★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK257 > 415.html  ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
古賀茂明「統計不正で大馬鹿でも極悪人でもない厚労官僚たちがはまった罠」〈dot.〉 
http://www.asyura2.com/19/senkyo257/msg/415.html
投稿者 赤かぶ 日時 2019 年 2 月 11 日 14:55:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 
 

古賀茂明「統計不正で大馬鹿でも極悪人でもない厚労官僚たちがはまった罠」〈dot.〉
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190209-00000015-sasahi-pol
AERA dot. 2/11(月) 7:00配信


衆院予算委で質問を聞く根本匠厚労相(C)朝日新聞社


 厚生労働省の統計不正で国会は大揺れだ。雇用保険などで、もらうべき金額をもらえなかった人が2000万人超という大事件に発展したのに加え、アベノミクスの評価に直結する労働者の給与に関する統計が信用できないということになったのだから、大騒ぎになっても当然だ。

 過去の間違いだけならまだしも、不正発覚後も、隠蔽、お手盛り調査など、新たな「不正」と言われても仕方のない行為が重なって、厚労官僚への信頼は地に堕ちてしまった。これから先は、彼らが何を言おうと、国民の反応は、「きっとウソに違いない」「まだ何か隠しているだろう」「騙されてはいけない」というものになるのは必至だ。

 一般に、官僚は「優秀」だと考えられている。また、官僚は「信頼できる」という評価が、少なくとも昔はあったし、今でも、企業よりは役所の方が信頼できるという評価をする向きも多い。だからこそ、例えば、水道事業の運営を役所から企業に委ねるというと、「反対」の大合唱という現象が起きるのだ。

 一方、優秀で、ある程度信頼できるはずの官僚たちが、どうして今回のような統計不正や財務官僚の公文書改ざんなどという大スキャンダルを起こすのだろうか。それも、たまたまおかしな個人がやったということではなく、組織として暴走するのはどうしてなのか。

 この頃、官僚とはどんな人たちなのかということをよく質問される。今回は、厚労省の統計不正問題をとおして、このことについてあらためて考えてみたい。

■官僚は本当に優秀か

 官僚、とりわけ、キャリアと呼ばれる官僚たちは、一般に優秀だと言われる。では、「優秀」と言われる根拠は何か。その9割は、一流大学卒だということだろう。

 確かに、キャリア官僚は東大をはじめ、一流と言われる大学卒であることが多い。しかし、一流大学を出た後、幹部になるまで30年以上役所で生活している。30年前に優秀だったから、今も優秀だという保証は全くない。

 しかも、この場合の「優秀」というのは、「試験ができる」という意味でしかない。つまり、官僚が「優秀」だというのは、幹部官僚について言えば、「30年も前のことだが、ペーパーテストはよくできた」という意味しかないのである。

 そして、ここが問題なのだが、幹部に昇格できた理由は、「官僚として国民の役に立つか」というよりも、「所属する役所のためにどれだけ役に立つのか」で評価されたということである。

 つまり、役所から見れば、幹部官僚は優秀かもしれないが、国民から見れば、「優秀とは限らない」のである。

■官僚「性善説」、「性悪説」、そして「性弱説」

 優秀かどうかはさておき、官僚は信頼できるのか、言葉を換えると、「いい人」なのだろうか。

 前に述べた通り、官僚に対しては、一定の信頼が存在している。実際に官僚生活を31年送った経験で言えば、官僚の多くは「いい人」である。友人として、あるいは隣近所の付き合いをするというレベルなら、「性善説」で接しても大丈夫だ。

 一方、財務省の国有地大安売りや公文書改ざんなどを見ると、官僚は極悪人ではないかという印象を持つ人がいてもおかしくない。よほどの悪人でなければ、あんなに手の込んだ悪事は働かないだろうと思えるからだ。官僚は信用できない、すなわち官僚「性悪説」で考えた方が間違いないという考え方もありそうだ。

 私の経験から言えば、官僚は、常に「いい人」であるわけではなく、ましてや「聖人君子」でもない。しかし、他方において、決して信用してはいけない「極悪人」なのかと言えばそうでもないし、質の悪い「嘘つき」というわけでもない。

 では、どういう人なのかというと、実は、「普通の人」だ。もちろん、これは、「性善説」か「性悪説」かという観点から見た話で、そういう角度から見ると、「普通の人」とは、普段は信頼して付き合っても間違いのない「いい人」が多いが、信用し過ぎると、時として裏切られて「悪人」のように思えることもある、というところだろうか。

 では、官僚が「悪人」、時に「極悪人」となるのはどんなときかというと、「自分の出世」がかかるときと「役所の利権」が絡むときである。

 そういう場面になると、役人はどうしても誘惑に負けて、悪い道を選んでしまう。馬鹿ではないから、悪いということはわかりながら、止められないということもあるし、30年の役所生活で、悪いことだという観念すら麻痺してしまっていることもある。

 一般の人でも、同じような傾向はあるのではないだろうか。自分の損得がかかったり、ペナルティが大したことないという場合などに、刑法犯罪などを起こすことは稀だとしても、社会規範や自らの倫理規範を逸脱してしまうことは誰でも経験していると思う。

 同じ環境におかれたとき、ルールから逸脱せず自らを律することができるかどうかが、その人の「強さ」である。

 その意味で官僚は、本来は、「強い人」でなければならないのだが、現実は、そうではなく、「普通の人」並みに「弱い」のである。

 それは、ある意味当然のことかもしれない。なぜなら、各省庁が新卒採用するときに、倫理感が強いかどうかという点を重点的に評価することはなく、そこはほとんどノーチェックであるから、結果としては普通の人並みの集団になるということだ。

■キャリア官僚は「諦めが悪い」
 
 官僚にもいろいろな人がいるが、その中でも多いのは、「人の上に君臨したい、良く見られたい」という「中央エリート官僚型」と、「無難に安定した生活を確保したい」という「凡人型」だ(詳しくは、2018年6月11日の当コラム「安倍総理の消防士を火だるまになってもやる官僚の性」に書いた「官僚の3類型」を参照)。

 もちろん、どこの社会にもそういう人はいる。しかし、官僚の場合、その特性が普通よりも強いというのが私の実感だ。どちらのタイプにとっても、「出世」あるいは、「落ちこぼれない」ということがポイントになる。当然、組織からの評価が気になり、「役所への忠誠心」を普通の人以上に強く示したがる傾向がある。

