国に、戦争する体力はない事、誰も書かないな?戦争家は。

戦争開始したらいたるところから独立戦争が始まる。わかるだろう、、。

中国は、戦争開始宣言で自爆する事、周囲の各国は周知し、戦争家に騙されないことです。

中国兵は弱いぞ! 正し、満州にいる朝鮮戦争を戦った朝鮮系兵は強い。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b22掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b22掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
戦争b22掲示板  
次へ