★阿修羅♪ > 国際27 > 364.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
香港デモのウラで、中国・習近平の「孤立化」がいよいよヤバくなる 「中国共産党の支配」なんかごめんだ(現代ビジネス)
http://www.asyura2.com/19/kokusai27/msg/364.html
投稿者 赤かぶ 日時 2019 年 9 月 09 日 14:24:45: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 



香港デモのウラで、中国・習近平の「孤立化」がいよいよヤバくなる 「中国共産党の支配」なんかごめんだ
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/66996
2019.09.09 橋爪 大三郎 社会学者 現代ビジネス


「ばらける世界」で今、何が起きている?

ジグソーパズルのピースがばらけるように、世界がばらけている。ソ連がばらけ、中東がばらけ、EUがばらけた。今度は、東アジアの番だ。



香港を毎週埋め尽くすデモは、終息の気配がない。日韓の衝突も、終わりが見えない。米中の衝突は、ますます本格化している。いったい何が起きているのか。

ばらける世界を前に、これまでの社会科学は無力だ。経済学も政治学も、社会学も…、自然科学の真似をして、世界にはたったひとつの法則が成立する、と思い込んできたからだ。

世界は実は、多様である。世界がばらけるのは、人びとが違ったように考え、違ったように行動するから。歴史や伝統が違い、文明が違えば、社会法則が違うので、一緒に行動できない。だから、ばらけるのである。

「4行モデル」で解ける世界

このことを踏まえた学者は、いないのか。一人いた。マックス・ウェーバー。ドイツの社会学者だ。

ウェーバーの『経済と社会』は、西欧/イスラム/インド/中国/…、の多様な世界を考察した、偉大な書物である。

「西欧のプロテスタンティズムが、資本主義をうみだした」という、画期的な発見に結びついた。ウェーバーのアプローチを真似して、世界に立ち向かわなければならない。

ウェーバーの仕事は素晴らしい。でも、立派すぎて使いにくい。そこで、誰でも使える超簡単モデルを考えた。4行なので、4行モデルという。こんな具合だ。たとえば、


 キリスト教文明の4行モデル
 (1)まず自己主張する。
 (2)相手も自己主張している。
 (3)このままだと紛争になる。
 (4)法律があるので、大丈夫。
           


人びとはみな、自己主張する。生き残るための戦略だ。でも、相手も自己主張する。このままだと衝突する。腕力は、勝ったとしてもコストがかかる。そこで、どちらも法律に従うことにしておくと、紛争が解決する。−−こう考えるのが、西欧キリスト教圏の人びとなのだ。

社会契約を明文化したのが憲法

でもなぜ、(4)法律があるので、大丈夫、になるのか。それは、見えない1行目に、(0)みんなで昔、法律に従う、と合意した。と書いてあるからだ。これを「社会契約」という。

社会契約を、目にみえるかたちに書いたのが、憲法ある。いまはどの国も、憲法を掲げている。ちなみに、イスラム文明の場合は、


イスラム文明の4行モデル
 (1)まず自己主張する。
 (2)相手も自己主張している。
 (3)このままだと紛争になる。
 (4)イスラム法があるので、大丈夫。
         


である。

4行目が違うだけだ。

イスラム法は、世界共通なので、各国ごとの憲法は要らない。コーランに、(0)アッラーが昔、イスラム法を定めた。と、書いてあるのだ。

中国共産党はなぜ「政府より上」なのか

では、中国文明の4行モデルは、どうなっている?

中国の人びとの、考え方と行動様式の基本は、儒教である。そのエッセンスをまとめると、つぎのようだ。


 中国儒教文明の4行モデル
 (1)まず自己主張する。
 (2)相手も自己主張している。
 (3)このままだと紛争になる。
 (4)順番があるので、大丈夫。
       


順番は、誰が偉いか、その次は誰か、…の順番がついていること。それがあらかじめ決まっているのが、儒教の仕組みである。



儒教は、中国の人びとのあいだに順番を配給する。中央の官僚組織では、上級/下級の偉い順番。末端の親族では、長幼の順番。

官僚組織で、順番を配当するのは、上級なので、上のまた上…、中国全体での「1番」が必要になる。これが皇帝。いまは、習近平だ。

さて、中国共産党は、任意団体である。任意団体なのになぜ、政府より上なのか。

『三国志』を思い出そう。劉備、関羽、張飛(三人とも姓が違うのに注意)が、義兄弟の契りを交わして任意団体(幇)をつくった。そして、天下を目指した。中国では、農民の英雄が幇をつくり、政府を乗っ取る。中国共産党は、幇(党員の団体)なのだ。

