★阿修羅♪ > 戦争b22 > 762.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
アポロ11号月面着陸に謎はない。人類史上最大の秘密があるだけだ。
http://www.asyura2.com/18/warb22/msg/762.html
投稿者 あのに 日時 2019 年 7 月 28 日 10:56:19: xZaQXyDl16EGo gqCCzILJ
 


アポロ11号月面着陸に謎はない。人類史上最大の秘密があるだけだ。


これはいちれんのウソ・シリーズのひとつといっていいが、人類史上最大のウソかもしれない。まえなんども書いたように、月面着陸のウソはウソであった。

1、アポロ11号のアームストロングは、殺されたのか?

最初に月面に降り立ったアームストロングの死について、昨日、7月27日朝、記事がヤフーにあった。すぐ、記事は消えて、夕刻探したがどこにも見あたらなかった。

ニール・アームストロング氏の死、医療ミスが原因か新聞社に匿名文書
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6331305


これは、アポロ11号の真の証言をする可能性がある者は、できるだけ早く口封じのため、殺すのが、イルミナティの思いなのだろう。アームストロングは病院で殺された可能性が高い。また、遺族はこのことを知っていた可能性が高い。なぜなら、歴史上はじめてのアポロ11号月面着陸には、大きな秘密があるからだ。


2、アポロ11号の人類史上最大の秘密

これは、何回でも書くことだが、アポロ11号の公表されている映像は、すべて地上で撮られたものである。どこにあるか、時刻を書きたいが探してほしい。すぐ消されるだろうからだ。

ホセ・エスカーミラJose Escamilla と仲間がつくった貴重な映画ムーンライジングである。
Moon Rising (Special Edition)
https://www.youtube.com/watch?v=wRmG4nP_ca8   #t= m s


なぜなら、漏れて出てきたアポロ11号のほんとうの着陸映像では、巨大廃墟、ガラスドームのがれきの中にアポロ11号は着陸しており、古代住居跡を探索する映像など、片鱗たりとも公開できるものではないからだ。もちろん、あとでほんとうの着陸映像が、スペインから漏れて出てきたが、なぜか、これはまったく知られることは、なかった。

わたしが何回でも書いても、どんな反響もなく、なしのつぶて状態であった。今回戦争の内容ではないが、ここに書けば、すこしは反響があるかもしれない。まえ、空耳板にかくので、わたしがでたらめを書いていると、かんちがいされるのだろうか。あるいは、だれもが理解不能の思考停止状態なのか。

真ん中あたりに、月面の古代住居を探索する映像がある。

Mirlo Rojo: Las imágenes censuradas de la Luna. (49:24)
https://www.youtube.com/watch?v=INAyP7vTzC8#t=34m25s

Moon Rising (Special Edition)にある映像でも、空を処理するとガラスの巨大な残骸が現れる。場所はさがしてほしい。
https://www.youtube.com/watch?v=wRmG4nP_ca8    #t= m s

すなわち、最初から月面着陸は否定するように仕組まれていたわけであった。これは、アポロ11号が、月面古代遺跡を探査する目的であったからである。これを理解しない人が多い。というより、だまされる人100%だ。よくぞ、だまされましたね、という、だまされる人が、完全な100%状態である。

また、月面着陸をウソというため、地球の石を、月の石といって世界中に配ったわけだ。のち、全世界の大学が、月面着陸をウソというように証言するようにである。この詐欺に、ひっかかった人ばかりである。なぜ、だれも、このトリックを見破ったひとはないのだろう。みな、NASAやアメリカを、いかに信頼しているかがよくわかる(笑)

ケネディ暗殺も、すべてわかっていると、何回書いても、どんな反響もなく、まったく、なしのつぶて状態である。だれひとり事実をみようとしない。「公式発表」を見ようとするわけだ。こうして、でたらめな珍説を信じるか、まだ何もわかっていないという流布されたウソを信じるか、どちらかである。「公式発表」を見ても意味はない。つくられたウソを何回見ても、なんの意味もない。

