★阿修羅♪ > 経世済民132 > 689.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「ゾンビ銀行」退治に国と金融庁が本気になった理由(ダイヤモンド・オンライン)
http://www.asyura2.com/19/hasan132/msg/689.html
投稿者 赤かぶ 日時 2019 年 7 月 01 日 17:58:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

「ゾンビ銀行」退治に国と金融庁が本気になった理由
https://diamond.jp/articles/-/207082
2019.7.1 5:05 ダイヤモンド編集部 鈴木崇久:副編集長




週刊ダイヤモンド7月6日号の第1特集は「銀行危険度ランキング」。国が成長戦略に地方銀行の再編に関する特例法の制定を盛り込み、銀行の監督官庁である金融庁は、銀行の「将来の収益力」という観点から「伝家の宝刀」である行政処分を繰り出せるように制度の見直しを施しました。なぜ今、銀行包囲網は急速に狭まっているのかに迫りました。

国の「成長戦略実行計画案」に
地銀の特例法が盛り込まれた理由


 国や地方の成長戦略の司令塔である「未来投資会議」(議長・安倍晋三首相)は6月5日、「成長戦略実行計画案」を発表した。

「デジタル市場のルール整備」「フィンテック/金融分野」「次世代インフラ」といった項目が並ぶその計画案の中には、地方銀行のために割いたページもあった。そして、そこには地銀に「特例法を設ける」と書かれていた。

 しかし、それは銀行業界の「成長戦略」を描いたものではなかった。むしろその逆だ。計画案の中で地銀は、同じ境遇にある乗り合いバスと共にこう語られた。

「現在、少子化、人口減少の中で、地域において、その経営が急速に悪化しており、(略)その経営力強化が喫緊の課題である中、その選択肢として、経営統合や共同経営の実施が見込まれる」

 実は特例法制定とは、地銀を他行との経営統合や合併に突き動かす国の方針にほかならない。

 銀行の業績が悪化して地元地域の資金繰りに支障を来す恐れがある場合に限って独占禁止法の適用を除外し、特例的に経営統合が認められるようにする。そんな方針を明確に打ち出したのだ。

 2020年の通常国会でその特例法案を提出し、10年の時限措置を導入することで、苦境に陥る銀行に対して集中的に再編を促す。

 これは、70歳超が急増する中小企業の経営者に事業承継を促すやり方と同じだ。18年度の税制改正で、贈与税と相続税の「100%納税猶予制度」を10年間の時限措置として創設している。

 銀行が破綻して混乱に陥る前に、国を挙げて整理すべきだという意思の表れといえる。

国の動きに呼応する金融庁
銀行への「伝家の宝刀」を磨き直す


 そんな国の動きと時を同じくして、銀行の監督官庁である金融庁も呼応するような動きを見せている。それが「早期警戒制度」の見直しだ。

 従来重視してきた「足元の健全性」だけでなく、「将来の収益力」も銀行に強く求める方針を表明。必要があれば、その観点から「伝家の宝刀」である業務改善命令などの行政処分を銀行に下せるようにした。

 それに当たって具体的に、今後約5年以内に「コア業務純益(投資信託の解約損益を除く)が継続的に赤字になる」ことが予想される、といった条件を明示したのだ。

 コア業務純益とは、一般の事業会社の営業利益に当たるものだ。営業赤字が続くようであれば、足元は大丈夫でも将来的には銀行の健全性にヒビが入る。そうなる前に危機の芽は事前に摘みにいくというのが、金融庁が早期警戒制度の見直しに込めた真意だ。

 それに先駆けるようなかたちで昨年、水面下ですでに収益力の改善を求める業務改善命令を受けたのが、福島銀行だ。有価証券の含み損処理や不良債権処理、店舗の資産価値の減損など、将来の損失リスクをはき出した影響もあり、18年3月期に7期ぶりの最終赤字を計上した。

 それを受けて森川英治前社長は引責辞任。同じ県内地銀の最大手である東邦銀行の元専務、加藤容啓氏を社長に迎えて再建途上にある。

国と金融庁が銀行包囲網を狭める
「三つの理由」とは何か


 なぜ国と金融庁は今、銀行に対する包囲網を急速に狭めつつあるのか。その理由は大きく三つある。

 最大の要因は、融資事業という銀行の本業中の本業の不振にある。日本銀行が継続する異次元金融緩和によって超低金利環境が続き、貸出金を急増させてもそこから得られる金利収入が付いてこないのだ。



