★阿修羅♪ > 国際25 > 876.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
<トランプは間違いなく、北朝鮮の非核化に動き出す!>ハノイ会談の中断の原因はトランプ大統領にあった動かぬ証拠  天木直人
http://www.asyura2.com/19/kokusai25/msg/876.html
投稿者 赤かぶ 日時 2019 年 3 月 31 日 13:52:45: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 







ハノイ会談の中断の原因はトランプ大統領にあった動かぬ証拠
http://kenpo9.com/archives/5796
2019-03-31 天木直人のブログ

 今頃になって、2月のハノイの米朝首脳会談でトランプ大統領が金正恩委員長に対して、すべての核兵器と燃料棒を米国に引き渡すよう要求する文書を手渡していたという報道をロイターが流した。

 そして、それがあたかも、米国は完全非核化の方針を変えていなかった、それを読めなかった北朝鮮は会談を決裂せざるを得なかった、といわんばかりの報道につながっている。

 しかし、私はそういう見方をしない。

 それどころか、このニュースで私はますます確信を強めた。

 やはりあの中断は。元側近の弁護士の議会証言での裏切りに慌てたトランプが、首脳会談を中断して帰国せざるを得なかったということだ。

 そのアリバイ作りとして、ボルトンが起案した完全非核化を求める文書を手渡して、それを飲めない金正恩に会談決裂の責任を金正恩に押し付けたのだ。

 もちろん、トランプは金正恩に直接伝えているはずだ。

 いまは合意をするタイミングではなくなった。

 だから米国の原則的立場を伝えていったんは中断せざるを得ない。

 しかし、ロシア疑惑を乗り切り、政治Ý的基盤を強化した上で、必ず三度目の首脳会談を行うつもりだと。

 だからこそ金正恩はトランプを批判せず、ポンぺオ、ボルトンを批判したのだ。

 だからこそ、トランプは金正恩を批判せず、政府が決めた北朝鮮への追加制裁を自らの権限で撤回するよう命じたのだ。

 そもそも、最初からトランプが金正恩に完全非核化を求めるつもりなら、2回目の首脳会談などするはずがない。

 そもそも、最初からトランプの要求が完全非核化しか選択の余地がないことが分かっていたら、金正恩は会談の冒頭であれほど楽観的な発言をしなかったはずだ。

 間違いなく、段階的非核化と部分的制裁解除で合意のシナリオは出来ていた。

 しかしロシア疑惑に関する元側近の裏切り議会証言で、トランプは中断せざるをえなかった。

 トランプは、使うはずのなかったボルトン起案の伝言を、土壇場で使わざるを得なくなったということだ。

 それから一カ月たって、トランプはロシア疑惑を乗り切り、勢いを取り戻しそうだ。

 このままいけば、トランプは間違いなく北朝鮮の非核化に向けて動き出すだろう。

 そしてその時は、米朝に加え、韓国、中国、ロシアを含めた5カ国による協議になるだろう。

 なぜなら、米国は、何もせずに、このまま北朝鮮の核保有を認めるわけにはいかないからだ。

 だからと言って、非核化に応じないからといって北朝鮮を攻撃する選択は米国にはないからだ。

 ロイターの通信の報道は、その事を教えてくれたのである(了)



米「核兵器引き渡し」北朝鮮に要求 首脳会談で 通信社報道
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190330/k10011867371000.html
2019年3月30日 18時59分 NHK



物別れに終わった先月の米朝首脳会談で、トランプ大統領がキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長に対し、核兵器をアメリカに引き渡すよう求めたとロイター通信が伝えました。アメリカが求める非核化の意味をキム委員長に直接伝えたのは初めてだとしています。

