★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK262 > 620.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
二階、選挙結果で予算配分は当然。そこに自民の存在価値+国民、ナメた麻生+沖縄で問題献金(日本がアブナイ!)
http://www.asyura2.com/19/senkyo262/msg/620.html
投稿者 笑坊 日時 2019 年 7 月 02 日 07:31:39: EaaOcpw/cGfrA j86WVg
 

https://mewrun7.exblog.jp/28438075/
2019年 07月 02日 

【ついにウィンブルドン・全英OPテニスが始まった。(^^)<今週は忙しくて帰宅が遅いから、みんな試合開始が早いと見られないよ〜。(ノ_-。)>大会は初日から大波乱になっている。(@@)

 まず、女子1回戦で、2位の大坂なおみが39位のプティンツェワ(カザフスタン)に6−7,2−6でストレート負けしてしまった。(・o・) 

 なおみちゃんは全豪後は、なかなか調子が上がらず。(かなり研究されて来たし。ネットに出たりとかがまだ慣れていない感じ。)しかも、相手は0勝2敗と相性が悪いせいか、自信イマイチで打つのでラケット振り切れない感じで。得意のサーブも決まらず、簡単なボールも次々とミスして、2セットめはまさに自滅した感じだった。ここから得意のハードシーズンが始まるので、心身をリフレッシュ、復活して欲しい。 o(^-^)o

 女子ではヴィーナスSが15歳の選手に1回戦負け。男子は、期待の若手・上位シードのズベレフ弟、チチパスが1回戦負けを喫した。^^;

 日本男子、68位の西岡良仁は、残念ながら288位のティプサレビッチ(セルビア)に4時間のフルセットで負け。試合まだ見てないけど、残念。今日は錦織、内山、杉田が登場する。ガンバ! o(^-^)o】

〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜

 昨日、ブログをアップしてから気付いたことに、もう7月なんですね〜。知らない間に、もう1年の後半にはいっているなんて〜〜〜。(゚Д゚)

 今月はいよいよ参院選(21日投票)も行なわれるし。アンチ安倍自民ブログとしても、頑張りたいところ!(**)

 記事の長短、手抜き、誤字脱字などがあるかも知れないけど。「打倒・安倍自民」の気持ちで書いていくので、よろしくです。m(__)m

* * * * *
 
 ところで、週末に見て、めっちゃ腹が立った映像があった。(-"-)

 6月25日、麻生副総理がぶら下がりの記者から、年金問題が選挙で関心あるテーマになっていることについてきかれた時のこと。

麻生「内閣支持率は1ヶ月の間にどれだけ下がりました?」

記者「数%ですね」

麻生「ほとんど下がらなかっただろう?年金が影響しているというのと、内閣支持率が変わっていないというのは、どういう具合に考えるんですかね?」

記者「・・・」

麻生「これはどう考えるんですかってきいているんだよ、俺が」

記者「まだ分析し切れていないです」

麻生、黙って、ニヤ〜ッ。

 こういうのを見てると、日本のメディアや国民は、麻生副総理をはじめ安倍内閣や自民党の幹部に、完全にナメられて、バカにされているな〜と。何か本当に悔しく、情けなくなって来る。_(。。)_

 一般国民の人たちも、こういうのを見て、もっとイヤな気分になったり、ムカッと来たりして欲しいんだけどな〜。(・・)

 自民党の二階幹事長の発言も、驚きだった。(゚Д゚)

 二階氏は、参院選に向けての会合で「選挙を一生懸命やってくれるところに予算をつける」「一緒にやってくれないと(予算は)休ませてもらう」「そういうことをやらないと自民党の存在価値がない」と、国民の税金である予算を自分のものであるかのような感じで、札ビラで頬を張るような激励を行なったのである。(ーー)

『二階幹事長「選挙やってくれたら予算つけるのは当たり前」

 自民党の二階俊博幹事長は29日、徳島市内であった党参院議員の激励会で、土地改良事業関係者を前にあいさつし、来月4日公示の参院選について「我々の方針と一緒にやってくれないところは予算は休ませてもらう」と述べた。国の予算編成に対する与党の影響力をたてに協力を迫った形で、「選挙を一生懸命やってくれるところに予算をつけるのは当たり前。やりましたよと胸張って言えるようにすれば、要求に満額お応えする」とも語った。

