★阿修羅♪ > 国際27 > 365.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ドル体制の終焉を宣言したイングランド銀行総裁(櫻井ジャーナル)
http://www.asyura2.com/19/kokusai27/msg/365.html
投稿者 赤かぶ 日時 2019 年 9 月 09 日 15:42:15: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

ドル体制の終焉を宣言したイングランド銀行総裁
https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201909090000/
2019.09.09 櫻井ジャーナル


 ゴールドマン・サックス出身のイングランド銀行総裁、マーク・カーニーは8月23日にドル体制の終焉を口にした。各国の中央銀行が発行するデジタル通貨のネットワークがドルに替わるとしている。日本で通貨のデジタル化が推進されている理由もこの辺にあるのだあろう。ドル体制の崩壊は何年も前から指摘されてきたが、イングランド銀行の総裁が口にしたことは興味深い。

 この構想が現実になった場合、アメリカの支配システムは崩れてしまう。このシステムは基軸通貨として認められてきたドルを発行する特権によって支えられてきたからだ。この問題について詳しく調べたわけではないので明確なことは言えないが、巨大資本の通貨に対する支配力を強めようとはしているのだろう。

 当初、そのドルは金に裏づけられていたが、1971年8月にリチャード・ニクソン米大統領がドルと金との交換停止を発表、その裏付けは消えた。それ以降、ドルを基軸通貨として維持するため、その流通量をコントロールする仕組みを整備する。そのために作られたのがペトロダラー(石油取引を利用したドルの還流システム)。

 大多数の国が必要とする石油に目をつけたアメリカは産油国と話をつけて決済をドルに限定、OPEC(石油輸出国機構)はドルをアメリカへ還流させてきた。これがペトロダラーの仕組みだ。

 ドルを還流させるために高額兵器や財務省証券の取り引きが利用される。投機市場もだぶついたドルを吸い上げる仕組みのひとつだ。金融規制が大幅に緩和された理由のひとつはそこにあるのだろう。

 これは実社会から資金を吸い上げる仕組みであり、庶民の購入能力を低下させる。当然、生産活動は停滞、あるいは破綻してしまい、資金は投機市場へ流れていく。その流れをスムーズにすることが規制緩和の目的。今のシステムでは、金融緩和によって生じるのはインフレでなくバブル。

 かつてアングロ・サクソンが金本位制を採用したのは、イギリスの金融資本がアフリカの金鉱山を支配して世界の金流通量をコントロールできたため。第2次世界大戦後はアメリカが世界の金を支配、基軸通貨を発行する特権を手に入れた。ところが1971年の段階で金に基づく通貨支配の仕組みが崩れたわけである。

 カーニーが働いていたゴールドマン・サックスは世界の金融界に大きな影響力を持ち、金融スキャンダルでも名前が出てくる。例えばギリシャの経済破綻。

 その切っ掛けは2001年に通貨をドラクマからユーロへ切り替えたことにある。この切り替えでギリシャは経済的な主権を失い、ギリシャ政府は独自の政策を打ち出せないまま破綻したのである。

 実は、EUのルールに従うとこの通貨切り替えはできないはずだった。できないはずのことができたのは、そこに不正が存在手いたからだ。つまり財政状況の悪さを隠したのだ。その隠蔽工作で中心的な役割を果たしたのがゴールドマン・サックス。財政状況の悪さを隠す手法をギリシャ政府に教え、債務を膨らませたのである。

 その手法とは、CDS(クレジット・デフォルト・スワップ)などを使って国民に事態を隠しながら借金を急増させ、投機集団からカネを受け取る代償として公共部門の収入を差し出すということが行われていたという。借金漬けにした後、「格付け会社」がギリシャ国債の格付けを引き下げて混乱は始まった。

 ギリシャを破綻させる作業が続いていたであろう2002年から05年にかけてゴールドマン・サックスの副会長を務めていたマリオ・ドラギは06年にイタリア銀行総裁、そして11年にはECB総裁に就任している。

 日本もゴールドマン・サックスと無縁ではない。小泉純一郎政権が推進した郵政民営化に深く関与しているのだ。その政策で中心的な役割を果たしたと言われている人物が西川善文、竹中平蔵、ヘンリー・ポールソン、ジョン・セイン。ポールソンはゴールドマン・サックスのCEO、セインはCOOだった。

 イングランド銀行やアメリカのFRB(連邦準備理事会)はこうした私的な金融機関によって創設されている。

 イングランド銀行は1694年にオラニエ公ウィレムが銀行家によるカルテルの中枢として設立。1815年にワーテルローでフランス軍が敗北して以降、ネイサン・メイヤー・ロスチャイルドがイングランド銀行を支配するようになった。

 FRBは1913年に作られたが、その制度の設立を決めた会議は1910年にジョージア州のジキル島で開かれている。会議に参加したのはJPモルガンのヘンリー・デイビッドン、ベンジャミン・ストロング、JPモルガン系のフランク・バンダーリップ、チャールズ・ノートン、クーン・ローブのポール・ウォーバーグ、そして上院議員のネルソン・オルドリッチと財務次官補だったエイブラム・アンドリュー。オルドリッチ議員の娘婿はジョン・D・ロックフェラーの息子、ジョン・D・ロックフェラー・ジュニアだ。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 赤かぶ[29708] kNSCqYLU 2019年9月09日 16:40:09 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[19776] 報告


