★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK259 > 510.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「イスラエルのゴラン高原併合 認めない」米に伝達 外相/nhk
http://www.asyura2.com/19/senkyo259/msg/510.html
投稿者 仁王像 日時 2019 年 4 月 10 日 20:05:51: jdZgmZ21Prm8E kG2JpJGc
 

「イスラエルのゴラン高原併合 認めない」米に伝達 外相/nhk
2019年4月10日 11時44分トランプ大統領
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190410/k10011879101000.html?utm_int=news-international_contents_list-items_003

アメリカのトランプ大統領がシリア領のゴラン高原について一方的にイスラエルの主権を認めたことをめぐり、河野外務大臣は10日の国会で、先週、アメリカ側にゴラン高原の併合は認めないとする日本の立場を伝えたことを明らかにしました。

河野外務大臣は10日の衆議院外務委員会で「わが国はイスラエルによるゴラン高原の併合は認めないという立場をとっており、アメリカによる主権の承認は過去の安保理決議とは相いれない。この点について、G7外相会合の機会にアメリカのサリバン国務副長官に対しても説明をした」と述べ、先週フランスで開かれたG7外相会合の際にアメリカ側に日本の立場を伝えたことを明らかにしました。

そのうえで、G7外相会合で中東和平に関する議論が行われた際に「アメリカを含む関係国と今後一層、緊密に意思疎通を図っていきたい」と述べたことも明らかにしました。


 (これも下に同じ/仁王像)
http://www.asyura2.com/19/senkyo259/msg/478.html#c2  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2019年4月11日 00:12:33 : ZKr7qDuIxo : SGJTekdyVEVpeXM=[19] 報告
第二次世界大戦以降、侵略戦争による領土拡大は認めないとする考えが、国際的な標準として存在している。

日本もアメリカに盲目的に追随せずに原則を貫く立場を堅持すべきであり、外務省が国際標準的な立場を貫く意向を表明した事は歓迎で有り、それで良いだろう。

2. 2019年4月11日 09:19:28 : fCZ83cf8p2 : YzI0bTRWZmk2Mms=[116] 報告
  ろ; ロシアで叩かれ  シリアで挽回  //ご主人の顔がちらつき冷や汗もんでしたが一応今回は言ってやりました、みたいな 
3. しんのすけ99[342] grWC8YLMgreCrzk5 2019年4月11日 12:42:49 : A4AvZivHZs : WU95VlVYQVVmdmM=[104] 報告
まあ いくらアメポチの自民党安倍政権でも さすがにこればっかりは追随は出来ねえだろうな
トランプが大統領の座から引きずり降ろされた後が 極めて恐ろしいだろうから。
4. 前河[1884] kU@JzQ 2019年4月12日 01:12:58 : VBE3UNo8zw : eHJJTndDTTJoM2s=[26] 報告
やっと常識的な判断をしたか。まあ当たり前と言えば当たり前なんだろうが、安倍政権になってからは当たり前のことも出来ない人達だったからな。

まあ、政権はクズでも外務省の常識的判断だったのか?

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK259掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK259掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK259掲示板  
次へ