★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK260 > 122.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
韓国に敗訴WTO判決で安倍政権が嘘の説明!「日本産食品の科学的安全」を立証しなかった自分たちのミスを隠蔽(リテラ)
http://www.asyura2.com/19/senkyo260/msg/122.html
投稿者 赤かぶ 日時 2019 年 4 月 24 日 21:35:06: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

韓国に敗訴WTO判決で安倍政権が嘘の説明!「日本産食品の科学的安全」を立証しなかった自分たちのミスを隠蔽
https://lite-ra.com/2019/04/wto.html
2019.04.24 韓国に敗訴WTO判決で安倍政権が嘘の説明! リテラ

     
     またしてもウソ(首相官邸HPより)


 安倍政権による“捏造”がまたも発覚した。今月11日、世界貿易機関(WTO)の上級委員会が、韓国による東京電力福島第一原発事故にともなう被災地などからの水産物を全面禁輸の措置を妥当とする判決を下したが、この日本が逆転敗訴した問題を受けて、安倍政権がフェイク丸出しの説明をおこなっていたことが朝日新聞の報道でわかったのだ。

 しかも、呆れたことに、安倍政権は訂正するどころか、明らかなゴマカシと嘘の上塗りを用いて、この問題を報道した朝日新聞に反論・抗議をおこなっている。

 誰が嘘をついているかをはっきりさせるために、一から経緯を説明しよう。そもそもこの紛争は、韓国が福島など8県の水産物の輸入を禁止していることに対して2015年に日本政府がWTOに提訴、2018年にはWTO紛争処理小委員会が日本の主張をおおむね認めて韓国に是正を勧告する第一審の報告書を公表していた。だが、前述したとおり、11日にWTO上級委員会は一転して第一審の判断を破棄し、日本は逆転敗訴となった。

 しかし、問題はここから。このWTOの判断について、翌12日におこなわれた定例記者会見で、菅義偉官房長官は「わが国の主張が認められなかったことは誠に遺憾だ。韓国に対し科学的根拠に基づき輸入規制の撤廃、緩和をするよう粘り強く働きかけていく」と主張。そして、こう強調したのだ。

「(WTOの)同報告書においては『日本産食品は科学的に安全であり、韓国の安全基準を十分クリアするものである』との一審の事実認定は維持されております」
「したがって本件事案について我が国が敗訴したとのご指摘は当たらない」

 また、河野太郎外相も12日にTwitterでこう投稿した。

〈日本産食品は科学的に安全であり、韓国の安全基準を十分クリアしているとしたWTOパネルの事実認定が、上級委員会でも維持された。〉

 WTOは「日本産食品は科学的に安全」だと認定している──。こうした安倍政権の主張にメディアも追随。読売新聞は14日付けで「WTO逆転敗訴 安全性を科学的に訴え続けよ」というタイトルで社説を掲載、産経新聞も13日付け社説で〈日本が主張した科学的な安全性が覆ったわけではない〉とWTOの判断に疑義を呈した。無論、ネット上でも「科学的に安全だと認めているのにWTOの判断はおかしい」「韓国の言いがかり」などといった声があがっていた。

 ところが、だ。朝日新聞が昨日の朝刊一面で「WTO判決「日本産食品は安全」の記載なし 政府と乖離」と見出しを掲げ、こう伝えたのだ。

〈日本政府が第一審の判断を根拠に説明している「日本産食品の科学的安全性は認められた」との記載が第一審の判決文にあたる報告書にないことがわかった。〉

 これが事実なら、菅官房長官や河野外相の「『日本産食品は科学的に安全』との一審の事実認定は維持された」という発言は、まったくの捏造ということになる。そもそも、日本が勝訴した一審でそんな事実認定がなされていなかったとすれば、逆転敗訴した上級審でその事実認定が維持されるはずがないからだ。

 本サイトもまさか、と思って、一審の報告書を一から確認したが、たしかに「日本産食品は科学的に安全」などという文言はまったく見つからなかった。

■菅官房長官と河野外相の朝日への反論・抗議はゴマカシと嘘の上塗り

 ところが、冒頭でふれたように、安倍政権は、こうした問題を指摘した朝日の記事に対し反論・抗議をおこなった。菅官房長官は会見で「日本産の食品中の放射性セシウムの濃度が、日本および韓国の基準値を下回ることを第一審は認めている。上級委員会はこの事実認定を取り消していない」と述べた上、「自然な解釈だと思っている」と強弁した。