UFO宇宙人の存在も何回書いていても、100回あまりも書いているが、こちらはゼロではないが、だんだんディスクロージャされて、あきらかになりつつあるなどと、述べる人さえある。実態は、どんどん深く隠蔽が進んでいる。UFO宇宙人の存在は、いまの若い世代など、もう関心すらないだろう。犬HK=電通=CIAの洗脳が、あまりにもうれつに、はげしすぎる。


さて、アポロの謎は、UFO目撃だけが言われるが、アポロ11号の真の目的は、なんども書いているが、月面上の古代遺跡探査が目的である。だから科学的な月の探査が目的ではない。ただ、たとえば、長さ30kmという巨大宇宙船が月面上には横たわっているから、UFO宇宙人の探査も、目的のなかにはあったのではあろう。つぎはホセ・エスカーミラJose Escamillaの2つの映画のどちらかからとった映像。

長さ30kmという超巨大宇宙船
Twenty Mile Long Space Ship filmed on The Moon
https://www.youtube.com/watch?v=48MiHyL5VB4

この映像は、クレメンタイン衛星が撮影したものだ。もちろんグーグルムーンでは、すべてが消されているはずだ。グーグルムーンからタネを拾う動画が多く、みなだまされているわけだ。
また、UFO宇宙人の基地のあたりなどは、わざと避けて、どのアポロも着陸しているようにみえる。

3、月面上の古代遺跡の謎
まえ、空耳板に書いたように、月面上にはいっぱい古代遺跡がある。高さ1万mほどの高さのガラスドームがいっぱいあったり、ロサンゼルス市の10倍ほどのサイズの建造物も見つかっている。今回ムーンライジングは、新しくコンピュータ解析したらしい新バージョンの映像である。すこし、はっきりしてきた。
場所は、はじめのほうにあるが、探してほしい。場所が可能になったら、コメント欄にくわえる。

ムーンライジング  ロサンゼルス市の10倍ほどのサイズの建造物
Moon Rising (Special Edition)
https://www.youtube.com/watch?v=wRmG4nP_ca8   #t= m s


リチャード・ホーグランドの著書NASA秘録(DARK MISSION)には、このあたりの話題に詳しい。ガラスドームを横から見た映像まで載っている。


アポロ11号は、こういった直径30kmもあるガラスドームの壊れた頂上から中にはいり、そのなかにある古代住居跡を探索したわけである。こんなものは公開できるはずはない。月面上の古代遺跡は、UFO宇宙人以上に、みなの頭にないものだからである。

月面上の古代住居は、いったいだれが住んでいたのか?
どうやって、宇宙を移動したのか?
いつごろのことなのか?
アポロ11号の月面着陸とは、こういった疑問をかきたてずにはいられない。


まえ書いたが、高さ1万mの立像もある。しょっちゅう現れては、わたしが見つけ、アップしては、著作権を口実に消される動画なのだが、見た人はいるかもしれない。エベレスト山より高い立像が月面上にはあるわけだ。これは、Celestial という題の映画のほうである。いまは、消されているが、ゲリラ的にアップする人たちがいるようなので、そのうち出てくるだろう。


こういった謎のカギは、動画スライブ THRIVE japanese のなかにあると思っている。これは新バージョンである。映像がすばらしく良くなっている。

スライブ THRIVE japanese
https://www.youtube.com/watch?v=yp0ZhgEYoBI#t=16m10s


3、アポロ20号

アポロ20号では、こういった古代宇宙船の内部らしい映像もあった。前、リンクしたが、消されているであろう。こういった、自分の空耳のUFOの投稿を見ていたら、ウイルスマンに突如攻撃されたのである。いくら、じぶんの書いたUFO記事でも、UFO記事を見るやつは容赦しないぞ、ということらしい(笑)わたしは、いま、1日に、それこそ20回くらいインターネット接続が切られる。5分おきだ。まともにインターネットができない。

動画は、探してそのうちアップしよう。いまは、邪悪なグーグルのウイルスマンのサイバー攻撃が、あまりに激しすぎる。


まえ,書いたドイツの動画をあげておこう。たぶん、これでいいだろう。

Apollo20 Die ganze Geschichte auf Deutsch,Neue Fassung! (1:13:07)
https://www.youtube.com/watch?v=SgLlsKkwoKI    

