★阿修羅♪ > 経世済民132 > 140.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ソフトバンクを道路の覇者に、孫社長の「密かな野望」 ソフトBITバブル来高値 ウーバーに投じた8600億円IPOで2倍強
http://www.asyura2.com/19/hasan132/msg/140.html
投稿者 うまき 日時 2019 年 4 月 12 日 22:26:55: ufjzQf6660gRM gqSC3IKr
 

トップニュース2019年4月12日 / 18:07 / 4時間前更新
焦点:
ソフトバンクを道路の覇者に、孫社長の「密かな野望」
Reuters Staff
4 分で読む

[12日 ロイター] - 来月に予定されている米配車大手ウーバー・テクノロジーズの上場で、同社に対するソフトバンク・グループ(9984.T)の投資は130億ドル以上になると見込まれる。しかし、同グループの孫正義社長は交通分野に対してもっと大きな野望を抱いている。

孫氏は40社以上の企業に600億ドルを投資。個人が所有する車が支配する世界の3兆ドル規模の自動車産業を変革し、配車やカーシェアリング、配達ロボット、自動運転車まで、さまざまな交通サービスをスマホのアプリで利用できるようにしようとしている。

投資の規模は、ロイターによる公開データの分析や、ソフトバンクの投資戦略に詳しい十数人の情報筋へのインタビューに基づくもので、これまで報道されたことはない。それは、孫氏が、今後数十年間に人やモノが世界をどのように移動するかに影響を与えようとするパワープレーヤーの1人として台頭してきたことを示している。

孫氏の野心を実現する上での重要なパートナーは、ウーバーとトヨタ自動車(7203.T)だ。

5月に計画されているウーバーの新規株式公開(IPO)では、900億─1000億ドルの会社評価額となると予想されており、これは2018年1月にウーバーの15%株を80億ドルで取得したソフトバンクにとっては思いがけない利益となる可能性がある。投資価値が膨らめば、セクターにおける孫氏の影響力が一段と拡大、モビリティーに投資する孫氏の資本が増えることになる。

関係者によると、トヨタは1年以上前から孫氏に提携を打診しており、ソフトバンクは2018年2月、モビリティーサービスを共同開発することを検討する覚書を交わした。この合意に続いて、自動化されたモビリティーサービスの構築を目的とする合弁会社「MONET Technologies(モネ テクノロジーズ)」が設立された。

ロイターが3月に報じたところによると、ソフトバンクとトヨタはウーバーの自動運転部門に10億ドルを共同出資することでも交渉中。関係筋がロイターに語ったところでは、買収は最終的な合意に近づいているが、ソフトバンクが同部門をどの程度支配するのかといった問題に関する議論がまだ続いている最中だという。

トヨタはこの件に関するコメントを控えた。

ソフトバンクグループのマルセロ・クラウレ最高執行責任者(COO)はロイターとのインタビューで、ソフトバンクとトヨタは「多くのセッションを開いて未来のモビリティーを再定義しようとしている」と述べた。両社が協力して自動運転を日本で実現させる方法について話し合うのが中心だという。

孫氏は2014年以降、輸送分野でさまざまな投資を行ってきた。孫氏が2016年に320億ドルで買収した英半導体メーカーのアーム(Arm)から、ピザ配達の自動化に向けて昨年ソフトバンクから3億7500万ドルを調達したシリコンバレーの新興企業ズーム・ピザ(Zume Pizza)まで、同氏の投資ポートフォリオは文字通りAからZまで多岐にわたる。

<ファミリーの一員>

公式記録によると、ソフトバンクは1000億ドルの「ビジョン・ファンド」を含む少なくとも5つの投資ビークルを使ってモビリティー投資を行っている。豊富な資金力、積極的な投資戦略、そして輸送業界の将来に対する包括的なビジョンによって、ソフトバンクとそのリーダーである孫氏は、業界全体の形成に大きな影響力を持っている。