 役所は特に横並びの意識が強く、組織の中で、突出して正論を言うと、逆に「裏切り者」扱いされることが多い。組織全体として、これは悪いことだから、もうこの辺でギブアップし、謝罪して責任を取ろうという行動の端緒を作ることが非常に難しいのだ。一言で言えば、「諦める」ということができない組織だと言ってもよい。そんな組織では、3類型の中の、「真に国民のために働く」「消防士型」の活躍できる余地はほとんどない。

■「弱い人」が「大きな権力」を持つ怖さ

 官僚が必ずしも悪人ではなく、強い人でもないから大きな問題が出ないかというと、そうではない。「弱い人」が役所にはびこると、どうなるのか。

 役所の場合は、その権力が大きく、予算も社会への影響力も桁外れて大きい。だからこそ、本来は、倫理観のしっかりした人間が官僚になってもらわなければ困るのだが、そうはなっていないし、入省してからそういう人間に教育されるというシステムにもなっていない。

 結果的に、普通の「弱い人」たちが集まって、保身や利権擁護に走ることで、とんでもないことが起きる。被害は、その組織にとどまらず、広く国民の損害につながるのである。

 今回の不祥事では、遅くとも03年に翌04年からの不正調査の計画が作られたとされている(ただし、私は、03年以前から大規模事業所の全数調査は行われていなかったと見ている)。そのときの担当官僚は何を考えたのか。非常に興味があるが、詳しいヒアリングは行われていない。しかし、少なくとも言えることは、これは単独でできることではない。

 一定の手続きを踏んで、少なくとも課長クラスは知ったうえでの判断だったと考えられる。いろいろな議論があったはずだが、結局誰もそれを止めることはできなかった。

 実は、役人が中途半端に「優秀」だから傷が深くなるという面もある。なまじ頭が働くために、複雑な理屈(客観的にはタダの屁理屈)で、自分たちの行為を正当化したり、何とか隠し通すための悪知恵を働かせたりできるのだ。頭が働かなければ、簡単に諦められたのに、ということになる。

■「弱い」から、さらなる深みにはまる

 今回の不祥事では04年から17年の間に何回も不正を正す機会があったはずだ。おそらく毎年のようにこれは問題だという話が担当官レベルでは出ていたのではないだろうか。しかし、「弱い人」の集団では、前例を破って、自分たちの代から正しい道を選ぶという勇気ある決断はできない。官僚の任期、特にキャリア官僚の任期は1年か2年というのが普通だ。その期間だけ何とか無難に過ごせばよいという意識もその判断を後押しする。その結果、10年以上にわたって不正を継続することになったのだ。

 さらに、17年に、18年からの補正(復元)を始めると決めたときも過ちを正す大きなチャンスだったが、それも逸してしまった。

 その後昨年末からの経過を見ても、根本匠大臣への報告を遅らせたり、特別監察委員会のトップに傘下の独立行政法人理事長を置き、さらには関係者のヒアリングを厚労省事務方主導で実施したうえにそれを隠すという失態を演じている。ここまで来たのだから、いい加減諦めて本当のことを明らかにしたらどうかと思うのだが、やはり、諦めきれなかったようだ。表に出て謝罪し、責任を取るという勇気がなかったために、傷口を広げてしまった。これも「弱い人」の悲しい性なのだろう。

■今の厚労省には「性悪説」で臨むしかない 

 上に述べたとおり、「弱い人」の集まりである官僚たちは、一度悪の泥沼にはまると、自力では決してそこから抜け出せない。一度そうなってしまった集団には性善説も性弱説も通用しない。つまり、本件に関する限り、厚労官僚に対しては、残念ながら、「性悪説」で臨むしかないということになる。

 今後は、ようやく参考人招致が認められた前政策統括官のみならず、不正に関与した関係者の徹底的なヒアリングが必要になる。隠蔽を繰り返す厚労省の組織に任せても信用できないということで、統計全般の所管省である総務省に調査を担当させるという動きもある。しかし、困ったことに、その総務省でさえ、基幹統計の小売物価統計に不正があったことを隠蔽したことが判明している。

 こういうときは、政府と離れた立場で国民に代わって真相を究明する組織を作った方が良い。福島第一原発事故の原因究明にあたった国会事故調査委員会のようなやり方も考えられるが、残念ながら、国会では自公が圧倒的多数を持っている。不当な圧力で調査が歪められる可能性を排除できない。

 マスコミと野党がさらなる調査によって、より決定的な事実を明らかにすることが必要だろう。本件では、03年当時の経緯や東京都以外の道府県での毎勤統計の調査状況などを丹念に取材すれば、これまでのスキャンダルに匹敵するような大きな問題が出てくる可能性は十分にあると私は見ている。

 最後に、一人の国民としての立場で勝手なことを言わせてもらえば、政府は信じられないし、国会も信じられない。いっそのこと、日弁連に丸投げして徹底調査してもらったらどうか。もちろん、調査費は厚労省の特別監察委員会に比べれば、何十倍もかかるかもしれないが、それだけの価値はあるのではないだろうか。
























 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 赤かぶ[4268] kNSCqYLU 2019年2月11日 14:56:54 : 90EZJT5uPI : 4gKn5wchQzA[772] 報告


2. 赤かぶ[4269] kNSCqYLU 2019年2月11日 15:00:00 : 90EZJT5uPI : 4gKn5wchQzA[773] 報告


3. 2019年2月11日 15:43:36 : o3QrDJ9g1w : 4hlkJk4rXAQ[734] 報告
官僚制上の問題だ。だから近く必ず滅ぶ。
アイヒマンも馬鹿でも悪人でもなかった。

4. 佐助[6497] jbKPlQ 2019年2月11日 16:47:09 : z5Sx38n0Sg : _P5Uop5uQJo[70] 報告
優秀なエリートで国民から選ばれた有能な国会議員だろう,学歴は優秀,口はうまい,それとも詐欺師。どっちなんだ。学歴優秀者がデータを偽装するわけがない,それは上司(官邸)からの指示がないと常識的には偽装するわけがない。

