★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK258 > 176.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
北方領土は「四島一括返還」という原則を決して崩してはならない。(日々雑感)
http://www.asyura2.com/19/senkyo258/msg/176.html
投稿者 笑坊 日時 2019 年 3 月 05 日 10:41:23: EaaOcpw/cGfrA j86WVg
 

https://okita2212.blogspot.com/2019/03/blog-post_13.html
3月 05, 2019 日々雑感(My impressions daily)

<北方領土交渉が大詰めに差し掛かっている印象があります。そこで今回は、ロシアの国営メディアのインタビューで私が提案し、「そんな名案があったのか」と評価された「北方領土返還プランB」についてお話をしておきたいと思います。

いずれも「面積等分論」と「ドイツ最終規定条約」を踏まえたものですが、日本にとって最もメリットがあるのは4島の返還です。と言っても、ロシア側がすんなりと受け入れるわけはないのですが、4島について日本の主権を認め、択捉島とウルップ島の間の択捉水道を国境線とし、そのうちの択捉島についてはロシア軍の駐留を認めるのです。このプランの基礎になっている考え方は、小渕恵三政権の当時、私が野中広務官房長官を通じて提案させてもらったものです。

北方領土問題を沖縄の問題と対置し、日本に返還された後も日米安保条約に基づいて沖縄に米軍基地が維持されていることと同様に、日露の平和条約の中に北方4島へのロシア軍の駐留を認めるという項目を設け、4島一括返還を円滑に実現しようというものでした。残念ながら、外務省をはじめとする反対の声の前に、いつしか消えてしまいました。

そこで新たな提案ですが、北方4島の返還についてはロシアが中国やノルウェーと行ったのと同じように面積等分論で臨み、その上でロシア国内の世論が受け入れやすいように、返還される択捉島の西側5分の1の地域にだけはロシア軍の駐留を認めようというものです。日本として、一定の譲歩をした形になります。

プランBの第2案は、歯舞、色丹、国後の3島の返還で決着させようというものです。面積等分論で言うと択捉島の西側5分の1ほどが日本に帰属する計算になりますが、そうなるとオホーツク海と太平洋を結ぶ潜水艦の通路として択捉水道を是が非でも守りたいロシアの軍部や世論を説得することが難しくなります。そこで日本側も大きく譲歩をして、国後島までの返還で決着を図るというものです。

以上の2通りのプランBでは、いずれもドイツ最終規定条約に準じた条約を日本、ロシア、米国の3カ国で締結し、日本に返還された北方の4島あるいは3島に米軍をはじめとする外国軍隊と核兵器の配備を行わないことを明記することになります。

さらに、プーチン大統領とロシアの世論を説得する材料として日米安保条約を有効に使う必要があります。北方領土の返還がいつまでも実現しない中では、ロシアに対する日本の世論が硬化していくことは避けがたいわけで、ロシアに向けた日米安保体制の強化が進むことは間違いありません。

しかし、上記のプランBのような形で北方領土の返還が実現し、日本の世論がロシアに対して友好的に変化していく中では、ロシアに対する日米安保体制の強化は一定の水準にとどまるでしょう。そうなれば、広大な国土を抱えたロシアは東の日米、西のウクライナやNATO諸国と対峙する二正面作戦を強いられることから解放されます。国土の東側において脅威の度合いが低減することは、ロシアの国益に適うことでもあるのです。この現実的な考え方をプーチン大統領に理解してほしいと、私はインタビューで述べました。

関連して、ロシアのラブロフ外相が2月16日の日露外相会談で、国連憲章の旧敵国条項を持ち出し、河野外相に対して「敵国条項の対象国とは交渉しない」として、北方領土に対するロシアの主権を認めるよう求めたとのニュースが飛び込んできました。ラブロフ外相は「国連憲章には(第2次大戦での)戦勝国による行為は交渉不可能と書かれている」と主張したとのことです。

旧敵国条項は、第二次世界大戦の敗戦国7カ国(日本、ドイツ、イタリア、ブルガリア、ハンガリー、ルーマニア、フィンランド)が対象とされ、事実上死文化していることもあって1995年の国連総会決議で削除に向けた国連憲章の改正が勧告されています。しかし、改正には国連安全保障理事会5常任理事国による批准が必要なこともあり、現在も残っているものです。ラブロフ外相はこれまでにも、この敵国条項を根拠として北方領土に対するロシアの主権を主張してきたのです。

これは、原則論としてはひとつの考え方ではあります。しかし、これに対して日本が北方領土問題はソ連が日ソ中立条約を破り、ソ連軍が占領地の千島列島を不法併合した結果だと反論すれば、そのような関係が続く限り、北方領土問題の決着は望めません。そうなると、ロシアにとって国土の東側における日米の脅威も、解決することなく残ることになります。

日本としては、ラブロフ外相の敵国条項発言に対して「ロシアは二正面作戦を続けるつもりなのか」と問いかけ、Win-Winの形で決着するのが望ましいのではないかと持ちかけることがポイントとなるでしょう。

ロシアの国営メディアの特派員は「そんな名案があったのか」と全面的に賛成してくれましたが、このメディアに私のインタビュー記事が載り、プーチン大統領の目に止まることで、北方領土交渉に大きな進展が見られるといいなと、勝手に頷いたりしています>(以上「BLOGOS誌上「小川和久氏の論文」より引用)