ビジョン・ファンドには30人以上の投資専門家がおり、彼らが「ファミリー」と呼ぶポートフォリオ企業間の協力と統合を促進するために活動している。

「彼らは同じファミリーの一員。対話をして互いに助け合い、共同で事業や投資を行う」とクラウレCOOは語る。

ソフトバンクとその関連会社は、米ゼネラル・モーターズ(GM)(GM.N)の自動運転車部門「クルーズ」と、ライドサービス4社(ウーバー、滴滴出行、オラ、グラブ)に重点的に投資してきた。ソフトバンクはライドサービス4社の筆頭株主で、クルーズの最大の外部株主。

IHSオートモーティブの長期計画・持続可能性担当シニアディレクター、トム・デフレッショワー氏は、孫氏について「未来のモビリティーの真のエンペラーだ」と述べた。

孫氏はこのビジョンを実現するため、自動運転車やライドサービスに多額の投資をしているGMやホンダ(7267.T)とも手を組んでいる。

孫氏は昨年10月、トヨタとともに記者会見し、未来の輸送を巡るビジョンについて語った。その中で同氏は、異なる業種から先進的なモビリティー企業を集めた「事業集団(クラスター)」を結成し、そのなかで協業を促進するという構想を披露した。

トヨタは1年前、自動運転移動・配達サービスの「e−Palette(イー・パレット)」を発表。すぐにウーバーと滴滴を開発パートナーとして契約した。イー・パレットはまた、3月に少数株主としてホンダを加えたモネテクノロジーズの中核でもある。このすべてが、ソフトバンクと関係のある企業だ。

こうした提携により、いくつかのソフトバンク系企業は、輸送、買い物、支払いなどのさまざまなサービスを求める人々が利用する「スーパーアプリ」になる可能性がある。「スーパーアプリ」になった企業は、コアのビジネスやサービスを1つだけ提供する企業よりも、収益性がはるかに高くなる傾向がある。

しかし、ソフトバンクが出資する会社の多くがライバルであるという事実は、孫氏の野望を複雑にする可能性がある。クラウレCOOによると、激しい競争を繰り広げるウーバーとオラは、ソフトバンクが配車戦略を話し合う際に同じ部屋にいようとはしないという。

伝統的にベンチャーキャピタルでは、ファンドは直接の競合相手に投資しない。

「(こうした提携には)大きな相乗効果がある。しかし、その一方で利益相反のリスクも少なくない」とNGPキャピタルのマネージング・パートナーで、モビリティー分野に長年投資しているポール・アセル氏は語る。

しかし、孫氏の影響力にも限界がある。例えば、ソフトバンクはクルーズに自動運転の新興企業「ニューロ」の買収や株式取得を勧めたが、両社間の交渉では合意に至らなかったという。

そこでソフトバンクはニューロに9億4000万ドルを投資した。

<狙いは「大きな獲物」>

孫氏はこの5年間、輸送セクターへの関与を深めてきた。ライドサービスのスタートアップに対する孫氏の投資は今ではお買い得のようにみえる。

ソフトバンクは2014年末、同社が出資する中国のインターネット大手アリババ(BABA.N)とともに、滴滴の前身である快的打車の6億ドルの資金調達ラウンドに参加した。ソフトバンクは現在、滴滴の株式を20%超保有、投資価値は110億ドル以上に膨らんだ。

ソフトバンクの大手自動車メーカーとの提携はまた、交通系スタートアップに恩恵をもたらしている。トヨタは2016年にウーバーに投資し、ソフトバンクによる投資の7カ月後に出資額を引き上げた。ホンダもソフトバンクに続いてグラブへの投資を行い、昨年はクルーズの自動運転プロジェクトに27億5000万ドルをコミットし、ソフトバンクの野望を後押しした。