 そこでにわかに収益源として脚光を浴びたのが、今まで銀行ではいわば“副業”扱いだった市場運用部門である。株式や債券などの有価証券の売買益や利息配当金で稼ごうとしたわけだ。

 しかし、顧客にセールスをしていながら、自身の「資産運用」は得意ではなかったようだ。トランプショックなど市場の荒波にのまれて債券の運用が低迷。多いところでは数百億円規模など巨額の損失を被った銀行が続出した。それまで軽視してきた市場運用で本業の穴埋めをしようというのは甘過ぎた。



銀行の決算を救った「ヘソクリ」は
今や尽き果てようとしている


 それでも銀行が決算の体裁を何とか保ってきたのは、株の売却益と与信コストという二つの穴埋め役の存在が大きい。

 相場が右肩上がりの中で持ち合い株などの株の売却益が貢献した。

 また、景気が堅調で企業倒産が少なく、融資の貸し倒れに備える引当金などの与信コストがこの何年かはほとんどかからなかった。それどころか、引当金が必要なくなって「戻り益」として利益計上できる銀行があったほどだ。



 しかし、株の含み益は無尽蔵にあるわけではなく、景気の曲がり角が意識される中、与信コストも上がってきた。もはや利益の穴埋めに使えるヘソクリ≠ヘ尽きようとしている。

 このように、今、多くの銀行は赤字体質や低収益体質から抜け出せず、決算を取り繕う材料も尽きようとしている。ただ、すぐに経営破綻に陥るわけではないので市場にはとどまり続ける。そんな「ゾンビ」と化す銀行が増えてきているのだ。

「十分な自己資本の厚みがあるので、数年で経営破綻することはない」。そう言われ続けてきた銀行業界だが、いよいよ健全性がむしばまれていく未来の姿がはっきりと視界に入ってきた。

 “臨界点”を超えた銀行の危機的状況を受けて、国を挙げての「ゾンビ銀行」退治が始まる。

111銀行・259信金・
141信組を独自ランキング!




 「週刊ダイヤモンド」7月6日号の第1特集は「銀行危険度ランキング」です。

 今回の特集では、本当の瀬戸際に追い込まれた銀行業界の状況を鑑みて、「決定版」と呼べるランキングを作成しました。そのために次の5指標を採用して総合得点を算出し、ランキングしました。

(1)本業利益率

 金融庁が銀行の本業(融資・手数料ビジネス)の収益性を分析する際に用いてきた「顧客向けサービス業務利益率」の計算方法にのっとって算出しました。

(2)運用総合利回り

 本業の穴埋めに対する期待が年々高まる市場運用部門の収益力を分析した指標です。株式や債券などの有価証券の利息配当金や売買益に加えて、含み損益まで含めて評価。含み益は吐き出して含み損は抱え込む、という決算の“お化粧”の影響を排除しています。

(3)経費率

 経営環境が厳しいにもかかわらず、高コスト体質にメスを入れない銀行に警鐘を鳴らす意味で加えました。

(4)自己資本利益率(ROE)

 自己資本を使っていかに効率よく収益を稼ぎ出せるかという効率性の観点から指標としました。

(5)市場評価スコア

 東京証券取引所第1部の上場基準引き上げ議論を踏まえて指標に加えた。市場評価が低い銀行は、単独では東証1部に踏みとどまることができず、再編圧力にさらされることを鑑みました。

 この指標(1)〜(5)の個別ランキングは、特集内の各パートのテーマに応じてちりばめてあります。ぜひ、そちらもご覧いただきたいと思います。

「銀行危険度ランキング」を通して、現在の全国111銀行の赤裸々な姿を確認してみてください。

(ダイヤモンド編集部副編集長 鈴木崇久)




 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2019年7月01日 19:10:46 : 1hFwhl5XF6 : dXZTY1pyS01GUXM=[110] 報告
ダイヤモンド編集部さん。
「お前は既に死んでいる」の日銀は、どないですか。
銀行では無いですが、GPIFは、どないですか。