 また、河野外相も同様の主張を展開した上で「朝日新聞だったかが、やや正確性を欠く記事があって、日本産食品の安全性に疑念を抱かせかねないものがあった」と抗議した。

 しかし、これ、完全なゴマカシと嘘の上塗りだ。繰り返すが、朝日新聞が問題にしたのは、菅官房長官や河野外相の発言のうち、「科学的に安全と認められた」という部分が一審の判決文になかったことだ。

 ところが、菅官房長官も河野外相も、その「科学的に安全と認められた」という自分の発言を、一審の判決文で事実認定されている「日本産の食品中の放射性セシウムの濃度が韓国の基準値を下回っている」という話にすり替え、「上級審でもその認定が維持されている」などと強弁していのだ。

 しかし、「セシウム濃度の基準値クリア」を一審が認定していたことと「日本産食品が一審で科学的に安全と認められた」というのはまったく違う(しかもセシウム濃度の一審認定については朝日もきちんと記事にしていた)。

 しかも、菅官房長官はこの「セシウム濃度の基準値クリア」について、「上級審が取り消していない」などと言っていたが、これも明らかなまやかしだ。

 菅官房長官は「セシウム濃度の基準値クリアは維持されている」などと言い出したが、そもそも菅官房長官も河野外相も当初はセシウム濃度の話をしていたわけではなく「韓国の安全基準をクリアしている」と言っていたのだ。ところが、この「韓国の安全基準をクリアしている」というのは上級審ではくつがえされている。

 上級審は、韓国のALOP(衛生基準)が多面的な複数の要素で構成されているにもかかわらず、「食品中の放射性物質の量」だけをもって、ALOPを満たしているとしたパネル(1審にあたる小委員会)の議論は不十分であると指摘。そして、〈日本の提案する代替措置が韓国のALOPを達成しているとの判断は誤りだった〉と1審の判断を明確に否定し、〈我々は、包括的な輸入禁止の適用など韓国の措置が、SPS協定5条6に反する「必要以上の貿易制限」だとするパネルの結論を破棄する〉と結論づけている。

 また「恣意的又は不当な差別」を禁止するSPS2条3の適用においても、〈食品汚染の可能性に影響を与え得る他の地域的条件などに関する調査結果を調整させることなく、食品の現在の汚染レベルのみに依拠している〉などとして、1審の判断をくつがえしている。

 菅官房長官や河野外相は自分の発言の嘘をつかれたために、自分たちが設定した「食品中のセシウム濃度」というたったひとつの数値を持ち出して、話をすり替えているだけだろう。

■日本政府は「日本産食品が科学的に安全」を立証しようとしていなかった

 ようするに、菅官房長官や河野外相は明らかな事実があるにもかかわらず、「『日本産食品は科学的に安全であり、韓国の安全基準を十分クリアするものである』との一審の事実認定は維持されている」という自分たちの嘘発言を「自然な解釈」だと言い張り、朝日新聞を「日本産食品の安全性に疑念を抱かせかねない」などと攻撃したのだ。

 まったく度し難い嘘つきぶりだが、しかし、連中がもっと悪質なのは、「日本の農産物の安全性アピール」や「韓国への対抗」というような目的だけで、このフェイクを流したわけではないことだ。

 菅官房長官、河野外相、外務省、農水省がわざわざ「科学的な安全が認められた」と強弁したのは、自分たちの政策ミスを糊塗するためだった可能性が非常に高い。

 じつはこのWTOへの提訴で、そもそも日本政府は「科学的に安全」であることを立証しようとしていなかったのだ。

 日本は韓国の輸入規制に対し、WTOのSPS協定(衛生植物検疫措置の適用に関する協定)における「科学的な原則に基づいてとること」(SPS協定第2条2)では争わず、「恣意的又は不当な差別の禁止」(SPS協定第2条3)や「必要以上に貿易制限的でないことを確保する義務」(同協定第5条6)などの違反にあたるとして提訴しているのだ。