しかし、ソフトバンクのポートフォリオにはリスクがないわけではない。出資先の企業には、今後何年間も財務的にソフトバンクに依存せざるを得ないところもある。ソフトバンクは、出資資本の一部に年間7%の配当を支払う義務があるなど、財務上の圧力に直面しており、ビジョン・ファンドも資金の大半を既に使っている。

また、外国企業による技術投資を厳しく取り締まる米国の新しい法律により、モビリティー投資の多くについて、規制当局の承認を得ることが必要になった。もし当局が阻止すれば、スタートアップにとっては破滅的な事態になりかねない。

しかし、孫氏のポートフォリオの規模自体が、ある程度の安全策になるかもしれない。

ストラテジー・アナリティクスのグローバル・オートモーティブ・プラクティス・ディレクター、ロジャー・ランクト氏は孫氏について、「彼は大きな獲物を狙っている」と述べた。「(大きな獲物なら)1つか2つを手に入れれば、それで十分だ」。

(Heather Somerville記者、Paul Lienert記者)
https://jp.reuters.com/article/softbank-uber-insight-idJPKCN1RO0X0

ソフトバンクG株がITバブル来高値、市場に届いた孫社長の不満
院去信太郎、日向貴彦
2019年4月12日 15:08 JST 更新日時 2019年4月12日 15:43 JST
投資先の米ウーバーはIPO申請、2月には自社株買いを発表
決算会見で孫社長は株価「安過ぎる」、「25ー4=9」に不満
ソフトバンクグループ株がIT(情報技術)バブル以来、19年ぶりの高値を付けた。2月には巨額の自社株買いを発表、11日には筆頭株主である米ウーバー・テクノロジーズが新規株式公開(IPO)を申請した。現在の株価は「安過ぎる」と孫正義社長の抱く不満が市場に届きつつある。

  ソフトバンクGの株価は12日の取引で4.9%高の1万1475円と反発。昨年9月に付けた1万1470円を上抜け、終値ベースで2000年3月以来の高値水準に達した。

2000年以来の水準を終値で回復したソフトバンクグループ株
  19年前は米国発のIT投資ブームや小渕政権の経済対策効果で日本の景気も活性化し、市場ではニューエコノミーと呼ばれたインターネット関連株に投資資金が集中した。ソフトバンクG株は1994年の株式公開来の高値となる2万222円(終値)を付けたが、ITバブルの崩壊とともにおよそ100分の1まで下落。その後長期停滞が続き、米スプリント買収やアベノミクスを材料に13年ごろから再び上昇基調にある。

  17年に立ち上げた「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」など投資事業が順調に拡大し、18年度業績は営業利益が第1四半期に前年同期比49%増、第2四半期に78%増、第3四半期に60%増と伸長。一方で孫社長は今年2月の決算説明会で、株価の現状について「私は安過ぎると思う」と不満を漏らし、発行済み株式総数の10.3%に当たる6000億円の自社株買いを表明した。

SoftBank Group CEO Masayoshi Son Presents Third-quarter Earnings Figures
孫社長は保有株式価値と自社の時価総額ギャップに不満Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg
  「25ー4=9?」。孫社長が説明会で掲げた不可解な数式の意味は、保有株式価値が25兆円あるのに対し、純有利子負債の4兆円を除くソフトバンクGの時価総額は9兆円にとどまっているというものだった。その後時価総額は増え、12日時点で12.6兆円となった。

  昨年9月に一時はITバブル後の高値を付ける一因となったのが、通信子会社ソフトバンクの上場だ。ソフトバンクGは一部保有株の売り出しで2.3兆円を手にし、自社株買いの資金に充当した。ただし、通信子会社株は85%程度の高い配当性向方針を掲げ、19年3月期は増収増益を計画しているものの、公開価格の1500円を下回る推移が続いている。

  また、ソフトバンクGが16.3%を保有する配車サービスのウーバーは、米国で今年最大のIPOとなる見込み。事情に詳しい複数の関係者によると、ウーバーは100億ドル(約1兆1100億円)程度の調達を目指している。今月中に投資家向け説明会を開始し、5月に上場する計画だ。

