★阿修羅♪ > 原発・フッ素51 > 341.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
《原発事故後、先天性心疾患の手術件数14%増世界的権威が認めた衝撃の事実日本のメディアが報じない怪》政治圧力因果関係隠蔽
http://www.asyura2.com/19/genpatu51/msg/341.html
投稿者 お天道様はお見通し 日時 2019 年 4 月 10 日 07:56:14: I6W6mAZ85McLw gqiTVpO5l2yCzYKojKmSyoK1
 


《原発事故後、先天性心疾患の手術件数14%増世界的権威が認めた衝撃の事実日本のメディアが報じない怪》政治圧力因果関係隠蔽





先月3月21日に、《乳児の複雑心奇形手術、福島原発事故後に全国で増加 名古屋市立大学が調査》←モロ因果関係ありでしょうにこれも忖度かいな?という記事を投稿しましたが、反応はイマイチでした。 


しかし、その名古屋大学で行われた乳児の複雑心臓奇形の調査の論文が、日本でなく米国で、(引用記事の言葉をそのままお借りしますが…)


”心臓病研究の世界的権威「アメリカ心臓協会」が発行している国際科学誌「ジャーナル・オブ・ザ・アメリカン・ハート・アソシエーション」が 前出記事内の論文を掲載し、それを受けてアメリカ3大ネットワークTV局の一つであるCBSテレビが衝撃的なニュースを伝えた”


ようです。 そしてそれに関連した日本での記事もようやくネット上でも上がりました。



《蛍光ペンは投稿者本人によるものです。》

原発事故後、先天性心疾患の手術件数14%増 世界的権威が認めた衝撃の事実 日本のメディアが報じない怪 ヤフーニュース


 平成が間もなく終わりを迎えるが、平成最大の事件というと、日本においては、東日本大震災と福島第一原発事故をおいて他にないだろう。その福島第一原発事故に関係した重要な事実について、平成から「令和」に変わる前に伝えておきたい。


 福島第一原発事故から8年目を迎えた数日後、アメリカ3大ネットワークTV局の一つであるCBSテレビが衝撃的なニュースを伝えた。
 
 「新たな研究が、福島第一原発事故と乳児の心臓手術数急増の関連を示唆。先天性心疾患の手術を受けた1歳未満の乳児の数が、14%以上急増」


 これは、3月13日、心臓病研究の世界的権威「アメリカ心臓協会」が発行している国際科学誌「ジャーナル・オブ・ザ・アメリカン・ハート・アソシエーション」が「福島原発事故後の複雑心奇形の全国的増加」と題した研究論文を掲載したことを受けて、報道されたニュースだった。 


 タイトルからわかる通り、論文は「福島第一原発事故後に、複雑心奇形という先天性心疾患を持って生まれた乳児が、日本で全国的に増加した」という“衝撃的な事実”を伝えている。論文の中心的な著者は、名古屋市立大学で生態情報測定学を研究する村瀬香准教授である。


報じない日本の主要メディア


 アメリカの大テレビ局が報じた重大なニュース。しかし、見たところ、日本の主要メディアでは報じられていない。不思議に思い、筆者は村瀬氏にコンタクトし、話をきいた。


 村瀬氏が残念そうにこう話す。


「実は、メディアに大きく取り上げられるだろうと思い、研究チームはスタンバイしていたんです。しかし、結局、報じてくれたのはアメリカのロイター通信やCBSニュース。日本の大手通信社や大手新聞社の記者は取材には来たものの、なぜか報じていません。唯一、大学の地元という縁からか、中日新聞だけは取り上げてくれました」


 こういった科学研究論文は、同じ研究者から審査を受け、承認されると、科学誌に掲載されるが、村瀬氏の論文も同じ過程を経て掲載された、研究者お墨付きの論文だ。しかも「アメリカ心臓協会」は心臓病の研究ではアメリカ最大で、世界的にも信頼性の高い機関である。


 研究論文の結果は衝撃的だが、世界的権威が認めた重要な研究論文を、原発事故が起きた当事国・日本の主要メディアが報じていないのは、ある意味、もっと衝撃的だ。日本のメディアは何を考えているのだろう? オリンピックや選挙を控えて神経質になっているお上の顔色をうかがっているのだろうか?


