★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK260 > 146.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「ボイパのおっくん」も擁立 立民“プチ有名人”作戦の吉凶(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/19/senkyo260/msg/146.html
投稿者 赤かぶ 日時 2019 年 4 月 25 日 20:50:55: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

 


「ボイパのおっくん」も擁立 立民“プチ有名人”作戦の吉凶
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/252572
2019/04/25 日刊ゲンダイ


保育士としても活躍する奥村政佳氏(C)日刊ゲンダイ

 23日、男性アカペラグループ「RAG FAIR」の元メンバー・奥村政佳氏(41)が、夏の参院選に比例区で立憲民主党から立候補することを発表した。参院選での立憲の公認候補は、これで29人になった。

 奥村氏は、口で打楽器の音を真似るボイスパーカッション(ボイパ)担当として活躍。2002年には「RAG FAIR」の一員として紅白出場を果たしたが、近年は、保育士や気象予報士、防災士の資格を生かして、講演や教育活動に注力していたという。

 奥村氏は出馬会見の冒頭で得意のボイパを披露すると、ややはにかみながら「保育士、気象予報士、ボイパの『おっくん』で覚えてもらいたい」とあいさつ。通算8年間、保育所に勤めた経験を引き合いに出して、「保育現場の人手不足の解消」や「保育士の処遇改善」に取り組む決意を強調した。

 立憲は参院選に向けて「ボイパのおっくん」のほか、選挙区と比例区で複数の“プチ有名人”を擁立している。例えば、漫才師のおしどりマコ氏やフリージャーナリストの小俣一平氏らだ。

 思い起こされるのは、01年の参院選で著名人を擁立しながら、惨敗を喫した自由連合(10年解散)である。当時、作家の野坂昭如氏や初代タイガーマスクの佐山聡氏、発明家のドクター・中松氏らを公認したものの、議席ゼロの惨敗を喫した。

 “プチ有名人”を公認する戦略の立憲は、自由連合の二の舞いになってしまうのか。

「参院選は選挙の範囲が広いため、顔が広い有名人や、大きな組織を束ねる『組織代表』が強いと言われてきました。しかし、有権者の目も肥えてきているので、ただ有名なだけでは勝てません。政治に直結する専門性が必要なのです。加えて、有名でも、ファン層が投票にあまり行かない若い世代だと、票に直結しません。名の知れた人を擁立しても、勝てるほど集票できるかは微妙です」(政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏)

 会見に同席した福山哲郎幹事長に、有名候補のファン票を当て込む作戦か尋ねたが、「そんなことはない」と一蹴。奇麗事を並べているだけでは与党に勝てませんゾ。












 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 赤かぶ[10888] kNSCqYLU 2019年4月25日 20:52:26 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[950] 報告


2. 赤かぶ[10889] kNSCqYLU 2019年4月25日 20:53:01 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[951] 報告


3. 赤かぶ[10890] kNSCqYLU 2019年4月25日 20:53:38 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[952] 報告


▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK260掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK260掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK260掲示板  
次へ