これは先月、ベトナムのハノイで行われた2回目の米朝首脳会談の2日目に、トランプ大統領がキム委員長に手渡した文書の内容だとしてロイター通信が29日、伝えました。

それによりますと、文書の中でトランプ大統領は北朝鮮に対して、核兵器と核物質をアメリカに引き渡すよう求めました。

さらに、
▽核開発計画の申告や査察の受け入れ、
▽核開発に関連したあらゆる活動の中止、
▽すべての核関連施設の撤去、
▽核開発に関わる科学者や技術者を民間の活動に移すこと、などを求めたということです。

交渉の中でトランプ大統領が、アメリカが求める非核化の意味をキム委員長に直接明確に伝えたのはこれが初めてだとしています。

文書の内容は保守強硬派として知られるボルトン大統領補佐官のこれまでの主張に沿っていて、北アフリカのリビアを非核化した際に取られた「リビア方式」と呼ばれる手法とよく似ています。

この文書が手渡されたあと予定にあった昼食会はキャンセルされており、ロイター通信はキム委員長が侮辱的で挑発的だと受け取った可能性があると分析しています。














 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 赤かぶ[8126] kNSCqYLU 2019年3月31日 13:53:50 : 90EZJT5uPI : YU9qMWtEWURTcUk=[3163] 報告


2. 赤かぶ[8127] kNSCqYLU 2019年3月31日 13:54:48 : 90EZJT5uPI : YU9qMWtEWURTcUk=[3164] 報告


3. 赤かぶ[8128] kNSCqYLU 2019年3月31日 13:56:38 : 90EZJT5uPI : YU9qMWtEWURTcUk=[3165] 報告


4. 2019年3月31日 15:13:42 : qBF1zexCT2 : MmsxaGxKZGIwbzI=[6] 報告
合意の枠筋ができていたのに国内の事情で破談にしてしまったのはマズかったのでは。
これで北朝鮮が態度を硬化させるのは必至で、どうせ米国には何もできないのだから次の会談の条件が厳しくなるのは目に見えているな。
さらに北朝鮮に圧力をかけていた中国が台湾問題をめぐって米国とガチ衝突しそうな雰囲気なんだが。
小生はもはや北朝鮮非核化の可能性は遠のいたと見ている。
5. 2019年3月31日 18:31:09 : 1GJFQVU66M : c0lqbmRoR2RQY2c=[36] 報告
米国の焦点は中国なのだから、北朝鮮の若造に甘い態度は禁物、おとなしく従えと言う意思表示こそトランプの戦術だ。
6. 2019年3月31日 21:58:23 : 1hFwhl5XF6 : dXZTY1pyS01GUXM=[35] 報告
ロイターがコーエンの証言を無視しているので、載せておこう。
「ハノイの直前2019年2月27日に行われたマイケル・コーエン被告の下院監視・政府改革委員会での証言」

