★阿修羅♪ > 国際26 > 651.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
嘘が露見してもイランとの戦争へ向かう米国の「関東軍」にマスコミは従うのか?(櫻井ジャーナル)
http://www.asyura2.com/19/kokusai26/msg/651.html
投稿者 赤かぶ 日時 2019 年 6 月 19 日 16:38:45: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

嘘が露見してもイランとの戦争へ向かう米国の「関東軍」にマスコミは従うのか?
https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201906190000/
2019.06.19 櫻井ジャーナル


 日本の国華産業が運行する「コクカ・カレイジャス」(パナマ船籍)とノルウェーのフロントラインが所有する「フロント・アルタイル」(マーシャル諸島船籍)が6月13日にオマーン沖で攻撃を受けた。その直後にアメリカ中央軍は「コクカ・カレイジャス」から機雷を除去している「イランの船員」の様子を撮影したとする映像を公開している。

 しかし、国華産業の堅田豊社長は6月14に開かれた記者会見の席上、攻撃の際に乗組員が「飛来物」を目撃していたことを明らかにし、「間違いなく機雷や魚雷ではない」としている。イラン側もアメリカ政府の主張を否定している。中央軍の主張が間違いだということだ。2003年にイラクを先制攻撃する前と同じことをしている。





 イラクを攻撃する際、日本のマスコミを含む西側の有力メディアは「大量破壊兵器話」を宣伝していた。勿論、嘘だったのだが、同じことを繰り返している。アメリカ支配層の「お告げ」を垂れ流すことは大手メディアで働く人びとの個人的な利益につながるのかもしれないが、世界に惨禍をもたらす。

 映像を公表した中央軍はトランプ大統領の政策を無視するようなことをしてきた。例えば昨年(2018年)12月に大統領がアメリカ軍をシリアから撤退させると発表し、国防長官を努めていたジェームズ・マティスが命令書に署名しても戦力を増強し続けていた。命令に不服だったマティスは2019年2月に辞任する。

 マイク・ペンス副大統領、マイク・ポンペオ国務長官、ジョン・ボルトン国家安全保障補佐官も公然とトランプ大統領に反抗、結局、撤退はしていない。現在、シリア東部からイラク西部にかけての地域、一時期ダーイッシュ(IS、ISIS、ISIL、イスラム国などとも表記)が占領していたあたりをアメリカ軍が占領、基地を新設するなど軍事力の増強に努め、傭兵の訓練も行っている。

 マティスが辞任を表明した後、パトリック・シャナハンが長官代理として国防総省を指揮してきた。ボーイングの副社長を務めた人物。立場が「平和的」とは思えないが、ペンス、ポンペオ、ボルトンを含むグループから見ると好戦性が足りないらしい。そうしたこともあり、トランプ大統領はシャナハンを次の国防長官にすることを諦めたようだ。

 アメリカのネットワーク局ABCは6月17日、​​ポンペオが月曜日にフロリダを訪問し、その翌日に中央軍や特殊作戦軍の人間とマクディル空軍基地で会っていると伝えている。その際にシャナハン国防長官代理は参加しなかったようだ。ちなみに、特殊作戦軍は歴史的にCIAと関係が深く、ベトナム戦争の際にはこのコンビが住民の大量殺戮を目的としたフェニックス・プログラムを実行している。

 中央軍や特殊作戦軍は旧日本軍の「関東軍」的な立場にあるように見える。関東軍は大本営ではない強大な存在の命令に従っていた可能性が高いのだが、中央軍や特殊作戦軍にも同じことが言える。関東軍も偽旗作戦を好んでいた。

 その一方、17日と18日にヘンリー・キッシンジャーは国防総省を訪れた。アメリカ軍を指揮しているはずの統合参謀本部はイランとの戦争を無謀だとして反対している。2003年にイラクを先制攻撃した際も統合参謀本部では戦争に反対する声が少なくなかった。大義がなく、作戦が無謀だからだ。今、似たような状況になっている。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 中川隆[-9463] koaQ7Jey 2019年6月19日 17:24:22 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[3015] 報告
櫻井ジャーナルに騙されるな

櫻井ジャーナルの記事はすべて嘘八百のデマの可能性が高いです。
詐欺師 櫻井春彦に騙されない様に注意して下さい。

櫻井春彦は街で聞いた本当かどうか全くわからない噂話をそのまま垂れ流しているだけで、何一つ論証も調査もしていないので読む価値は無いのです。

そもそも櫻井春彦は論証した事が一度も無いのです。
文献学の基礎を知らないので文献批判の能力もゼロ
何がデマで、何が信頼度が高いかを全く判断できないのです。

従って、その噂話が本当かどうかに関わらず、櫻井春彦の書いたものは一切信用できません。
たまたまマグレで その噂話が本当だったとしても意味は無いのです。


櫻井春彦の無責任なデタラメぶりはこのデマ記事を見れば良くわかります:


櫻井春彦「天安門事件はデマだった」_ 櫻井ジャーナルは信用できるのか?
http://www.asyura2.com/18/reki3/msg/460.html


因みに、櫻井春彦が何時も言ってる様に

アメリカがソ連を核攻撃しようと計画していた

というのは絶対に有り得ないです。

そもそも、今の韓国程度の経済力だったソ連にアメリカと対峙する力は無かった


ソ連は西側が援助してユダヤ人が建国した国だし

アメリカのネオコンは元々トロツキスト ロシア系ユダヤ人

ソ連に核技術を指導したのはアメリカだし

ベトナム戦争の時もアメリカはソ連に資金援助していた

アメリカが本気になれば1年でソ連を潰せたけど、それでは軍需産業が儲からなくなるから、意図的にソ連を超大国に見せ掛けた。


ロシアと言えばアメリカと張り合う超大国の一つだと思われているが、実際には韓国以下の経済規模しかない。

強大と思われている軍事力だが年間軍事費は7兆2700億円(2017年ストックホルム国際平和研究所調査)に過ぎない。

日本の5.2兆円(NATO計算方式では7.1兆円)より多いものの、アメリカの80兆円や中国の20兆円より少ない。


ロシアのGDPは約1.6兆ドル(176兆円)で韓国と同程度だが、韓国の軍事費は43兆ウォン(約4.1兆円)となっている。

フランスの軍事費はロシアと同程度でGDPは2.6兆ドル(286兆円)とロシアの1.6倍ある。

ロシアの人口は1.4億人で日本より少し多い程度で、ちょうど中国の10分の1しかない。


ロシアは領土こそ世界最大ではあるものの、経済は韓国レベルで人口はアジアでは普通、軍事力は世界5位に入るかどうかという規模です。
http://www.thutmosev.com/archives/80097952.html

見せ掛けだけだった東西冷戦や八百長戦争だった太平洋戦争・朝鮮戦争・ベトナム戦争の背景は、以下の講演を聞けば誰でも納得できます:


伊藤貫 「アメリカのネオコンは元々トロツキスト ロシア系ユダヤ人」 - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=1a7z5Xvo1aQ

馬渕睦夫沖縄講演
「2019年の国難をどう乗り切るか」〜世界の情報操作と金融支配の本質を見抜く[H31-1-25] - YouTube 動画
https://www.youtube.com/watch?v=7cE_4kQATvc

林千勝〜日米戦争を策謀したのは誰だ!
歴史の真実を暴く[2019-5-24] - YouTube 動画
https://www.youtube.com/watch?v=26s4G56kn-E
https://www.youtube.com/watch?v=4pNK9Gh6SKU  
 


▲△▽▼


櫻井春彦の詐欺の手口教えてあげる


1.天安門事件で虐殺はなかった

櫻井春彦が聞いた元々の話
「長安街では軍による虐殺が行われたが、天安門広場での虐殺はなかった」

一方、櫻井春彦が櫻井ジャーナルに書いたのは
「天安門事件で虐殺はなかった」

__


2.アメリカの軍や情報機関の好戦派はソ連に対する先制核攻撃を目論んでいた


そんなのあって当たり前。むしろ存在しない方がおかしい。
平時にいろいろな場合を想定し、計画を練っているなんてむしろ当然の話。

アメリカが第二次大戦前に対日戦の計画としてオレンジ計画を作っていたが
それと同じ。

「ソ連に先制核攻撃された場合の計画」
「限定的な核戦争になった場合の計画」

とかいろいろな計画があって、その中に

「先制核攻撃をした場合の計画」

があるのは常識的な話だ。

そしてそのような計画がある事と、実行する事は全く別の話であってそこを混同
しているに過ぎない。

ソ連崩壊後に公表された資料でも、ソ連は「アメリカに対する先制核攻撃」を含めた無数の戦争計画を作って、いろいろな状況を想定している。

それで1980年代には開く一方の国力差から仮に全面戦争になってもソ連が不利になっていくばかりという結論が出ていたので、ゴルバチョフは新思考外交でアメリカとの関係改善に取り組んだんだ。

つまり「先制核攻撃の計画が存在した」のは米ソ双方にとっても当たり前の話でしかない。


先制核攻撃を行なったら100%報復核攻撃があるわけで、もちろん軍需産業は絶対に狙われる。

軍需産業の社長に

「おたくの本社や工場に報復の核ミサイルが降ってきますけど、先制核攻撃していいですか?」

と問うて了承する人間がいると思うか?