2. 2019年7月01日 20:38:42 : D0QUl32qUN : OWczZmhIbUhDL3c=[885] 報告
逃げを打つ トカゲの尻尾 切り捨てて
3. 2019年7月02日 07:42:02 : myJmO9sK9c : QnZLQmppeUlwMDI=[117] 報告
 
 この話は 愛が20年前からしていた

 ===

 21世紀は マイナス金利の時代に 預け入れ金利が 未だに0%である銀行は 異常だ

 ===

 正常な銀行の金利としては 銀行は 預金者から 保管料として −1%を徴収すべきだろう
 
 ボツボツ 保管料を取る銀行が出てきても良さそうなものだが??
 

4. 2019年7月02日 07:47:44 : myJmO9sK9c : QnZLQmppeUlwMDI=[118] 報告

 愛が 主張していた 消費税UPも 実現しそうだね〜〜〜
 
 ここの 阿修羅のバカたちは 
 愛に 土下座をして 謝るべきだ 「恐れ入りました」 ってね!!
 
 ===

 次は 愛が認めている 賢い黒田が マイナス金利 −0.5% に何時するかだ〜〜

 待ってるよ!!  クロちゃん!!
 

5. 2019年7月03日 04:23:29 : ueYpROlNEA : OE83MzQ5L1p2RVE=[12] 報告
愛とかいうのは敵性体だな。気をつけろ。
こんな場末の掲示板にも工作が入っているという事実に。

もし業者じゃなくても、このような人間は深くマインド・コントロールされているのだろう。

6. 2019年7月03日 21:39:59 : LY52bYZiZQ : aXZHNXJYTVV4YVE=[1740] 報告
「年金給付」「地銀」に悪影響 現実味を帯びてきた金融緩和政策の「副作用」

7/3(水) 13:00配信

マネーの達人

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190703-00010005-manetatsun-life.view-000
「年金給付」「地銀」に悪影響 現実味を帯びてきた金融緩和政策の「副作用」


先日2019年6月28日の朝刊では、「国債保有 日銀43%」という見出しが踊りました。

この記事の中身を見ますと、要は

「3月末時点で日本国債残高1125兆円中、日銀の保有額が486兆円となり、市場全体に占める日銀の国債保有率は43.18%となり、2四半期ぶりに過去最高を更新した」
というものです。
.

日銀の日本国債「爆買い」の結果

もともと日銀は、2013年4月のバズーカ緩和以降、日本国債の「爆買い」を続けてきました。

その結果、2016年には長期金利がマイナス0.3%と過去最低水準まで下がり(価格は上昇)償還までの期間が10年を超す超長期債の利回りも急低下するほどとなりました。

このように長期金利が下がり、国債の利回り曲線がフラット化してくると、

・ 銀行の収益悪化
・ 保険会社、年金基金などの長期投資家の運用難

という「副作用」が強まることになります。

そこで日銀は、2016年9月に長短金利操作(イールドカーブコントロール)を導入し、当初10年物国債利回り誘導範囲を0%程度とし、後にプラスマイナス0.2%程度と若干誘導幅を広げました。

その後、日銀は新たに「政策金利のフォワードガイダンス(中央銀行が声明等を通じて政策金利の据え置き期間や政策変更の条件などを明言し、市場参加者の予想や期待に働きかけることで、金融政策効果の浸透を目指すこと)」の導入を決定し、その中で

「当分の間、現在の極めて低い長短金利の水準を維持することを想定している」
と明記しました。

要は、

「物価2%目標の実現には、これまでの想定よりも時間がかかりそうなため、現在の金融緩和策を長期的に粘り強く続けていく」
と語ったようなものだと思います。

そうなってくると、この政策の「副作用」が気になってくるのは筆者だけではないでしょう。
.

