★阿修羅♪ > 国際26 > 575.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ジュリア・アサンジ殺害(マスコミに載らない海外記事)
http://www.asyura2.com/19/kokusai26/msg/575.html
投稿者 赤かぶ 日時 2019 年 6 月 10 日 10:21:25: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

ジュリア・アサンジ殺害
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2019/06/post-5e201e.html
2019年6月10日 マスコミに載らない海外記事


2019年6月3日
ピーター・ケーニッヒ
New Eastern Outlook

 ジュリアン・アサンジは、ロンドン南東のベルマーシュ刑務所で「女王陛下の刑務所施設」によって、ゆっくりと殺されつつある。この刑務所は一度も犯罪で告訴されたことがない人々を無期限に拘束することで悪名高い。それはグアンタナモのイギリス版とも呼ばれ、典型的には、イギリス警察と秘密諜報機関にそう呼ばれ、イギリス大手マスコミと支配体制がそれをおうむ返しにする、いわゆるテロリストを拘留するために使われている。必ずしも事実によってではなく、絶え間ない非難の反復によって、メディアの宣伝によってテロリストにされるテロリストだ。嘘も十分頻繁に繰り返されれば、脳死状態の聞き手の心で、真実になるのを想起願いたい。帝国の邪悪な犯罪の取り組みにとって危険になり得る個人や人々の集団や国を悪者にするための大衆洗脳だ。それが、連中がジュリアン・アサンジにしていることだ。プーチン大統領や、ロシアや中国に対しても、まったく同じ原理が異なる規模で適用されている。意気地ないヨーロッパのアメリカ傀儡指導部によって率いられる、骨の髄まで洗脳された欧米社会では、これが機能するように思われる。

 だが、ジュリアン・アサンジに起きていることは、帝国とその手先の犯罪の企みという不都合な真実を暴露するどのジャーナリストにも起こり得、アングロ・シオニストの残虐行為に立ち向かう勇気がある人なら誰であれ、ジャーナリストでも、ジャーナリストでなく内部告発者でも、成人男性のためのA型刑務所と見なされる、グアンタナモやベルマーシュ、つまり「危険な」抑留者が、女王陛下の刑務所制度が必要と考えるだけの期間拘留され、囚人の取り扱いは秘密で、拷問も含まれる「本格的」刑務所行きとなる。

 ジュリアン・アサンジの場合、「民主的」言論の自由に関するあらゆる規則を破っているどころではない。彼の扱われ方は、人権に対する重大な違反行為だ。アメリカとイギリスの政府は、世界への見せしめとして、特に将来の内部告発者や他の自由な言論を唱導しそうな人々に対する抑止策として、言論の自由の擁護者を一人、拷問にかけて罰し、沈黙させるつもりなのだ。

 2012年に彼がエクアドル大使館に亡命を求め、亡命を認められた際、保釈中に姿をくらましたかどで、ジュリアン・アサンジは50週間の「一時的」実刑判決を宣告された。彼はなぜ保釈から逃げたのだろう? 彼が、ワシントンの名で行動し、いんちきなレイプと性的不品行で彼を告発した新ファシスト・スウェーデンに引き渡されようとしていて、そこから、彼がアメリカに引き渡される可能性が極めて高かったから、そこで彼は、いかさま裁判、インチキ裁判に直面し、死刑宣告や、グアンタナモでの無期限投獄をされかねなかったためだ。

 欧米の不正が、既に、目の見えない洗脳された人々以外、全員に明らかな虚偽宣伝で展開されていたから、それが彼がなぜ保釈から逃げたか、エクアドル大使館に逃げたかの理由だ。当時のエクアドル大統領ラファエル・コレアはその全ての背後の真実を見て、ジュリアン亡命を認め、後に彼にエクアドル市民権を与えた。2018年に、コレアの裏切り者、ファシスト後継者、アメリカが据えつけた、レニン・モレノに無効にされたが、彼は報酬として、彼の政府がコレア大統領の任期中に実行された、エクアドル国民のための経済的平等を改善する社会計画の多くを無にする、ネオリベ経済改革計画を実行するのを助ける42億米ドルのIMF融資を得たと言われている。