 一審の判決文に「日本産食品は科学的に安全」という記述がないのは当たり前で、日本政府のほうが「科学的に安全」を立証することから逃げていたのだ。

 そして、この「科学的な安全」の立証の放棄が、上級審で日本の逆転敗訴を許した大きな原因になった。実際、上級審の判決文を読んでも、その科学的な安全の立証の不十分さが指摘されているし、朝日新聞も同日の記事で、この問題を指摘していた。

 WTOに詳しい中川淳司・中央学院大学教授は「日本が2条の2違反を主張しなかったのは、立証が難しいと考えたからだろう」と推測。「日本が「王道」の議論を避けた時点で、この裁判は勝ち目が無かったと思う」と述べている。

 ようするに、「科学的に安全を立証」することを放棄した結果、逆転敗訴を招いたことを隠すために、官邸、外務省、農水省が一体になって「一審では『日本産食品は科学的に安全』と認められた」などと事実を“捏造”して国民に説明したのである。

■国連グテーレス事務総長の発言まで捏造した安倍政権

 自分たちの失態を隠すために、国際機関の報告書まで捏造して国民に虚偽の説明をおこなう──。公文書を改ざんしてしまう政権とはいえ、国際社会での事実についてまでよくも嘘を平気でつけるものかと驚くほかないだろう。

 しかも、こうした安倍政権の国際問題での捏造は、この件にかぎったものではない。

 たとえば、共謀罪法案が審議されていた2017年には、安倍政権は共謀罪に懸念を示していた国連人権委員会の特別報告者ジョセフ・ケナタッチ氏の公式書簡を猛批判していたが、G7サミットにあわせて安倍首相がアントニオ・グテーレス国連事務総長と懇談をおこなうと、その内容について、外務省はこう公表した。

〈安倍総理から慰安婦問題に関する日韓合意につき,その実施の重要性を指摘したところ,先方は,同合意につき賛意を示すとともに,歓迎する旨述べました。
さらに、安倍総理から,国際組織犯罪防止条約の締結に向けた日本の取組につき説明しました。この関連で,先方は,人権理事会の特別報告者は,国連とは別の個人の資格で活動しており,その主張は,必ずしも国連の総意を反映するものではない旨述べました。〉

 グテーレス事務総長が2015年末の日韓合意に賛意と歓迎を示し、ケナタッチ氏の件も「国連とは別の個人の資格で活動している」と明言した──。こうした政府説明を国内メディアもそのまま報じ、それによってネトウヨたちは「国連も日韓合意を歓迎」「国連の総意ではなく個人のスタンドプレーだったことが判明」などと騒ぎ立てた。

 しかし、このグテーレス事務総長の発言内容も、安倍政権の捏造だった。その後、国連のデュジャリック報道官は「慰安婦問題は日韓の合意により解決されるべき事案との点に同意した」が、「特定の合意の中身についての見解は示さなかった」という談話を発表し、「(2015年末の)日韓合意に賛意」を示したという日本政府の説明を否定したのだ。しかも、特別報告者についても、安倍首相には「独立した専門家で、国連人権理事会に直接(調査結果などを)報告する」という内容を伝えたとした(朝日新聞2017年5月30日付)。「国連とは別の個人の資格で活動している」という日本政府の説明と、「独立した専門家」では、まったく意味が違う。

 ようするに、安倍首相と政府は国連事務総長の発言を歪め、慰安婦問題の対応や共謀罪の正当化に利用したのである。

■国際的な事実を次々歪曲、日本国民は英語ができないとバカにしているのか

 また、昨年も、安倍政権はアメリカとの交渉開始を合意した「新たな貿易協定」について、包括的なFTA(自由貿易協定)ではなく物品の関税引き下げに限った「TAG」(物品貿易協定)であると主張。だが、対するアメリカ側はTAGなどという略語は一切使用しておらず、その上、ペンス副大統領は来日時、Twitterに議論する中身について安倍首相に宛てて〈negotiations for a free-trade agreement〉、「FTA」だと宣言した。つまり、「TAG」なる言葉には何の実態もなく、「FTA」ではないと国民を騙すために言い換えただけの用語であることが露呈したのだった。

