★阿修羅♪ > 国際28 > 184.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
イランの英雄が倒れ、今世界は一層危険になっている(マスコミに載らない海外記事)
http://www.asyura2.com/19/kokusai28/msg/184.html
投稿者 赤かぶ 日時 2020 年 1 月 13 日 12:24:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

イランの英雄が倒れ、今世界は一層危険になっている
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2020/01/post-03030f.html
2020年1月13日 マスコミに載らない海外記事


2020年1月7日
Andre Vltchek
New Eastern Outlook

 彼は貧しい出自で、艱難辛苦して出世し、多くの人々がイランで二番目に有力な人物と見なす人物になったのだと言われている。彼はイランの次の最高指導者になる可能性があったと言われている。

 イランを訪問する時はいつも、彼がどれほど国民に愛されているか聞かされた。彼は欧米に対する抵抗の象徴になっていた。いくつかの欧米諸国に攻撃され、植民地化され、飢えさせられたイランの力と尊厳の象徴に。

 もはやイランのクッズ軍司令官ガーセム・ソレイマーニーはいない。アメリカ最高司令官ドナルド・トランプが、彼の死に対する責任を誇らしげに主張している。

 即座に、国防総省声明が出されたが、それは明快だった。


「大統領の指示で、米軍は、ガーセム・ソレイマーニーを殺害することにより、国外のアメリカ要員を保護するための断固とした防衛措置をとった。この攻撃は、将来のイランの攻撃計画を阻止することを狙っており、アメリカ合州国は世界中彼らがにいる全ての場所で、我が国民と国益を守るため必要な行動をとり続ける。」


 防衛措置…

 ほとんど即座に、RTや他社が、分析するよう私に依頼して来た。

 イラク、バグダッド郊外の空港で行われたことは、低俗で残忍な超法規的殺害としか定義しようがない。

* **

 過去二カ月間、私は世界中を飛び回り、世界の各地に暮らす、異なる文化を持った人々に、帝国が解き放った恐怖について書いて(映画を撮影して)いた。

 中東、中国、中南米。

 全ての限界が超えられたように思える。ワシントンとそのNATO同盟諸国は、あらゆる抑制、恥ずかしさと品位を失ったのだ。彼らは実際、決してそうしたものを大して持ってはいなかったが、彼らには、今そういうものは皆無だ。

 全てが、ひどい監督によるマフィア映画のように、原始的に見える。もし欧米の支配者連中が、どこかの国が気に入らなければ? そのような場合、連中はただその国を攻撃し、餓死させ、破壊するのだ。それぐらい残忍だ。国連安全保障会議の調停なし、議論なし、多少の法的手続きがあるべきだというふりさえない。

 今まで、香港、ボリビア、ベネズエラや西パプアで起きていた。それは同じく(今まで)、国が、より元来、これらの国々は、絶滅するには、ワシントンの立案者連中が元々考えていたより遥かに不屈だったが、イランでも、中国でも、ロシアでも起きていた。

 同じことが個人にも当てはまる。何のためらいもなく、ある人は素早く、ある人は実にゆっくり痛々しく殺される。ジュリアン・アサンジはその一人で、法律専門家や、医療専門家たちが抗議し、彼の釈放を要求しているにもかかわらず、世界全体の目の前で、ゆっくりと拷問にかけられて、殺されている。

 バグダッドでのガーセム・ソレイマーニーや他の人々の殺害は素早く全く意外だった。

 アメリカ当局者の表情は絶対に衝撃的だった。マフィアのボス連中が、大勢のアマチュア・ジャーナリストに、どこか汚いねぐらで見つけられたようだった。謝罪しようともせず、レンズに向かって、にっこり笑い、こう言っているかのようだった。「それがどうした? お前たちは何をするつもりだ? 我々に挑戦するだと? 我々に? お前の足か何か折ってやる」

 そして誰も、絶対誰も彼らにあえて異議を唱えない! まだ。この時点では。

 それは実証済みの、無敵のゲームなのだ。連中が国全体を破壊するか、人を殺しておいて、道具を見せる。よく手入れした回転式連発拳銃の一丁か、二丁を見せるのだ。拳銃と醜い歯列をさらすのだ。こう言うか、声を出さずに提案する。「お前には、妻と二人の娘がいるな? お前は彼女らに、何か起こるのを望んではいない、そうだな?」

 今、現状はそのレベルにある。決してそれ以上ではないことが、おわかりだろう?