撹乱のため、同じ題名の動画が4つか6つくらい作られ、アメリカの動画の名前を変えてさえあったものがある。ウイルスマンのお仕事であった。urlをとつぜん変えるので、欧米の視聴者はびっくりするであろう(笑)。

ムーンライジングmoon rising の動画も、これを投稿する時点では、消されている可能性が高いだろうか。場所を指定したいが、ウイルスマンはいまひじょうに興奮しているようなので、混乱をさけるため、多くは場所を指定できない状態で、投稿するしかない。

 
 
 


【ふろく】
何回でも、これを書かねばならない。書いてもネットは、CIAがうようよである。
ーーーーーーーーCIAブログとCIA工作員たちがつくる闇ーーーーーーーーー
「闇のブログ同盟」とグーグル、ユーチューブ、ツイッターなどを基幹管理しているウイルスマン(タマちゃんの暇つぶし、大磨爾お○ま○、日本や世○や宇宙のこと、inde○p、カ○イドスコープ、飯山○郎、シャ○ティ・フーラ、ベンジャ○ン・フル○ード、ワント○のブログ、○物黒酒などなど)

これについては、人口削減6やUFO問題33を参照。
http://www.asyura2.com/16/bd62/msg/125.html 人口削減6
http://www.asyura2.com/16/bd62/msg/107.html UFO問題33
人口削減のあたらしいフェーズ 109:変化の時 4  CIA工作員の破壊工作、暗躍

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. あのに[264] gqCCzILJ 2019年7月28日 11:32:24 : oQjMLzQtME : TTlqWGZFWW52RFk=[29] 報告

どうして見られないか、原因がはっきりしないが・・・・


スペインの動画
Mirlo Rojo: Las imágenes censuradas de la Luna. (49:24)
https://www.youtube.com/watch?v=lNAyP7vTzC8

ドイツの動画
Apollo 20 Die ganze Geschichte auf Deutsch, Neue Fassung!
https://www.youtube.com/watch?v=gS-p3EJ3E0U

2. あのに[265] gqCCzILJ 2019年7月28日 11:51:51 : oQjMLzQtME : TTlqWGZFWW52RFk=[30] 報告

時刻を追加


スペインの動画  月面の古代住居を探索
Mirlo Rojo: Las imágenes censuradas de la Luna. (49:24)
https://www.youtube.com/watch?v=lNAyP7vTzC8#t=34m25s

ドイツの動画  アポロ20号
Apollo 20 Die ganze Geschichte auf Deutsch, Neue Fassung!
https://www.youtube.com/watch?v=gS-p3EJ3E0U

ムーンライジング  ロサンゼルス市の10倍ほどのサイズの建造物
https://www.youtube.com/watch?v=wRmG4nP_ca8#t=6m57s

空を処理するとガラスの巨大な残骸が現れる
https://www.youtube.com/watch?v=wRmG4nP_ca8#t=38m57s

3. あのに[266] gqCCzILJ 2019年7月28日 12:26:07 : oQjMLzQtME : TTlqWGZFWW52RFk=[31] 報告

アポロ11号の公表されている映像は、すべて地上で撮られたものである
https://www.youtube.com/watch?v=wRmG4nP_ca8#t=27m45s


ドイツの動画は、多分これではないと思うが、題で検索して、みてほしい。

Apollo20 Die ganze Geschichte auf Deutsch,Neue Fassung!
https://www.youtube.com/watch?v=GTly3jbTx8c

4. 2019年7月28日 19:42:34 : FFDGT1wGBE : bEt4Q2J1Mmh1dGc=[53] 報告
ケネディが人類を月に送ると提唱。
当時のハイエンドのコンピュータの性能はファミコンレベル。
秘密を知り尽くしているケネディは暗殺された。
5. 2019年7月28日 22:21:38 : Ygkzw26rj6 : NExxd3h1TGlpUEU=[323] 報告
中国共産党が、米国に次ぐ2回目の月に人類を送ることを成功させたら

2回目だから信じるかも、そして3回度の正直を日本がやる。

3回目なら皆信じるんじゃないか。 さすがにスタジヲ撮影じゃない

特撮じゃないてね。

6. 2019年7月29日 18:58:35 : Ewk1iCNMnR : NjdzdjhTbjNjOGc=[1] 報告
>これは、アポロ11号の真の証言をする可能性がある者は、できるだけ早く口封じのため、殺すのが、イルミナティの思いなのだろう。