 参院選に比例代表での立候補を予定している三木亨参院議員=徳島選挙区=の激励会で、合区された「徳島・高知」選挙区で再選を目指す高野光二郎参院議員=高知選挙区=も出席した。【松山文音】(毎日新聞19年6月29日)』

『二階氏の発言は6月29日に徳島市で開かれた、参院選比例区に立候補予定の自民現職・三木亨参院議員の激励会で出た。二階氏は、土地改良事業関係者らを前に「選挙を一生懸命頑張ったところに予算をつけるのは当たり前だ。そういうことをやらないと自民党の存在価値がない」とあいさつした。

 二階氏は、全国土地改良事業団体連合会の会長を務め、党ナンバー2の要職にある。政府の予算編成に対する影響力を背景に協力を迫った形で、野党が問題視した。(朝日新聞19年6月29日)』
 
 まあ、自民党というのは、かつてはまさに金権政治、金権選挙にまみれた政党だったのだけど。<特に二階氏がいた田中派はね。>今でも、自民党のTOPが、こんなことを、堂々とオモテで言うのには、本当に唖然とさせられるし。

 菅官房長官をはじめとする官邸のバラまき戦略も含めて、安部政権にはいってから、日本の政治は(メディアや国民も)、何十年も昔にさかのぼる感じで、どんどん劣化してるように見える。(ノ_-。)

* * * * *

 さすがに、この二階氏の発言には、野党からも批判が出ているようだけど。TVメディアなどはちゃんと取り上げてくれてるだろうか?^^;

『共産党の小池晃書記局長は1日の会見で「絵に描いたような、露骨な利益誘導だ。古い自民党の体質がはっきり出た発言」と批判。立憲民主党の枝野幸男代表も6月30日の埼玉県での街頭演説で「とんでもない発言。税金は二階さんのポケットマネーじゃない」と指摘。「自民党ナンバー2が公然と言う。通用させてはいけない」と強調した。(朝日新聞19年6月29日)』

『国民民主党の玉木雄一郎代表は30日、自民党の二階俊博幹事長が国の予算配分を巡る与党の影響力を背景に選挙支援を迫った発言について「脅しのような文句。まともな発言とは思えない」と批判した。福島市で記者団の質問に答えた。

 これに先立つ福島市の街頭演説では「権力と税金の私物化だ。公務員もヒラメのように権力ばかりを見ている。こんな政権では国民は幸せにならない」と指摘した。(共同通信19年6月30日)』

 先週には、自民党の3人の沖縄選出議員が、17年の衆院選前に辺野古移設の関連工事を受注した業者から献金を受けていたことも発覚した。(-"-)

 3人は、14年の衆院選前も別の業者から献金を受けた後、返金していたことがあるのだが。国と契約を結んでいる業者の国政選挙に関する献金を禁じた公職選挙法(特定寄付の禁止)に抵触するおそれがあるのに、同じようなことを繰り返しているのだ。^^;
 
『沖縄で出馬の自民3議員、辺野古工事受注業者から献金

 2017年の衆院選期間中、沖縄県の選挙区から出馬した自民党の3議員が代表の政党支部が、15年に米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設の関連工事を受注した業者から献金を受けていたことが25日、分かった。3議員は西銘恒三郎氏(沖縄4区)、国場幸之助氏(比例九州)、宮崎政久氏(同)。いずれの事務所も取材に「誤解を与えないよう返金した」とコメントした。

 献金をしたのは沖縄県浦添市の建設業者。衆院選公示後の17年10月12〜13日、各支部に20万円ずつ寄付していた。建設業者は普天間飛行場の移転に絡み、15年1月の入札で、他の業者と共同で護岸工事を契約。また同年12月の入札で道路工事を請け負うなどしていた。(スポニチ19年6月26日)』