しかも日本の政治家,安倍政権と官僚は,日本の国民・市民を食い物にしておるではないか。

社会経済の指導者,エコノミストたちはアベノミクスやGDPなど統計指数を背景に計画し立案し動いている。しかし偽物を掲げ,見かけのいざなぎ景気越えを自慢してまくし立てている安倍総理。まるで本物としてだ。

しかもアベノミクスは成功だと,犬の遠吠えのごとく吠えている,だが,政治も官僚も天下国家のビジョンがどこにもない。これは素直さ,正直でない証明にもなる。

官僚と安倍政権は,したい放題・やりたい放題・倫理観の欠片もない・責任の取り方も知らない。この悪を裁くものがないのは事実だ。別組織を立ち上げると困るからだ。カネもかかる。

モノづくりでも,自主検査から出荷検査,受入検査をしているが,最近は,コスト低減のために,各企業は競ってチェックシステムを省いて,利益を上げるために品質の低下を招いている。原発のように品質(性能・応力)試験まで省き,事故が起きても地震や津波のセイにして逃げている。

今回の不正統計も安倍政権は官僚のセイにして,責任を放棄,この国はメチャクチャである。

富を持つものは政治をもコントロールし、ますます自分達に有利な世の中を作り出すことができます。競争にも打ち勝ち、ますます富をもつようになり、次第に独占的経済体制へとなってきた。

ギリシャ,メソポタミヤ,ローマなど,文明は栄えては滅び,滅びては栄えを繰り返してきましたが,崩壊の原因はすべて官僚政治です。今の日本でも崩壊しているのは,年金・保険の使い込みから,モリカケや統計指数のデータ不正まで,官僚政治が引き起こしている。

資本主義国家でも、官僚支配するビジネスに参加するにはコネと賄賂が絶対必要である。社会主義政治体制は官僚支配なので、どんな開放政策にも認可権がつきまとう。そのため、自由経済システムそのものも腐敗堕落が避けられない。

これは安倍官邸と自民党公明党の政治的腐敗と不振が引き起こしているのだ。官僚は天下り・出世・地位のために忖度しているのだ,それが国民への反逆になっている。安倍政権が好む自殺や変死ではすまされる話ではない。

しかも日本からは、何十億ドル、何兆円もの資金が、アメリカの金融資産に注ぎ込まれているアメリカへ投資するすべての投資家にとって、壊滅的損失を意味する。

無能無策の官僚や安倍総理の確信犯的な大嘘の言葉に、人々は惑わされてアメリカ経済そのものが、今、まさに奈落に落ちようとしている、物価高、医療、年金の崩壊、失業・食料自給率・勤労賃金などの統計不正や環境汚染などで資本主義は爆竹のように弾けて終焉するだろう。

5. 地下爺[4851] km6Jupbq 2019年2月11日 16:49:34 : 4Exlh1atJU : wgVA0Rqr7Fk[663] 報告

  昔 業務用の無線機の SE やっていたけど。


  電波管理局 や 郵政のお役人さん は 賢くて 偉いと思ったものだった。
 
  「日本の無線行政をどうにかせんといかん」という気概がたしかに伝わって

  きた。それは 他所から見たら 閉鎖てきだったかも知れないけど


  例えば MCA無線 これなんかは モトローラ のシステムを真似たものだけど

  規格 を真逆にして モトローラの参入を阻んで 国内メーカを保護したものな。。。


  つまり なにが言いたいかていうと 国内のことを見ているのか?!

  ご主人様は 我々 国民で アメリカ様 じゃないぞてこと!!

  まー 本当は 良いことでは無いのだろうけどネ。

6. 2019年2月11日 17:35:16 : iMHyMmSbu2 : 4WMx6nsFcDM[146] 報告
は?
官僚は全員「大馬鹿」で「極悪人」ですよ
前提が間違ってますな
7. 日高見連邦共和国[12205] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2019年2月11日 17:45:56 : lt7TdFOYcQ : Br9qzPsZN0k[419] 報告
官僚も古賀さんも、屁理屈コイてね〜で、日本国憲法を読み直せよ!

そこに、公務員の一番大事な心得として、なんて書いてある?

『全体への奉仕者』の意味は?分からないなら即刻辞表を出せっ!!

8. 中部地区y[108] koaVlJJui@aCmQ 2019年2月11日 18:03:43 : U5u7inarOA : KUemOHeVA5M[1] 報告
虐待事件の逮捕された父親も会社では真面目だったらしい。
<官僚の多くは「いい人」である>なんて言葉を交えた文章は間違っても書いてはいけない。極悪人は極悪人だ。まして、自殺者まで出てるのに「いい人」はないだろう。
9. 2019年2月11日 18:06:15 : 1RFEkLSxKM : GDNH4KJh0Mc[4612] 報告
官僚は皆分かって不正に手を貸してるよ
10. 2019年2月11日 18:11:31 : 0kvLO6zmSU : zDbTbr2jRUc[69] 報告
古賀氏は奥歯に物が挟まった言い様をしている。
官僚は、誰かの指示が無い限り、捏造や改竄は行わない。何故なら、罪に問われるからである。そして、そんな捏造や改竄を誰かを忖度して行うこともあり得ない。それは、尻尾切りで終われば、自分だけが馬鹿を見ることから明らかである。

つまり、誰かに指示があり、出世出来ると言う条件が明白であれば、やるかもしれない。しかし、それでもやらないだろう。

役人が、捏造や改竄を行うのは、首を切られることを避ける場合のみである。つまり、経産省の今井何某が、「お前を首にする、或いは左遷する」という脅しがなければ、やるはずはない。その結果、捏造や改竄を行った官僚は、尻尾切りの形ではあるが、他に転職先を紹介して貰える。

こうした構図を当然古賀氏は知っているはずだが言わない。何かの脅しがかかっているのか?