(米ウーバー・テクノロジーズの上場に関する情報を追記します.) 
関連ニュース  
中国の輸出、3月に持ち直し−輸入は予想外に減少
クレジット投資家は自信満々−株式には疑念つきまとう


ソフトバンク孫氏がウーバーに投じた8600億円、IPOで2倍強にも
Pavel Alpeyev
2019年4月12日 15:31 JST
ビジョン・ファンドはウーバー株16.3%を保有
ウーバーIPOでソフトバンク持ち分は最大200億ドルの価値も
ソフトバンクグループの孫正義社長
ソフトバンクグループの孫正義社長 Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg
ソフトバンクグループの孫正義社長が配車サービス事業に寄せる信頼の正しさが、近く証明されそうだ。約1年前に業界最大手の米ウーバー・テクノロジーズに投じた77億ドル(現在のレートで約8600億円)は、同社の新規株式公開(IPO)で2倍以上となる公算がある。

  ウーバーの米証券取引委員会(SEC)への届け出によると、ソフトバンクのビジョン・ファンドはウーバー株16.3%を保有している。5月に予定するIPOで、ウーバーは900億−1200憶ドルの企業価値を目指すと報じられ、これに基づくソフトバンクの持ち分は150億−200億ドルとなる。

Key Speakers at Milken Institute Japan Symposium
孫正義社長Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg
  孫氏は、配車アプリと自動運転車に輸送の未来があると考え大きく投資している。ウーバーのほか、中国の滴滴出行に100億ドル余り、東南アジアで最大手のグラブに30億ドル、米ゼネラル・モーターズ(GM)の自動運転車部門クルーズに22億5000万ドルを投じている。孫氏によれば、ビジョン・ファンドのポートフォリオ企業は世界の配車サービス市場の90%を支配している。

  サンフォードC・バーンスタインのアナリスト、クリス・レーン氏は「ソフトバンクが昨年、ウーバーを490ドル前後と評価して出資した時には否定的な声も多かった」とし、「ウーバーのIPOが成功し、1000億ドル近くで評価されれば、ソフトバンクとビジョン・ファンドの先見性の強い証明になる。また、配車サービス分野でのソフトバンクの他の投資にとってもプラスだ」と分析した。

  2018年にトヨタ自動車が投資した際、ウーバーは私募市場で760億ドルと評価されていた。IPO幹事を目指す銀行団は昨年、最大1200億ドルの評価が可能だと指摘した。バリュエーションの見通しは実際の上場までの間に変わり得るほか、上場後の株価がどうなるかは分からない。ウーバーは届け出で、昨年の30億ドルの営業損失や中核事業の成長減速を明らかにした。

  孫氏は先月の都内での会議で、1企業ではなく業界に投資しているのだとし、業界が離陸すれば自分たちの勝ちだと語っている。

原題:SoftBank’s Son Stands to Double $7.7 Billion Stake in Uber IPO(抜粋)


JPモルガン、1−3月純金利収入が過去最高ー利上げから最後の恩恵
Michelle F. Davis
2019年4月12日 21:56 JST
第1四半期の純金利収入は過去最高の145億ドル
トレーディング収入は17%減、株式と債券の両方で減少
米銀JPモルガン・チェースの1−3月(第1四半期)決算は、米利上げからの恩恵を受けた。

  12日の発表によると、第1四半期の純金利収入は145億ドル(約1兆6200億円)に急増し、過去最高に達した。米金融当局は今年に入って利上げを停止しているが、2018年の4回の利上げが第1四半期業績の追い風となった。

  同行は通期の金利収入見通しを580億ドルで据え置いた。前年比で30億ドルの増加となる。

Higher Highs
JPMorgan generated a record $14.45 billion of NII in the first quarter