 国際機関であるWTOの報告書の内容や、国連事務総長の発言、貿易外交の中身まで……。安倍政権は不都合な事実をことごとくねじ曲げ、捏造して国民に伝えてきたのだ。

 もはや国民は英語ができないとバカにしているようにも見えるが、実際のところ安倍政権は、嘘だと後にバレても最初に大きく自分たちの主張が報道されればいいと考えているのだろう。実際、今回のWTO問題にしても、日本敗訴と「日本産食品の科学的安全性は認められている」という報道によって、韓国に対するバッシングがネット上で吹き荒れた。「韓国は反日」という空気を流すことに躍起になっている安倍政権にとっては、今回の件で国内の反韓感情を高めることに成功したといえるのだ。

 だが、国民を騙すための事実の捏造など、許されるはずがない。公文書改ざんや統計不正をはじめとして欺かれつづけてきたが、国民を馬鹿にする政権など、どうして是認できるだろうか。

(編集部)










関連記事
<「科学的に安全」はフェイクだった!>政府説明、WTO判断と乖離 「日本産食品は科学的に安全」記載なし 
http://www.asyura2.com/19/senkyo260/msg/102.html




 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 赤かぶ[10810] kNSCqYLU 2019年4月24日 21:36:35 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[872] 報告


2. 赤かぶ[10811] kNSCqYLU 2019年4月24日 21:37:12 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[873] 報告


3. 赤かぶ[10812] kNSCqYLU 2019年4月24日 21:37:48 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[874] 報告


4. 赤かぶ[10813] kNSCqYLU 2019年4月24日 21:39:22 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[875] 報告


5. 赤かぶ[10815] kNSCqYLU 2019年4月24日 21:42:18 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[877] 報告


6. 2019年4月24日 22:46:17 : 0q619qfi3M : RXVzcGhLMTZXVW8=[17] 報告
その時良ければいい、あとでばれても平気、誰も責任取らないから、嘘つき政権もういい加減にして欲しい。新聞の一面を飾った3.3%も今頃嘘だったと言われてもねー、国会で追及はあったが、当の総理大臣は言い訳のオンパレードだけで何の反省もなく、いや意に介せず、今はまた夫婦で豪華海外旅行においでとか、呆れて物が言えない。こんなんでいいんですかね、みなさん。
7. 佐助[6776] jbKPlQ 2019年4月24日 22:50:06 : z5Sx38n0Sg : VHN1VmMvUE9LZS4=[233] 報告
嘘つき,実測した経時変化のデータもないのに,嘘の「日本産食品の科学的安全」報告,世界の恥,この図々しさに呆れ恥ずかしい。

しかも条件(測定者・気象条件・場所・高さ位置・服装・測定器など)でデータも変わる,

放射能は塩素では解体されん。しかし、大海や大気の中では薄められる。それで放射能は低くなるのだが、それを政府もマスコミ報道は、低下したから安全になったと誤報する。

困ったもんじゃ。人体や野菜の表面に付着してしまった放射能は、放射能の量が少なければ落とすこができる。多ければ被爆する。食品の場合は、放射能を植物は根から、動物は口からとりこむと、人間が食べると体内にとりこまれる。燃料棒が溶解するとヨードとセシウムが、海や大気に大量に飛散される。ヨードは少量なら対外に排泄されるが、大量なら甲状腺などに蓄積される。セシウムは骨に蓄積される。

河川や水道水の浄水場には蓋がないから、雨が降ると重さがゼロなので、タバコの煙のように登って行く放射能は、水滴にとりこまれて、地上に落下し数値をあげる。植物は当然取り込む。

だから、放射能パニックを防ぐには、測定した食品が、加工され口に入るまでの過程で、放射能の数値がどのように変化するかを測定して,経時変化のデータを公表しなければならない。もちろん基準値と実測値の比較データと2011年からの2019年現在の経時データがいる。

パニックは死の不安を連想すると発生するので、どんな場合には死に直結するのか、しないのかを客観的な数値で判定して報告,報道しなければならない。

実測した食物ごとの,条件が一定の経時変化のデータがいる。

原発を復旧維持したい一心から、現象の結果を、希望的観測で無意識にアト推定説明する人たちに振り回されから、ますます不安になるし,具体的な内容と経過データをWTOにほうこくしなければならない。

8. 2019年4月25日 00:50:40 : FfpQu6tEaw : clprQk9DYTVIUDY=[2] 報告
>「科学的に安全を立証」することを放棄した結果、逆転敗訴を招いたことを隠すために、官邸、外務省、農水省が一体になって「一審では『日本産食品は科学的に安全』と認められた」などと事実を“捏造”して国民に説明したのである。


