★阿修羅♪ > カルト23 > 217.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
徹底的な嘘 で貶められるカダフィとリビアの姿は将来の日本
http://www.asyura2.com/19/cult23/msg/217.html
投稿者 taked4700 日時 2019 年 10 月 24 日 19:18:35: 9XFNe/BiX575U dGFrZWQ0NzAw
 

2010年のアラブの春の内戦で虐殺されたカダフィ大佐についてのまったくのデマ記事がまた英文で報道されています。 ネット翻訳で日本語に直したものをこの記事の 後にコピーをしてあります。

この記事、果たして中東のカダフィ政権の実際の姿を知っている人々との間で読まれているのでしょうか?
自分はこのようなネット配信は中東地域では見れないようになっている可能性が高いと思います。 カダフィーは他の石油産出国と同じように福祉国家を作っていました。 教育 医療は無料、結婚をすれば家が、農業やると言えば農地が国家から提供されていたのです。
そのためリビアの国民の多くは利権がある公務員になる以外は失業手当をもらって働こうとはしませんでした。 だからこそ2010年のアラブの春のときに リビアへ出かけていたアジア等の出稼ぎの人たちが大挙して空港へ向かい、空港で出国を待っていた、そういった映像が多く報道されたのです。
今の日本の姿を見ているとカダフィ政権下のリビアと似たような状況になっているとしか思えません。
たんに財政赤字のみに胡座をかき、全く国の基盤を作ろうとしていない、こういった状況はやがて一気に破壊されて、その後、日本人が滅亡したのはあいつらが馬鹿だったんだという報道が世界的にされていくでしょう。
昨年ぐらいからあまり話題に上がらなくなりましたが、 リビア沿岸部から地中海へ船でヨーロッパへ渡ろうとして、途中で多くの人達が遭難をしているのは、確実にリビア国民です。
報道ではアフリカの政情不安の国 からの避難民がヨーロッパへ渡ろうとして、船で地中海を渡ろうとして、その途中で 遭難をしてるという風にされますが、リビアが安定した社会であればわざわざヨーロッパまで行く必要はありません。
リビア国民そのものが 出国せざるを得ない状況に置かれ、かつ実際に地中海で遭難をさせられて、 組織的に 殺されていってるのです。

なお、 カダフィ大佐がどういった政権を作っていたかは、平田伊都子町 著 カダフィ正伝 に詳しく書かれています。
カダフィ大佐は何回か政権を実際に降りています。しかしそのたびごとに周囲から担がれて政権に再びつかざるを得ない状況に置かれているのです。また彼は緑の書というほぼ憲法に似たようなものを自ら作っています。決して彼が憲法や法律を作ろうとしなかったわけではありません。反対に周囲が彼にそういったことをさせなかったのです。 結果的に現在、カダフィ大佐をそういう風に誘導してきた人々そのものが苦境に置かれてしまっています。

https://www.abc.net.au/news/2019-10-20/libya-civil-war-gaddafi-eight-years-on/11210742

Moamar Gaddafiは8年で亡くなっていますが、リビアはまだ戦争中です。何が悪かったのか?
トレーシー・シェルトン
投稿しました4 days ago、 更新しました4 days ago
男がトラックの隣にラクダに乗って、航空機のミサイル発射装置が背中に溶接されています。
8か月間、民間および元軍の戦闘機は、カダフィ大佐の42年の支配を終わらせるという夢を抱き合わせた。(ABCニュース:Tracey Shelton)
怒り、不信、歓喜の狂乱の中で、「彼を殺さないで!彼を殺さないで!」と叫ぶ。 リビアの指導者大佐モアマル・カダフィ大佐が雨水排水路内の隠れ場所から引き抜かれたとき、反乱軍の群衆に反響した。