Source: Company filings, Bloomberg data

  ジェイミー・ダイモン最高経営責任者(CEO)は発表資料で、「世界の地政学的不透明にもかかわらず、米経済は成長を続け、雇用と賃金は上昇している。インフレ状況は穏やかで、金融市場は健全であり、消費者と企業の信頼感は依然として強い」とコメントした。

  第1四半期の純金利収入は前期比で1%増と、ほぼ横ばいとの同行見通しを上回った。

  トレーディング収入は17%減の55億ドル。アナリスト予想では18%減だった。株式と債券の両方でトレーディング収入は減少した。株式引き受け業務の収入は23%減の2億6500万ドルと16年初め以来の低水準だった。

  純利益は前年同期比5%増の91億8000万ドル(1株当たり2.65ドル)。ブルームバーグがまとめた調査でアナリストの調整後1株利益予想は2.35ドルだった。

原題:JPMorgan Gets One More Boost From Rate Hikes Before Fed’s Pause(抜粋)
JPMorgan Gets One More Boost Off Rate Hikes Before Fed Pause (1)

 

ソフトバンクGの5000億円社債、利率1.64%に決定−前回1.57%
日向貴彦
2019年4月12日 11:20 JST 更新日時 2019年4月12日 12:47 JST
国内社債市場の1本当たり発行額では過去最大に
償還は2025年4月、引き受けは野村や大和など11社
Softbank, Banks Lead Slowest Bond Sales Since ’06
Bloomberg
ソフトバンクグループは12日、5000億円発行する国内社債の利率を1.64%に決めた。関東財務局に提出した発行登録追補書類で明らかになった。

  仮条件は年1.3%−1.9%としていた。昨年6月に4100億円を発行した前回の個人向け債(第53回無担保社債)の利率は年1.57%だった。

  今回発行する第55回無担保社債は、国内社債市場の1本当たりの発行額としては過去最大となる。償還期限は2025年4月で、申し込み期間は15日から25日。社債の引き受けは野村証券や大和証券など11社が行い、複数の関係者によると、最大の引受額は野村の約1500億円だった。

Softbank, Banks Lead Slowest Bond Sales Since ’06
単発では過去最大の個人向け社債を発行するソフトバンクグループPhotographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg
  同社債は個人投資家を対象としており、調達資金は既発債の償還資金に充てる。ソフトバンクGは今年度、5月と9月が期限の合計7000億円の社債償還を控える。

  昨年12月末時点の純有利子負債は単体で3兆6720億円、連結で11兆8564億円。長期債格付けは、ムーディーズ・インベスターズ・サービスが「Ba1」、S&Pグローバル・レーティングが「BBプラス」とし、いずれも投機的区分となっている。

ソフトバンクGの連結純有利子負債の推移
決算期末 純有利子負債
2018年12月末 11兆8564億円
2018年3月末 12兆6504億円
2017年3月末 11兆2076億円
2016年3月末 9兆2484億円
(2段落に前回発行した個人向け債の利率を追記し、再構成します.)


 

クレジット投資家は自信満々−株式には疑念つきまとう
Samuel Potter
2019年4月12日 13:57 JST
債券投資家の自信と株式投資家の不安という対比が景気の全て物語る
クレジット市場は1−3月期としてはここ10年で最も強い相場
2019年の偉大な相場回復は、全ての資産に対して平等なわけではない。

  米国株は1987年以来で最も好調な年初からの滑り出しを見せたものの、そこには疑念がつきまとっている。止まる様子のない資金流出や最も安全な銘柄の割高さ、スマートマネー投資家の慎重姿勢がこれを示している。

Strongest companies led the stock rally, but riskier names won in credit
  一方1−3月(第1四半期)としてはここ10年で最も強い相場となったクレジット市場では、確信がますます強まっている。ジャンク債はより高格付けの債券より好調だ。対照的に株式市場では、バランスシートが最も強い銘柄が最弱銘柄と比較して、2013年の高値水準近くで取引されている。
 