福島第一原発は今もなお緊急事態宣言が解除されず、原発の冷却でデブリに触れた超高濃度汚染水は無処理のまま地中を地下水と成って抜けて海洋に大量に流れ出ている。

放射能汚染はガンマ線物質だけに留まらない。放射性ストロンチウムは海洋に流れ出れば、食物連鎖を通して、人間が口にする魚介類に高濃度濃縮が進んで入り込む。

科学的に其の事実が有る為に、食品となる産物に対しては、放射性ストロンチウムの計測すら一切拒んでいるのが、日本政府の方針である。

海外から見れば汚物の塊のような状態かもしれないのである。だから「科学的に安全を立証」することを放棄し、口先だけで安全だと大嘘を垂れているのが、李晋三ら大噓ツキ極悪党の手口なのである。

9. 2019年4月25日 03:21:05 : 1jA7kc3jCo : Y01aT0pUOEM3ejI=[1] 報告
コチラが朝日の記事

外務省と農林水産省の担当者
「第一審の『日本産食品が国際機関より厳しい基準で出荷されている』との認定をわかりやすく(「科学的に安全」と)言い換えた」

中川淳司氏
「日本の基準が国際基準より厳しいことと、科学的に安全かは同義ではない。苦しい説明だ」

福永有夏氏
「そもそも第一審で安全性の認定は行われていない(日本が訴えたのは韓国が日本産食品を差別的に扱っていることなどで、安全性自体の認定は求めなかったため)」

川瀬剛志氏(経産省所管の独立行政法人「経済産業研究所」研究員)
「(「韓国の安全基準を十分クリアする」との説明は)明らかに判決の解釈を誤っている」
「判決は日本の食品の安全性を決して否定していない」
「政府がやるべきことは事実をごまかすことではない。冷静に現実と向き合い、23カ国・地域で残る食品の輸入規制にどう対処するかを考え抜くことだ」
https://digital.asahi.com/articles/ASM4Q54YDM4QULFA01W.html

輸入規制している国・地域が韓国の他に23もあるんだねぇ…
原発ゼロ政策を進めましょう。
安倍晋三、山口那津男じゃダメだな。

10. 2019年4月25日 04:11:00 : jk03vlqOxu : emUwdUZNQ0lZQlU=[21] 報告
「日本国民は英語ができないと思っている」
それと同時に、
「外国人は日本国内の報道なんて見ていないと思っている」
としか思えません。
11. 2019年4月25日 07:40:48 : YpWVosjImU : d1EuRUlGNTdkUHM=[11] 報告

WTOの判決で福島近辺東日本産の食品は科学的に危険だと認定されたやうなもの

だね。騒げば騒ぐほど日本政府は首相以下、マスゴミも平気で嘘を吐くので東日本

産に限らず日本産品が全て化学的に危険だと世界中が知るところになったのでわ?

嘘吐きで有名な安倍や菅、河野どもが嘘吐いて、いくら捏造しても、もはや東日本

の食品に限らず日本の家電や産業機械、自動車までもが放射能被爆した危険な商品

だと思われてるので、嘘のアンダーコントロールの元での東京汚輪ピックで外国

の関係者、選手、報道陣に甲状腺ガンなどが出れば大変な国際問題になるだろね。

東京汚輪ピックなんぞ中止するのは、まだ間に合うぞい。こんな危険な日本で

わざわざ、安倍の支持率を僅かに上げる為に無理矢理んなモノ開催しなくても良い

だろうぜ


12. 2019年4月25日 08:58:41 : q4HLyru6DY : S3M4WHJ5WHg0LmM=[67] 報告
こんな訴訟事実をもとに判断すれば負けるに決まっている。1審で日本の主張が認められたのは日本の経済力を判断の基準をいくらか考慮したからにすぎない。

しかし日本の影響力は国際機関ではすべて大きく低下している。WTOだけでなくIMF、世界銀行他国連各機関の拠出金も日本は大きく下がりさらに加えて日本は国際的な決定に反発している。クジラであれ歴史認識であれ日本だけが異なる判断をしている。

