★阿修羅♪ > 国際26 > 832.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ペルシャ湾でのアメリカ海軍連合は極端な挑発(マスコミに載らない海外記事)
http://www.asyura2.com/19/kokusai26/msg/832.html
投稿者 赤かぶ 日時 2019 年 7 月 16 日 15:20:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

ペルシャ湾でのアメリカ海軍連合は極端な挑発
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2019/07/post-0f4227.html
2019年7月16日 マスコミに載らない海外記事


2019年7月12日
論説
Strategic Culture Foundation

 今週、アメリカ軍のトップ、ジョセフ・ダンフォード大将は、イランの妨害工作とされているものから「船舶を守る」べく、アメリカ率いる海軍連合がペルシャ湾をパトロールする計画を発表した。

 だがこの動きは、イランに対する一層攻撃的な軍事姿勢で、アラブ同盟国を動員する、トランプ政権による一連の取り組みの最新のものに過ぎない。両人ともイランと対決するため、より組織的な戦線を強く主張している、マイク・ポンペオ国務長官とジョン・ボルトン国家安全保障担当補佐官による最近の地域訪問後に、これが起きているのだ。

 ダンフォード大将が提案した最新の海軍連合は、ホルムズ海峡を通過して、ペルシャ湾からインド洋に出るものと、アラビア半島の西側で、バブ・エル・マンデブ海峡を通過して紅海に出る石油タンカーを護衛する任務を課されることになろう。前者の航路は、アジアへの石油供給を行い、一方、イエメンとエリトリア間の後者は、地中海とヨーロッパに向かう船舶をスエズ運河に導く。二つの狭い海峡は、毎日出荷される全ての原油の約20-30パーセントが通過するので、グローバル石油業界にとって戦略的要衝だ。

 「航行の自由を保障する」というアメリカの一見騎士道風な動機は、うさんくさく、国際石油貿易に対して決定的な軍事支配を確保するワシントンの口実のように聞こえる。それが、このアメリカ提案に反対する一つの最大の理由だ。

 第二に、アメリカとイラン間で、いつでも火がつきかねないほど緊張している時期に、国防総省指揮下で、更に多くの軍用艦艇をペルシャ湾に派遣するという考えは、余りにも過激で無謀な挑発だ。

 国防総省が海軍連合を要求した同じ週、アメリカとイギリスは、ホルムズ海峡近くで、イギリス石油タンカーを阻止しようとしたとしてイラン軍を非難していた。イランは海軍艦艇が、どんな形にせよ、イギリスのタンカーを妨げたという主張を切り捨てた。ロンドン、ワシントンいずれも、イギリス海軍フリゲート艦がイランの船を防ぐため介入しなければならなかったと主張した。イランのモハマド・ジャバード・ザリーフ外務大臣は、非難を「価値がない」として切って捨てた。

 ペルシャ湾での最近の事件は、石油タンカーに対する一連の正体不明の襲撃者による破壊攻撃に続くものだ。アメリカはイランを非難した。イランはいかなる関与も激しく否定した。テヘランは、緊張が「悪意ある陰謀」に煽りたてられていると反論した。

 ペルシャ湾や、より広い地域での、この既に過熱した地政学的文脈では、どのような追加の軍隊でも、誤算か、誤解か、より悪意ある動機から、容易に破滅的なものになりかねないことは誰にでも容易に予想できる。

 さらに、マスコミ報道が、隣国イランとの対決に押しやられつつあることに、一部の湾岸アラブ諸国で警戒心が高まっているのを示している。近隣諸国のより良い判断に反して、アメリカ政策は無謀に地域の緊張をあおっている。

 ワシントン・ポストが今週こう報じた。「ペルシャ湾でのエスカレートしつつある緊張は、一つには、トランプ政権が、どれほど攻撃的にイランと対決すべきかを巡って、アメリカと地域の同盟諸国間の差異を明らかにした。これらの国々は、イランのあらゆる軍事衝突で、自らが前線となる可能性が高く、一部の小国は、アメリカと、地域大国のサウジアラビアとUAEの更なる闘争的姿勢を支持することをためらっている。」

 記事は更に続く。「サウジアラビア、特にムハンマド・ビン・サルマーン皇太子が提唱する、より積極的なアプローチは、王国を危機が交渉を通して解決されるの望んでいる地域のより小さなアメリカ同盟諸国の一部と対立している。イランとの二国関係を追求しているクウェートとオマーンは、彼らに、より対決的外交政策を採用するよう圧力をかけているサウジアラビアの試みを、長い間、不快に思っているとアナリストが言う。」

