★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK264 > 234.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「晋三は宿命の子」(安倍洋子)!! ―平成の薩長政権―”アベ一強”は何故、又どのようにして登場したのか? 併せて日産の事など
http://www.asyura2.com/19/senkyo264/msg/234.html
投稿者 影の闇 日時 2019 年 8 月 07 日 09:15:04: HiXvZf/FmwPNU iWWCzIjF
 


ここ何年か、グローバリズムへの揺り戻しも含めて、国際的には、英国のEU離脱や”トランプ現象”、「習一強体制」の中国、又世界の各地で見られる政権の「右傾化」「独裁化」など、其々の国や地域の(歴史的)文脈に応じた形で現れて出ているが、私はこれを「右傾化」「独裁化」或いは「ファッショ」と論断するのは誤り、乃至は一面的と思っており、国家なり国権の強化ということで、ボナパルティズムと捉えるべきだと思っている。 

即ちマルクス言うところの例外現象、しかしながら例外現象にこそ本質が顕現するとするシュミット的視点に従うなら、近代国家の本質※が顕れ出ていると見るべきである、と。 

※そういう意味では「近代国家は絶対主義国家」という小室直樹の見立ては正鵠を射てるのだろう。


また他方、その意味で、中国の場合、毛沢東がその典型になるだろうが、「一君万民」型の東アジアの王権システムへの本卦帰りと見做されるべきであろう。  念の為に言っておくけど、それは2.26事件の青年将校が夢見た天皇像である。


 現実の政治過程はソ連共産党を真似た大政翼賛会という一党独裁となり、そのトップを捩って近衛幕府、東條幕府と言われた様に、それは「一君万民」型の日本的変形である大政委任、つまりは幕府への本卦帰りと成って行ったのだが。 しかしながら2.26事件やポツダム宣言の受け入れに天皇が決定的な役割を果たした事で解る様に、「例外事態に決定を下すのが主権者」というシュミットの定式通り、主権者はあくまで天皇、従って、言う処の「委任独裁」=天皇主権下の東條独裁ということであった。

敗戦後、それはGHQ主権下の吉田ワンマンとなり、今日の米軍主権(安保体制)下のアベ一強となる訳である。
 
 もちろん、この間、戦後民主主義の進展とその背景に在った中間層の増大に合わせて、政党及び議会政治の隆盛があったものの、”バブル崩壊”の90年代以降、中間層の空洞化或いは二極化に敷設を合わせて、政党及び議会政治の形骸化、劣弱化が進行して行き、総じて、民主制そのものも減退して行ったのである。 そしてその最後の一撃となったのが、コイズミ改革という名の、新自由主義的施策の強行であり、その最大のターゲットになったのが郵政省ー「郵政民営化」である。


そうして、この「郵政民営化」を以て、80年代の国鉄や電電公社の民営化に始まる「サッチャー改革」日本版の仕上げとなる。

 どうして、そう言えるのか?

 D.ハーヴェイによれば、新自由主義の狙いは「階級権力の強化」であり、それは、それと裏腹の、それまで権力を分有してきた中間的組織の解体的再編及び「資本中心のヘゲモニー獲得」が中心になる。 


 「サッチャー改革」の主要な敵が炭労(を始めとする労働組合)であった様に、戦後労働運動の中核部隊だった「国労」が先ずは狙い打たれるー分割民営化(JR)である。 返す刀で電電公社の民営化が強引に推し進められ、田中角栄が病気で倒れた後を襲う様にして、その分割民営化が成される。 当時、「電電民営化(NTT)」を以って、「日米の巨大資本が遂に田中角栄を倒した」(山川暁夫)と評されたのだが、郵政省の外郭である電電公社の分割民営化は、将来見込まれる情報産業の隆盛を背景にして、政策官庁として霞が関で伸して来た郵政省の片翼を剥ぎ取ることであり、それは其の儘、田中氏の政治生命に繋がっていたのである。
 
そうして、「サッチャー改革」から20余年を経、新自由主義が限界とそれを上回る弊害をもたらすことが明瞭になっていた2005年の時点で何故、コイズミは、狂気の如く、「郵政民営化」に突き進んだのか?

ー建設省と並んで、郵政省は党人派の中核勢力、田中派ー経政会の牙城だったが、先に省庁統廃合で「族議員」(その多くが党人派)を排し、この勢力の強さの源泉である事業部門、即ち巨大な郵貯マネー及び「財政投融資」等の運用先とその差配なども含め、全国津々浦々に張り巡らせたそのネットワークを解体・再編する!