 それはどれほど病んでいるのだろう。不幸にも、病的に、あるいは精神病のようにさえ行動をすることが、今日の世界では全面的に受け入れられている。それが新たな常識だ。これはつまり、我々はほとんど病気が末期的に悪化した、不正な全く洗脳された社会 − 正確に言えば、欧米社会に住んでいるということだ。「ほとんど末期的」というのは、欧米社会には誠実さが完全に欠如しているので、治癒の望みがほとんどないことを意味している。欧米が更に深く底なしの溝へと陥りつつあるので、欧米の人々が目覚める希望は衰えつつある。

 ジュリアン・アサンジは、最初にコンピューター・ハッキングで、アメリカからだまし取ろうと企んだという、ワシントンによる偽りの罪状で告発された。実際、ことの真実は、米軍ヘリコプター乗組員による、意図的に悪意を持った無害な一般人の「まきぞえ殺人」を写した、世界で百万回見られた悪名高いビデオやチェルシー・マニングに暴露され、ウィキリークスに発表された米軍による他の法外な行為の他のデータ、ウィキリークスによる2010年の公開だ。チェルシー・マニングは今も服役している。

 この短いビデオが、おそらく10億人以上の人々により、世界中で見られたにもかかわらず、ならず者国家の殺人機械アメリカ合州国が、日々、致命的犯罪を実行するのを阻止するために誰もバリケードを築かず、果てしない集団抗議行動をしなかった。誰も。そして殺害は続いている。そして、ワシントンは、ジュリアン・アサンジを沈黙させて、将来の、彼らの残虐行為のあらゆる暴露を沈黙させるため、できる限りのことをして、将来、真実を暴露する可能性があるあらゆる人々を恫喝しているのだ。

 今彼らには、50週あり、他方アサンジは、ワシントンのために、彼をゆっくり殺すため、イギリスのグアンタナモのような刑務所に隠され、引き渡されずに済み、ジュリアンが受けるはずのいかさま裁判をするアメリカの手間を省いている。彼がイギリス刑務所で「自然な」死を遂げ、トランプは血まみれの手を汚さずにすみ、アサンジ殺人のためにCIA戦隊を送ることを望んでいる議会も、彼らが公然とそう言うことを恥ずかしく思わないと私は冗談を言っているのだが、彼らの犯罪の、血まみれの心をごまかすことが可能になるはずだ。女王陛下の刑務所の壁の向こうで何が起きるか誰も決してわからない。メディアは多少は盛り上がるだろうが、やがて全て静まる。いつものように。ウィキリークス創設者はいなくなる。内部告発者や真実を探すジャーナリストになりそうな人々は全員、彼らに監視されることになる。狙いは達成された。

 その間、その目的を実現するため、ジュリアンは、肉体的に、心理的に、拷問にかけられる可能性が極めて高い。国連の拷問専門家、ニルス・メルツァーがBBCインタビューで、ジュリアン・アサンジは「心理上の拷問への長期の露出」を経験したと語り、イギリスに、ワシントンにアサンジを引き渡さないよう促した。米空軍退役中佐のカレン・クヴャトコフスキーによれば、彼はBZとして知られている、幻覚を作り出し、精神の錯乱と記憶喪失をもたらす向精神薬、3-キヌクリジニルベンジラートのようものを盛られた可能性がある。これが、彼がはっきりと話すことができず、スウェーデンの法廷審問に出廷できず、女王陛下のベルマーシュ刑務所の病棟に移されなければならなかった理由だったのかもしれない。彼の病院移送時に現れた数枚の写真の一枚はゾンビのようなものだった。

 このシナリオ書いている私が全く間違っていて、人々の圧力(この時点では、それは奇跡だが)が、獲物のジュリアンが帝国と、その手先の致命的な牙から自由にすることを期待しよう。