 あなたが自身を守れば、あなたは死ぬ。あなたの家族は死ぬ。あるいは家族が犯される。あるいはその両方。

 あなたはそれがお好みだろうか? いやだろうか? それを絶対的に忌み嫌っているだろうか? 知ったことか! 帝国は銃を持っている。それが帝国が持つ全てだ。人を殺し、強姦する能力。帝国は愚かで、退廃している。帝国は何ら価値あるものを産み出さない。だが帝国は、何百万もの武器と、怪物のようなプロパガンダ機関を持っているのだ。

* **

 次は真面目な話だ。イランは何をすることができるだろう? 何千年もの文化を持った国は何をすることができるだろう?

 イランは自身を守ることができるだろうか? 正直に言って、もしイランが、自国を防衛できるとおっしゃるなら、一体どうやって?

 もしイランが報復すれば、地表から抹殺されかねない。もしイランが何もしなければ、面目も、自尊心も、本当の独立と独特な社会主義の形式を継続する戦いの目的も失ってしまう。

 何年も何十年も、欧米から見て、イランはとげだ。イランの同盟者は、イラクやシリアやレバノンで、欧米が投入するテロに反対して戦っている。レバノンのイラン同盟者ヒズボラは、イスラエルの侵略から国を守りながら、貧しい市民に社会的支援を提供してきた。イランは、恐ろしいアメリカ/NATOによるアフガニスタン占領後、全く何も残っていない多くのアフガン国民、特にヘラートの人々に、仕事や一時避難施設を提供している。私はアフガニスタンで働いたことがあるが、ヘラートのイラン領事館前で、ものすごい行列を見た。イランは、中南米にも深く関与し、ベネズエラや、エボのボリビアでも、他の国々でも、公共住宅建設を支援している。

 そして最近、イランは、ワシントンの仇敵二国に益々接近し始めた。中国とロシア。

 それゆえ、ワシントンと国防総省の年代記で決定されたのだ。イランは止め、破壊しなければならない。どんな代償を払ってでも。つまり、イラン国民によって支払われなければならない、いかなる代償を払ってでも。

***

 私はこの狂気は止めなければならないと確信している。

 イランのために。

 なぜなら、もしイランが破壊され、イラクやリビアやアフガニスタンのように破壊されれば、誰かが次になるのだから。最初、最もありそうなのは、ベネズエラ、次にキューバ。だが、それから、おそらく最もありそうなのは、ロシアか中国、あるいは両国とも。

 帝国はひとりでには止まらない。

 反対しなければ、帝国は益々大胆になるはずだ。

 文字通り「殺人をしても、おとがめ無しですませる」のは途方もなく大きな過ちだ。

 今日勇敢なイラン人将軍が殺された。ワシントンは身勝手に挑発的に微笑んでいる。

 帝国は世界の至る所にオーラを送っている。「テレビの前で、ソファーに座っていろ。立ちすくんでいろ。それ以外何もするな!」

 そう、世界は恐れている。恐れる理由はある。だが世界は行動しなければならない。帝国が行う、この堕落と原理主義/狂信の残忍で臆病な行為は、我々人類の名で、遅かれ早かれ止めなければならない。さもなくば、間もなく、人類は消滅してしまう!

 Andre Vltchekは哲学者、小説家、映画製作者、調査ジャーナリスト。彼はVltchek’s World in Word and Imagesの創作者で、China and Ecological Civilizationを含め、多くの本を書いている作家。オンライン誌New Eastern Outlook独占記事。

記事原文のurl:https://journal-neo.org/2020/01/07/irans-hero-has-fallen-and-now-the-world-is-an-even-more-dangerous-place/

----------



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 赤かぶ[51299] kNSCqYLU 2020年1月13日 12:25:13 : LSw33cvQOo : MmV2aDVmVG9pMi4=[2580] 報告


2. 2020年1月13日 12:30:12 : 6rEC9WkIsc : SkM3b0NHTVZLTi4=[3] 報告
>彼はイランの次の最高指導者になる可能性があったと言われている。

ソレイマニはイスラム法学者じゃないんだから大統領はまだしも最高指導者は絶対にありえない。
この人、初歩的な知識もないんじゃないか?