 カタールは、増大する緊張に懸念を持たずにいられない、地域のもう一つの重要な当事者だ。ガスに富んだ首長国は、サウジアラビアとUAEによる2年間にわたる貿易と政治的つながりの封鎖で痛い目にあわされている。カタールはアメリカ同盟国で、伝統的にサウジアラビアと提携してきたスンニ派アラブの隣国だが、カタールは北のシーア派イランとも地域の親密な歴史的な貿易のつながりを共有している。何世紀も重なり合ってきた文化的つながりが、反イラン枢軸で、地域を分極化しようとする、アメリカと同盟国のサウジアラビアとUAEによる試みと矛盾するのだ。

 大惨事の戦争が勃発する危険に気付いて、地域のいくつかの国々が、アメリカ率いる海軍連合という最近の提言に一層警戒しているのは正しい。ワシントンはグローバル石油業界を支配しようとして、傲慢にも、厚かましさの限度を超えており、極端な挑発で地域の緊張を高めている。アメリカ率いる無謀な敵意が、ワシントンで安穏と座っている将軍や戦争屋連中より遥かに多くを失う立場にある、より賢明な地域の国々によって拒絶されると良いのだが。

 しかも、地域の緊張を鎮め、解決する正しい方法は、トランプ政権がイランに対する攻撃を止め、昨年一方的に破棄した2015年の国際的核合意を尊重することだ。制裁と地域の軍艦を撤去し、根本的変化のために、国際法と外交と平和的交渉を尊重することだ。

 個々の寄稿者の意見は必ずしもStrategic Culture Foundationのものを意味しない。

記事原文のurl:https://www.strategic-culture.org/news/2019/07/12/us-naval-coalition-in-gulf-a-provocation-too-far/

----------


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2019年7月16日 19:00:39 : D0QUl32qUN : OWczZmhIbUhDL3c=[1264] 報告
不審呼ぶ 露骨なまでの 挑発が
2. 2019年7月17日 03:34:27 : 2YqP2jr0ae : cS5IaEVoR1pvL28=[82] 報告
みずからコケて、因縁つける、
ヤクザなアメ●カ国過激派と
キリギリスとオフランス等の
ヒ●ゴロシで金儲けする、
世界最低の国家の主権者の皆様、
全世界が迷惑してるんで、
やめてください!! 

自ら殺して、相手に罪をなしグル
伝統芸のアメリ●国と有志連合の濡れ衣作戦!

とりあえず、核合意を最初に破ったのは、
アメ●カ殺●惨●世界一国!

まずは、
自国の大量殺人惨殺をヤッチャッタ、
ヒトゴロシの責任者たちを
すべて●刑したからにしてください!
惨殺犯罪人をやっつけるために国内で
空爆三昧してください!
シリアやイランやリビアで行った、
一般人お大量に含む惨殺空爆のように・・・

根の腐った、
世界一のヒトゴ●シ主権者に皆様方々、
さっさとしてください!
と、
全世界の皆様がお思いです!
よろしくお願いします。

3. 2019年7月17日 05:58:05 : Z80JDtdIHQ : WmF4R1Q2a2JQTWc=[1] 報告
> しかも、地域の緊張を鎮め、解決する正しい方法は、トランプ政権がイランに対する攻撃を止め、昨年一方的に破棄した2015年の国際的核合意を尊重することだ。制裁と地域の軍艦を撤去し、根本的変化のために、国際法と外交と平和的交渉を尊重することだ。

「根本的変化のため」をアメリカは理解しそれを拒絶しようとしているのだろう。
アメリカはそれを平和的に受け入れるべきだ。
馬鹿な戦争や出鱈目な圧力を夢想するのではなく、中国、ロシア、イランを見習い地域や世界の平和的発展の為にアメリカのやるべき事をやるべである。

4. 2019年7月17日 10:40:02 : 2YqP2jr0ae : cS5IaEVoR1pvL28=[83] 報告
でもね、
世界一の他国民惨殺殺人・女性重役を
拉致拉致監禁して営業妨害するアメ●カ国には、

・・・世界の平和的発展の為にアメリカのやるべき事をやるべである。・・・

なんてこと、考えそうもありません!

せめて、まずは、
もうヤッチャッタヒトゴロシ責任者を
殺●分してもらい、
殺した人たちの怨念を晴らしてあげ、カツ
奪ったお金とお命、全部返してもらいましょうネ!

全世界の皆様に、しっかりと、
隣にいるヒトゴロシ主権者に
周知徹底してもらってくださいネ!
よろしくお願いします。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際26掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際26掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際26掲示板  
次へ