キーポイント:
カダフィ大佐がリビアで捕らえられて殺されてから今日で8年が経ちました
2つの対立するリビア政府が内戦の危機にonしている
外国からの両国への支援により、現在の戦いは代理戦争に変わった
前の独裁者と彼の最も忠実な男性のバンドは、シルダのカダフィの幼少時代の家のほんの数郊外のブロックの領域内に穴を開けられていました。

2011年10月20日、約40台の車の隊列が市を逃れ、NATOの航空機によって町の郊外で爆撃されたとき、私は反乱軍に数ヶ月を費やしていました。

負傷したカダフィ大佐は、排水路の下にある排水路に避難所をとっていたが、最後の部下は彼を守るために死ぬまで戦った。

その日の残虐行為のその日の現場からの私の報告は世界に衝撃を与えましたが、前政権によって残された暴力の遺産の文脈でそれを見ることが重要です。

ビデオには、銃を持った男性のグループが保持しているカダフィ大佐がまだ表示されています。
カダフィ大佐は、子供時代の故郷シルテの郊外で捕らえられました。(ABCニュース:Tracey Shelton)
出席したすべての男性は死に直面し、家族や同志を失い、多くは現在彼らの前で見つけた男性の命令で投獄され、残酷に拷問されていました。

暴力のグラフィックシーンの中でまもなく、カダフィ大佐は死亡し、歓喜は徐々に不確実性と、現在の若い戦闘機の多くの間で起こることへの恐怖に変わりました。

8年後- 民兵が法の外で活動し、2つの反対政府が全面的な内戦の瀬戸際で -幻滅したリビア人は、希望でいっぱいになった革命がどのように間違ったのか疑問に思ったままです。

アラブの春の間にリビアは何が変わったのですか?
キヤノンがトラックの後ろから発射されると、一人の男が銃を撃ちます。
学生、労働者、家族の男性、事業主はすべてカダフィ大佐に対して武器を取りました。(ABCニュース:Tracey Shelton)
リビアに最初に到着したのは革命の初期の頃で、近隣のチュニジアとエジプトでの同様の蜂起の後、2011年2月に始まりました。

8か月間、学生、労働者、家族の男性、ビジネスオーナー、さらには軍隊と警察のラグタグクルーが、カダフィ大佐の42年の規則を終わらせるという夢とともに団結しました。

ABCジャーナリストのTracey Sheltonが武器の写真を撮影しています。
ABCジャーナリストTracey Sheltonは、カダフィ大佐の没落を独占的に捕らえました。(付属:ジョバンニディフィデンティ)
多くの若者は、10代のかろうじて若い男性であり、政府軍に抵抗する町のヒーローとして突然歓迎されました。

地元の企業は無料の食べ物とタバコを彼らに贈りましたが、顔を赤らめた若い女性は通りで電話番号を渡すことがありました。

しかし、大多数はカダフィ大佐の鉄拳以外の人生を知らなかったし、彼の暴力の遺産は今日のリビア全体でこれまで以上に明白である。

リビアの政治アナリスト、モハメド・エルジャールは私に、この地域の多くの国々が集合的にアラブの春として知られている彼ら自身の蜂起に陥っていると説明しました。

カダフィには政党や制度はなく、憲法もありませんでした。

リビアの隣人であるチュニジアとエジプトは、独裁政権に支配されているが、どちらも選挙を行い、厳しく管理されているにもかかわらず、組合と市民社会が参加できる可能性があった。

しかし、リビアでは、カダフィ大佐は彼の周りを中心に回転するシステムを作成していました。そのため、彼が亡くなったとき、システム全体が彼と共に崩壊しました。

カダフィ大佐の死後、何がうまくいかなかったのでしょうか?
リビアの戦闘機は、太陽が背後に沈むように戦闘車両の上に立ちます。
革命期間中、反乱軍の戦闘機はほぼ完全に免責されていた。(ABCニュース:Tracey Shelton)
リビアが今日直面している重要な問題のいくつかは、カダフィ大佐の死に続く日と月で始まりました。

最初は、反乱が始まって以来リビアの「解放された」部分を支配していた移行政府と、数百の空爆を行ったNATOのパートナーの両方で、カダフィ後のリビアの現実的な計画を確立できなかったことです。リビア革命の潮流。

「テロ」とは何ですか?