3. 2020年1月13日 13:01:06 : Vbhyu4Tg0Y : REguWkF4RWlFNzI=[111] 報告
Andre Vltchek氏ですね
自分の考えが見透かされているようにタイムリーな記事です
ふつふつと考え続けていたことが文字化されています

あからさまに悪事を働く相手に、もう遠慮する時代は過ぎました
面と向かってアメリカに世界は対峙すべき

4. 2020年1月13日 14:02:05 : ZEpZjRC56Q : NGxhbk9qZHBlbUU=[143] 報告
ベネズエラでもシリアでも第三国が出しゃばらなければ、泥沼の内戦にはならなかった。

米国はその路線を堅持している。イランでは政府の正規軍とは別に、テロリストに近い活動をするイスラム革命軍が軍の実権を握っている。中東の和平をかき乱す軍隊だ。

5. 2020年1月13日 14:11:07 : ZnGWItmYLM : aldpUEpFbXY1ZE0=[2] 報告
暗殺するものは、暗殺される。
ソレイマニ司令官は以前、「トランプ大統領よ、われわれは、あんたが思っているよりも、あんたの近くにいる」と発言している。大統領選まで胴体と首がつながっているかなぁ。
6. 2020年1月13日 14:44:43 : UDjU7CeFfY : aVpuVTBNd21aMUU=[14] 報告
>>4

一番出しゃばってるのはアメリカでしょう?

>イランでは政府の正規軍とは別に、テロリストに近い活動をするイスラム革命軍が軍の実権を握っている。中東の和平をかき乱す軍隊だ。

何言ってるの?
そういう欧米の偏見丸出しみたいなこと言うの恥ずかしいからやめてよね。

7. 2020年1月13日 17:15:02 : bCmXUtJugA : MDI1dkdvYjJOMW8=[450] 報告
>>6
イスラエル消滅を叫ぶ革命防衛隊、

7. HIMAZIN[925] SElNQVpJTg 2020年1月12日 22:34:36 : tfL5STIxFs : SktxRUovLlVxR1E=[185] 報告
▲△▽▼
https://twitter.com/2018_apc/status/1216305352301432832

アジア記者クラブ(APC)
‏ @2018_apc

台湾は中国の一部で国連加盟国はひとつの中国を承認したはずだ。「中華民国」は国連から追放された。中国と台湾の対等な立場など存在しない。世界が台湾や蔡英文に勘違いをさせないことが事態を安定させる。分離主義を煽っているのは日米両国。日中関係回復基調にも水を差す。

___________________________
この論理を採用するならイランの行動は
敵対行動でしかない。何故なら入植地は違法とされているが
国家としては合法だからだ。また入植地を大義名分として
軍事的威迫をするのは許されていない。

8. 2020年1月13日 17:16:45 : bCmXUtJugA : MDI1dkdvYjJOMW8=[451] 報告
そもそもパレスチナ問題はアラブの問題であり
イランはペルシャであり狭義の中東ではない。
そのイランが中東に顔を突っ込むのは
「出しゃばり」でしかない。
9. 2020年1月13日 17:19:17 : bCmXUtJugA : MDI1dkdvYjJOMW8=[452] 報告
また土足で足を踏み込む行為は下品でしかないが
主権国家だからと言って自国民に何をしても良いわけではない。
主権国家として人権を擁護しないのならば
為政者がその人権(主権)を取り上げられても文句は言えまい。
それはある意味で刑務所に収監するのと同じこと。
失脚させて抹消するのと同じこと。
10. 2020年1月13日 17:19:29 : s0E5KMoqUE : VHg4SXVtMkZtWU0=[3] 報告
アメリカが目の敵にする人物は、正義の人じゃないかと思う。
個別にはわからんけど、なんかそういう印象がある。
アメリカの言うこと聞かない指導者は、自国を大事にしてる。
アメリカはそれが気に入らないんだな。
体制を壊して、アメリカの傀儡政府を作ろうとする。
      
11. 2020年1月13日 17:23:46 : bCmXUtJugA : MDI1dkdvYjJOMW8=[453] 報告
ヒトラー並みだとは言わないがヒトラーが居たとして
他国民が何もせずに見ているだけで良いのか?
ヒトラーが居てユダヤ人はともかく
他国民が虐殺され続ける現実を
「主権ガー」で黙って見ているべきなのか?