今はまだ、かろうじて一流国家と二流国家の境にあるが、日本は末期的状態にある。私は断言できる。このままでは、日本は時を経ず三流国に転落する。

日本の科学技術力は、論文的には質量ともに、既に、中国、イギリス、ドイツ、フランスに追い抜かれ、韓国に肉薄されている。イギリス、ドイツ、フランス、韓国などの人口は日本の半分以下であるにも関わらずである。

官僚機構が崩壊すれば、全ての分野が崩壊する。日本の国家そのものが崩壊する。
安倍は、アホだから、そのことが理解できないとしても、今井を始めとした経産省の連中は理解できるはずである。しかるに、何故安倍が、安穏としていられるのか。一蓮托生としても、限度があるだろう。もしかして、今井は日本の現状を把握していないのではないか。

いずれにしても、この流れを止めなければならない。


11. 新共産主義クラブ[-10599] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2019年2月11日 18:13:00 : JNFGWt79BY : mQY0Odi62JY[13] 報告
 
 日本の官僚は、背広を着た軍人である。
 
 「天皇陛下のためなら、お国のためなら、統計不正でも何でもやってやる」という意識でやっているのだろう。
 
12. 2019年2月11日 18:36:42 : yI9C1LxJQI : Qf2q6MhSc7U[23] 報告
官僚は間違いなく優秀ですよ
優秀な歯車、それこそ奉仕者として自己を潰している
問題はその優秀な歯車を何に使うかということ
そしてその歯車は日本国民のために使われていないということ
13. 2019年2月11日 19:04:58 : aPd8HhulI2 : llWc5WIRbxw[200] 報告
政権と 組織の中で 板挟み
14. 2019年2月11日 19:21:40 : hE3PRSoheQ : ovZkxQYei0s[346] 報告
 
 統計に限って発言すると
 東大を出た 優秀な人間がするような仕事ではないね〜〜〜〜

 ===

 そのような仕事は 女性事務員に 仕事を教えて 作業を任せれば 
 女性なら チョチョイのチョイでやってくれるだろうね〜〜〜
 
 ===

 どうも 東大を出た 頭でっかちが 仕事をしていた様だ <= 最悪〜〜〜
 

15. 2019年2月11日 19:32:43 : qaXjKo6f0E : yu1UmU8Li9E[77] 報告

根本厚労大臣の写真
:「ねえ世古さん、僕の転職先どっかない?」
:「そうね」「ない訳でもないよ」
石井国交大臣
:「もう皆次の事考えてるんだ・・うんんん、俺はどうしよう」
16. 即沸薬缶[1] kaaVppbyiso 2019年2月11日 20:49:25 : CL9OcBRAxQ : 7tH1y2Xu8jg[3] 報告
31年間もの中央官僚経験を持つ古賀さんが述べる「内から見た官僚像」を興味深く読ませていただいた。
そこで、「外から見た官僚像」として、先日このサイトにアップされた「お天道様はお見通し」氏の投稿記事を下記に記すので、寄せられているコメントも含め対比すると大変面白いと考える次第。

浜矩子「公僕でなければ、日本の官僚たちは一体何僕なのだろう」
http://www.asyura2.com/19/senkyo257/msg/323.html  2019年 2月 8日

古来、役人は筆の時代にはどうしたかわからないが、その動機は様々なれど、時に応じ「鉛筆を舐め」続けてきたのではないかと、小生は想像するところである。(鉛筆を舐める:統計や会計などの数値を適当に改竄すること)

日本会議の連中の明治回帰祈願の向こうを張って、今より遥かに権力への反骨精神に富んでいた江戸の庶民に思いを馳せ、趣向を変えて川柳と狂歌で迎え撃つとしたい。

・鉛筆を舐めて 天下は春爛漫        ---- 古来

・グリーンピア 役人どもが夢の跡      ---- 年金資金を都合よく濫用

・よい頭脳(あたま) 端(はな)より談合に用いられ ---- 官製談合華やかなりし

・大呆けが 浮世の民に襲うかな 腹立つ税に年金を袖    --- 現世
 (元歌:おほけなく憂き世の民におほふかな わが立つ杣にすみ染の袖)

・大法螺け 政府の言い訳絶え絶えに 現れわたる種々の悪行 --- 現世
 (元歌:朝ぼらけ 宇治の川霧 たえだえに あらはれわたる 瀬々の網代木)

・俳句なら それがどうした訊くが野暮 訊かれちゃお終い狂歌・川柳
 (某元首相の「家事育児 冠婚葬祭寝る間なし」という、政治家の妻を労った
  という穿ちも可笑しみも軽みもない川柳?に対し、そのままズバリを詠ん
  で、まさに、それがどうした!)

17. ひでしゃん[2088] gtCCxYK1guGC8Q 2019年2月11日 20:53:10 : hjTsd0XdN2 : TcB2NvmzLxs[292] 報告
次から次に不正が露見するが誰も痛くもかゆくも無いようだ
これも政権を維持するための国民目眩まし戦術の一環だろう
政権側が不正を続けても司法がグルだから怖い物なし
メディアがCIA読売レベルのだらしなさで政権を擁護
国民が覚醒する以外に日本国が再生する道は無い
卑劣醜悪なものを徹底的に追求排除しなければ衰退を加速させるだけ
お粗末国会の状況が国民に伝わっていない
九州の西日本新聞では一面トップ記事が
政治の惨状を隠すための目眩まし情報を連日流している
何を恐れてこれほど惨めな記事しか載せないのか?

これでは報道機関として自殺行為だ

18. あおしろとらの友[2072] gqCCqIK1guuCxoLngsyXRg 2019年2月11日 21:02:56 : RNYKA7Q0Ca : @VUWoxWWfz8[66] 報告
次期政権のやることは決まった。国のチェック機能の強化だ。もちろん自公政権ではダメだ。
19. 2019年2月11日 21:13:14 : 2ZEWDEEDLI : tohtQW2zL@Q[2] 報告
官僚と政治家は縁故だけでは就くことのできない数少ない「エリート」である。

選挙の不正は絶対に正さなくてはならない。

縁故だけでなることのできる民間議員に権力など持たせてはならない。

そして公務員試験を無くそうとする勢力はグローバリストの手先の可能性が高いと思ってる。

20. 2019年2月11日 23:29:53 : XVei7jkBck : y9U@VQvDSJg[572] 報告
二回ウソがばれたら三回目は誰も信じてくれなくなる。

安倍や安倍政権はもうとっくに2回以上大ウソをついている。すぐ思いつくのは
「アンダーコントロール」だとー大噓だがや。
「私や妻が関係していたら、私は総理大臣も国会議員も辞めます。」←大嘘だがね。関係しまくってるのはばれてますけどーーwww それを隠す為の公文書偽造、カイザン。さすが安倍政権のカイザンだね!! カイゼンじゃないよアホ!!!
「アベノミクスで給料は上がりました。」←やはり下がってたことがバレタ。統計不正で上がったことにしていた。

