★阿修羅♪ > 原発・フッ素51 > 760.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
原発事故の対策拠点、解体へ 「教訓が消える」と懸念も/朝日デジ
http://www.asyura2.com/19/genpatu51/msg/760.html
投稿者 仁王像 日時 2019 年 7 月 30 日 19:56:38: jdZgmZ21Prm8E kG2JpJGc
 


原発事故の対策拠点、解体へ 「教訓が消える」と懸念も/朝日デジ
東日本大震災8年
編集委員・大月規義 2019年7月30日02時00分
https://www.asahi.com/articles/ASM6X75Q7M6XULZU01F.html?iref=comtop_favorite_02

東京電力福島第一原発事故で「前線基地」になるはずだった福島県大熊町の旧オフサイトセンターが、解体されることになった。8月にも作業が始まる。事故直後、役割を全く果たせず事故への備えをないがしろにしていた象徴の建物が、今年度内に姿を消す。事故の教訓をきちんと伝えていけるかが今後、問われる。

 6月25日、旧センターの内部を取材した。被曝(ひばく)して戻った職員を除染するシャワールームや非常口などを見る。外に通じるドアは、雑居ビルの裏口にあるような普通のドアだ。「こんなスカスカでは放射性物質どころか何でも入ってきますよね」。案内してくれた県職員に尋ねると、「それはコメントできません」とうつむいた。

 この建物は鉄筋コンクリート2階建てで、第一原発の南西5キロにある。2011年3月の原発事故では国が現地対策本部を設置。経済産業省や文部科学省、自衛隊、県庁、東電などから計150人が集まった。

 だが、震災による停電や通信回線の不通で情報の収集も発信もできなかった。気密性も不十分で、原発の相次ぐ爆発で室内の放射線量は毎時200マイクロシーベルトと、避難指示を出す基準の50倍超になった。事故からわずか4日後の同月15日午前に避難を始め、その日のうちに全員が撤収した。

 その時、約1キロ離れた双葉病…  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2019年7月31日 19:30:09 : AkkYPqFV2E : anFDTTVqZENydHc=[-5] 報告
原発事故便乗商法の運営者が煽りまくる阿修羅掲示板

[12初期非表示理由]:管理人:アラシ
2. 2019年8月05日 00:21:00 : qW5770aSac : ZHBpTDdEcXlON1U=[1076] 報告
これも証拠隠滅作業の一つ。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素51掲示板 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素51掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
原発・フッ素51掲示板  
次へ