伝統中国では、革命が成功すると、幇は解散して、皇帝が立つ。中国共産党は政府を乗っ取ったあとも、なぜか解散しないで居すわっている。

中国で皇帝は、法律に従わなくていい

さて、香港の人びとは必死になって、中国に反対している。なぜだろう。それは香港が、一世紀にわたり、イギリスに統治されてきたことと関係がある。



イギリスの統治は、「法の支配」だ。中国の人びとは、「人治」を手加減すると「法治」になると思っているふしがあるが、そんなものではない。

「法の支配」をおさらいしよう。「法の支配」では、人びとはもちろん、政府も法に従う。

なぜなのか。神が人間を創造した。政府は、人間の集まりだから、やはり被造物。神の支配下にある。キリスト教文明の4行モデルの4行目、「法律があるから、大丈夫」の法律には、政府も従うのである

人びとも政府も、法律に従う。だから、政府を相手に裁判を起こすことができる。

中国では、皇帝を相手に裁判を起こすなんて、できない。中国では、法律は、皇帝の命令である。だから、皇帝は、法律に従わなくていい。

中国の憲法には、中国共産党が政府を指導する、と書いてある。誰も、中国共産党を指導できない。こういうものを、「法の支配」とは言わない。

香港の人々が中国に反対するワケ

中国は「一国二制度」を言い出した。香港や台湾に、高度な自治を保証するものだ。この約束で、香港は中国に返還された。20年経って、だいぶ話が違うとわかったきた。



「犯人引き渡し条例」が問題になっている。中国政府が香港の人びとを、勝手に逮捕するのではないか。自由がなくなる。「法の支配」がなくなる。香港が香港でなくなる。だから必死で反対しているのだ。

港の人びとも、中国人である。大陸から移って来たひともいる。彼らは、香港の「法の支配」はよいものだ、と思う。逆に言えば、「中国共産党の支配」なんかごめんだ、である。これを放置すると、中国国内の人びとも、自由を認めろ、と言い出すかもしれない。

香港の周辺には、いつでも武力弾圧ができるよう、装甲車などが集まっている。もしも天安門事件のような流血が起これば、米中の衝突はずっと深刻なものになるだろう。世界も黙ってはいない。

国際社会は中国をどう見ているか

国際社会は、「法律があるから、大丈夫」は大事である、「中国共産党があるから、大丈夫」はやめてくれ、と思っている。

インドは、香港と似ていて、イギリスの統治が長く、「法の支配」を理解している。

イスラムは、「イスラム法があるから、大丈夫」。でも、 どんな政府があればよいかでまとまらず、政治が混乱している。それでも、「中国共産党があるから、大丈夫」には反対だ。新疆ウィグルをみればわかる。中国と同じ考え方をする国は、世界にみつからない。

中国は、だから、香港の問題の解決を誤ると、西欧〜イスラム〜インド〜日本〜アメリカ、の包囲網ができるのを、覚悟しなければならない
。中国が世界一の経済大国になり、覇権を握るなんてとんでもない。世界中がそう思う。いまはトランプが、行き当たりばったりでやっている対中制裁を、つぎの政権はずっと組織的に進めるはずだ。

世界は多様だ。予想もつかない方向に、急速に変化している。その動きを見極めるためにぜひ、4行モデルを手に入れ、使いこなして、世界を読み解いてほしい。


           
キリスト教文明は法律、中国儒教文明は順番……この「4行モデル」が理解できるだけで、米中貿易戦争の深層からテロリズムが終わらない理由まで、国際情勢の本質が驚くほどに見通せる!




 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 赤かぶ[29689] kNSCqYLU 2019年9月09日 14:25:27 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[19757] 報告


2. 2019年9月09日 18:02:25 : Vbhyu4Tg0Y : REguWkF4RWlFNzI=[15] 報告
すごく学問的な記事ですね これ皮肉
もっと世界は複雑な利害関係で絡み合っている
日本を見ても
法律を守らない安倍政権はわかりやすい反例かな

考慮すべきことの例
忖度、隠ぺい、プロパガンダ、洗脳のキーワードなんてすぐにうかぶが
まだまだ、ありそう
世代、文化、差別とか
嫉妬、縄張り意識、欲望のコントロール

3. 2019年9月09日 19:12:32 : f3OFQ0gfXE : T3ZxTWF2akxRcVk=[1] 報告
で幸福の科学かいなwwww
4. 2019年9月09日 19:42:27 : lSEfXrG9vc : a1U4YXBaNDNxS28=[207] 報告