安倍政権では組織ぐるみの大嘘がばれている。森友関係の「公文書を偽造カイザン」
それから 今回の「統計不正」がばれたこと。アへノミクス詐欺がバレタ。
それと、必要以上にうるさいくらいNHKやダマスゴミが報じる政権支持率も全くの大嘘の捏造に決まっているじゃないの。

記者クラブでない地方新聞や、街角のシール投票での数字が本当の数字である。 

21. 2019年2月11日 23:42:40 : XVei7jkBck : y9U@VQvDSJg[573] 報告
てことは、偽の支持率、偽の出口調査のあわせてムサシがカウントする選挙は全くの偽であり不正であるいうことですよ。

限りなく真っ黒です。日本は真っ黒です。不正の上に成り立つ偽者の支配する国家だと思います。 

22. 2019年2月12日 00:10:19 : IJjjrLkBu1 : Tp0IihGPIW0[3909] 報告
  高度経済成長を目的とした時点で、面倒な国民議会による論戦を吹っ飛ばし、高級料亭で自民と官と財とで根回しした通りに予算を確保し世界に打って出るのが最善であるとの共通意識が有ったのだろう。
   結果的に膨大な国富を得たものの、その再配分の段になって吝嗇が過ぎたか自民財官の集団主義が災いしたか、政権交代も惜しくなり国富を彼ら護送船団仲間で分け合う方向での暗黙の合意が有ったと言える。
   その中でも官は企業への天下りや公益法人格をつくり第二第三の就職先として確保する道に味を占め、次にはその道筋を的確に次代に順送りする仕組みを保持することが義務化されたと言える。
   そのためには立法案を作る際の現憲法理念との整合性の有無や、通達の基本法原則との乖離の有無などを検証するような末端公務員にはキ印を付け、彼らを左巻き職員として左遷状態に置かねばならなかったのであり、古賀氏や天木氏もその類であったろう。
   与党である自民党が護憲を唾棄している政党であり、閣議はもとより、憲法との整合性に関しては法務官僚人事による司法府ですら無視することが可能であり、出鱈目な通達をも司法は擁護、行政事務に瑕疵誤謬無しとの裁定を以て、いわゆる行政実務の法治主義ならぬ人治主義を認めて来たのであり、これもひとえに時の与党が護憲精神を持たなかった故の、官僚と財界、与党との護送船団による公金の放蕩が許された理由だろう。
   公金の放蕩には法治主義ならぬ人治主義が不可欠であるところ、天下り先確保を順送りする官僚機構と補助金交付金を以て経営らしきものを行っている大企業、そして個々の社員の納税者としての一票を無碍にする、経営陣による自民への大型団体献金が今日の日本を作ったと言える。
   官僚を生業とする者の地頭が悪いかどうかは不明だが、寄らば大樹の陰、長いものには巻かれろ、の権威に弱い日本の風土が、裸の王様に対して裸だと明言することを躊躇わせ、かつ黒い石も白だと上位者に言われれば肯定する体質が育まれた結果、護送船団と言う集団による公金収奪システムに貢献したことは確かではないか。
   
23. 2019年2月12日 04:42:31 : Xv3tgOxQqQ : _z_TOA2qLcQ[5] 報告
前回のコラムのほうがインパクトがあったなぁ…

古賀茂明氏

・普通の「先進国」では、マスコミが権力を監視するという機能を果たしているので、こんなに簡単なことなら、すぐに見抜いて、「名目では上がっていても実質では下がり続けています」ということを繰り返し報道していたはずだ。

・日本の大手新聞の記者は、予定稿で、数字と上昇減少のところだけを空欄にしておいて、厚労省の発表があると、その数字の幅に応じて「大幅に」とか「微」増・減というような修飾語を付けて見出しを作り、本文は、厚労省の発表文をコピペするというお粗末な記事を作っている。

・おそらく官邸の今井尚哉首相秘書官などは、マスコミも野党もどうせわからないから嘘の数字で国民を騙せばよいと思っているのではないだろうか。

・やっぱり、「日本は本物の先進国にはなれなかった」のだ。
https://dot.asahi.com/dot/2019020300013.html?page=4

やっぱり土人国家だったのだ。

24. 2019年2月12日 07:04:42 : CzYJx39lTc : FaXl5LfuFC0[1414] 報告

東大政経・法学系学部は【ヒラメ官僚】の養成所だ。

他の大学でも同じ法文系に【ヒラメ官僚】の養成の考えが、巣くっている。

戦後の旧制中学、新制高校でも「東大志向」を最優先してきた。

有名法文系大学に進学することが「出世の第一歩」を疑う教師は

「蚊帳の外」だった。

明治以来の日本の教育の「伝統」だった。

これが今日の無能な「政冶・官僚」を生んだ。

戦後理系で企業のトップになったのは、SONYの井深大で

「珍しいこと」だった。

25. 空虚[1789] i_OLlQ 2019年2月12日 07:54:34 : 9RklbLrP7I : Ev5Q0M9lTz4[1] 報告
>>5地下爺 殿

新自由主義的グローバル経済の矛盾は、自国保護貿易の制度を

維持しつつ、他国の消費経済に依存せざるを得ないことだわなw。

タコ足食いの消費拡大だから、常に紛争の種が蒔かれるww。

トランプ的ナショナリズムは、武力戦争さえやらなければ正当性は

一定の評価がされる。(ただし、自国経済がそこそこ安定していればだねw)