アームストロング氏はアポロ11号の月面着陸の43年後の2012年に82歳で亡くなっている。
それのどこが「できるだけ早く口封じのため、殺す」なんだ?
そんなバカげたことを唱えるから世間から相手にされないだけだ。

7. 2019年7月29日 20:38:56 : ZRH8q0wbnY : b1VRZ3pqNmk0Wkk=[183] 報告
不都合が バレちゃ困ると 口封じ
8. 2019年7月29日 23:25:21 : ky5bHh4Ie2 : dy5nNFBuYUQ4T0k=[2] 報告
>>4.

>当時のハイエンドのコンピュータの性能はファミコンレベル。

笑える、ファミコンはMOS 6502、RISCだよ
ファミコンは8ビット(1.8MHz)
アポロは16ビットワード(2.0Mhz)
だから2台分ね

ROMはコア・ロープ・メモリを使って居たそうですね

ハイエンドって地上コンピュータの事ですかね
「ジーン・アムダール」という人が設計した370シリーズという31ビット機

https://ja.wikipedia.org/wiki/System/370

ファミコンとは違う

9. 2019年7月30日 11:28:52 : b0LjhctQDI : OFY3WlY1eXY3bzI=[3] 報告
バカげた陰謀論を信じ、月へ行ってないなどと。
相変わらず、それこそ陰謀論に利用されてること知りなさい。
どこからどう見ても、月へ行ったことは事実なんだ!
早く目を覚ませ! バカども!
10. 2019年7月30日 11:45:56 : Ygkzw26rj6 : NExxd3h1TGlpUEU=[331] 報告
9>>。ヨどこからどう見ても、月へ行ったことは事実なんだ!
   早く目を覚ませ! バカども!」

   目を覚まさすためにも、米国でなくていいから 2回目の月面着陸

   やってほしいのだが。

   で どや事実やろ 馬鹿ものどもと宇宙中継する、これで完璧。

11. 2019年7月30日 13:03:12 : t04csNiWJo : SWRLTnhuYXh0a1U=[3] 報告
アメリカの宇宙技術は当時のソ連に比べて酷かったのが、残念ながら明らかになったのは、21世紀になってから。ソ連は、月着陸なんかより、宇宙での飛行と、滞在に補給というのを重視し、その技術は現在でも目を見張るモノがある。それに比べて、アメ公宇宙開発技術は、フォン・ブラウン亡き後、どんどん低落していった。

中国製品の悪評はよく聞くけど、それも西側の情報工作で、西側の粗悪品を、さも中国のものにするように宣伝していたのもあったし、現在の中国製品の品質は、ヘタな日本製品を越えてしまった。

悪いのは結局アメリカと、それくっついて、国民を洗脳していた日本政府とマスゴミという事なんだよね。

12. あのに[267] gqCCzILJ 2019年7月30日 14:01:08 : oQjMLzQtME : TTlqWGZFWW52RFk=[32] 報告

ガラスドームの構造がよくわかる映像がある。ホーグランドRichard C Hoaglandの動画だ。破壊されたギザギザが見える。

Earths moon 2013. New images of lunar structures HD
https://www.youtube.com/watch?v=Cc525WLBms0#t=18m45s