複雑心奇形の手術件数が急増


 村瀬氏チームの研究結果について説明したい。


 研究の大本になったのは、日本胸部外科学会が日本全国の病院から集めている先天性心疾患に関する全ての手術データ。このデータには46種類の先天性心疾患に関する手術件数がほぼ全て含まれている。その中でも、村瀬氏は、「複雑心奇形」という先天性心疾患に着目し、福島原発事故前(2007〜2010年)と事故後(2011年〜2014年)の手術件数の変化を解析した。


 複雑心奇形とは、胎児の心臓が形成される段階で生じる障害のこと。いわば、“先天的奇形の心臓”が生じる障害と言ってもいいかもしれない。複雑心奇形には29種類あるが、この障害を持って生まれた乳児は、治療のために、高度な手術を受けなければならない。


 村瀬氏は、複雑心奇形という先天性の障害を持って生まれた乳児(1歳未満児)の治療のために日本全国で施された手術のデータを、原発事故前と原発事故後で解析した。その結果、原発事故のあった2011年以降、手術数が有意に増加(偶然に起きた増加ではなく、統計的に意義のある増加のこと)していることがわかったのだ。


 しかも、以下のグラフから分かる通り、その数は急増している。


  乳児(1歳未満児)に対する複雑心奇形の手術件数は、原発事故後に、約14.2%の有意な増加が認められ、調査終了時の2014年まで増加したままの状態が続いていたのである。


 また、解析は、複雑心奇形の中でも、心臓が形成される早期の段階で重篤な複雑心奇形を持つ乳児の手術が急増したことを示している。


 加えて、29種類の複雑心奇形のうち、有意に減少したものは一つもなかった。つまり、ある一つの複雑心奇形だけが大きく増加したわけではなく、たくさんの複雑心奇形で増加が見られたのだ。


原発事故の影響以外に説明できない


 チェルノブイリの原発事故後、旧ソ連や近隣諸国では先天性心疾患の発生率の増加が報告されたが、同じ状況が今、日本でも起きているということなのか?


 この結果について、村瀬氏はこう解説する。


「原発事故との関連は不明です。また、原発事故との関連の有無を証明することは不可能です。しかし、原発事故以外に、複雑心奇形の手術件数の急増に結びつく要因が考えられないのです。例えば、新たな手術法が開発された場合、その手術による手術数の増加は起きるかもしれませんが、新手術というのは通常徐々に浸透していくものなので、このように急増することはありえません。


 また、グラフからわかるように、2010年は前年よりも手術数が増加しています。同年は、妊産婦に対して行われたアンケートの回答率が99%とこれまでで一番高かったことから、増加しても不思議ではありません。しかし、2011年の場合、震災の影響か、その回答率が96.4%とこれまででは最も低かったんです。それにもかかわらず、手術数は急増しました。原発事故の影響以外に説明がつきません


 確かに、村瀬氏チームの論文によると、調査した2007年〜2014年では、子供の出生数はゆるやかに減少しているにもかかわらず、複雑心奇形の手術数は増加している。


 手術件数は全国的に増加したということだが、福島県でも増加したのか? それについて村瀬氏はこう説明する。


「各県別のデータがないため、それは不明なのです。また、福島県の場合、心奇形の内訳が出されていないので、どれだけが重篤で複雑な種類の心奇形であるか不明で、手術数が増加しているのかどうかも非公開です。また、事故後、福島県外に移住し、県外で母子手帳をもらって出産した妊産婦もいますが、そのデータは福島県のデータには含まれていません」


 しかし、全国の複雑心奇形の手術数には、福島県から県外に移住し、県外で母子手帳をもらった妊産婦が出産した複雑心奇形を持つ乳児の手術数も含まれている。


睾丸の位置異常も増加


 増えているのは複雑心奇形の手術だけではない。


 村瀬氏が、35都道府県の94の病院で、「停留精巣」と呼ばれる、睾丸の位置に異常がある精巣を持って生まれた乳児に対して行われた手術退院件数を調べると、その数は、原発事故後は事故前と比べて平均13.4%も増加していた。村瀬氏がこの結果について書いた研究論文は、昨年5月、国際科学誌「Urology(ウロロジー)」に掲載された。


