★阿修羅♪ > 国際26 > 285.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
スリランカの爆破事件を実行したという武装勢力の黒幕はアメリカ(櫻井ジャーナル)
http://www.asyura2.com/19/kokusai26/msg/285.html
投稿者 赤かぶ 日時 2019 年 4 月 24 日 18:43:25: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

スリランカの爆破事件を実行したという武装勢力の黒幕はアメリカ
https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201904240001/
2019.04.24 櫻井ジャーナル


 スリランカで4月21日に爆破事件があり、359名以上が死亡したという。当局の発表によると、地元の武装集団、ナショナル・タウヒード・ジャマート(NTJとも表記される)に所属する7名が自爆攻撃を行ったようだ。

 この武装集団の指導者と言われているモウルビ・ザフラン・ハシムはダーイッシュ(IS、ISIS、ISIL、イスラム国とも表記)を支持する発言をしている人物で、ダーイッシュは自分たちが自爆攻撃を実行したと宣伝している。

 このダーイッシュは様々なアル・カイダ系武装集団と同じように「ジハード」の看板を掲げる傭兵。1997年から2001年にかけてイギリスの外務大臣を務めたロビン・クックが指摘したように、​​アル・カイダとはCIAの訓練を受けたムジャヒディンの登録リストであり、組織ではない。こうした傭兵を使う侵略は1970年代終盤にズビグネフ・ブレジンスキーがアフガニスタンで始めた。

 ダーイッシュという名前が売り出されたのは2014年。その年の1月にイラクのファルージャで「イスラム首長国」の建国を宣言、6月にモスルを制圧した。その際にトヨタ製小型トラック「ハイラックス」を連ねた「パレード」を行い、その様子を撮影した写真が世界に伝えられ、広く知られるようになったのである。

 偵察衛星、無人機、通信傍受、人間によるスパイ活動といった手段を持つアメリカの軍や情報機関は事前にダーイッシュの動きを知っていたはずだが、何もしていない。黙認していたのだ。このトヨタ車はアメリカ政府がFSA(自由シリア軍)、つまりシリア侵略のために送り込まれた傭兵部隊へ提供したものだと言われている。

 動きを監視していただけでなく、​2012年の段階でこうした展開になることをアメリカ軍の情報機関DIAは見通し、バラク・オバマ政権に警告​している。シリアで政府軍と戦っているのはアル・カイダ系のアル・ヌスラ(報告書はAQIと同じと指摘している)であり、その主力はサラフ主義者やムスリム同胞団だと指摘、オバマ大統領が言うような穏健派は存在しないとしている報告書が提出された当時のDIA局長は。マイケル・フリン中将。ダーイッシュが売り出された2014年にフリンは退役に追い込まれている。

 その後、ダーイッシュは残虐性をアピール、アメリカ/NATO軍の軍事介入を誘い、アメリカ主導軍による空爆が始まる。ただ空爆のターゲットはインフラが中心で非戦闘員の犠牲が増える一方でダーイッシュは勢力を急速に拡大していった。その流れは2015年9月にロシア軍がシリア政府の要請で介入するまで続く。

 シリアでダーイッシュという看板を掲げたり、アル・カイダ系武装集団を名乗ったりする勢力が敗走していた2017年5月、フィリピン南部にあるミンダナオ島のマラウィ市をダーイッシュ系だというマウテ・グループやアブ・サヤフが制圧した。

 ここは以前からダーイッシュが活動している地域で、市内には500名程度の戦闘員がいると推測されていた​​が、アメリカ軍は活動を容認してきた。こうした事態を受け、ロドリゴ・ドゥテルテ大統領はミンダナオ島に戒厳令をしく。それに対し、アメリカ大使館はフィリピン政府から要請に基づとして特殊部隊を派遣したが、ゥテルテ大統領はアメリカ側に支援を頼んでいないとしていた。