「テロリズム」という言葉は、政治的目的のために世界中で使用され、乱用されています。それでは、オーストラリアのテロリストを作るグループを誰が決めるのでしょうか?

続きを読む
国際的なパートナーは介入後の戦略をとることができなかったが、地元の指導者たちは、8か月間の血なまぐさい紛争と和解と司法プロセスの管理だけでなく、新しい経済的および政治的システムの観点から未来の「ビジョン」を作成できなかった独裁政権の42年、エルジャール氏は言った。

今日でもリビアを悩ませている2番目の重要な問題は、民兵グループのエンパワーメントでした。

蜂起の間、反乱軍の戦闘機は、新しい指導者が拷問、略奪、囚人の処刑に目をつぶったため、ほぼ完全に免責されていました。

カダフィ大佐の死に続く年に、元リビアの指導者の側で戦った人々は裁判にかけられ、多くの場合、殺されたとしても、殺されただけでした。

一方、勝者側からの戦争犯罪の有罪者は自由に歩き、場合によっては権力の地位さえも得た。

リビアの戦闘機は車の後ろに銃を保持しています。
8か月間、民間および元軍の戦闘機は、カダフィ大佐の42年の支配を終わらせるという夢を抱き合わせた。(ABCニュース:Tracey Shelton)
当時、トリポリの検事総長事務所の検察官は、新政府の目で「カダフィ軍は民間人を標的にしているが、反乱軍は彼らを守っていた」と説明した。

2012年3月に発表された国連の報告書によれば、リビアの司法制度は、「弾圧のツールとして使用される遺産」に苦しんでおり、その中で治安部隊は「完全な免責の恩恵を受けた」。

反政府勢力は、親カダフィ勢力との衝突中にロケット推進グレネードランチャーを保持します
2014年には、推定1,600人の民兵グループがありました。(Asmaa Waguih:ロイター)
前の政府の軍隊を打ち負かした後、民兵グループは唯一の機能している治安部隊になりました。そして、それは後にそれらの軍隊を政府の支払い役割に置く決定によって固められました。

「戦闘機をそのような方法で補償しようとすることは大きな間違いであり、これが多くの民兵の創設につながったのです」とエルジャール氏はABCに語った。

国際危機グループは、カダフィ大佐の軍隊と戦った武装民兵グループが100〜300人いると推定しました。2014年までに、その数は約1,600人に急増しました。

「民兵のメンバーであることは、多くの人々にとって名声、免責、社会的地位、そして莫大な収入源となりました。」

3番目の重要な問題は、カダフィ大佐の死後、国の路上にあふれる大量の武器を収集し、確保できなかったことです。

蜂起が始まったとき、反政府戦闘機は武器と弾薬に欠けていたので、彼らは軍の基地と武器貯蔵ユニットへの攻撃をステージングし始めました。

男が武器を積んだトラックのボンネットに座っています。
蜂起の終わりまでに、リビアは武器で「あふれていました」。(ABCニュース:Tracey Shelton)
NATO軍がシルテ近くの砂漠にある武器集落エリアを爆撃したとき、カダフィの部隊は逃げて逃げ出し、40の巨大なバンカーが目に見える限り伸び、すべて武器と弾薬でいっぱいになりました。

トラック、バン、自動車のトレイルがトレーラー、後部座席、屋上、さらにはボンネットまで溢れ出し、何百人もの人々が備蓄を暴走しました。

女性は投票箱に投票します。
分析者は、「武装環境」内で選挙を行うことは誤算であったと言います。(ABCニュース:Tracey Shelton)
戦闘が終わったとき、個人と民兵グループの両方が、基本的かつ高度な兵器の膨大な備蓄を蓄積していました。