 欧米は傍観し続けており,より酷いことに、彼らはジュリアン・アサンジが収監されている女王陛下の刑務所制度を支持さえしている。警察がエクアドル大使館から彼を引き出し、バンに載せ、予防拘留に向かい、数時間後、彼は保釈から逃げたことに対するいんちき罪状で、50週の刑を宣告された、イギリスによるジュリアン・アサンジの残忍な逮捕に、彼らは拍手喝采したのだ。

 何が言えるだろう。ポール・クレイグ・ロバーツが実に的確に表現した。「もし世界がアメリカ/イギリス/スウェーデンによる無罪の人物の司法殺人に賛成するなら、世界はもはや一秒たりとも存在に値しない。」アーメン

 Peter Koenigは経済学者で、地政学専門家。彼は世界銀行で30年間働いた経験に基づいた経済スリラー「Implosion」の著者。オンライン誌New Eastern Outlook独占記事。

記事原文のurl:https://journal-neo.org/2019/06/03/the-murdering-of-julia-assange/

----------


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2019年6月10日 12:01:18 : LiAK8mOVpk : V2FhZTZ2MG5HWm8=[239] 報告
この人今年の始めには米国の国家犯罪者の大量逮捕が来るとか言っていましたけど今はアサンジはトランプの保護の元アメリカの裁判の証言に備えているのだとか。

https://twitter.com/_yanocchi0519/status/1137012762574348289
やのっち(。・ɜ・)d @_yanocchi0519
やのっち(。・ɜ・)dさんがEyeTheSpyをリツイートしました
ジュリアン・アサンジは、すこぶる堅調なご様子。拷問を受けているとか、体調が弱っているとか、トンデモフェイクニュースでよろしかったでしょうか?

https://twitter.com/_yanocchi0519/status/1137555629831217152
やのっち(。・ɜ・)dさんがやのっち(。・ɜ・)dをリツイートしました

これはどう見ても囚人に対する扱いじゃないね。スペシャルゲストみたいな扱い。アサンジがポケットに入れているペーパーは、これからカバールやディープステート(#DeepState)を軍事法廷で裁くための打合せ資料だったりして。

やのっち(。・ɜ・)dさんが追加やのっち(。・ɜ・)d @_yanocchi0519
ベルマーシュ刑務所で、ジュリアン・アサンジが元気に過ごしている映像について、日本の主要メディアはピクリとも反応しないね。これまでの報道がフェイクニュースだったことが明らかになるから沈黙?ほんとダサい奴らだな。それにしても、アサンジがポケットに入れているペーパーは何だろうか?w https://twitter.com/rt_com/status/1137484446884458497
20:02 - 2019年6月8日

2. 2019年6月10日 12:42:56 : UgWXe5uh0M : R0lVeGxGd05aVnc=[3] 報告
>1
内部告発者や真のジャーナリストはグアンタナモやベルマーシュで幸せな生活を送れるって?

どんなシュガーキャンディマウンテンだよ。

3. 2019年6月10日 17:36:06 : ueYpROlNEA : OE83MzQ5L1p2RVE=[8] 報告

 >その間、その目的を実現するため、ジュリアンは、肉体的に、心理的に、拷問にかけられる可能性が極めて高い。国連の拷問専門家、ニルス・メルツァーがBBCインタビューで、ジュリアン・アサンジは「心理上の拷問への長期の露出」を経験したと語り、イギリスに、ワシントンにアサンジを引き渡さないよう促した。米空軍退役中佐のカレン・クヴャトコフスキーによれば、彼はBZとして知られている、幻覚を作り出し、精神の錯乱と記憶喪失をもたらす向精神薬、3-キヌクリジニルベンジラートのようものを盛られた可能性がある。これが、彼がはっきりと話すことができず、スウェーデンの法廷審問に出廷できず、女王陛下のベルマーシュ刑務所の病棟に移されなければならなかった理由だったのかもしれない。彼の病院移送時に現れた数枚の写真の一枚はゾンビのようなものだった。

ジュリアン・アサンジが拷問されているなら由々しき事態である。
少なくとも日本は人権を守るというスタンスを明確にするために何か手を打つべきでは?

