★阿修羅♪ > 国際26 > 412.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「制裁ですべてが足りない」北朝鮮国内から悲鳴......食糧危機の懸念(ニューズウィーク)
http://www.asyura2.com/19/kokusai26/msg/412.html
投稿者 赤かぶ 日時 2019 年 5 月 14 日 21:31:14: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

「制裁ですべてが足りない」北朝鮮国内から悲鳴......食糧危機の懸念
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/05/post-12115.php
2019年5月14日(火)17時40分 高英起(デイリーNKジャパン編集長/ジャーナリスト) ※NKNewsより転載 ニューズウィーク


朝鮮人民軍810部隊傘下の農場を視察する金正恩(2015年6月1日付労働新聞より) KCNA-REUTERS


<国際社会の支援がなければ、90年代後半の未曽有の食糧危機「苦難の行軍」が再来するのではないかという懸念が高まっている>

国連の世界食糧計画(WFP)と食料農業機構(FAO)は3日に発表した報告書「北朝鮮の食糧安全保障評価」で、「長期間の日照りと異常高温、頻繁な洪水、農業生産に必要な要素の制限」などが原因となり、北朝鮮の昨年の農業に著しい影響が出たとしている。

また、異常気象に加えて、国際社会の厳しい制裁により農業資材まで輸入ができなくなっていることが、北朝鮮の農業に悪影響を与えたということだ。報告書によると、肥料として使われるリン酸塩と炭酸カルシウムの昨年の供給量は、過去5年間の平均と比べてそれぞれ7割、5割減少している。

様々な悪材料が重なり、今年の収穫はこの10年で最も少なくなり、国際社会の支援がなければ、1990年代後半に北朝鮮を襲った未曾有の食糧危機「苦難の行軍」が再び起きるのではないかという懸念が高まっている。

<参考記事:「街は生気を失い、人々はゾンビのように徘徊した」...北朝鮮「大量餓死」の記憶

デイリーNKの取材によれば、北朝鮮の農村からは、窮状を訴える声が次々に上がっている。咸鏡北道(ハムギョンブクト)の中国との国境にほど近い地域に住む住民は、次のように窮状を訴える。

「土地に栄養がないので肥料を使わなければならないのに、制裁の対象になったから大変だ」

一時期、品薄となっていた稲の苗代を寒さから守るビニール膜は入荷するようになったが、今度は肥料が手に入らなくなったという。中国の税関が「肥料は化学物質で作ったものだ」と言って、北朝鮮への輸出を認めないのだ。つまり、制裁対象の品目ということだ。

情報筋は具体的な肥料の種類に言及していないが、肥料の中には爆薬への転用が可能なものも存在する。ちなみに北朝鮮当局は近年、国内での爆弾テロの発生を恐れて窒素肥料の製造を制限するようになっている。

一方、平安南道(ピョンアンナムド)のデイリーNK内部情報筋が訴えるのは、人手不足だ。

農業機械や燃料が不足する北朝鮮で、田植えは都市住民を大量に動員し人海戦術で行われる。ところが、平原(ピョンウォン)、文徳(ムンドク)、肅川(スクチョン)などの穀倉地帯の協同農場では、今年は動員される人員が例年の半分にも満たないのではないかという懸念が広がっている。

農村支援に動員された人々は、食べ物を自分で準備していかなければならないことになっているが、その準備ができずに動員を避けようとする人が多いというのだ。

当局は、是が非でも都市住民を農村支援に引きずり出そうとしている。

平安南道の農村経理委員会の労働部は、各工場や企業所、学校が計画された農村支援労力を守ろうとしないため、非常対策委員会を作った。工場、企業所、学校に対して実態調査を行い、朝鮮労働党平安南道委員会が割り当てた数だけの人員を送り出せなければ、党や司法機関による処罰を行うという。

<参考記事:金正恩命令をほったらかし「愛の行為」にふけった北朝鮮カップルの運命

しかし、今年の北朝鮮は制裁による経済難に加え、様々な政治イベント、建設工事への動員が頻繁に行われ、国民の間に不満が渦巻いていると言われている。当局も強硬な姿勢で通すのは難しいかもしれない。

人手不足に加え道内の一部地域では、肥料不足で稲の苗が発育不良に陥る現象が起きている。

「5月に田植えをするには、3月からビニール膜をかぶせた苗床で苗を育てるが、ビニール膜が不足したため、寒さにやられてきちんと育っていない」 「肥料と堆肥が不足していることも、重要な原因の一つ」(情報筋)

文徳の協同農場からは、昨年も農業資材の不足を訴える声が上がっていたが、今年は昨年以上にひどいようだ。

※当記事は「NKNews」からの転載記事です。

[筆者]
高英起(デイリーNKジャパン編集長/ジャーナリスト)
北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。関西大学経済学部卒業。98年から99年まで中国吉林省延辺大学に留学し、北朝鮮難民「脱北者」の現状や、北朝鮮内部情報を発信するが、北朝鮮当局の逆鱗に触れ、二度の指名手配を受ける。雑誌、週刊誌への執筆、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に『コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記―』(新潮社)、『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』(宝島社)、『北朝鮮ポップスの世界』(共著、花伝社)など。近著に『脱北者が明かす北朝鮮』(宝島社)。






















 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 赤かぶ[13223] kNSCqYLU 2019年5月14日 21:32:01 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[3288] 報告


2. 赤かぶ[13224] kNSCqYLU 2019年5月14日 21:32:50 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[3289] 報告


3. 赤かぶ[13225] kNSCqYLU 2019年5月14日 21:33:28 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[3290] 報告


4. 2019年5月14日 23:02:23 : lRUpAuWHW2 : ZTlHcE9oVWJHeTY=[3] 報告
中国やロシアも北朝鮮に倒れられては困るから、条件を付けて食料援助をするでしょう。
金正恩も困れば、中国やロシアの言うことを聞かざるを得ないでしょう。

北朝鮮が崩壊するなどといういつもの戯言が実現することはないでしょう。

5. 2019年5月16日 03:50:31 : LY52bYZiZQ : aXZHNXJYTVV4YVE=[911] 報告
政府、北の脅威に米同意得られず

短距離弾道ミサイル、9日協議で

2019/5/15 21:30 (JST)
©一般社団法人共同通信社

 米政府が9日の日米韓3カ国協議で、北朝鮮の弾道ミサイルは短距離であっても安全保障上の脅威があり問題視すべきだと訴える日本側に同調せず、控えめな対応に努めると説明していたことが分かった。理由に関し、米朝交渉に期待をつなぐトランプ大統領に配慮する必要があると説明した。複数の関係者が15日、明らかにした。トランプ氏はその後、短距離ミサイルは問題ではないとの考えを表明。日米間の認識は食い違ったままだ。

 弾道ミサイルへの対応を巡り、日本政府は表向き「日米間に相違はない」(岩屋毅防衛相)と説明するが、日本がトランプ氏との足並みの乱れに苦慮している実情が裏付けられた。

https://this.kiji.is/501371315470632033?c=110564226228225532

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際26掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際26掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際26掲示板  
次へ