★阿修羅♪ > 経世済民132 > 336.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
連休明け市場急襲の米中通商協議決裂リスク(植草一秀の『知られざる真実』)
http://www.asyura2.com/19/hasan132/msg/336.html
投稿者 赤かぶ 日時 2019 年 5 月 06 日 21:46:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

連休明け市場急襲の米中通商協議決裂リスク
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2019/05/post-5148a3.html
2019年5月 6日 植草一秀の『知られざる真実』


10連休が終了し日本経済が通常活動に戻る。

金融市場は10連休にどのような波乱が生じるのか強い警戒を示してきた。

取引が行われないから、この期間に重大な金融変動が生じることがないかを警戒したのである。

5月3日の米雇用統計は雇用者増加数が事前予想を上回ったものの、賃金上昇率が抑制されてNYダウが上昇した。

10連休は大過なく平穏に乗り越えられるかに見えた。

ところが、最後の最後に激震が走った。

米国のトランプ大統領が5月10日から中国の対米輸出2000億ドルに対する関税率を10%から25%に引き上げると宣言した。

5月8日から9日にかけて中国と米国の閣僚級協議がワシントンで開催されることになっている。

トランプ大統領の発信は、この交渉を米国に有利に展開するためのブラフ=脅しであると見られているが、中国の対応によっては交渉が決裂する可能性も生じる。

5月6日の上海総合指数は171ポイント、5.6%急落し、重要な節目の3000ポイントを大きく割り込んだ。

昨年来のグローバル金融市場動揺の第一の背景が米中貿易戦争の激化である。

米中交渉決裂となれば世界経済は新たな経済危機、金融危機に突入する可能性が高い。

トランプ大統領は米国株価が上昇すると強気の言動を示し、NY株価が急落すると態度を急激に軟化させる。

昨年来、グローバルな金融市場の動揺の原因になってきたのは

米中貿易戦争

米国利上げ

日本増税政策

の三つである。

昨年10月から12月にかけてグローバルな株価急落が広がったのは、この三つの要因がすべて株価下落を後押しする方向に変化したからである。

2019年の年明け後に状況が一変してNY株価が史上最高値に接近したのは、三つの要因がすべて後退し始めたからだ。

1月4日に米国FRBのパウエル議長が金融政策運営の方針転換を示唆したことが大きかった。

もとより、トランプ大統領はFRBの金融引き締め政策に強い反対の意向を表明していたが、大統領が直接的に金融政策に言及することは金融市場の混乱を招くだけで弊害が多い。

FRBは政治権力からの独立性を重視しており、金融政策が政治権力によって支配されると見なされることが金融政策運営に対する信認を低下させてしまうからだ。

FRBが軌道修正して利上げペースを緩めたことは、トランプ大統領の主張と整合的だが、FRBとしては、基本的見解が近いとしても、大統領の指示で政策運営を行っているように見えることを避けようとする。

このために、政策運営に無用の混乱が生じてしまうのである。

本年入り後、米中通商交渉が進展し、トランプ大統領も交渉進展を歓迎するメッセージを発していた。

12月には中国ハイテク企業ファーウェイ幹部がカナダで逮捕され、米中協議の決裂が警戒された。

これが株価下落の重要な背景になった。

この市場変動を受けて、年明け後は交渉の進展が伝えられてきた。

中国の対米輸出は5000億ドル規模で、すでに第一弾、第二弾の制裁関税発動で、500億ドル相当分に25%の関税が課せられている。

さらに2000億ドル分に25%の関税が課せられると、中国の対米輸出全体の半分に対して25%の関税が課せられることになる。

そうなれば中国経済は極めて深刻なダメージを受ける。

この警戒感から、上海総合指数は昨年1月末の3587ポイントから本年1月の2440ポイントまで3割以上の下落を示してきた。

しかし、中国経済が底割れする場合には、間違いなく米国経済も深刻なダメージを受ける。

NYダウが急落したのはこのためである。

トランプ大統領の高度な駆け引きである可能性は高いが、中国が強硬な対応を示すならば、交渉決裂という事態に移行するリスクを排除できなくなる。

5月6日のNY株式市場がどのような反応を示すか注視を怠れない。

5月7日の東京市場は緊迫した状況下で市場が再開されることになる


関連記事
トランプ氏、対中関税25%に上げ表明 最終盤で威嚇か(日経新聞)
http://www.asyura2.com/19/kokusai26/msg/354.html



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2019年5月06日 22:15:59 : 7OjG16il82 : cmVkWFQ4SmdUR1k=[10] 報告
連休も 嵐の前の 静けさか
2. 赤かぶ[12065] kNSCqYLU 2019年5月06日 22:52:34 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[2130] 報告


3. 赤かぶ[12066] kNSCqYLU 2019年5月06日 22:53:07 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[2131] 報告


4. 赤かぶ[12067] kNSCqYLU 2019年5月06日 22:53:39 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[2132] 報告


5. 赤かぶ[12068] kNSCqYLU 2019年5月06日 22:54:38 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[2133] 報告


6. 赤かぶ[12069] kNSCqYLU 2019年5月06日 22:55:06 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[2134] 報告


7. 2019年5月07日 01:41:23 : DakwsSrVgQ : R0t6eG1HVllEN3M=[2] 報告
米国株、ダウ平均一時471ドル安 貿易摩擦の激化を警戒
6日の米株式相場は大幅に反落して始まった。
建機のキャタピラーや航空機のボーイングなどが安い。
ゼネラル・モーターズ(GM)など自動車株やインテルなど半導体株も売られている。
ゴールドマン・サックスなど金融株も下げた。
https://www.nikkei.com/article/DGXLAS3LANY01_W9A500C1000000/

あぁ…
どうなることやら。

8. 2019年5月07日 11:08:33 : FF73Mc7pZI : ZUg0VmNQSGxtWTY=[1] 報告
07氏>「米国株、ダウ平均一時471ドル安 貿易摩擦の激化を警戒」

  NYSEの動揺、米中貿易戦争とかえろえろ言われるが,テクニカルからだけ見ても、状況は自明じゃな。要するに、ええとこに来おってるつうわけだ。昨年の
1/26から10/5にかけての1つのピーク、ここを大天井とすれば、スパン的にも本年5月末から6月初めが準ピークか、綺麗な三尊天井を形成したとすれば、10/5の
ダウ26951を抜くんは容易じゃあねえだろう。買い疲れつうか、売り圧力が尋常でねえだろうし、借金買いがリバーサルに動くこともある。リーマンから年数かけて上昇したわけだから、今度は年数かけて下降もありえるか。下値メドは、基点の
1万ドルあってもオッカシクねえが、まあ、トレンドは下降はアタリキか。こらあ
金融縮小恐慌じゃね、テエヘンな事になるぞ。昭和金融恐慌は昭和2年に始まるつうが、実質改元と同時に始まったし、渡辺銀行が名高いが、これが昭和恐慌へと繋がり、海の向こうでも昭和4年(1929)のNYSEの大暴落が世界恐慌へ繋がった。Q1〜3過剰流動性とか異次元緩和、打つ手は出尽くしおる時に難しい場面がくるぞ。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民132掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民132掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
経世済民132掲示板  
次へ