カダフィ大佐の軍隊を打ち負かすのに役立ったミスラタのような町では、ほぼすべての家庭に銃のコレクションがありました。多くはミサイルと手ren弾発射機さえ持っていました。

「2011年11月、NATO軍はリビアでの任務が完了したことを世界に発表しましたが、国は武器で溢れかえっていました。2,000万から2500万個以上の部品です」とEljarh氏は言いました。

「これらの武器を収集できなかった、または武器を確保するためのプログラムを持っていなかったため、リビアでは暴力の言葉が支配的な言葉になりました。」

「カオスの始まり」:分割された国の並行政府
マップには、さまざまなグループによって管理されているリビアのエリアが表示されます。
リビアは、2つの競合する政府とさまざまな民兵グループによって管理されています。(ABCニュース:Jarrod Fankhauserによるグラフィック)
2012年以来、リビアの選挙は、非正統的な戦術、脅威、暴力、時折の誘nと暗殺によって妨げられていますが、多数決に成功していません。

エルジャル氏によると、リビアのような武装環境内で選挙を行うことは「非常に不幸な誤算」であり、 元 暫定政府のメンバーであるファラジ・アル・サエフ博士は「選挙のスピードアップが混乱の始まりだ」と述べた。

現在ベンガジ大学の教授であるサイエ博士は、選挙を実施して憲法を制定するために急ぐのではなく、軍を最初に統一するために国家移行評議会が権力にとどまるべきであり、「多くの落とし穴」をもたらしたと考えています。

2014年6月、衆議院の全国選挙結果は、以前に選挙され、強力な民兵によって支援されていたトリポリの権力のある連立政府によって拒否されました。

選出された下院は、リビアの東に地位を確立し、国の制度的分裂をもたらしました。その結果、東と西の2つの対立する政府がリビアの首都トリポリの支配のために戦っています。

A man holds a poster of Eastern Libyan military commander Khalifa Haftar in a crowd of demonstrators.
カダフィ大佐の追放に続く混乱の中で、ハフタール将軍は支持を獲得しました。(ロイター:Esam Omran Al-Fetori)
リビアの東部は、2014年に権力を握った米リビアの二重市民であるハフタール将軍によって支配されています。

ハフタール将軍はカダフィ元の元陸軍士官であり、クーデターを計画するために欠席で死刑判決を受けた。

彼は蜂起中にアメリカからリビアに戻り、後にリビア国軍(LNA)の司令官になりました。

2014年2月、ハフタール将軍はテレビで発表された声明で、トリポリの政府が解散したことを発表しましたが、リビアの西側を引き続き支配していましたが、リビアを安定させるために。

Sayeh博士は、ベンガジの民兵グループ(その多くはアルカイダまたはイスラム国家に所属している)が、都市を「恐怖」に陥れたが、政府機関を打ち負かした後に言った。

「(ベンガジの)州があると感じています。まだ100パーセントではありませんが、少なくともシステムが機能していると感じることができます」と彼は言いました。

多くの人がハフタールを「独裁者」および「反革命者」と見なしているが、彼の強者の戦術は、カダフィ大佐の追放に続く混乱の中で人気の支持を得ており、一部のリビア人は元独裁主義者のリーダーを取り除く知恵に疑問を投げかけている。

リビアのファイエズ・セラジ首相は、ぼやけた男性の肩の後ろから茶色のキャビネットの前で見ています。
フェイエズ・セラジ首相は、西を支配する暫定政府の首脳で6す。(Flickr)
一方、トリポリとリビアの西部は、東部選出下院と当時の統治政府との間の国連主導の政治的合意を通じて2016年に設立された暫定政府である国民政府(GNA)によって管理されています。