Junk debt outperforms in 2019's confident U.S. credit rally
  債券ファンドへの力強い資金流入、クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)のスプレッド縮小も、クレジット市場の確信的な強気を示している。

  債券投資家の自信と株式投資家の不安という対比が、景気の状態について全てを物語る。

 

Bets against investment-grade ETF fall faster than equity peer
  HSBCプライベート・バンクのチーフマーケットストラテジスト、ウィレム・セルズ氏(ロンドン在勤)は「成長減速とレバレッジおよびバランスシートに関する問題の可能性を見込んでいるので、ボラティリティーが低くバランスシートの強い銘柄に投資している」と述べた。

  センチメントの乖離(かいり)は明らかだ。

  経済成長が鈍る中で株式投資家が強い企業の株式を高い代金で買い入れる一方で、マイナス利回りの債券は世界で10兆ドル(約1118兆円)に上り、債券投資家はわずかばかりのプレミアムを受け入れている。

Assets in junk-bond ETF are growing faster than S&P 500 fund
原題:Credit Investors Are All Swagger as Doubt Plagues Equities (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE
関連ニュース
JPモルガン、1−3月純金利収入が過去最高ー利上げから最後の恩恵
ソフトバンクG株がITバブル来高値、市場に届いた孫社長の不満
中国の輸出、3月に持ち直し−輸入は予想外に減少
ソフトバンク孫氏がウーバーに投じた8600億円、IPOで2倍強にも
クレジット投資家は自信満々−株式には疑念つきまとう
シェブロンがアナダルコを330億ドルで買収、15年来の大型石油買収
Kimberly Yuen
2019年4月12日 21:15 JST
米石油大手シェブロンは12日、独立系石油・天然ガス会社のアナダルコ・ペトロリアムを330億ドル(約3兆6900億円)で買収すると発表した。石油業界では2015年以来の大型買収となる。

  シェブロンはアナダルコの発行済み全株式を現金と株式交換により取得する。買収額は1株当たり65ドルで、これはアナダルコの11日終値を39%上回る。

  アナダルコの買収によってシェブロンはテキサス州とニューメキシコ州にまたがるパーミアン盆地のシェール油田の権益と生産が拡大するほか、メキシコ湾でも事業を強化できる。

  アナダルコの株主は1株当たりシェブロン株0.3869株と現金16.25ドルを受け取る。シェブロンは2億株を発行するとともに、80億ドルを現金で支払う。同社は約150億ドルの純負債も引き受ける。アナダルコの評価額は500億ドル。

  シェブロンはまた、負債圧縮と株主へのさらなる利益還元に向け、2020年から22年に150億−200億ドルの資産を売却する計画も発表した。

原題:Chevron Buys Anadarko in $33 Billion Bet on Shale Oil, LNG (2) (抜粋)
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-04-12/PPRULT6S972R01?srnd=cojp-v2  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2019年4月13日 08:55:43 : gpPtgfKwqQ : SEF5cHVKTHA4THc=[1] 報告
孫はアベノミクス0金利の運びや、
マイナス金利に逆戻りした今が危ない、
米国は緊縮利上げで、0金利運びや孫えの需要が上がる。
煽って運ばせ、
問題は運ばせるだけ運ばせてた、そのあと、

日本の銀行は彼えの融資を断ち切ることだ。
資金不足なら米銀から融資させればよい。

孫を操ってるのがトランプ裏勢力、ネオコン。
ロシアとの4島変換潰しに利用された。


2. 2019年4月13日 09:38:15 : nW1e70nakE : U3pkVXlYZ3BnM0k=[1] 報告
ロシアとの4島「返還」潰しに利用された
3. 2019年4月13日 21:12:11 : O8HL2KZeN6 : R3B5aGZLdXlFWW8=[273] 報告
上手くいく? トヨタ巻き込む 「インパール」

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民132掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民132掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
経世済民132掲示板  
次へ