イランをヒトラーに例えるのは不適当だが
北朝鮮はヒトラー並みだろう。
90年代00年代初頭はかなり酷かったと聞く。

その国を率いる資格すらない。
それに対する反論は「他国のことは他国民が
決めることだ!」か?肝心の自由を
保障してない国で選択肢がほぼ存在しない国で
そのような発言は意味を成さない。
自己決定権すら存在しないのだからな。

黙るか抵抗するか、この二択しかない。

12. 2020年1月13日 17:28:31 : bCmXUtJugA : MDI1dkdvYjJOMW8=[454] 報告
家族が地域が困窮している現状を
黙り続けるのは心が痛むだろう。
そうして抵抗したら家族まで
害が及ぶ可能性もある。
自分だけでなく家族もな。
北朝鮮はそういう方式だろう。

偶に亡命失敗した人間を公に出して
「亡命は悪いことです」と
発言させてたりもするが
その会見後にどういう処遇が
待ち受けているのかは分からない。

そのまま何もなく家に
返されるとは思えないけどな。

13. 2020年1月13日 17:32:33 : bCmXUtJugA : MDI1dkdvYjJOMW8=[455] 報告
虐待親が存在するなら虐待親から親権(国民)を
取り上げるべきだと思うがね。今の自分は
そういう認識。尤もアメリカがどういう思惑で
動いているかは観察し続ける必要がある。

俺の論理を採用するならサウジアラビアも
国を率いる資格すらないからな。
カショギ事件は記憶に新しいだろう。
カショギが清廉潔白というわけではないが
領事館内で殺してバラバラにして溶かす、
このような行いが許されて良いはずがない。
国家として既に失格だ。
その失格の国家をアメリカは同盟国として
擁護し続けている。議会は非難したと思うが
アメリカ政府がアメリカの顔だから
議会がどうしたって関係ない。

14. 2020年1月13日 17:39:19 : bCmXUtJugA : MDI1dkdvYjJOMW8=[456] 報告
自国民に何をしても良い権利、そんなものは
国家の裁量権にはない。視野狭窄の専横の独裁者には
それが分からないのだろう。そんなものが
許される時代でもない。近代化してない国家には
それが分からないのだろう。

というわけで現代は文化保護を掲げて居たりもするが
その実、文化破壊者でもあるわけだ。

尤もインドの先住民が暮らす島でアメリカ人が
殺された時は国際社会は不問に付した。
小さい単位であればあるほど許されるのだろう。
そもそもその先住民とやらは国連とか
そういう組織とは何の関係もないからな。

逆にイランや北朝鮮は国連加盟国。
国際社会の一員としての規範が必要だし
それが求められて当然の立場にもある。

15. 2020年1月13日 17:43:38 : bCmXUtJugA : MDI1dkdvYjJOMW8=[457] 報告
韓国よりは遠いが北朝鮮なんて目と鼻の先とも言える。
そのような国で90年代に最低でもXX万人が亡くなったと言われている。
普通の国家なら最高指導者の責任が問われるけどな。
問われる処か失脚する。だが独裁国家ではそうはならない。
指導者が裁判長であり「絶対の神」だからな。

どれだけ立派な人間だと言うのか。下らねえ下らねえ。

16. 2020年1月13日 17:47:46 : Vbhyu4Tg0Y : REguWkF4RWlFNzI=[112] 報告
>9
>>また土足で足を踏み込む行為は下品でしかないが
主権国家だからと言って自国民に何をしても良いわけではない。

んー、主語がないのでわかりにくいが
>アメリカが、土足で足を踏み込む行為は下品でしかないが
中国など主権国家だからと言って自国民に何をしても良いわけではない。

という理解でいいですか

ちょっと反論させてくださいね
アメリカのやっていることは国家転覆、国民虐殺のレベルのことで
下品の表現では足りない世界です
現代版植民地政策で、「自由と民主主義」がどれだけ偽善的か指摘しておきます
下品比べの論法もありえますが、とりあえずここまでで
勘違いの反論でしたらご容赦を

17. 2020年1月13日 17:54:28 : bCmXUtJugA : MDI1dkdvYjJOMW8=[458] 報告
俺も昔は反米意識丸出しだったけどな。
そんでロシアとか擁護してたが止めた。

NATOの東欧拡大にも憤ったが翌々考えても見れば
周辺国の自己決定権の範疇。ロシアが
周辺国を繋ぎ留めるだけの魅力に欠いたということ。
それにも拘わらず軍事威嚇をして周辺国を
脅すロシア。擁護しつつもそういうのが
頭に浮かんで段々と離れて行った。

何て言うの?ロシアは山本太郎の言う所のDV男だよ。
配偶者の意思を尊重せずに暴力で
繋ぎ留めようとする。家に連れ戻して監禁する。
鎖を付ける。「所有物」としか
思ってないのが節々に垣間見れる。