国連の拠出金にしてもかつてはアメリカに迫る金額を拠出していたが今や中国の半分以下である。どこの国ももう日本に遠慮することはなくなっている。

13. 2019年4月25日 09:03:25 : mVxAwWB5YU : VC9HRWNReVlyYm8=[16] 報告
政府は、放射能汚染の現状を国民に説明すべきだ。食品汚染状況を説明せよ。
14. 2019年4月25日 10:39:59 : fPAGedqalU : S0tQb1pzMi91OVU=[141] 報告
>「科学的に安全を立証」することを放棄した結果、逆転敗訴を招いた。

−成る程な〜。
 政権は、輸出食品が安全でないことを判っていたから、セシウム汚染度の

 実際を数値として明示して立証出来なかったわけだ。
 そんな事では、国際社会を説得出来まいに!

 ”安全だ!””問題ない”発言で押さえられるのは自国民だけだと
 そろそろ学習しないと政権が持たないよ。

15. 赤かぶ[10836] kNSCqYLU 2019年4月25日 11:20:23 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[898] 報告


16. 赤かぶ[10837] kNSCqYLU 2019年4月25日 11:22:46 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[899] 報告











17. 赤かぶ[10838] kNSCqYLU 2019年4月25日 11:23:28 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[900] 報告


18. 赤かぶ[10839] kNSCqYLU 2019年4月25日 11:24:15 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[901] 報告


19. 赤かぶ[10840] kNSCqYLU 2019年4月25日 11:24:59 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[902] 報告


20. 2019年4月25日 13:07:10 : nuFElU31SM : eTJSNmNQN0hWc2s=[46] 報告
あのな、水銀の血中濃度、日本では正常とされる数値がアメリカでは重度水銀中毒とされる。
ヒジキや茶葉など外国には輸出できないレベルの水銀汚染や農薬汚染された食品が日本国内では安全な食品として流通している。
そういう現実を日本人のほぼ全員が知らない。
政府もまた日本人を騙せたらそれでいいと思っている。
韓国を提訴したのは国内向けの宣伝だよ。
21. 2019年4月26日 02:43:43 : IJjjrLkBu1 : TkVzTE5CdVJubC4=[171] 報告
  日本の場合、事務方が国際社会の前面に出て行動し、最後の段階で内閣が追認するというシステムを取っており、結局は官僚と閣僚の双方に責任意識が欠如、何が在っても「俺は知らない」「俺がやったのではない」という流れになるのである。
  護送船団とは良くいったもので、まさしく船頭多くして船山に登っている状態である。
  護送船団方式の結果無責任体質は、皆で渡れば恐くないとばかりに、WTOや国連人権委員会から厳しい指摘を受けようとも当事者意識を放棄してさえいれば、問題にはあたらない、と鉄面皮でいられるだろうが、当の日本人が世界から誠意のない日本という一括りで見られるのは、日本人が中国や韓国を一括りにして侮蔑するのと同様だろう。内閣や官僚の護送船団は国民の代表という認識が無い単なる利権集団であることが容易に理解できるのである。
  侮蔑といえば、日本の食品の輸入禁止を行っているのは韓国のみではなく、二けたに亘る国が何等かの輸入禁止を行っているが、日本政府が韓国のみに敵対意識を持つのは異常である。提訴するなら輸入禁止措置をとっている他国をも堂々と提訴すべきだ。
  それにしても自民党官の集団による誠意の無さは今始まったことでは無く、そもそも原発政策からして政官で事故など有り得ないと豪語、事故対策を怠ったのが元凶であるが、こうした点については一切言及していない異常である。
  内閣と官僚が俺が俺がで船頭となり、内閣府にて公金を懐に入れるために船に乗り込んだは良いが協働のため自己責任意識は皆無、誠意のない対応を恥ずかしいとも思わないのは、恐らく彼らば、むしろ協働相手を庇ってやっているとすら思っているのだろう。
  自分事では無く他人事は無論のこと、共犯者を庇うような体質になっているからこそ罪の意識も無いのだろう、とにかく山に登ってしまっている船から内閣も官邸官僚も降りて貰わねばならない。暴走族が個人では気弱でも集団となると傲慢になるのと同様であり、もはや国民の手に負えないのだが、暴走を止めることをしなければ日本発の、世界の破滅を招く恐れもあろう。
  
  

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK260掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK260掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK260掲示板  
次へ