リビアの唯一の合法的な政府として国連によってまだ認識されていますが、ハフタール将軍を支持する下院はそれ以来、この取引に対する支持を撤回しました。

2019年4月、ハフタール将軍は、サウジアラビア、アラブ首長国連邦、エジプトの支援を受けて、国全体の支配権を掌握しようとして、トリポリに対する攻撃を開始しました。

トルコとカタールに支持されているGNAのためにトリポリで戦っている民兵は、彼らが革命と民間の支配を擁護し、独裁政権の復帰と戦っているが、オブザーバーはGNAが地域の民兵部隊を支配していないと主張する。

「反対です。民兵が政府を支配しています」と、最近トリポリを訪れたサイエ博士は語った。

戦闘機は、屋根のない車両の後ろから105 mmの大砲を発射します。
GNAのためにトリポリで戦っている民兵は、彼らが民間の支配を擁護していると言います。(ロイター:ゴラン・トマセビッチ)
しかし、双方は彼らの正当性を主張しているが、実際にはどちらも民主的に選出されておらず、両側の部隊は強制失,、不法拘留、殺人、誘n、拷問、恐exの罪を犯している。

「現実には、これは権力の闘争であり、資源の闘争である」とエルジャール氏は語った。

「そして、地域の大国が彼ら自身の利益のために紛争を促進するので、それは代理戦争にも変わりました。」

リビアのアイデンティティ危機とアラブの春の運命
人々はベンガジのツインカー爆弾の現場で、血液と混ざった水たまりの近くを歩きます。
現状が継続する場合、結果は、長期にわたる破壊された不安定なリビアになる可能性があります。(ロイター:Esam Omran Al-Fetori)
国連と国際大国は、両国間の協議を推進していますが、そのような協議の多くは以前に開催され、失敗しました。

明確な勝者は何らかの形で安定性をもたらす可能性があり、米国、ロシア、フランスを含む一部の外国勢力は、ハフタール将軍を支持して現在の有利な立場を崩すという考えをいじっていました。同時に、トルコのような国は、国連によって承認された政府でもあるGNAを大きく支援しています。

現状が続く場合、結果は、長期にわたる、破壊された、ひどく不安定なリビアになる可能性があります。

シリアは「スズメバチの巣」
デモ参加者は、2011年にシリアのバシャールアルアサド大統領に抗議しています。

革命が始まったときとても希望に満ちていた若い戦闘機の多くは、彼らが彼らの唯一の安全と生計の源になった民兵グループの中で終わりのない戦いに閉じ込められたままであると言います。

長年の紛争とインフラへの数十億ドルの損害の後、リビアの経済も急落しましたが、石油生産は依然として安全保障への懸念に阻まれています。

エルジャル氏は、「この困難な経験を通じて、リビアがリビアになることをよりよく理解した国として出現する」という希望を抱いている。

砂漠の環境で、子供たちは勝利のシンボルで2本の指を持ち上げます。

安定には民兵の解散と武器の回収が必要になりますが、これは日ごとに困難になっています。

「私たちの側のリビア人は、包括的なリビアのアイデンティティについて考える必要があります…私たちの憲法にまつわるリビア全体を代表するビジョンであり、富と権力の分配の問題を扱うビジョンです」とエルジャール氏は言いました。

「私たちは、最終的に私たちが戦ってきたシステム、苦労して心から支払いをしたシステム、そして私たち全員が最終的に信じるシステムを持っている

じるシステムを持っているという希望を維持しなければなりません。」

2011年に独裁に立ち向かったアラブ諸国の多くにとって、事態は必ずしもそれほどうまくいっていません。

チュニジアは、アラブの春の最も成功した勝利者であり、その指導者であるジネ・エル・アビジン・ベン・アリが転覆してから何年も経ち、その制度と市民社会は依然として形成的かつ積極的な変化を遂げています。