18. 2020年1月13日 17:59:38 : bCmXUtJugA : MDI1dkdvYjJOMW8=[459] 報告
んでそういうことしてくと国家が形骸化して
食うに困らない命すら失う危険がない
「富裕層の自由」とやらも強化されちゃうから
めっちゃ難しい処なのだけどな。

全て個人の自己決定権だ!とするなら
国家が個人に干渉出来なくなってしまう。
世界で声が高まる再配分論とは逆行する。

ああいうの難しいけど富裕層に関しては
平等(自由)を適用しなくても良いとは思う。
俺は別に共産主義者ではないが
際限なき資本蓄財(偏在)は是正すべき。

19. 2020年1月13日 18:05:27 : bCmXUtJugA : MDI1dkdvYjJOMW8=[460] 報告
寡頭制だとして100人で国家を運営するとして
100人が神に近い立派な人間なら
そしてそれが将来的にも保障されるなら
そいつ等に託しても良いのだろうけど
現実は違うからな。任せた途端に好き勝手し始める。

だから交代させなければならない。

ちゃんとしっかりやってりゃ良いが
そうじゃないから、だから社会主義が
一向に整備されない。資本主義に負けたというより
自滅だよ。とういう意味では中国は
完璧じゃなく人権軽視国家で
社会主義ではなく国家資本主義社会だが
まあ上手く行った方ではある。

20. 2020年1月13日 18:06:25 : 3wzs6ZEXpM : U1I3b1VzUGlYMk0=[2] 報告
>>17
プーチンはバルト三国を「ロシアの小銭」呼ばわりしていたからな。
そりゃ嫌われるのが当たり前だろう。
21. 2020年1月13日 19:00:41 : c6GbwHtfNR : YndyUDgwZUVuV00=[2] 報告
自慢げに 勝鬨上げる 追い剥ぎが
22. 2020年1月13日 19:22:44 : Vbhyu4Tg0Y : REguWkF4RWlFNzI=[113] 報告
明確な悪事のアメリカ vs ファクトチェックが必要なエピソードのロシア、中国
どっちを選ぶかの問題になりますか
or
現状をどう認識しているのよ だけでもいいかも
トランプのやっていることの評価だけでも十分かも
ファクトチェックが不要のダントツの悪事のオンパレード
経済制裁なんて最低の策略じゃない
(ある意味、日本だって暗黙の経済制裁中といえる 真綿で首を絞め的な)
国際ルール無視 Visaをださないとか
などなど(探して書くのもめんどい程の数々)
23. HIMAZIN[930] SElNQVpJTg 2020年1月13日 19:44:08 : tfL5STIxFs : SktxRUovLlVxR1E=[190] 報告
>>8

>そもそもパレスチナ問題はアラブの問題であり
>イランはペルシャであり狭義の中東ではない。

国際問題だよ。欧米が中東を侵略しているんだ。

24. 2020年1月14日 16:48:32 : c3sRBRIW5Y : WHBwZGRiY0YyTW8=[5] 報告

(マスコミに載らない海外記事)さんは偏向記事ばかり選んでいるねえ。NHKみたい。


25. 2020年1月14日 17:32:42 : brLqZMsC6g : UFpGUXFFQ1dHLk0=[13] 報告
トランプ、日本人じゃないのに、お年玉の大判振る舞い、イラン最高司令官に爆弾

そして自分のスポンサー、後見人であるディープステート戦争屋企業の株、爆上げ

シオ二スト英米御用達テロ組織ISISも復讐、反撃をしてもらえたので大喜び

副島氏が漸く、ゴーン脱出とイランへの軍事攻撃の件に関して、報道内容の紹介

だけされていますが、北朝鮮空爆が決定事項だと大見得を切り外した氏が、珍しく

慌てております

金価格の上昇や、戦争屋企業株の上昇、投資アドバイザーとしては、これまた

お金の稼ぎ時、って感じでしょうか

イランの政権非難も、英米が影で操るカラー革命のヤラセだと既に暴露されて

いる段階で、イランのソレイマ二を私的軍隊、暴力団として捉え、他国で迷惑

している、憎悪している市民が多数というコメントは、トランプによるソレイマ二

殺害と、英米工作偽旗カラー革命の正当化に繋がってしまうようですが

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際28掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際28掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際28掲示板  
次へ