金融緩和政策の副作用

□副作用1. 金融機関の収益圧迫
その「副作用」の1つが、「金融機関の収益を大きく圧迫する」ということだと思います。

それは、

・ 金融機関の伝統的なビジネスモデルである「預かって貸し出す」預貸の資金利ざやの縮小問題
・ 長短金利操作(イールドカーブコントロール)を行っていることから、国債の値動きもほとんどないため「債券運用」もままならない状況が続いている

からです。

そこへ、全国的な人口・企業数の減少という構造的な問題を背景とした金融機関間の競争激化が続けば、特に地域金融機関の収益への悪影響は避けられないと思います。

現実に、今年4月の報道では、

「人口減と低成長に伴う資金需要の先細りで貸し出しの伸びが鈍り、銀行間の競争が激しくなって、利ざやの縮小も続くため約6割の地方銀行が10年後の2028年度に最終赤字になる」
との試算も示されました。

さらに筆者が懸念しているのは、各行が注力してきた不動産融資がバブル期の1990年末以来となる「過熱サイン」を示していることです。

つまり、今回の金融政策で、これまでの伝統的収益源に頼れなくなった金融機関が「過剰融資に走っているのでは」という懸念です。

仮に景気減速などでこれらの過剰融資が焦げ付いてくると、まさに負の連鎖になるリスクもはらんでいます。

□副作用2. 年金への影響
もう1つの大きな「副作用」が年金への影響でしょう。

長期投資家である年金基金が運用難に陥り、また、年金の再評価率(過去の低い標準報酬をそのまま平均すると、年金の実質価値が低くなってしまうことがあるため、過去の標準報酬を現役世代の手取り賃金の上昇率に応じて見直したうえで平均化すること)の指標を10年国債の利回りとしている場合、再評価率が低下して、想定する給付を下回る可能性もあります。

「想定する年金給付を下回る」
などと言われれば、それでなくても最近やたら話題の「老後資金が2,000万円不足すると指摘した報告書」を巡って年金不安も再燃しているところですから、日銀としても今回の金利の下げ過ぎをなんとかコントロールしたいところではないでしょうか。


「年金給付」「地銀」に悪影響 現実味を帯びてきた金融緩和政策の「副作用」


7/3(水) 13:00配信

マネーの達人

「副作用」の懸念が現実味を帯びてきた

このように、さまざまな「副作用」の懸念がある金融政策ですが、最近の債券市場(6月21日)において、一時マイナス0.195%と、上記の日銀の誘導範囲の下限に迫ったことで、にわかに緊張感が増してきたものと思います

「副作用」とは、一般的には「薬や処理法などの目的とする作用(効果)に伴って起こる別の(有害な)作用」のことです。

マネ達で、「日銀の追加金融緩和で ”一気通貫” ? カンフル剤の副作用に注意」という記事を書いたのがかれこれ5年前でした。

当時は、日銀の金融緩和政策に関する「副作用」という言葉は、最近ほど使われていなかったと思いますが、最近よくこの言葉を見聞きするようになってきました。(執筆者:阿部 重利)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190703-00010005-manetatsun-life
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190703-00010005-manetatsun-life&p=2

7. 2019年7月04日 04:08:18 : f8486cRKhg : aklhQ1JlZGdFRG8=[4] 報告
地方銀行の倒産ラッシュが起きるだろうな
全国の地銀が第1と信金1つだけになるかも知れない
貸す相手の中小企業がバタバタ潰れてるからな・・・不要なものは消えるのが運命だ
8. 2019年7月05日 18:34:01 : 1iPHmDu2mM : MUIuN1A0VGt5L28=[3] 報告
「ゾンビ銀行」退治に国と金融庁が本気になった理由

ダイアモンドがタイトルを間違えたか??

それとも冗談かい?

退治されべきはアベノミクスと金融庁のほうだろう!!

本気にならないと国民に退治されるぞ!!

9. 2019年7月05日 19:23:48 : n9wX432XWc : WjFScGdGNG8uR28=[16] 報告
地銀に不良融資を押し付けた金融庁が

不要融資をした地銀が悪い!!

ネオコンスタイルの責任転換。

10. 2019年7月05日 21:46:07 : UohDuikM9s : Z1NRVkR3MDNjQms=[62] 報告
へまをしでかした安倍や金融庁が
やけに深刻な顔をしてーーー包囲される前に包囲しろ!
ネオコン指図の
―――責任転嫁逃亡儀式かい!
そんなに逃げたいのなら、日本からさっさと出て行くんだな!

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民132掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民132掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
経世済民132掲示板  
次へ