四角い角砂糖のようなガラスの立方体は、一辺が9mのサイズである。これが、積み上げられて、高さ1万m以上のガラスドームがつくられている。

この月面上の古代遺跡は、スペインの動画によるとアメリカが月に送った核ミサイルで破壊されたらしい。

なお、アポロのコンピュータは、IBMのものが5台並列して同時に動いていたようです。3台以上が合致したデータだけが出力されるようにつくられていた。

13. 2019年7月30日 17:38:41 : b0LjhctQDI : OFY3WlY1eXY3bzI=[4] 報告
>>11
先行していたソ連が結局月一番乗りで敗れたのはコンピューター技術の差。
エレクトロニクス技術において、当時のソ連の持つ技術では不可能。
だからソ連はエレクトロニクス技術で既に世界のトップレベルにあった日本に1960年代後半視察団さえ送ってる。
月面有人到達という事業を成し遂げるには、精密な計算に基づくコンピューター技術が不可欠。
メーカー間の競争により結果的にエレクトロニクス技術でアメリカも日本も全体のレベルを上げた。ソ連式計画経済下ではシノギを削る競争が無く、決定的な差が生まれる。
ロケットを打ち上げる等、そこはソ連が先行し優れていた。が、アメリカもサターンで追い越した。それに対抗しようとソ連も超大型ロケットを開発したが、無残な失敗で諦める。
アメリカが宇宙開発でソ連を逆転したのは、1960年代半ば以降のジェミニー計画から。
二人乗りジェミニー宇宙船で月面到達に不可欠なドッキング技術等を習得。更にルナーオービターやサーベイヤー探査機で月面の地理を徹底的に調査。
まさしくアメリカは国力挙げての月面有人着陸でまっしぐらの総合力。そこで勝負あり。
それでもソ連も評価していいのは、無人探査機で月面から月の石を持ち帰ったり、無人月面探査車を月面上で走らせたり、あと、地球軌道上での長期にわたる有人宇宙ステーションといった、地味だけど確かにポイントを上げてる。ソユーズ11号の帰還時に三人の宇宙飛行士の窒息死というのもあったが。
アメリカの宇宙開発は如何にもアメリカらしいハイテクを駆使する開発姿勢。
その点ソ連は「枯れた技術」で無難にこなしていくという感じ。無理をしない、というところか。
まあ、そのへんはアメリカ人とロシア人の感覚国民性の違いは表れているよ。
たとえば1976年函館空港に強制着陸したミグ25戦闘機を調査すると真空管が使われていたりと、やはりエレクトロニクス技術分野の遅れが結局月面有人着陸において及ばなかった部分。
14. 2019年7月31日 00:16:15 : dp5rZlb70c : UkZpbUM3Mi41THc=[2] 報告
>13

判っちゃおらんな、ミグのあれはソ連に力がない、そしてアメリカの方が優れている!と嘯いたでっち上げだったのだよ。でなきゃ、アメリカがF35なんてポンコツを日本に売りつけるのをどう説明するのか?

ソユーズ、サリュートの事故は確かに悲劇だが、それ以降の宇宙開発では、ソ連はロシアになってからも深刻な宇宙事故は起こしていない。それに比べてアメリカのジェミニのドッキング失敗、アポロ1号の悲劇、13号の故障、さらにチャレンジャーとコロンビアの悲劇で、死者数ではアメリカの方がずっと上なのだ。これでアメリカの何処がソ連より優れているというのか?

月着陸だってどこまでホントか判らんし、惑星探査にもちょいと疑ってかかった方がいいかも?と最近思えてきた。アメリカはそこへ行ってきた!だけで、その先はなく、ソ連=ロシアは、「そこから手を広げていく」という部分で、ずっと柔軟性や論理性では上だったし、ブランにしても、一回使えばもういいや的であり、何度も無理矢理大気圏突破や突入をさせたアメリカシャトルみたいなコストの無駄遣いはしなかった。

今でもソユーズは打ち上げられているし、そのロシア方式は、中国も実践している。今のアメリカの為体を見てると、とても優れてるとは思えないんだけどねえ・・・・・・。

15. 2019年7月31日 03:42:36 : 7Amux9stAs : c3p4RnV5dTJaL2M=[1] 報告
>14
どっぷり陰謀論に染まってる方ですね。笑い
1960年代までのアメリカの経済力、科学技術力、軍事力は圧倒的でね。
アメリカが最も力のある時代に無事月着陸を果たせた。
ソ連は月面有人着陸という大一番を取り逃して、まあしかし他の分野で地道に宇宙開発を続けていった。
確かにその後のアメリカの科学技術力は、すべての分野でナンバーワンとは言い難い。
しかしひとつはっきり言えること。明らかにコンピューターを始めとするエレクトロニクス半導体技術において、あの時代アメリカは他の追随を許さなかった。
アメリカだってアポロ以降、惑星探査では目覚ましい実績を上げ、これも他の追随を許さなかった。
アメリカほど一つのプロジェクトに惜しみなく注ぎ込める余裕の無かったソ連は、とにもかくにも地道な成果を積み重ねた。
アメリカだってこれからの有人飛行は、かつてのようにカプセル方式で行くことになってる。
さらにスペースX社のように、民間企業も推進する。そこがソ連・ロシアとの、やはり決定的な差。ソユーズ・サリュートも、すでに耐久年数超過でそろそろ新型に切り替えないといけない。
ステルス戦闘機を実戦配備させ、無人戦闘機へと切り替えようとするアメリカに対し、まだロシアはそこまで行ってない。