 そもそも、村瀬氏はなぜこのような研究をするに至ったのか? それについて、村瀬氏はこう話す。


「もともと、原発事故前からオオタカという野鳥の生態を研究していたのです。そのオオタカの7、8割あった繁殖成功率が原発事故後は5割に下がったことがわかり、それについて論文を書きました。この時もある大手新聞の記者が取材に来たのですが、なぜか掲載されませんでした。

 また、イノシシの研究も行った結果、原発事故後、オスなのに精巣がないイノシシが数多く見つかったのです。先天性奇形という疾患かもしれない。そう思い、調べようと思ったのですが、イノシシではサンプル採取が難しいため、入手可能な人のデータで調べてみようと考えたのが、停留精巣や複雑心奇形の研究に着手したきっかけです」


なくなった研究費枠


 村瀬氏は現在、イノシシのDNAや臓器が受けた放射線影響について研究を行なっている。「衝撃的な結果なので、信じてもらえるかわからない」という研究結果をすでに得ているというが、今後、研究を続けていけるかどうか不安も感じている。先天性奇形の研究を始めてから、科学研究費という国が出す研究資金を得るための申請書を出しても、申請が通らなくなったという。また、福島原発事故による被曝の影響を研究する研究費枠もなくなってしまったという。


「今では、一般的な放射線影響という研究費枠しかありません。研究を続けるためのエンジンがなくなったのを感じています」
と声を落とした村瀬氏。

 それでも、村瀬氏の研究にかける情熱は衰えない。
「取り掛かっているこの研究は最後までやり抜きます」
と筆者のインタビューを毅然とした姿勢で締めくくった。


 原発事故と疾患の因果関係を立証することは非常に困難かもしれない。しかし、政府や関係機関はこの結果を真摯に受け止めて、さらなる研究や調査をする必要があるのではないか。
参考記事:
Study links Fukushima disaster to spike in infant heart surgeries
Nationwide Increase in Complex Congenital Heart Diseases After the Fukushima Nuclear Accident


日本の主要メディアがこの現実を報道せず沈黙しているのは、忖度どころではない、福島第一原子力発電所事故による放射能汚染がもたらしたと考えられる先天的複雑心奇形の発現増加に対する現安倍政権によるあからさまな政治的圧力を受けている証左に他ならないでしょう。


また、


村瀬氏は現在、イノシシのDNAや臓器が受けた放射線影響について研究を行なっている。「衝撃的な結果なので、信じてもらえるかわからない」という研究結果をすでに得ているというが、今後、研究を続けていけるかどうか不安も感じている。先天性奇形の研究を始めてから、科学研究費という国が出す研究資金を得るための申請書を出しても、申請が通らなくなったという。また、福島原発事故による被曝の影響を研究する研究費枠もなくなってしまったという。


は、《拡大しつつある放射能大災害と一大隠蔽ヘレン・カルディコット博士インタビュー》カルディコット博士が安倍首相を名指しで非難の中で、カルディコット博士が指摘していた、


日本政府は該当地域の医師らに対して、患者に疾病の発現が福島第一原子力発電所からの放射能によって引き起こされたとするような説明をしないように依頼しており、もしそれに従わないような場合は、政府からの該当医療機関や該当医師への援助が打ち切られるおそれがあるようです。


という指摘の言質にもなっています。


これは、東北大震災によって引き起こされたフクイチ核災害による放射能被害の政府による隠匿行為の一例に過ぎず、そこには、心異常での死亡者の推移、白血病の対人口比率での罹患率、希少癌の発生数の推移や奇形児や死産の発生率といったような国民の放射能健康被害に関したさらなる政府の重大隠蔽や捏造が他にも存在することを暗示しているのではないのでしょうか。 




原子力はあらゆる生命の否定


《フクシマの放射線に関する真実:政府の主張とは異なり2011年フクイチ原子力災害による放射線問題は深刻化している》原子力利用の本質は、あらゆる生物の存続の否定に他ならない