軍産複合体は言い換えれば既得権者なのだから、それを根こそぎ吹っ飛ばしかねない核戦争なんぞ望むはずがない。

そういう当たり前の考えが欠落しているから、軽々しく先制核攻撃を目論んでいたとか
いい加減なことを唱えているんだな。


▲△▽▼


櫻井春彦みたいなのを世間では詐欺師と言うんだろ

櫻井春彦は改竄・捏造の常習犯だから
誰々がこう言ったと書いていても、その内容自体が元の言葉と180度違う事が多いんだ




[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理

2. 2019年6月19日 19:02:29 : D0QUl32qUN : OWczZmhIbUhDL3c=[544] 報告
従うは 政府ではなく 奥の院
3. 2019年6月20日 00:30:49 : W0vech87qg : MVQzMWJhUENVemc=[92] 報告
元イスラエル国会議員

オマーン湾のタンカー攻撃はイスラエルとUAEの諜報機関によるもの。彼らは過激イスラムを組織してインド洋、オマーン湾、東南アジアで破壊工作をやっている。

Israel, UAE intelligence services form group to carry out sabotage attacks in Oman Sea, Indian Ocean
TEHRAN, Jun. 17 (MNA) – According to a Yemeni website, an armed group has been formed by the Israeli Mossad in cooperation with intelligence services of some Persian Gulf countries to carry out...

en.mehrnews.com

4. 2019年6月20日 12:06:31 : KLBcrLh1wU : a0NhWWZkZWdpdGs=[3] 報告
「間違いなく機雷や魚雷ではない」

では、タンカーの損傷は機雷の破裂穴であったり、

未爆破の機雷が付着しているのか、

国華産業の社長は説明せよ。

社長自身がタンカーに乗船していたのかも聞きたい????

5. 仁王像[2799] kG2JpJGc 2019年6月20日 20:17:31 : Bwj0dF7m1A : blJKT1JycHk5bmM=[1] 報告
 何が悲しゅうてタイトルを煽るのか?
 単に不勉強のためだろう。

 田中宇は「米は中露イランと戦争できない」と言っている、それは「米国は天下無敵だは、間違い」だからである。

6. 2019年6月20日 22:14:10 : Ft5PhGZaus : eVhpVlpSams1eTY=[177] 報告
 「臭うよう」に抱きつかれた田中宇はいい迷惑。ウジサンけえーの回し者なんだから「よく消毒」しておく事だ。
 田中宇は「米国」としての戦争はできなくなっていると言っているのだ。「米戦争屋」の戦争は、戦争に利益を見出す事であって、柳条湖、盧溝橋のようなイカサマの「開戦口実」を作って「戦争をする」ことに「酒池肉林」を夢見るんじゃないのかい。「仁王像」なんて勿体つけやがって、臭え奴は「臭うよう」でいいんだ。
7. 2019年6月21日 01:03:01 : e3gcZp7xgg : L0JRVnJqRUE2cHM=[1] 報告
田中宇的に発想すると、トランプがイスラエルを強力に後押ししているのは、イスラエルを自滅戦略で消滅させるためだ、ということになる。
8. 2019年6月21日 04:48:53 : sUpHQ8Q75g : TzR2aVBha0pPeGc=[63] 報告
>>4

腐り掛けのオツムは実に哀れじゃ悩。

国華産業の社長は「2発目の攻撃の際に乗組員が飛来物を目撃していた」と書いてあるではないか。
「2発目」ということはその前に第一撃があったことを示唆するものだ。
喫水線のやや上の穴はRGP様の武器によるものである可能性が高く、
船腹に開いた2つの穴のうち前方の穴が三角形になっていたのは、
RGP様のロケットが同じ位置から2発発射され、
うち1発が鋭角に接触した証拠との指摘がある。

社長がその場にいた者からの報告をそのまま伝えてるだけなのは明らかなのに、
「社長自身がタンカーに乗船していたのかも聞きたい????」とは、
乗船してたら事件の直後に日本で会見なんかできんだろうに。

腐り掛けのオツムはその場にいた者の話以外は信じられないのか?
付着してたとされる未爆破の機雷は、単に米関東軍がそう主張してるだけだが、
腐り掛けのオツムは未爆破の機雷を自身の目で目撃したのか?
米関東軍の主張は伝聞でも無条件に受け入れるが、
国華産業の社長の話は伝聞だから信じないとは、どういうロジックだ?

それに米関東軍はイランの高速艇が未爆破の機雷を回収しにきたと主張しただろ?
なのにタンカーが米関東軍の手に渡った時にまだ船腹に付着したままだったのか?
最初に米関東軍が公開した回収しにきたという動画は何だったんだ?
未爆破の機雷なんか映ってないようだったが、回収した後だったのか?

米関東軍の常習的虚言は世界中に知れ渡っており、
糊塗するのは腐り掛けのオツム君には能力的に無理。

9. 2019年6月21日 11:02:27 : ZmmLxMHMHM : MElXb2t6TE5BY00=[7] 報告
>>7
それは統失のストーカーが
「彼女が僕を嫌いだと言ったのは、僕の愛が本物か試そうとしているからだ」
などと言っているのに近いな。
物事を自分の希望する図式でしか考えられない哀れな人間だ。
ただ単にトランプは自分の支持層である福音派の支持を確実にしたいだけなのに。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際26掲示板 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際26掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際26掲示板  
次へ