スペースシャトルのような大量人員の宇宙船は一つ事故でも起きると当然死者の数で上回るのは当たり前。
ソ連はスペースシャトルを打ち上げようとしても国家自体が崩壊した。であれば、地道にカプセル宇宙船でやっていくのが当たり前。

>アメリカがF35なんてポンコツを日本に売りつけるのをどう説明するのか?
この論理思考は、まさに50年前月に行けて、なぜいま月に行けないのか?
と、そっくりの論法。

あのね、はやく陰謀論から目覚めたほうが良いよ。
根拠も無いウワサ程度で人類が残した実績を否定するようでは、まさに「何かの」思う壺なんだよ。

16. 2019年7月31日 03:53:13 : 7Amux9stAs : c3p4RnV5dTJaL2M=[2] 報告
ついでに言うと、ソ連時代これは宇宙飛行上の事故ではないが、サターン対抗のN-1ロケット打ち上げ失敗の時おびただしい数の地上人員が犠牲になった。
当時のソ連隠ぺい体質から、その事実は隠された。
CIAはその事実を掴んでいて当然アメリカ政府は知っていたようだが。
ソ連だって宇宙開発において、かなりの犠牲者出してるよ。
17. 2019年7月31日 12:52:43 : gxtuNQhfJg : T252akFlVHpMUzI=[7] 報告
>15

残念ながら陰謀論じゃありまへ〜んwそっちこそ西側プロパガンダにひっかかってる事こそ陰謀論にかかってるんじゃねーのか?

今月に行けない理由と疑問を答えられないNASAとアメリカもその意味ではドッコイドッコイだと思うがね、ある意味旧ソ連以上に。

西側は東側の失敗を過剰に宣伝する傾向が強い。四川の地震や、チベット問題でも、誇張気味で犠牲者数と東側非道を訴えているので、信憑性が疑わしくなっている。

宇宙開発の影の部分を知ってからは、NASAの神話なんざ崩壊してるんだよ。原子力安全神話と同じくらいに。

18. 2019年7月31日 16:54:45 : tMY0q2ShKU : UFA1WlRUZDlFREU=[1] 報告
アポロ当時を知ってるオッサンからすれば、事実も事実。
若い連中は当然知らないから50年まえのことをウソだという単純さ。
単純というより、その時代に身を投じてイメージをめぐらすこと出来ない想像力の欠如。
50年まえというと、まるで石器時代であるかのように勝手にイメージする。
しかし紛れもなく、あの時代二つの超大国の科学技術力は物凄かった。
ネットだけの情報を鵜呑みにし、想像力を欠如してしまった今の若者たちは、そりゃ簡単にネトウヨに走ったりするよな。ハハハ
19. HIMAZIN[736] SElNQVpJTg 2019年7月31日 21:43:41 : tfL5STIxFs : SktxRUovLlVxR1E=[75] 報告
こちらのブログに興味深いことが書いてあったので転載します。

https://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/4c3bccb74e17fb3e5c18d58552adedeb
(前略)
ダラダラ番組は進み、私が期待する、肝心の『アポロ11号月着陸場面映像』に、ようやくなった。
如何、今のアメリカが処理するか楽しみである。
月着陸船の遠景撮影映像で、タラップをアームストロング船長が『小さな一歩だが人類にとっては大きな一歩』といいながら降りてくる。
この間わずか2〜3秒で終わってしまう。
39年前にあったアポロ月着陸船の遠景のビデオ映像が完全カットしてある。
偉大な人類最初の月着陸の偉業が『たったの数秒』にして他は絶対に放映しないでは、あまりにモッタイナイ。