しかし、シリアやイエメンのような場所は血なまぐさいプロキシ戦争に巻き込まれたままであり、エジプトは市民社会に対する残忍な弾圧を開始した軍隊に押収されました。

「間違いだと言ったリビア人やシリア人に反論することは誰にとっても非常に難しいだろう。私たちはまだ準備ができていない」とエルジャール氏は言った。

「しかし最近、スーダンとアルジェリアでは、抗議者たちは平和的に変化を求めました。彼らは暴力と外国の干渉を拒否しました。少なくとも、この地域の他の人々は私たちの過ちから学んでいます。」

地域の集団社会が互いに学び合う場合、エルジャル氏は、彼らが永続的な遺産を作り出すことができると言いました。

「闘争のすべての後、意味のある何かが現れるという希望のかすかな光があります。」
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2019年10月25日 05:21:23 : M2pB7Sk9LY : OWtNbDBSejl3U0U=[1] 報告

これだけは引用しておきたい。

○メディアはカダフィ体制の崩壊を「独裁の終焉」と報道し、戦争行為を肯定した。しかしリビアでは新婚世帯に約5万ドルの住宅購入補助金を支給、失業者には公共住宅を提供、車購入の際には補助金50%を支給し、全てのローンは無利子、さらには所得税などもゼロだった。水道や電気、医療費は無償なうえに、国内で必要な治療が受けられない場合は外国での治療費と渡航費までもが援助されるシステムだ。カダフィは特に教育政策に力を注ぎ、初等教育から高等教育、さらには大学まで全てを無償化した。対し米国では4700万人が医療保険に未加入であり、350万人が路上生活を強いられ、大学生の70%以上が2万5000ドル平均の学資ローンを抱え苦しんでいる。

○ニュースは流すものではなく、造るものだ。ルパート・マードック(ニューズ・コーポレーション会長兼CEO)
 
書店にはなく、再版の予定もないと言われる国民必読の書、実質的な出版禁止・言論弾圧の対象となっている名著 響堂 雪乃著 「略奪者のロジック」 第5章 メディア より。

2. 2019年10月25日 20:25:03 : T1BURqBGpc : Z0dSUUVTMTgyTUE=[1] 報告
01 さん コメントありがとうございます。
カダフィ大佐のことが評価されているので、とても良かったと思います。

ところで、カダフィ大佐についてですが、 カダフィ正伝 は集英社から1990年に出版されています。
この237ページに次のようなことが書かれています。

以下引用開始:
しかし、 カダフィは一切無視して熱っぽくリビア式民主主義を説明する。
「我々は、現在、多くの研究会と国際シンポジウムを行って、新しい民主主義を創造中である。しかし、イスラム教が国教であることに変わりない。ただ、革命評議委員会が国の最高機関であって閣僚も国家予算も独裁的に決めるという現行法は今年の4月16日、 ズワラ宣言で全て廃止した。リビアは人民が権利を握る真の民主主義国家を建設中である」

会場の一般参加者から質問が飛んだ。
「まことにを上手な回答ぶりで。最後にごく短い付け足しの質問を一つ。 閣下は、大統領職にある者が、哲学者であり得ることができると、ご自分でお思いですか? つまり哲学者が、一人前の大統領になれると思いですか。」
以上引用終わり。

上の文章を読むと カダフィ大佐 の置かれていた環境がよくわかります。 カダフィ大佐の周りは、全てが彼を担ぎ上げ、彼に責任を任せようという人たちばかりであったのです。そして彼らの多くは決して、 カダフィ大佐のことを信頼をして、 カダフィ大佐を そういった立場に祭り上げたわけではなく、何らかの利権を握らされて、 カダフィ大佐をそういった立場におき続けて行ったわけです。背後にいるのはアメリカ軍産複合体です。
カダフィを祭り上げていた人たち自身も どのようなことが計画されていたのかについてはほとんど考えていなかったはずです。

▲上へ      ★阿修羅♪ > カルト23掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > カルト23掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
カルト23掲示板  
次へ