日本のように、他国の紛争のおかげで飯を食うということをせんと

新自由主義的グローバル企業は、マーケットに食い込めんのだwww。

しかも自国消費圏は、どんどん縮小していくわな。

他国労働と他国消費に依存して、自国で優位になるんだからね。

そのツケは、まったく恩恵を受けない人々の財布で賄われる。

官僚という人々は、そういう覇権争いの陰で税金の采配をする者に媚び

最大の忖度を尽くす。そういう処世術が、身に付いた人なんですのww。

且つての日本は、敗戦からの復興という名目でアメリカ経済に入り込み

見事にグローバル経済を達成した。

だが、それも過去のことだ。

日本の自称保守、ウヨウヨ君達はなぜかグローバリズムにえらく寛容だww。

それは、敗戦復興時代の日本的保護貿易時代を懐古してるからだね。

これからの日本は、地産地消だwww ←冗談みたいだろ?w

適正経済で、余力は他国の援助に使う。難儀な課題だわな。

アベノミクスなんて薄気味悪い名前の詐欺に、わーわー♪キャーキャー♪

云ってるようだから、世界の潮流に置いてけぼり食らうんだわな。

官僚という仕事は、エリートがやるもんやおまへんねん。

誰か偉い人が云ってたようにだ、あんな仕事は裕福な人がボランティアで

やればよい。あんな仕事で出世し、裕福になろうなんざ思うから

悪事の巣窟になっちまうんだ。

もうね、AIを活用して官僚のいらない社会が節税の最短距離でんがな。

銀行なんか見てみw、とっくにそっちに舵きってまんがな でんがなwww。

だから、人手不足も嘘でっせ。

官僚様の、自己保身の為の嘘でんがな。(そういうとこはアタマええねん)

26. 空虚[1790] i_OLlQ 2019年2月12日 08:13:52 : 9RklbLrP7I : Ev5Q0M9lTz4[2] 報告
あ、そうそうミゾーユーww。

晋三の周り見てみ、自民・公明の自称政治家を見てみ。

優秀な官僚様をだ、納得させられる能力の持ち主なんざ居まへんがな。

どっかの国の優秀な官僚と、日本国の優秀な官僚の作文原稿さえ

まともに読めへん連中でっせ。

【 悪 事 の 処 世 術 】だけでんがな。

止め口ナチ汚君は東大出という看板で、無学・低層民の巣窟オカルト創価を牛耳って

晋三の仲間に入れてもらったんでんがな。

もうウハウハでんがなw。

本当に若く優秀な官僚さんは、居るには居たよw

だが、下野して民間で活躍しとるwww。

(馬鹿を相手にするのに、我慢でけへんねんかったんやろねw)

27. 2019年2月12日 09:44:38 : HJnkquSZKs : QkhaQCfgSFo[6] 報告
一般国民はHDをドリルで破壊して書類を燃やしても有罪まで持っていかれる。
政治家や官僚は同じ事をしても裁かれないし、逆に権力を強くしていく。
同一に裁けない事が問題である事は誰でも分る。

統計を意図的に改変させた事は犯罪であって、
優秀だとかは関係なく裁く事が大事。
漱石心流、我田引水するような人達を国の決定機関に置く事は、
国にとっても国民にとっても不幸でしかない。

特別公務員である政治家も同様。

それを屁理屈で覆すような事を言い、律しないのであれば、
公務員法、公務員制度も廃止するか削除するしかない。
お下劣極まりない擁護。

28. 地下爺[4870] km6Jupbq 2019年2月12日 11:50:01 : 4Exlh1atJU : wgVA0Rqr7Fk[682] 報告
空虚 さん


  ほんまに そうでんなー

  わたし すぐに 劇的に良くなる とは 考えていません。

  みんなが 同じように 考えるようになるなんて 現時点じゃ
 
  それは 「洗脳」 しか無いと思いますやん。


  じゃー なんもできないなら どうしょうもないわ

  ということではなく。


  でも暗闇を照らすの サーチライトの ような 存在は あると思います。

  それが この星の 「希望」 というものだと思いまっせ。


   本当に好きな歌!!2つのサーチライト (玉置浩二&絢香 クラシック)
     https://www.youtube.com/watch?v=_J4e7-gEWes


     by わずかなツマミと焼酎のお湯割りがあれば充分満足な地下爺。
            ↑
        猫に奪われてはいるが。。。^^;

29. SHIGE[259] gnKCZ4JogmaCZA 2019年2月12日 12:10:24 : 8UP26mIKBQ : hYRsxvg75QU[242] 報告
さすがに元キャリア官僚で、その中でも有能で正義感の強い反骨の国家公務員の視点での解説は説得力がある。

現在露見しているような不祥事の多くは、もし彼の提言に沿った改革がなされれば、感情面でも制度面でも多くの国民の理解を得て解消されていくだろう。

彼は、エリート官僚は本質において「普通の人」であるという大前提の上に、公務員への期待の限度や不正の可能性、集団としての負の習性、等々を捉えなおそうと言っている。

そのうえで必要な縛りや監視といった制度面の整備を提言している。
言わずもがなの内容だが、これすらも現政権では容易には前進させ実現できる状況ではない。

それでも彼のようにエリート官僚の生態に知悉した側からの提言というだけで、価値は十分にあるだろう。

しかし、古賀氏の考えすべてには同意はできない。

キャリア官僚でもノンキャリアによっても、いまでこそ稀になっているかもしれないが、国民大衆の側に立った仕事は多く成されてきた。

それらは表に出ないことがほとんどだろうが、慎ましやかに語り継がれているかもしれないし、これからの若い官僚にもその可能性は消えていないように思える。

それは古賀氏も否定しないに違いない。

私が氏に違和感を持つところは、官僚が良いことだけをできないのはまた正義を完全には全うできないのは、彼らが「普通の人」だから、という論法である。

ケチをつけるわけではないが、古賀氏の「普通の人」という言い方は、人間はエリート官僚であろうと本当は中身は大したことないんだ、という区分付ひいては必要のない言い訳のように見える。

この考え方は、エリート官僚を特別視してはいけないという観点のようでいて、いつかは「普通の人」に向かいそして大衆蔑視に行きつくように思える。

当方は、戯画や通俗ドラマの正義ではなく、世間や社会に通用する「正義「」とか「まっとうさ」というものを問題にしているつもりだ。

氏の考えに反して、そういう「正義」「まっとうさ」こそは、実は「普通の人」であることによってのみ、身に着けることができるしまた実践できることなのではなかろうか。

「普通の人」の「まっとうさ」や「正義「」には、それぞれの境遇と制約のなかで幸いにも成し遂げられたこと、やろうと思っても結局できなかったこと、もまた含まれているだろう。

官僚が不正義や不実をなすときは、官僚自身の中にある「普通の人」としての原点を見失っているにちがいない。

「普通の人」のなかにある「まっとうさ」や「正義」への願いを忘れたり軽視した時に、邪と言われることは多く発生しているように思える。

近時の官僚等による不祥事もこの例外ではないことはだれも納得する。

30. 2019年2月12日 13:20:19 : dZT8YVq50d : 9e__8TVbT20[208] 報告
小泉からの自民党政治で、
忖度しかできない官僚組織に変えられたからですよ!