 すでにジハード傭兵は中国の新疆ウイグル自治区、ミャンマーのロヒンギャが住む地域などへジハード傭兵を潜り込ませていると言われ、今後、何らかの事件が引き起こされる可能性がある。

 インドネシアの場合、普通のイスラム教徒をワッハーブ派へ改宗させる工作が数十年にわたって続けられ、2016年1月には首都ジャカルタで何回かの爆破と銃撃戦があり、攻撃グループの5名を含む7名が死亡している。その実行グループもダーイッシュを名乗っていた。インドネシアから約700名がシリアへ入り、ダーイッシュに加わったと言われている。

 1965年9月30日にインドネシアでは小集団の若手将校が6名の将軍を誘拐のうえ殺害、ジャカルタの主要箇所を占拠、その武装蜂起を鎮圧するという形でスハルトがクーデターを実行、スカルノ体制を倒すことに成功した。蜂起軍を率いていたウントゥング・シャムスリ中佐は後にスハルトとCIAが1965年10月5日にクーデターを計画していることを知り、先手を打とうとしたのだと主張している。

 大統領だったスカルノは将軍殺害に関してコミュニストを非難していない。そのスカルノをアメリカ支配層は排除し、目障りな人びとの粛清を始めた。1966年3月まで30万人から100万人が殺されたと言われている。スカルノやコミュニストが仕掛けたするならば準備ができていたはずで、これほど一方的に虐殺されることはなかっただろう。CIAがスカルノを排除するために仕掛けたクーデターだと現在では信じられている。

 実際、CIAは1950年代からインドネシアに対する秘密工作を進めていた。1955年の総選挙と57年の地方選挙でスカルノの国民党とインドネシア共産党が勝利、スカルノ政権は外国資産の国有化をはじめたため、危機感を持ったのだ。

 スカルノのイメージを悪くさせるプロパガンダに失敗したCIAは1957年に暴力的な秘密工作を始める。この工作で沖縄はフィリピン、台湾、シンガポールと同じような訓練基地として使われ、兵站基地としても機能していている。

 CIAから武器を供給された武装勢力がインドネシアで最初に蜂起したのは1958年のことで、スカルノが日本を訪問している時を狙って決行された。

 反乱グループの中心は旧貴族階級と地主だが、実行部隊はスマトラ島を拠点としていたインドネシア軍の将校。CIAの爆撃機だけでなくアメリカ海軍の潜水艦の支援を受けていた。この蜂起は結局、失敗に終わるのだが、アメリカは決してあきらめない。

 アメリカ支配層はインドネシア社会を研究する一方、貴族階級出身のインドネシア人をアメリカに留学させて訓練(洗脳)していく。このプロジェクトに協力した大学にはカリフォルニア大学バークレー校、マサチューセッツ工科大学、ハーバード大学、コーネル大学などが含まれ、「バークレー・ボーイズ」とか「バークレー・マフィア」と呼ばれているようになる。こうした若者のほか、CIAの手先になったのがイスラム勢力だった。今後、インドネシアはジハード傭兵の供給源になる可能性がある。



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2019年4月24日 19:56:09 : nau3QsUZDw : SlF3VWNYNjZiZEE=[4] 報告
このような大規模な爆弾テロを実行するには、国単位の支援が不可欠だ。

米国が黒幕であることは、まちがいない。

中国に接近したスリランカに、仕返しをしたのだろう。

この後、米国は、テロとの戦いを理由として、協力を申し出る。

対テロ対策を口実に、軍事教官派遣や米本土でスリランカ軍人を招き入れる。

2. 2019年4月25日 00:03:34 : LY52bYZiZQ : aXZHNXJYTVV4YVE=[689] 報告
2019年4月23日のインテルアラート
.
ch 国際政経
2019/04/24 に公開
https://www.youtube.com/watch?v=0hWpdXC3baM
3. 2019年4月25日 18:59:59 : ETdbtmk0KA : cmkxbHh5YVM0a0U=[201] 報告
糸を引く いつものように アメリカが
4. 2019年4月25日 20:33:28 : TZp3uiNc3k : MlM4dHpsaFovVTI=[18] 報告
ここで取り上げられた文の元の、正しいアドレスはこれ:

スリランカの爆破事件を実行したという武装勢力の黒幕はアメリカ
https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201904240002/

アメリカ以外の悪の帝国も関わっていたりして?!