確信がある訳では無いが、香港の扱い方を間違うと習近平は命取りになる予感がする。

香港と中国では人種が違うぐらいのギャップがある。

習近平がどうなろうと構いはしないが、軽く考え過ぎている。

米国次第だが下手をすると半分ぐらいは世界に散らばっていく可能性はある。

5. 2019年9月09日 20:17:05 : f3OFQ0gfXE : T3ZxTWF2akxRcVk=[4] 報告
ダメリカ様も命取りは同様にwwww
大川隆法が出てくるようでは終わったなwwww
6. 2019年9月09日 20:19:00 : kQqzEytqnQ : UWNJRmY1YnUuZFE=[1] 報告
@ > イギリスの統治は、「法の支配」だ。

事実誤認。

エリザベス女王は、英国憲法に定められた義務に反して、英国下院によって、何回も否定されている政策を掲げている、保守党のボリス・ジョンソンを、首相に任命した。

> the Queen had a clear constitutional duty not to appoint a Prime Minister whose flagship policy had already been specifically voted down time and again by the House of Commons

https://www.craigmurray.org.uk/archives/2019/08/the-queens-active-role-in-the-right-wing-coup/

イギリスの植民地となった香港は、英国女王が、任命し、強大な権限を持つ総督によって、統治された。

香港の議会である、立法局の選挙が行われたのは、香港返還7年前にすぎない。

> イギリス国王の名代として大きな権限を持ち、香港における軍司令官を兼ねた。行政諮問機関である行政局および立法機関である立法局の議員は1991年に最初の立法局直接選挙が行われるまで、全て総督により指名された。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A6%99%E6%B8%AF%E7%B7%8F%E7%9D%A3

尚、日本の統治形態は、民主主義に見せかけた、ある特定な集団だけが利益を貪る構造になっている。

「Gold Warriors」で、裕仁と皇族が企んだ「金の百合」について書いた、シーグレーヴは、それを、天皇寡頭体制と、呼んだ。

A 中国共産党を支えたのは、中国でも有力な大財閥であった。

資本主義は、一見そう思えるほど、中国共産党とは、異質なものではない。

> The death of China’s “red capitalist” and the 1949 revolution

The death of China’s “red capitalist” and the 1949 revolution

> 栄毅仁

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A0%84%E6%AF%85%E4%BB%81

中国の習主席の提唱した「一帯一路」構想に、比肩できるものは、残念ながら、世界のどこにもない。

中国の孤立化とは、実体のない、戯言にしか聞こえない。

7. 2019年9月09日 20:23:44 : kQqzEytqnQ : UWNJRmY1YnUuZFE=[2] 報告
>>06補足

The death of China’s “red capitalist” and the 1949 revolutionのソースは、以下。

https://www.wsws.org/en/articles/2005/11/chin-n29.html

8. 2019年9月09日 20:40:00 : yS5XGtozkA : WEpGZ0JUeVk3aWc=[37] 報告

習近平(旧関東軍)の野望は潰えた


獄を抱けい

9. 2019年9月09日 21:09:18 : bCmXUtJugA : MDI1dkdvYjJOMW8=[50] 報告
>中国は、だから、香港の問題の解決を誤ると、
>西欧〜イスラム〜インド〜日本〜アメリカ、の
>包囲網ができるのを、覚悟しなければならない。

中国を擁護するつもりはサラサラないが
ASEAN諸国は今のところ中立の立場。
どっちみち金の切れ目が縁の切れ目なので
美味しい思いをさせてもらえるなら
小国は中国に靡き続けるだろう。

10. 2019年9月09日 21:12:56 : bCmXUtJugA : MDI1dkdvYjJOMW8=[51] 報告
>世界は多様だ。予想もつかない方向に、急速に
>変化している。その動きを見極めるためにぜひ、
>4行モデルを手に入れ、使いこなして、
>世界を読み解いてほしい。

言葉が矛盾しているようだが良いのか?
それと本の宣伝はやめれば。クソださいよ。
東大を出たことが恥ずかしくならないのか。

11. 2019年9月09日 21:17:43 : bCmXUtJugA : MDI1dkdvYjJOMW8=[52] 報告
>イスラムは、「イスラム法があるから、大丈夫」。でも、
> どんな政府があればよいかでまとまらず、政治が
>混乱している。それでも、「中国共産党があるから、
>大丈夫」には反対だ。新疆ウィグルをみればわかる。
>中国と同じ考え方をする国は、世界にみつからない。

ウイグルに関してイスラムは大して声を上げていない。
ロヒンギャの時ですら最初に声を上げたのは
イスラム諸国ではなく欧州諸国。周辺国に
至ってはロヒンギャの件で声を上げてロヒンギャが
自国内に流れ込んでくることを疎ましく思っていた。

あと丁度1年前になるがカショギ事件で
サウジアラビアを無罪放免にさせたのがトランプな。
つかコイツ東大出るほどの論理的思考を持てるのに
クリスチャンなのだな。信仰の自由があると言えど
表現の自由もあるので言わせてもらうが

バカじゃね?