あの時、私が注意深かったから、39年前に捏造映像を見破ったというよりも単に最初から見ていただけです。
最初、テレビ画面に、着陸船が写っている。
次に『小さな一歩だか人類にとっては偉大な一歩』と言いながらアームストロング船長が着陸船から降りてくる。
あまりのアホ臭さに笑いました。
日本の民放の娯楽番組、川口浩探検隊のパクリですよ。
しかし、別段怒るほどのことでは有りません。宣伝広報の類いと見れば良いのですよ。
(後略)

20. 2019年7月31日 21:57:17 : NzbeskplYs : anF5NXA2ZFVaT28=[1] 報告
当時を知らないから、そんな与太記事に、すぐアポロ以降に生まれた世代は飛びつくんだね。
21. HIMAZIN[737] SElNQVpJTg 2019年7月31日 22:13:16 : tfL5STIxFs : SktxRUovLlVxR1E=[76] 報告
>>20

タイムマシンの持ち主では無いので。
宜しければ、どの辺りが与太であるのか理路整然とご説明いただければありがたいです。

22. 2019年8月02日 18:30:04 : FFDGT1wGBE : bEt4Q2J1Mmh1dGc=[62] 報告
5Gの時代でようやく遅延なく映像送れるようなるというのに、50年前遅延なく、月着陸船の遠景撮影映像からアームストロング船長降りるタラップ映像切り替え、すごい技術だね。
技術は年々衰退してるというのは本当だな。
23. 2019年8月02日 22:25:37 : dlD9Jv2vCE : TDRuZUc2MFNPTHM=[1] 報告
バカだねぇ。当然映像の遅延は起きてるよ。一旦オーストラリアで受信していたんじゃないかな。
5Gなんて、たかが地球内でのこと。地球と月との距離を考えるだけの想像力持ちなさい。
24. 2019年8月03日 23:33:38 : hqm9Ejz6U6 : YzB0T0lrWWJzeVE=[30] 報告
その後、スペースシャトルとかが何度も打ち上げられたがどれもこれも地球のすぐ上の軌道をグルグルと回るばかり。

そんなに簡単なことも何度も失敗し多数の死者を出した。そのスペースシャトルも終わり現在はロシアのロケットを使って人を打ち上げているとか。

まあ人類が火星や金星などの天体に行くことは永遠にないのではないか。

25. 2019年8月06日 17:30:01 : T0ssTppoBE : QW1lYlJpeHI0NzY=[3] 報告
>24
あのね、とにかく当時の時代をイメージできる想像力持とう。
アメリカにとってソ連という強力ライバルの存在。ソ連にとってもアメリカという強力ライバルの存在。
だから今とちがって月一番乗りは両国にとって絶対目標。モチベーションも高まるというもの。
高いモチベーションのなか月一番乗りへ向けて、人・金を惜しみなく注ぎ込めた。
で、アメリカはその競争に勝った。が、「あんな何にも無いところに金使うのは無駄というもの」とアメリカ議会は宇宙開発予算をどんどん削っていく。
その間ソ連は宇宙ステーションによる長期滞在飛行で、堅実にデータを蓄積していった。
そして世界経済も1973年の第四次中東戦争による石油ショックで、それまでの右肩上がり発展にブレーキ掛かる。1973年というのは第二次世界大戦後の世界で、20世紀の歴史の中でも大きなターニングポイントになってる。
アメリカはソ連に対し遅れをとった宇宙空間での長期滞在をスペースシャトルで挽回。何も無いと思えた月も有益な資源の宝庫との再認識始まる。しかしあの当時と比較しアメリカ一国、ロシア一国での宇宙開発は、経済事情が許さない。
だから国際協力での宇宙開発へと現在は向かって行く。
中国はまだ一国だけでやろうとしているが。

大きなプロジェクトを成し遂げるには「強力なモチベーション」
これが無ければ絶対不可能。
その点で1960年代は、それが持てた貴重な時代だった。
今日単純に月を目指すとか太陽系惑星を目指すとか言っても、そんな金あるならな、格差拡大是正しろ、貧困解消にその金使え、もっと優先順位先の課題があるだろ、と、少なからずどこの国の国民も昔みたいに宇宙開発に目を輝かせるなんてしないだろ。
そういう想像力イマジネーション持てよ。
いまの若い世代の最大の欠点、今の時代だけの感覚で昔を判断し測ろうとするところ。
わかったかい?