5. 2019年4月25日 23:55:50 : 1ytn5dOTJw : TmUyVVN2cFhTR0U=[1] 報告
この投稿に記載されているように軍産複合体+以下の大學

カリフォルニア大学バークレー校、マサチューセッツ工科大学、ハーバード大学、コーネル大学などが含まれ、「バークレー・ボーイズ」とか「バークレー・マフィア」

LiberalやDEMOCRACYを謳っている大手マスメディア、独立系?マスメディアが死んでしまっても構わない人間をCIAから情報を得られるだろうから、choiceして、ターゲットを決め、ボーイハンティング!、ガールハンティングしている。
ハンターは入れ代わり立ち代わりだ。しつこいぜ!
米軍の粘着性を見ていれば分るではないか!
この2019年にだ!日常的に学校や市街地で銃をぶっ放す国は戦闘地以外!ないよ。
アメリカはいつも戦闘地ってことだ!
アメリカは治らない病気だよ。

殖民地日本列島はホントに悪い奴に目を付けられた。
歴代の首相が愚かだからだ。
国民もだ。

6. 2019年4月26日 01:11:02 : xHiizMgZag : QXJqTUVyeFIzMjI=[1] 報告
……アメリカは決してあきらめない。何事もだ!

貴族階級出身のインドネシア人をアメリカに留学させて訓練(洗脳)していく。←ヒドイ事を承知で敢えて言う。
何故、大挙して押し寄せるメキシコ人や難民の人々を使えばいいではないか!
彼らは違う意味で目立ちすぎるし、天真爛漫でそれにある程度、知力が必要だからだ。

神?の様に人様の命を!人生を!選別し、己が利益と欲とを得る為には人を利用し、遺棄することを何とも思っていない輩だ。
そして、こういう事を言われても!屁でもない。

アメリカ人は理解不能な人種であり、悪霊。

7. 2019年4月26日 17:06:15 : nd5GRWUZzk : OFBnYnVqZnJ2d3c=[28] 報告
>偵察衛星、無人機、通信傍受、人間によるスパイ活動といった手段を持つアメリカの軍や情報機関は事前にダーイッシュの動きを知っていたはずだが、何もしていない

米国の偵察衛星や無人機などでテロ活動をすべて把握できるんなら、まず米国内で起きている銃乱射事件なんんて全て防いでるわ

つか、今回のテロではインドなど外国からテロ情報は届いていたが、スリランカ政府がそれをうまく活用できてなかったのが被害が広がった最大の原因

8. 2019年4月26日 17:28:29 : nd5GRWUZzk : OFBnYnVqZnJ2d3c=[29] 報告
というか、陰謀論なら日本の陰謀とした方がまだ説得力あるよ

このテロの首謀者であったザフラーン・ハーシムはイスラム教説教師ザーキル・ナイクから非常に強い影響を受けており、自身の投稿した動画に「スリランカはザーキル・ナイクのために何ができるか」という動画を投稿したりしている

そしてこのイスラム教説教師ザーキル・ナイクはなんと、2015年に日本一の名門大学・東京大学で堂々と講演し、そこで信者を獲得している

そしてそのことに対してインド当局は日本政府に警告を出していた
ちなみにザーキル・ナイクは「全てのムスリムはテロリストであるべき」「性奴隷は合法」などと発言している

なぜインドから指名手配されているこのような人物が東京大学で堂々と講演できたのか
やはり日本政府の援助があったからだろう
黒幕は日本(マテ)

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際26掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際26掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際26掲示板  
次へ