『二〇一七年の衆院選期間中、沖縄県の選挙区から立候補した自民党の三議員の政党支部が、名護市辺野古(へのこ)の米軍新基地建設の関連工事を請け負った業者から、計六十万円の献金を受けていたことが分かった。国と契約を結んでいる業者の国政選挙に関する献金を禁じた公職選挙法(特定寄付の禁止)に抵触する恐れがある。三氏側は一四年の衆院選の公示直前にも別の受注業者から献金を受け、後に返金していた。 (中沢誠)

 防衛省は基地建設費用を「三千五百億円以上」とあいまいな説明に終始。埋め立て予定区域で軟弱地盤の存在が明らかになり、工費は大幅に膨らむ見込みだ。工事に投じられた税金の一部が、政治献金として政治家に還流した格好だ。(中略)

 献金したのは浦添市の中堅建設会社。衆院選当時、辺野古新基地建設に関わる護岸や仮設道路の工事三件を防衛省沖縄防衛局から受注していた。契約記録によると、請負額は他の業者と共同で受注した護岸工事が九十一億二千万円、単独で受注した二件の仮設道路工事が計十三億円だった。

 一四年の衆院選では、別の受注業者が公示直前や公示日に、三氏を含む県内の選挙区から出馬した六人の議員側に、計九十万円を献金。四年前に報道で発覚すると、三氏側は受け取った計五十万円を返金した。

 今回の受注業者も一四年衆院選の公示前日、三氏の政党支部に各十万円を献金。衆院選中は工事を受注していなかったが、翌月に他の業者と共同で護岸工事を落札したことから、三氏側は報道後に返金した。

 一七年も同様に献金を受け取ったことについて、三氏の事務所は取材に「チェックするだけのマンパワーがない」「担当者が代わり、引き継がれなかった」と答えた。業者側は「ノーコメント」としている。

◆選挙絡みの疑い強い

<岩井奉信・日本大教授(政治学)の話> 公示直後の献金であり、選挙に関する献金の疑いが強い。寄付する側だけでなく、寄付を受ける側も精査しないといけない。二〇一四年の衆院選でも指摘されており、悪質だ。三人の議員は「知らなかった」では済まされない。辺野古移設が争点の選挙だっただけに、献金によって利益誘導を図ろうとした疑念を抱かせる。(東京新聞19年6月25日)』

 野党は、安倍自民党がいかにお金にまみれた国政を行なうようになっているのかを伝えて、クリーンでまっとうな政治の重要性を国民にアピールして欲しいと思うmewなのだった。

  THANKS


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 日高見連邦共和国[14694] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2019年7月02日 09:26:45 : 0nvyZmqwOI : OG1uRFQxbDR3M0k=[579] 報告
>TVメディアなどはちゃんと取り上げてくれてるだろうか?^^;

取り上げるわけねェ〜だろ。(笑)

2. 2019年7月02日 14:51:22 : vnUxfbHXEY : eU9GNkMwZXpEdDI=[272] 報告
要するに賄賂が正しいといっているのだな。
3. 2019年7月02日 16:38:18 : LY52bYZiZQ : aXZHNXJYTVV4YVE=[1710] 報告
焦点:参院選、消費税で与野党対立 勝敗ライン下げる自民

7/2(火) 13:38配信

ロイター

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190702-00000058-reut-asia.view-000
 7月2日、令和時代に入って最初の国政選挙となる参院選が4日公示され、21日の投開票日に向けて選挙戦が展開される。写真は2009年7月都内で撮影(2019年 ロイター)


[東京 2日 ロイター] - 令和時代に入って最初の国政選挙となる参院選が4日公示され、21日の投開票日に向けて選挙戦が展開される。与野党の主張が対立しているのは、10月から実施される消費増税。与党は引き上げで幼児教育無償化などの財源に充てることを強調、野党は消費減退リスクを掲げ、引き上げ延期を主張している。ただ、憲法改正や年金問題では与野党の主張がねじれ、「争点ぼけ」の可能性も残る。

勝敗ラインは、安倍晋三首相や菅義偉官房長官が非改選を含めた全定数の過半数を主張。大幅に水準を引き下げているのに対し、与党内の一部には10議席台の議席減少なら選挙後の安倍政権の求心力に陰りが出るとの声もある。

<増税、与党内にも異論>

最大の争点は消費税だ。安倍首相は6月30日の党首討論会で「10月から幼児教育・保育を無償化し、高等教育を無償化する。そのためにも安定財源である消費税が必要だ」と述べ、予定通り引き上げる方針を明言した。