・コーエン被告は、ニューヨーク州南部地区連邦検事局がトランプ大統領に関するまだ明らかになっていない「不正行為もしくは違法行為」を捜査していると述べた。
・コーエン被告は、2017年に自身が連邦議会でした証言は、トランプ大統領の顧問弁護士ジェイ・セクロウ(Jay Sekulow)氏と、大統領の義理の息子ジャレッド・クシュナー氏の顧問弁護士アビー・ローウェル(Abbe Lowell)氏が手を加えたものだったと述べた。ロバート・ミュラー特別検察官は2018年、コーエン氏が議会に対して虚偽の証言をしたとして、同氏を偽証罪で起訴した。
・コーエン被告は、2016年の大統領選で勝つために、トランプ大統領がロシアと手を組んだことはあり得るとの考えを示した。「トランプ氏にとって、勝つことが全て」で「勝つために必要なことならやるだろう」と述べた。
・コーエン被告は、トランプ一家が選挙キャンペーン中、ロシアに「譲歩」した可能性があると述べた。当時、トランプ一家はモスクワにトランプタワーを建設しようとしていたからだ。
・コーエン被告は、トランプ大統領が息子のドナルド・トランプ・ジュニア氏を含む自身の選挙担当者とヒラリー・クリントン候補(当時)の選挙キャンペーンの足を引っ張ろうとするロシアの複数のロビイストが、2016年6月にトランプタワーで会っていたことを事前に知っていたと述べた。被告は2016年6月上旬、トランプ氏と一緒にいた部屋にトランプ・ジュニア氏が入って来て、父親に「ミーティングはうまく行った」と言い、父親が「OK、よかった……また聞かせてくれ」と答えたのを覚えていると語った。
・コーエン被告は、内部告発サイト「ウィキリークス」がクリントン候補の膨大な量のEメールを暴露する計画をトランプ氏が事前に把握していたと述べた。これは2016年の民主党全国大会を数日後に控え、クリントン候補の選挙活動に打撃を与えた。
・コーエン被告は、トランプ・オーガニゼーションの財務責任者を長年務めるアレン・ワイセルバーグ(Allen Weisselberg)氏が大統領選の直前、ポルノ女優のストーミー・ダニエルズさんへの違法な口止め料の支払いに、トランプ氏が直接関与したことを目撃していると述べた。被告は、トランプ氏が「我々にワイセルバーグ氏のオフィスへ行き、これ(ダニエルズさんへの13万ドル)をどうにかしろと指示した」とき、自身とワイセルバーグ氏は2人ともトランプ氏のオフィスにいたという。
・コーエン被告は、ワイセルバーグ氏とトランプ・ジュニア氏が「金融詐欺」で共謀したのではないかとほのめかした。被告は、彼らの行為がニューヨーク州南部地区連邦検事局の捜査対象になっているかどうかについては、コメントを避けた。

これでわかるように、かなりな内容を証言している。
ミュラー特別検察官の報告書が開示された時に、誰が嘘つきだったのか、確定するであろう。

7. 2019年4月01日 08:51:50 : 1GJFQVU66M : c0lqbmRoR2RQY2c=[37] 報告
世界は何が重要かわかっていない。

常識の通用しない北朝鮮の当事者に、常識のある世界の当事者が交渉しても、今までのように、悪が勝利し、善が煮え湯を飲まされてしまうのは必定。

米国の大統領が誰になっても、米朝交渉は膠着するだろう。何十年も膠着してもよいではないか。

交渉が進展せず、その結果何が残るか。米朝の損得は。損するのは北朝鮮だけだ。

8. 2019年4月01日 09:45:24 : aRgWENoWVg : RzZUQW9lTWUycjI=[2] 報告
ブッシュ一族とサウジアラビア王族との、深い関係が、911偽旗テロを企図惹起せしめ成功に導いた
この関係を、トランプにおっ被せて、大統領の座から引きずり下ろそうと画策した
のが、CIAによるカショギ暗殺事件であったのではないか
これまで、米国民間会社ディープステートを操ってきた、イスラエル、シオ二スト
陣営が、娘婿のクシュナーを使いトランプをうまく操ろうとしていることは間違いない
その結果として、ゴラン高原のイスラエル領を認めるトランプの発言を引き出すことに
成功したとも

http://www.asyura2.com/17/kokusai17/msg/344.html


911事件は、米国に根を張っているディープ・ステート《影の政府≒CIA、モサド諜報連合》による、アメリカ・イスラエル・サウジアラビアの共同作戦であった

非常に長い記事ですので一部をざっくりと訳してみました。全てをお伝えできず残念ですが、残りの部分はサイト内の本文をご覧ください。
この記事はCIAについて非常に詳細に説明してくれています。そして世界を実際に支配しているのはCIAの3派閥だとも言っています。これらの3派閥で内紛が勃発しているそうです。またCIA 対 NSAの闘争も起きているそうです。彼らの戦いが激化して共倒れすることを願うばかりです。


日本の政治家もCIAに暗殺されていますが、トランプ氏もケネディ大統領と同様に彼らに暗殺される危険性があります。CIAとは関係がなくスキャンダルも少ないトランプ氏はCIAと主要メディアと戦っていることがよくわかります。主要メディア(日本のマスコミも含め)は、大統領就任式間近の今、反トランプの情報操作を激化しています。マスコミはトランプ氏の暴言について嘲笑しながら伝えていますが、トランプ氏の暴言の内容は非常にまともで本当のことを言っています。これほど本当のことをストレートにいう政治家はいままでいなかったでしょう。


