★阿修羅♪ > 経世済民131 > 755.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
スイス経済は減速へ、中銀の政策柔軟性低下=IMF 英国、EU離脱でGDP約2.5%失う ドイツ脱原発・石炭火力で電力不足
http://www.asyura2.com/19/hasan131/msg/755.html
投稿者 うまき 日時 2019 年 4 月 01 日 22:52:33: ufjzQf6660gRM gqSC3IKr
 

(回答先: 米小売売上高2月は前月比0.2%減−予想外のマイナス 香港株上昇、ハンセン指数が強気相場入り 英EU離脱1年以上延期へ 投稿者 うまき 日時 2019 年 4 月 01 日 22:45:15)

外国為替2019年4月1日 / 19:51 / 3時間前更新
スイス経済は減速へ、中銀の政策柔軟性低下=IMF
Reuters Staff
1 分で読む

[ベルン 1日 ロイター] - 国際通貨基金(IMF)は、スイス経済に関する年次審査で、2019年の成長率が減速すると予想するとともに、スイス中銀の金融政策運営の余地は限られていると指摘した。

IMFは、貿易摩擦や、英国の欧州連合(EU)離脱といった欧州の不確実要因がリスクとして、2018年が2.5%だったスイスの成長率が今年は1.1%に減速すると予想した。2020年は「緩やかに」回復するとみている。

スイス政府の成長率予想は、今年が1.1%、2020年は1.7%となっている。

スイス中銀については、厳しい環境下で、スイスフランの変動やインフレの安定化に上手く対応してきたと評価。ただ、海外の金利が低く、スイスフランに安全資産としての魅力があることから、金融政策の対応余地は限られていると指摘した。

フランは、世界経済減速懸念を受けて対ユーロで2017年7月以来の高値を付けた。輸出志向の経済にとってフラン高はマイナスだ。

IMFは「主要中銀の緩和政策継続はスイスの金融政策の柔軟性をそぐ可能性がある」とし、物価安定目標を達成するための政策対応余地が「以前よりも若干少なく」なっていると指摘した。

「長引く低インフレに対応するため、必要ならマイナス金利をさらに深堀りすることは可能」との見解を示した。
https://jp.reuters.com/article/swiss-economy-imf-idJPL3N21J2MW?il=0

 
ワールド2019年4月1日 / 19:51 / 3時間前更新
英国、EU離脱巡りGDPの約2.5%失う=ゴールドマン
Reuters Staff
1 分で読む

[ロンドン 1日 ロイター] - ゴールドマン・サックスは1日、英経済について、欧州連合(EU)離脱の是非を問う国民投票前の成長軌道と比べて、国内総生産(GDP)の約2.5%が失われたとの試算を示した。

英国経済は、先行き不透明感から投資が阻害され、他の先進国に後れを取っているという。

ゴールドマンのエコノミストは顧客向けのリポートで「EUとの将来の政治・経済関係を巡る不透明感は、英国経済の大きな負担となっており、他国にも影響が波及している」と指摘。

「不透明感の衝撃は、国民投票直後に投資の伸びの重しとなったほか、最近も、離脱を巡る不透明感が再び強まっていることから、さらに重しとなっている」と述べた。

ゴールドマのモデルによると、国民投票以降、EU離脱を巡って1週間当たり約6億ポンド(7億8500万ドル)のコストが発生しているという。

ゴールドマンは「合意なき離脱」の確率を15%とみているが、この場合、世界の信頼感に「大きな」ショックが発生。ポンドが急落し、英国の生産が大幅に落ち込む見通し。[nL3N21J22E]

このシナリオの影響を最も受けるのは欧州諸国で、生産が実質GDPの1%前後減少する可能性があるという。
https://jp.reuters.com/article/britain-eu-goldmansachs-idJPKCN1RD20C?il=0

 

ビジネス2019年4月1日 / 20:01 / 3時間前更新
ドイツ、脱原発・石炭火力で電力不足の恐れ=業界団体
Reuters Staff
1 分で読む

[フランクフルト 1日 ロイター] - ドイツの電力業界団体BDEWは1日、政府のクリーンエネルギー政策により、2023年までに電力需給ギャップが発生すると警告した。BDEWは、ドイツ政府の脱原発、脱火力発電方針により2023年までに2万6000メガワット(MW)相当の発電能力が失われるとしたうえで、新エネルギーでは不足分を補いきれない可能性があると指摘した。

独エネルギー当局は、最大電力需要を8万1800MWと想定している。

BDEWによると、現在8万8600MWの化石燃料発電能力は2023年までに6万7300MWに減少する見通し。

原子力発電能力は2022年までに1万MW減少、石炭火力発電能力は2017─22年に7700MW、2022─2030年に1万4700MWそれぞれ減少するとの予想を示した。
https://jp.reuters.com/article/germany-energy-powerstations-idJPKCN1RD21F
 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民131掲示板 次へ  前へ

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民131掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
経世済民131掲示板  
次へ