官僚の忖度でしか成果を語れない
それだけ無能な首相しかいなかった!ってことでしょ

31. 2019年2月12日 15:09:46 : wEiySXr5WY : QaNe5Z1JwJ4[3] 報告
ハァ?さすが、元官僚!
一般人がジャッジするなら分かるが、官僚だった人が?
言葉は便利だ。
罠か!自ら参加したんだよ。自分の意志で。

一般社会、企業だったら‟首”だよ!
これでまた、役人天国が息を吹き返す!

役所内で20万円!使い込みして、外部に流出すると不味いからと役所内で補てんして、その職員は今尚、在職中だとか。身内の人が話していた。

32. 2019年2月12日 16:59:38 : LiAK8mOVpk : JfLzxe_9T5I[1033] 報告
昔は役人が不祥事を起こすと責任を取らされ晒し者にさた、それが怖くて不祥事を起こさないようにしていたと思うが、今は上があれだし、メディアも仲間で黙っていてくれるし、これで役人がまともに成る訳は無いですよ今のままでは。
33. 2019年2月12日 18:54:21 : g5uyi9Mk8E : fjAT4AfkP4g[11] 報告
犯罪者集団だと、
客観的に見たがよいと
思います。
34. 仁王像[2561] kG2JpJGc 2019年2月12日 20:05:40 : HFl1Y1Iw7U : NlLD5zUWLuw[1] 報告
 (タイトルを一瞥しただけの反応だが)

 古賀茂明氏は、”もの言う役人”ということで知られていたが、役人からの”華麗な”転身に何らかの齟齬が生じたのだろうか。
 彼の本によると、現役時代、ある組織に天下る勧めがあったという。年俸はそこそこで不満のないものであった、と(その代わりものが自由に言える立場ではなかったろう)。

 だが、彼はそれを蹴って、民間の一言論人になった。それまでの行きがかり上、天下りを自分に許せなかったのか、それなりの目算があったのかは分からない。
 放ステを降番するとき、古舘と言い争いになった場面をたまたま目撃した。ここでの古賀の態度は見苦しく感じた。古舘「通常の人事にである」の通りだったのか、テレ朝に嫌われたのかは分からない(そこは視聴者が判断することだろう)。
 テレビ出演の言論人が降番になることはあり得る。文句があるなら事務局と談判すべきである。

 「歯切れが悪い」との評は、彼の「党派性」が曖昧なところから来ているのではないか。
 彼は統治者側に席を置いてきたし、そのこと自体が問われることはない。良い統治者として統治者側に身を置き、国民のためになる”良い統治機構”の形成に尽力する道もあった。
 出世は望めないかもしれないが、案件によっては部分的に評価されることもあるだろう。実際、そんな生き方をしてる人も多いだろうし、そんな生き方も認められて然るべきである。
 そこが曖昧である。転身を決意したとき、被支配者側に立つと決意したのかどうか。
 歯切れの悪さは、ここから来ていると思う。

(補)
 某陰謀論の大将にも、統治者側に身を置いて、末端から統治者中枢に向かって、統治の仕方について批判・異議申し立てするのは有り得ること、と言ったことがある。
 俗に”良い統治(者)”と”悪い統治(者)”に区分けするのは、異常なことではない。

 民主政(デモクラ)では、代議制で選出された政治家に各種権限を移譲する。
 彼らが民衆の負託に十分応えられない場合は、引きずり降ろして血祭りに上げるということ(小室、副島)。


35. 2019年2月12日 20:57:55 : Yoir6UzXrc : ydeJLA7i9q0[47] 報告
『「民主主義には「法の支配」が欠かせない。」事と
「誰も(大統領さえ)、法の上には立てない。」』という常識が、
教育を受けた米国民に周知徹底されています。

その「法の支配」の法の基本法が憲法ですから、憲法を適切に解釈
できなければ、民主主義を適切に理解することが出来ないという事
になります。

例えば、日本では、法の基本法である憲法を踏み躙る、虚仮にする
法律を国会(議会)が作成するとか

又は、政令官僚様が憲法違反行為を正当化する為に官僚機構に
法律を作成させる

(例えば、政令官僚様が、主権者皆様のPCを検閲することを合法化
する法律)

という考えられない、北朝鮮も真っ青の非民主化行為が蔓延って
いますが、

こんな非民主国家は、民主国家間では日本だけです。

で、何が、原因かですが、先ず、主権者皆様は憲法知的障害者に
仕立て上げられているだけでなく、

司法関係者と大学関係者も憲法解釈知的障害者に仕立て上げられて
しまっている事実が存在します。

証左は、誰も「英文憲法と和文憲法の間には、齟齬が生じている。」
と公言しないどころか

未だに、「憲法96条1項は修憲手続き条項と明言しており、改憲
手続き条項とは明言していない。」と指摘明言する司法関係者が
現れていない事実です。

ですから、憲法知的障害者に仕立て上げられた主権者皆様が習慣付け
無ければならない作業:

「何か可笑しいな、納得できないなあ、そんなことが本当にできる
のかなあ」と思った時は、

「憲法のどの箇所に明記又は暗示されているのか」を自問自答する
作業が、必須となります。

より重要な事実:

例えば、官僚が、新たな省庁を設立するには、憲法にその事を明記
している又は暗示する箇所が存在するか否かで決まります。

存在しないのであれば、その省庁を廃止しなければなりませんので、
既存の省庁の統廃合を憲法に従って行う事が必須となります。

例えば、「スポーツ庁」は即廃止しなければならない事は、誰でも
理解できます。

(こんな馬鹿な庁を認めるから、官僚が図に乗ることが出来てしまう
訳です←「おい!新たな省庁を創るから、無能な役人を引き受ける
ことが出来るぞ!」←フクシマの時に「原子力安全・保安院」を
「不安院」と揶揄した事実を思い出して下さい。)