4. 2019年6月10日 19:05:59 : D0QUl32qUN : OWczZmhIbUhDL3c=[281] 報告
緩慢に 殺されていく 監獄で

「人権」と 叫ぶ奴らが 奪い取り

5. 2019年6月11日 16:44:14 : UW4jAEz1Vs : S0ZRQ0YyU2FFalk=[1] 報告
どう見ても、嘘などつけない、そして穏やかな精神性を堅持した頭脳明晰なJulian Assange氏!どれ程、その能力を発揮して正しい事が出来るのだろう。
彼の現在を思うと、気持ちが重くなる。
それはMr.Julian Assangeの事で終わらないからだ。
Hong Kong,Fhilippines,etc,そして、この地も。
6. 2019年6月11日 17:29:09 : FFDGT1wGBE : bEt4Q2J1Mmh1dGc=[4] 報告
他国のことにしているが、日本も変わらない。検察の裏金、最高裁の裏金追及してたひとたちは皆つぶされた。
7. 2019年6月11日 20:32:17 : Ye6rWhFDQo : aTBYYW50UldiZDI=[190] 報告
ジュリアン・アサンジに関して理不尽な報道が流れてくるが、ウィキリークスも保険をかけているだろう。
それにしても、レニン・モレノは許されない悪党だ。
8. 2019年6月12日 01:59:44 : CEaD0NwHp6 : T3o1NjBCMjl3UU0=[3] 報告
今年の一月に、トランプは共和党内部の軍産複合体マフィアによる「親米国ディープステート」陣営に屈したと判断すべきだろうね、ロックフェラーやブッシュ・シニアの権力を引き継いだのは、「スカル&ボンズ」の秘密結社に属する会員らが
中心となった「親米国ディープステート」陣営に。
英国王室エリザベスは、ナチスCIAブッシュの親戚なのだから、トランプが国賓
として英国にご接待を受けたのが、その証だろう。


Commented by パレスチナ万歳 at 2019-06-11 15:15 x
ユダヤ系団体ねぇ〜(-.-)

英労働党、ポンペオ国務長官を非難「党首の首相就任の妨害企図」

英労働党が米国に対し、英国の内政に干渉しようと試みているとして非難している。きっかけは、先に米ニューヨークで録音されていたポンペオ米国務長官とユダ

ヤ系団体指導者らによる会話の音声記録。ポンペオ長官はこの中で、労働党のコービン党首が英首相の座に就くのを妨害できるよう米国が努力するということを示

唆したとみられている。この記録が米ワシントン・ポスト紙にリークされて報じられ、労働党からの反発を招いている。英タイムズ紙が10日に伝えた。
録音された会話の中では、党員らが反ユダヤ主義的であるとしてこれまでに非難されている労働党のコービン党首が首相になる場合、ポンペオ長官はどのように行

動するのか、との質問がなされている。これに対しポンペオ長官は「彼(コービン党首)がそのような(首相に選出されるような)行動をとるのを待つつもりは我

々にはない。待ってから押し返し始めるつもりはないということだ。我々は最大限の努力をする」と答えている。
ポンペオ長官によるこの発言に対し、労働党は即座に反応。同党報道官は「誰が英国の次期首相になるのかを決めようとするトランプ米大統領とその高官らによる

企ては、英国の民主主義に対する全く容認できない干渉である」と述べ、同党が「ユダヤ人社会への支持とその保護に向け全力を尽くしており、徹底して反ユダヤ

主義に反対している」と付け加えている。

9. 2019年6月13日 08:32:04 : LY52bYZiZQ : aXZHNXJYTVV4YVE=[1330] 報告
フルフォードレポート 6/10 トランプ訪英によって許可されたアングロ同盟
.
新 ch政経
2019/06/12 に公開
https://www.youtube.com/watch?v=dWSI0QyG1zA

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際26掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際26掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際26掲示板  
次へ