★阿修羅♪ > 経世済民133 > 103.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
リニア 南木曽工事5項目確認 町とJRなど 水源「必要な対策」(協定、でなく確認事項?)
http://www.asyura2.com/19/hasan133/msg/103.html
投稿者 戦争とはこういう物 日時 2019 年 8 月 27 日 13:50:59: N0qgFY7SzZrIQ kO2RiILGgs2CsYKkgqKCpJWo
 

 ア㋭ノミックス三本目の矢が行方不明の性か、経済振興策に押し上げられたJR東海単独事業たる「リニア」。後ろ盾があるためか、JRの態度は常に「上から」の様で、沿線地域が「工事協定」など提言しても殆ど応じない。
 この記事の「確認事項」とは、どれだけの強制力があるのだろうか。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(ここから)
リニア 南木曽工事5項目確認 町とJRなど 水源「必要な対策」
https://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20190827/KT190826ATI090010000.php

*https://www.shinmai.co.jp/news/nagano/news-image/IP190826TAN000215000.jpg

 木曽郡南木曽町は26日、町内で予定されるリニア中央新幹線工事について、安全対策や環境保全に関する5項目の確認事項をJR東海などと交わしたと発表した。町内では水道水源への影響を懸念する声があるため、JRは県や町に提出する計画に基づき「環境保全に努める」とし、県水環境保全条例などを踏まえて「必要な対策を行う」と明記した。

 町内の工事区間は中央アルプストンネル(飯田市―岐阜県中津川市、23・3キロ)の「萩の平・広瀬」「山口」の両工区と、名前が決まっていない区間。いずれも工事は始まっていない。町は確認事項に基づき、工事用車両が通行する町道拡幅などについて今秋にもJRと協議を始める。

 確認事項は21日付で交わした。JRはトンネル掘削で出る残土の置き場を確保した上で着工し、造成前に住民に施工法などを説明するなどと確認。工事車両の運行、残土置き場の管理などについては必要に応じて別途文書で確認するとした。

 予測できない事故や疑義が生じた時は、確認事項を取り交わした町、JR東海、独立行政法人鉄道・運輸機構、県の4者が協議して解決するとした。期間について町は、JRから「将来にわたって」との説明を受けたとしている。

 同様の確認事項はこれまでに、下伊那郡大鹿、豊丘、阿智の各村と飯田市の2地区がJRなどと交わしている。

(8月27日)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(ここまで)

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民133掲示板 次へ  前へ

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民133掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
経世済民133掲示板  
次へ