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2019年4月10日 08:46:45 : eQHpkW1P7s : Li5jYUI0RzNET2c=[51] 報告
 自然流産数や死産数、堕胎数(これは出生前診断による堕胎の影響も推定できることになると思う)に関する福島第二原発事故前後の一定期間内発生件数の比較でも同様の変化が表れていれば、更に証拠の強化になると思うんだがなあ。
2. 2019年4月10日 10:58:56 : L8FDtgTr0R : SWZJby5DeGpvRzI=[1] 報告
この事故の影響を皮切りに、
又はそれらの隠蔽に成功?したことを端緒に

世論調査や経済の指数などについてもやっちゃえこの際だ毒を食らわば皿までもイケイケドンドン知らぬが仏とばかりに
隠蔽や誤魔化しが横行するようになった。

正に亡国の様相である。
日本滅亡までの
カウントダウンだ。

3. 茶色のうさぎ[-10488] koOQRoLMgqSCs4Ks 2019年4月10日 11:45:21 : 6JEjuCa4sE : ZmJqNFNDaXpJQWc=[-16] 報告

>先天性奇形の研究を始めてから、科学研究費という国が出す研究資金を得るための申請書を出しても、申請が通らなくなったという。また、福島原発事故による被曝の影響を研究する研究費枠もなくなってしまったという。

 ↑ 涙、怒り  言葉がーー♪💢 厚生省

 犯人はー♪? 当然、、中央官庁、国策新聞『 赤旗 』志位和夫、、共産党官僚ですね。ぺっ♪

 志位和夫なんて、浪江町 ←突撃しろって、、人間か?あほ ぺっ♪

 まぁ、日本共産党、国会議員 ←口先、二枚舌、裏切り、八百長、狂言サギ、、有名だー♪ぺっ

 東京、吉良よし子 ←落選させろー♪ぺっ 長文省略 うさぎ♂ 昼麦1



[18初期非表示理由]:担当:反原発を装い、原発を推進して日本を今日の大破局に追いやった自民党=利権官僚政府と原子力ムラには批判も非難もせず口を開けば『小出がー』『松本ガー』『共産党がー』とやって利権者以外を誹謗中傷するコメント多数のため全部処理http://www.asyura2.com/16/genpatu46/msg/413.html#c82

4. 2019年4月10日 23:38:28 : WHDaUFGONs : SkhHeFJJd0NHQWs=[2] 報告
英語原文

https://www.ahajournals.org/doi/10.1161/JAHA.118.009486

またこの手の論文か?

何で手術数なのか?これって疑問にも思わないのかな?
死亡する方が多いだろ、新生児の死亡数は変化無いし、神奈川の症例の多い
病院の手術数でも
http://kcmc.kanagawa-pho.jp/department/cardiovascular.html
こうだし

この論文の原文では「福島原発から漏れた放射線の影響を考慮すべし」ってのが
結論部分で唐突に表れるが。
地域別の集計していないのに福島原発事故が原因だと何故言えるのか?
そもそもそう考える根拠が全く示されてないやん

福島県や関東で増加したのかと聞かれたら
「各県別のデータが無いので不明です」とのたまったそうな

同一グループが同一時期にだ論文だが

https://www.nagoya-cu.ac.jp/about/press/press/release/files/20190314/310314-1.pdf

停留精巣の手術退院件数は、原発事故後に13.4%(95%信頼区間:4.7%-23.0%)の有意な
増加が認められ
と結びつけているがその件数の増加率は6ページの地図を見ると
、ほぼ全国に均等に分布してるし

査読に耐えられなかった論文を海外に寄稿したってとこだね
科学論文では有り得ない考察してるし、こまったもんだ

5. 2019年4月15日 20:16:21 : fyEB0z3EGk : LkN1MXBVZjZ4L1E=[71] 報告
●日本はもうじき「毎年100万人ほどが消滅する国へ」:海外でショッキングに報じられる日本の世界最速となる異常な人口減
記録的な移民の流入があったにもかかわらず、日本の人口減少が加速している
https://indeep.jp/japan-s-population-decline-accelerates/

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素51掲示板 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素51掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
原発・フッ素51掲示板  
次へ