一方、野党は引き上げの延期や凍結を求め、主張が真っ向から対立している。野党はアベノミクスの成果が出ていないため、消費税を10%に引き上げると消費が冷え込み、今年後半に景気後退に陥るリスクが高まると主張している。

もっとも与党内には、安倍首相に近い西田昌司参院議員などが消費増税の凍結を強く主張。与党が一枚岩になっているとも言い切れない。

加えて野党は、老後資金問題を重視する。共同通信が6月26、27日に実施した調査によると、金融庁の金融審議会報告書を巡る老後資金2000万円問題について「争点だと思う」とした回答が50.1%に上った。

公的年金の健全性をチェックするため、5年に1度公表される年金の財政検証の公表が前回より遅れていることについても、一部野党は、参院選前の年金減額隠しではないかと批判している。

与党側は、年金制度の持続性確保に取り組んでおり、争点ではないとの立場。代わりに安倍首相は「憲法改正が参院選の争点になる」(6月21日)と強調。主張にねじれが見られる。

与党内でも、公明党の山口那津男代表は「憲法改正は争点として熟度が浅い」(7月1日報道各社インタビュー)と捉えており、与党内にも温度差がある。

<勝敗ライン、官房長官は「非改選含め与党過半数」>

こうした中で、与党内では勝敗ラインを巡って様々な思惑が交錯している。今回改選されるのは124議席。1票の格差を是正するため定数を6増した公職選挙法改正に伴い、前回より3議席増えている。非改選を合わせた全体の定数は245。

自民党の二階俊博幹事長は6月24日、報道各社インタビューで改選議席124の過半数、63議席の確保が最低限の目標と述べた。

強固な組織力を持つ公明党が公認13人全員当選と仮定すると、自民は50議席の当選でこの水準をクリアできる。現在の65議席と比べ、15議席減少しても「勝利」となる。

一方、菅義偉官房長官は6月26日のテレビ番組で、勝敗ラインは非改選を合わせた過半数の123議席を与党で獲得することだと述べた。安倍首相も2日付読売新聞の記事で同じ趣旨の発言をしている。

与党は非改選議席で70議席を有しているため、今回の選挙で53議席以上を確保すれば、勝利ラインに到達する。仮に公明が13議席を獲得すれば、自民は前回比25議席減の40議席でも「勝利」となる。

<1人区は接戦も>

複数の与党関係者によると、自民党が直近で行った参院選の情勢分析では、東北6県や三重、滋賀などの1人区で接戦に持ち込まれているとの結果が出ており、内閣支持率が50%台との世論調査と比較すると、厳しい選挙戦になる可能性もある。

ただ、野党側の選挙態勢が万全ではないとの評価も、選挙情勢に詳しい関係者から出ている。

全国で32ある1人区で野党5党派は候補者を一本化したが、選挙区によっては「立憲民主党と国民民主党の共闘体制に課題がある」(野党関係者)という。

このため「1人区で11議席を獲得した2016年の参院選ほど野党に勢いはない」(自民党関係者)との見方もある。

他方、与党内には、現有議席から10議席台のマイナスになった場合、安倍政権の求心力が低下し、「選挙後の自民党役員人事やその後の内閣改造に影響が出るかもしれない」(関係者)という見通しも浮上している。

また、改憲勢力が国会での改憲発議に必要な3分の2を維持できるかどうかも焦点。自民・公明両党に加え、改憲に積極的な日本維新の会を合わせて86議席を獲得する必要がある。

自民党内では、86議席を割り込んだ場合に「改憲に柔軟な野党と大同団結することも可能性としてはある」(関係者)という展開が、早くもささやかれている。

(竹本能文 編集:田巻一彦)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190702-00000058-reut-asia

4. 日高見連邦共和国[14725] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2019年7月02日 20:07:19 : 9w0PNhuZdw : TkxNRllDVi8xbU0=[2] 報告
魚心に水心。自民党も悪いが、選挙民も悪い。まとめて血祭にしてやりたい!

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK262掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK262掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK262掲示板  
次へ