12. 2019年9月09日 21:32:13 : bCmXUtJugA : MDI1dkdvYjJOMW8=[53] 報告
イスラムはイスラムのようでイスラムではない。
サウジアラビアの対応を見ていれば分かる。
拗れることはあるがやっぱり最後は「金目」。
欧州も金目。
北京オリンピックの際にイギリスのキャメロンが
チベットへの弾圧を非難したら中国から
梯子を外されたことがあった。
その間に批判を弱めたフランスとドイツは
中国と数千億、数兆円に上る商談を成立。

イギリスでは焦った財界から中国との関係を
構築するよう要請がありキャメロンは其れを
飲み人権弾圧の批判を封じることで
習近平の訪英を実現。
その際にフィナンシャルタイムズは
「中国に屈した」として猛批判されていた。

因みにAIIBに先進国で真っ先に参加を
表明した尾がイギリスな。
そのことで雪崩的に欧州各国から
参加表明が相次いだ。

13. 2019年9月09日 21:33:44 : bCmXUtJugA : MDI1dkdvYjJOMW8=[54] 報告
()内は修正箇所。
〇その際にフィナンシャルタイムズ(に)は
14. 2019年9月09日 21:42:12 : bCmXUtJugA : MDI1dkdvYjJOMW8=[55] 報告
俗世間に分かり易く書いているのことが原因なのか、
そもそもコイツ自身の文章力が無いのか、
全体的に幼稚な論じゃね?

中国批判が駄目とは言わないが
世界のことを全く分かってない奴なんだなと思う。
所詮は実情を知らない作家レベル。
頭の中の妄想で組み立てているだけ。
宗教を信仰していることも大きいかもな。

でも宗教なんて何の役にも立たん。中東は
拗れてるが所詮は「争奪戦」でしかない。
イスラムとしての行動もしてねえよ。

15. 2019年9月09日 21:45:04 : bCmXUtJugA : MDI1dkdvYjJOMW8=[56] 報告
イスラム諸国がイスラムを持ち出すなら
それは「困ったときの〇〇」でしかない。
都合の良いツールとしての利用でしかない。
まあ人間そんなもんよ。
16. 2019年9月09日 22:02:53 : YlFawM0pAs : NzQ4bkNkQzJPREU=[121] 報告
「大丈夫!」 当てにならない もどかしさ
17. 2019年9月09日 22:19:47 : aYGZ4V4J0U : ajBCMEdZQzRUbmM=[5] 報告
ゲンダイビジネスだから信用度皆無。

そもそも、この記事書いたアホは、香港は元々中国のモンである事を忘れてるのではないか。それこそ、日本がアメリカの占領体制にあるというのを誤魔化し続けているのと一緒だよ。

ハッキリ云おう!わたしゃ中国は大好き!美味しい料理は多いし、いろいろな名文や哲学が揃っているし、日本に多くの文化を教えてくれた恩人国。

それに比べてアメリカは大嫌い!マズイ遺伝子組み換えのヤバ料理、文学よりも暴力、世界各地の文化を破壊してきたならず者集団で、日本を不法占拠している極道モンのマフィア国。

どっちがマトモか、歴史を直視すればすぐ判るはずだが。

18. 2019年9月10日 07:13:29 : 1GJFQVU66M : c0lqbmRoR2RQY2c=[217] 報告
奴隷制がつい最近まで認められていたが、現在はどこの国も禁止している。士農工商の身分制度が150年前の日本に存在した。

人は進歩に逆戻りできない。進歩を生み出さない社会制度を脱却する手段は民主化であると歴史が証明している。

19. ゆめ[258] guSC3w 2019年9月10日 16:35:31 : 9G2lLkIaoE : Q2pQRUhBNjVrY1k=[26] 報告
習慣別 世界の四種族

1、白人・・・バイキング強奪・抹殺・奴隷化→人類の奴隷化・支配に成功!
2、特亜・・・強い者に媚び 隙があれば 騙し・強奪・籠絡・共食い  山賊社会

3、人口爆発.SEX族・・・アフリカ・インド・シナ 環境汚染・テロリスト生産国
4.、日本・・・唯一 奴隷解放で戦い 敗戦で英米韓に奴隷化されたが 世界の奴隷解放に成功!!

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際27掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際27掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際27掲示板  
次へ