大統領選での様々なハッキング騒動は大統領選を無効にするためにCIAが行った偽旗であり、これには国を混乱に陥れているCIAの派閥争いも絡んでいる。
現在、CIAの派閥闘争及びCIAとCIAほど重要でない他の諜報機関(FBI、NSA、国土安全保障省、NIA国家情報機関、その他)の闘争が進行中である。
このような諜報機関同士のスキャンダル合戦は今に始まったものではないが。
米政府の代弁者でしかない主要メディアでさえ、米諜報機関同士の争いが起きていることを報道している。
CIAは他の全ての政府系諜報機関のトップに君臨している。
大統領令は極秘に扱われ、CIA以外の諜報機関には知らされることはない。
大統領の国際的な極秘事項に対してはCIA以外の諜報機関は部外者となる。

9. 2019年4月01日 12:23:04 : kl1wAUP6tc : M0pibGRRb2dFN0E=[4] 報告
「北朝鮮の非核化」は、誤りで、正しくは「朝鮮半島の非核化」だ。

「朝鮮半島の非核化」には、韓国や日本に提供されている核の傘の廃止も含まれている。(日本のメディアは、肝心な部分を、決して報道しない。)

朝鮮半島からの米軍撤退は、間違いなく、日本からの撤退の含みもある。

10. 2019年4月01日 15:07:00 : 9jT38Kk8hs : Y1hxT2ljcDFQRzY=[1] 報告
>>07

その認識はあまり正しくはないな。

北朝鮮にとっては米国の経済制裁が続いても今まで通り中国やロシアから物資が援助されればそれで何も変わらない。今のところ北朝鮮と中ロの関係は極めて良好である。中国国内の世論を見ても数年前のように非公式に北朝鮮を非難した論調はなくなり、友好ムード一色だ。国境の街丹東市には巨大なトラックターミナルが建設され、国連の制裁など無視の意向満々だな。

北朝鮮に米国などから経済制裁が続けば北朝鮮にある資源が中ロに格安で流れるだけであり、中ロが表では北朝鮮の国連制裁に反対しない裏で経済制裁を無視するのも自国の利益のためである。これが長く続くと損をするのは緊張関係が続く朝鮮半島と日米であり、中ロにとっては笑いが止まらない。韓国の文大統領はこれを金書記長に説明してトランプとの会談に合意させたのだろうが、米国はこれを潰してしまった。

忘れてはならないのは北朝鮮は日本占領時代鉱物資源が豊富な事から重工業が発達していた事実である。あの土地には豊富な資源があるからこそ、60年もの間米国と対抗できたのだ。

11. 2019年4月01日 19:16:07 : 1GJFQVU66M : c0lqbmRoR2RQY2c=[38] 報告
>北朝鮮に米国などから経済制裁が続けば北朝鮮にある資源が中ロに格安で流れるだけであり、中ロが表では北朝鮮の国連制裁に反対しない裏で経済制裁を無視するのも自国の利益のためである。これが長く続くと損をするのは緊張関係が続く朝鮮半島と日米であり、中ロにとっては笑いが止まらない。韓国の文大統領はこれを金書記長に説明してトランプとの会談に合意させたのだろうが、米国はこれを潰してしまった。

国連決議の経済制裁に賛成してしまったのだから、中ロは動きたくても動けない。北朝鮮が韓国に泣きついたのは制裁解除のためだけだ。現在に至っても、それ以外に、何の進展もない。

私の予想通りだ。

12. 2019年4月01日 19:56:27 : pxgwgovz2Q : eWNiYmY5R1dFRWs=[57] 報告
非核化も ペテンにかける 一里塚

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際25掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際25掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際25掲示板  
次へ