26. HIMAZIN[738] SElNQVpJTg 2019年8月06日 20:14:24 : tfL5STIxFs : SktxRUovLlVxR1E=[77] 報告
>>25

冷戦の時代は知っていますよ。
強力なモチベーションがあることはよくわかりましたので、どのように実現出来たのかご説明いただければありがたいです。

27. 2019年8月09日 20:27:29 : hqm9Ejz6U6 : YzB0T0lrWWJzeVE=[117] 報告
月までの距離は38万キロ、光速でたかが1,3秒。これはしょせん地球の勢力範囲。

いずれにせよ、月以外の他の天体へ人類が行くことは永遠にないだろう。ろくに飯も食えない人が大勢いるのが人類の現状だ。人類がこの地球で誕生しその環境にあわせて進化し生きてきたわけだ。人間は宇宙なる場所つまり地球のすぐそばの軌道をグルグル回るだけでも足は退化しまともに立てなくなる。

28. 投稿のあんちゃん[508] k4qNZYLMgqCC8YK_guGC8Q 2019年8月12日 14:46:16 : ec5C2vDjSU : blZtalNOcWhTRmc=[148] 報告

 こんな話は「カルト」版に載せてほしい。何の役にも立たない。
 
 120年程前には、まだライト兄弟も空を飛んでいなかった。500人を超す人間を載せて、巨大ジェット旅客機が大陸から大陸へ飛んでいくなど、誰も考えなかったことである。

 利益が上げられるなら、何でもやってしまうのが人間である。危険であっても、莫大な予算がかかっていても、その予算に見合う以上の利益が上げられているなら、アポロ計画は続いていただろう。


29. あのに[273] gqCCzILJ 2019年8月13日 19:55:49 : oQjMLzQtME : TTlqWGZFWW52RFk=[38] 報告

以前書いた、アポロ11号に関する動画が、消されているのをみつけたので、
再あっぷする。

UFO問題を考える 61:対立するグレイとプレアデス人のあいだの宇宙戦争が1万年続いている 3
http://www.asyura2.com/16/bd62/msg/288.html


ここで、消された動画の題で検索すると、次が出るが、偽動画、いかさまである。

Filmación del Apolo 11 que la NASA nos ocultó. ( Video original) .
https://www.youtube.com/watch?v=UaEkKi-EEAc

ほんとうのは、つぎの動画であった。英語だったから、消されたから、仏語で再アップしたのだろう。これを知っている人は多いと思うが、だれも、アポロ11号に関する動画だとは、夢にもおもわないだろう。

NASA - La Filmación del Apolo 11 que nos ocultaron.
https://www.youtube.com/watch?v=MjWiMYr6XDA

アポロ20号のが、つぎのものだ。また、男の首の動画は、消されて、見つからない。

Apolo 20: Mision secreta a la Luna
https://www.youtube.com/watch?v=3QABuod7bi0


30. あのに[274] gqCCzILJ 2019年8月13日 20:12:38 : oQjMLzQtME : TTlqWGZFWW52RFk=[39] 報告
訂正 まちがえた。
こちらだ。


NASA - La Filmación del Apolo 11 que nos ocultaron.
https://www.youtube.com/watch?v=6txz85mjVLY

31. 投稿のあんちゃん[510] k4qNZYLMgqCC8YK_guGC8Q 2019年8月16日 01:08:21 : ec5C2vDjSU : blZtalNOcWhTRmc=[150] 報告

 >3、アポロ20号

 これはいったい何なのであろう。アポロは17号で打ち止め、18号に乗る予定だった宇宙船クルーはつらい思いを味わったというのが皆が事実と知っているはずのことである。

 どこか人の誰もいない砂漠の中から秘密に18・19・20号と打ち上げられたというのであろうか。莫大な予算もその分使うことになるし、あの打ち上げの派手さは(また天体観測やっている人間は無数にいるので)誰も気が付かないでは済まないとも思うが。

 その頃の時代を知らない人間が、勝手なことをほざいているだけにしか思えないのだが。


▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b22掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b22掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
戦争b22掲示板  
次へ