2. 赤かぶ[29709] kNSCqYLU 2019年9月09日 16:40:32 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[19777] 報告


3. 赤かぶ[29710] kNSCqYLU 2019年9月09日 16:41:30 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[19778] 報告


4. 赤かぶ[29711] kNSCqYLU 2019年9月09日 16:43:31 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[19779] 報告


5. 赤かぶ[29712] kNSCqYLU 2019年9月09日 16:44:47 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[19780] 報告


6. 2019年9月09日 18:36:01 : OO6Zlan35k : L3FGSWVCZWxFS3c=[116] 報告

あほらしい

長期的に見ればデジタル通貨への移行は必然

ましてドル基軸がいつまでも続かないことなど言うまでもなく

単なる一般常識に過ぎない


7. 2019年9月09日 19:18:57 : pZGaM7PpWg : U2JkN1pMQ2FiS00=[2] 報告
専門的な話は分からないが田中宇と考え一緒だよな。
問題は何でトランプが米国崩壊を招くのか、ということ。
そこで出てくるのがトランプ救世主論。
そんな素振りトランプからは全く感じないけどな。
そもそも大統領になるまでは一介の不動産屋でしかない。

風呂敷広げて夢(ファンタジー)広げて
物語を壮大に見せ読者を楽しませようとしてんのかな?

8. 2019年9月09日 20:34:07 : EAyWORb7hY : VTRhaTFEYXF5SjI=[1] 報告
いや、単純に考えてそのほうが儲かるから。

色々経由してアジア系の株持ってるだけだよ、トランプは。
それがつまり国際資本。

米国が落ちて儲かるひとが米国を落とそうとしている、それだけ。

それを米国民が支持するのは、落ちると言っても国内回帰だから。
国際資本と国民の利害が一致したね。

9. 2019年9月09日 20:40:31 : kQqzEytqnQ : UWNJRmY1YnUuZFE=[3] 報告
デジタル通貨は、人を瞞着して、抵抗や反撃を受けずに、合法的だと思わせて、掠め取る方法だ。

米国は、中国が保有する、米国債の償還を拒否することを考えているというニュースが流れてきている。

10. 2019年9月09日 22:03:08 : YlFawM0pAs : NzQ4bkNkQzJPREU=[122] 報告
風前の 灯火となる ドル覇権
11. 2019年9月09日 22:42:18 : Vbhyu4Tg0Y : REguWkF4RWlFNzI=[16] 報告
全くの素人勘でだが

米国と二人三脚の英国がドル体制の終焉を宣言とは

1.中国やロシア中心に金融支配体制の阻止
2.米英に有利な仕組みの構築

この2点は外せないのではと考える
2.ができれば自動的に1.も達成だろうが

5Gやソフトの問題が絡んでくるかな??

12. 2019年9月10日 04:06:03 : 1GJFQVU66M : c0lqbmRoR2RQY2c=[215] 報告
米中貿易戦争はドル高を生み出した。

ドル高も長く続くこともない。中国の人民元が高くなることも想定できない。

米中貿易戦争はインフレ期待を押し下げる方向に進んでいる。

さらに悪化して長引くであろう米中貿易戦争により、日本やドイツ、韓国の輸出関連企業の収益の悪化に歯止めがかからない。

デフレと世界不況は目の前にある。

13. 2019年9月10日 06:17:08 : 1GJFQVU66M : c0lqbmRoR2RQY2c=[216] 報告
世界不況を経験しないと、新しい通貨システムは生まれないと想定しておいた方が良い。

世界不況が長引いて、ドルと人民元がともに力を失う確率が高い。

米国債はFRBが引き受ければ良い。米国債を持っていてもドル安になる。米国債を他国が買わなければ、ドルの価値は大きく変動する。

ドル安だ。米国の消費依存の経済の終焉だ。FRBの米国債の引き受けと大幅なドル安こそ強い米国に向かっての構造改革だ。かくして、米国は世界経済に貢献できる。

14. 2019年9月10日 14:42:38 : KJio9hud6I : TzcyeFp3aUZpa0k=[1] 報告
大まかな計画:
http://www.asyura2.com/19/hasan133/msg/119.html#c2

・石油ドルから SDR (特別引出権/通過バスケット)へと移行する。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%89%B9%E5%88%A5%E5%BC%95%E5%87%BA%E6%A8%A9

・SDR からデジタル通貨に移行する。

問題:
・何らかの原因で、長期的な大停電が起こると、電子マネーは使用できない。

・コンピューター・システムへのハッキングによって、デジタル通貨が盗まれてしまう可能性。

・ベイル・インで、個人口座から預金が銀行に盗まれてしまう可能性。
https://www.ifinance.ne.jp/glossary/finance/fin239.html

etc...

15. 2019年9月15日 20:25:53 : EevaVaEshM : QVlMRC9ycklYdWs=[2] 報告
>>6
またおまえか。
そういう俺は何でも知ってる的な態度ってどういうものかねえ?

一般常識?
そんなことないだろう。
少なくともドル支配が終わることを具体的な時期に予想できる人はほとんどいない。
(まったくではない。知ってる範囲では数人具体的なプロセスを明示できた論者もいる。)
長期的なんて言ういい加減な期限ではなくてな。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際27掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際27掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際27掲示板  
次へ