防衛装備庁も即廃止しなければならない庁です。

なぜなら、憲法9条を虚仮にする戦争法(集団的・個別的自衛権法)
を根拠法としているからです。

文科省も「教育庁」に大幅縮小することが可能ですが・・・

最も重要な事実:

官僚の権力の源泉である「政令」ですが、

和文憲法では「政令」と明記されていますが、英文憲法では「内閣令」
と明記されている事実です。

要するに、和文憲法だと、官僚は政令を盾に総理と大臣の命令を
サボタージュすることができますので(鳩山総理の県外移設を阻止
することが出来た実績を思い出して下さい)、

しかも、憲法41条「国会は唯一の法律作成機関。」を嘲り笑う、
虚仮にする、踏み躙る

国会法56条「国会議員は法律を作る必要がない、官僚機構が国会議員
に代わって作るから。」に法的効力が与え続けられて、70年以上が
経過しています。

要するに、政令官僚様が政府を三権統合で運営する「政令行政」
が、可能となっており、

しかも、政令官僚様(事務次官会議メンバー)と官僚機構は、
選挙の洗礼を受けませんので、無敵の権力者組織となってしまって
います。

要するに、政令は、和文憲法73条6項「cabinet orders←政令」を
根拠法とすることが出来ますが、

英文憲法73条6項「cabinet orders←内閣令」を根拠法とすることが
不可能となり、

英文憲法違反命令と断定する事が可能となっているのですが・・・

36. 2019年2月12日 22:32:18 : egpEoPLIfw : DMRQX1hPds4[19] 報告
官僚の中にも工作員を忍ばせておき、それを外圧により
昇格させて悪事を働かせる。今や人事も掌握されているので
どうしようもないからね。その一部は秘書官などになって
安倍政権に口を出すようになった。特に国民と関わりの強い
厚労省と経産省がターゲットとなっているようだ。

 安倍首相秘書官に5人の朝鮮人
 http://blog.livedoor.jp/matrix_zero1/archives/2104910.html

今回の件はガス抜きの為にごく普通の官僚たちが犠牲になっただけ。

37. 2019年2月12日 22:46:55 : EodejQpUZ6 : @TJW6v5_jcE[2] 報告
やって良い事と悪い事の区別が付かない時点で、”馬鹿”って呼ぶんだよ#

わかったかい?古賀のバ〜カ!!貴様の所詮は官僚だったなんてチンケなプライドに縋ってるんじゃネーよ|

38. 仁王像[2562] kG2JpJGc 2019年2月13日 12:16:34 : Gholur6ivA : 4wZ1ii45Z2s[1] 報告

 本分を斜め読みすると、「エリート官僚は”勉強秀才”なだけ」、という主旨のことが書いてある。
 いかにも大衆受けしそうな内容である。読者への”媚”を感じるのは筆者だけか。ご本人はその埒外にいるという文脈も変だ。

 植腐が、ことあるごとに一般国民(民衆)を”主権者”と持ち上げるのに似ている。
”経済学者”植腐は、民主政(近代デモクラ)の何たるかが全く分かっていない。だから子どもじみたことを口走り、やはり読者に”媚”ているのだ。

・国民主権という不可解な虚妄〜デモクラシーも、民衆に対する支配体制の一つなのだ/(正常な頃の)副島隆彦
http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/155.html
投稿者 仁王像 日時 2014 年 2 月 20 日 20:22:41: jdZgmZ21Prm8E Tweet    


39. 2019年2月13日 18:01:56 : Yoir6UzXrc : ydeJLA7i9q0[48] 報告
>>35 連投ご容赦

官僚の天下り組織に関して、モリカケ問題の脈絡で言えば、

近畿財務局を含む、全国に存在する、国有財産横流し天下り組織
であるXX財務局を廃止する事が必須ですが、一向にその兆しが
見えません。

それどころか、近畿財務局OBがメディアに堂々と顔出しで登場し、
被害者面するという超異常状態ですが、

この盗人猛々しい御仁達を政令官僚様ケツ舐めメデッアが「被害者」
として発言させているから出来る離れ業です。

どう言うことかと言えば、

国有財産(公金や公有地)を主権者皆様の了解無く、勝手に、好きな
価格で、

憲法89条で禁止されている相手(宗教法人と学校法人と社会福祉法人)
に利益供与する為に、

全国に、近畿財務局を含む英文憲法89条違反XX財務局を設立して
いる現実です。

要するに、憲法で禁止されている相手に利益供与する為に、

XX財務局を全国に設立させ、その違憲組織に官僚が天下っている
という構図です。

ですから、本当の被害者は、主権者皆様だということになります。

より重要な問題:

なぜ、国有財産横流し天下り組織を温存できるかですが、

この国有財産横流し疑獄事件の受益者が官僚だけでなく、国会議員
も受益者だからです。

国会議員が落選すると、私学助成を受けている私立大学が教授職を
提供することで、

主権者皆様のおカネで、落選議員の生活の面倒を見ることができる
からです。

要するに、官僚と政治家が協力して、主権者皆様のおカネを私物化
している構図です。

最も重要な問題:

政令官僚様は、一般会計予算「100兆円私物化予算」をスムーズに
行える様にする為に、

国会議員に餌(昨年は、公文書改竄問題で、今年は統計改竄問題)
を与えることで、

国会議員にとって最も大切な仕事である、憲法83条保障の「予算
チェック権限」を行使した、予算チェック作業を疎かにして、

探偵ゴッコにうつつを抜かすことに、大義名分を与えている様に
みえる報道が政令官僚様のケツ舐めメディアで報道されますので、

主権者皆様は、錯覚して野党の追及を応援したくなっている事です。

が、憲法41条は「国会議員を法律作成者(政策作成者)として汗を
流せ!!!」と謳っています。

決して、「探偵ゴッコで汗を流せ!!!」とは謳っていません。

憲法62条保障の「捜査権」の行使は、国会議員以外の有能な捜査陣
を国会議員が指名して、委託し、

国会議員は、一年で最も大事な法案である一般会計予算案の中身の
吟味に汗を流すことに専念する義務を課せられています。

コメント直後にそれを表示する方法は?ブラウザの再読込をしたらOK!

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK257掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK257掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK257掲示板  
次へ