 二等分返還で、しかも択捉島にロシア軍の駐留を認める、という小川氏の提案は独立国家・日本として認められるものではない。北方四島の一括返還、という日本の原則を崩してはならない。

 ラブロフ外相が根拠としている「戦利品」論は国連(゛国連」と翻訳したのは日本国内向けのプロパガンダに過ぎず、国連の英語名は「United Nations」で、つまり「戦勝国」だ)が認めている、というが、それは戦勝国の論理に過ぎない。

 ポツダム宣言を受諾して日本は「無条件武装解除」しただけであって、国家のすべてを放棄したのではない。あくまでも日本の固有の領土に関しては連合国もポツダム宣言で「国体保持」を認めている。

 ロシアは日本軍と8月15日以後には戦っていないはずだ。つまり北方領土は「戦利品」ですらない。武装して空家に入り込み、そこの住民に銃口を向けて追い出したに過ぎない。それを常識的には「強盗」と呼ぶ。

 ロシアは日本から不法に北方領土を強奪し、そのまま居座っているに過ぎない。そうした国家による不法行為に小川氏提案は日本が譲歩せよ、といっている。なんという売国論理だろうか。

 領土問題の解決を急いではならないし、原則を放棄してもならない。ロシアと日本が平和条約を締結しなくても、日本にとって不利益は何もない。むしろロシアの方にこそ不利益が大きい。

 なぜ日本は西側の一員という立場を強調して、ロシア制裁の輪に積極的に加わらないのだろうか。北方領土に暮らすロシア人を逼塞させるために、北方領土や極東ロシアとの貿易をすべて封鎖すべきだ。

 ロシア産のタラバガニを食べなくても日本国民は一人として飢えはしない。それくらいはどうということはないではないか。それよりも未来の日本国民にとって、北方四島返還で愚かな譲歩を一切拒否する方が良い。

 日本政府は「不法占拠」していると、ロシアを延々と批判することだ。戦勝国支配、という愚かな国連体制下で世界は平和に近づいているのか。そろそろ戦勝国クラブの国連体制を脱して、新しい核なき「世界安全保障機構」を日本が提唱して創設すべきではないか。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2019年3月05日 12:13:15 : jdbscxdMEI : ZWNRcnA3VXlMSmM=[3] 報告
もうずっとお経をあげておくのも一つの手かも知れない。そのうち歯舞、色丹島など日本人のほとんどが知らないようになる。

マスごみが変わらなければ日本人が変わらなければそうなる。

2. 2019年3月05日 12:22:04 : 2E7Y2IMOLE : OVQ3QUxpRmtEVlE=[1] 報告
日露両国民は、
北方領土の日本への「四島一切返還無し」という原則を決して崩してはならない。
北方領土は日ソ国民が厖大な犠牲を払って反ファシズム闘争の末に固定したものである。

天皇制下の侵略強盗戦争時代、国民弾圧が常態化していた。

平和、自由、民主主義、人権…を抑圧し歴史を逆流させる「復旧派」を告発。
治安維持法によって逮捕されたものは数十万人、虐殺80人余、 送検75,681人、実刑5,162人に及ぶ。
戦前、特高警察の拷問などで命を奪われた人だけでも1697人以上。
(治安維持法犠牲者国家賠償要求同盟調べ)。
こうした人道に反する犯罪をおかした特高たちは、戦後、約5000人が公職追放となり、
特高課配属の下級警察官は職を失いますが、特高官僚は「休職」扱いで多くが復権、
要職についた。国会議員には次の54人がなった。
(『告発―戦後の特高官僚―反動潮流の源泉』参照)

ソビエトレニングラードはヒトラー・ヒロヒト三国同盟のドイツ軍の包囲に耐え抜き、飢餓や砲爆撃によって、ソ連政府の発表によれば67万人ー100万人以上の市民が死亡した。これは日本本土における民間人の戦災死者数の合計(東京大空襲、沖縄戦、広島・長崎を含む全て)を上回る。

あの大戦中、
日本国民は天皇制ファシズムとたたかい、
ソビエト人民はヒトラーファシズム軍と戦った。

北方領土は日ソ国民が厖大な犠牲を払って反ファシズム闘争の末に固定したものである。
安倍極右カルト内閣下の日本に北方4島返還など日本国民は許さない。

3. 2019年3月05日 14:38:48 : OHYGUy9uuc : Q1QvdWU3aVAza28=[6] 報告
 たわごとは、日本が独立を勝ち取って、ディープステイトの支配をも断ち切ってから、はじめるとよい。4島までもディープステイトの支配下に置くことはない。
 今だって税金を払えば払うほどに自由が遠のくという悪循環で悩まされ、国に税を払わないアマゾンで買うほうがましかと考えることもある。
4. 2019年3月06日 20:00:32 : o4ZxWSpuaU : cmp4OUZBQlJQcUU=[279] 報告
思い馳せ 「批判相手」に 媚びを売り

貧困化 吹き始めたり 飢餓の風

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK258掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK258掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK258掲示板  
次へ