つまりは、こういうことだ。


 中間層及び中間組織の政治的表象としては議会であり、所謂”55年体制”、自民党と社会党が中心となるが、自民党においては、経済の高度成長が本格化するに連れて伸して来た田中角栄氏を筆頭とする、所謂党人派とされる勢力が主体であり、又社会党は、その主要な支持基盤が公労協主体の総評であった様に、公務員層が中心になるのだが、先に「国鉄民営化」で、総評の最も戦闘的な実働部隊だった国労の解体と「大きな政府」から「小さな政府」への流れで、公共部門の縮小と先細りに向かう中、産業報国会一歩手前の、連合なる翼賛組織に水膨れ的に組み込まれ、結局それが社会党解体の呼び水となり、本丸の方も、経政会分裂の煽りを受けて弱体化し、この「郵政省解体=総務省(旧内務省!)吸収+事業民営化」で以って最後の止めを刺された、ということである。

なお、この問題は、ゴーン氏で揺れる日産についても当てはまる。

日産は、創業者が長州出身、また本来の日本産業という名が示す通り、国策会社として出発・発展し、更に満州重工業開発株式会社(満業)に改組するなど、帝国主義的進出の先兵乃至中核企業として、常に国家と共にあったが、敗戦後、それ故に創業者鮎川義介の戦犯追放と財閥解体の煽りを受けて、企業統治が混乱し、労働争議が頻発する。 そのような敗戦後の混乱から戦後復興、そして高度成長に至る過程で力を持ってきたのが労働組合であり、そのトップ塩路一郎は”天皇”と呼ばれる程権勢を誇るが、80年代に入り、”国際化”の掛け声の下、新自由主義が猖獗を極める英国進出を巡って経営陣と衝突し、田中角栄と殆ど同じ時期に失脚、表舞台から消える。


結局、日産はその様なグローバルな展開が徒となり、企業倒産の危機に瀕し、外国資本(ルノー)の下に、マッカーサーならぬゴーン氏の進駐・専制を許し、今日見る様な事態へと繋がって行くわけである。

こうして見てくると、日産の軌跡は上で見た近代日本の縮図の様に思えてこないだろうか?


ここで更に付け加えれば、日産のこうした問題は、天皇制を巡っての、この国の在り方についての極めて深刻な問題を投げ掛けているのだが、これは又、別途論じることとする。

とまれ、戦間期、”大正デモクラシー”を挟んで、冷戦終焉前後までの半世紀余り主役の座に在った大衆社会や民主主義の発展を支える中間層及び中間組織は、薩長中心の系譜を引き継ぐ近代日本のエスタブリッシュメントにとって、所詮成り上がり者であり、その意味で外様の域を出るものではなかったのだが、二極化と空洞化で、中間層の弱体化が鮮明になった時代状況においては、上で申した通り、これまで権力を分有してきたこれらの勢力はバラバラに解体し、自らのヘゲモニーの下に組み敷くものでしかなかった、ということである。


後は一瀉千里、三年間の民主党政権さえその引き立て役、それ以上に復とない露払い役となって※、無人の野を行くが如く、清和会独裁への道が拓かれ、アベ一強となったという次第、斯くして、明治期の藩閥政府と帝国議会さながらに、この勢力の専横、更に又、”お友達内閣”や”モリカケ疑惑”に現れてる様に、露骨な縁故政治が罷り通ることになるのである。


※下記スレ参照されたい

作られる”多数派”と”圧勝”  アフター・リベラル、デモクラシーへ
http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/546.html
Re:アフター・リベラル、デモクラシー  「中国共産党化」の真実
http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/547.html

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 日高見連邦共和国[15409] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2019年8月07日 09:28:39 : 0zP15vLcrk : enlpR1ZSQWc3Zmc=[82] 報告
安倍は“闇”の子。
2. 2019年8月07日 10:23:37 : 1o50gBZEsA : b2wuVlFmNi5aZzI=[3] 報告
便秘に悩み続けた松本明子さん、宿便4キロ解消の道のり
https://www.asahi.com/articles/ASLCZ4KCKLCZUBQU00S.html
3. 2019年8月07日 11:08:34 : QVr0P2F2kQ : c0kwNXdVSGdnWHM=[2] 報告

『安部はキシの孫』

巣鴨プリズン収監時代の『岸信介』

「KISHI、NOBUSUKE、NO.438、SUGAMO PRION、26

MARCH46」と写真に『IDカード』まで写っている。 

4. 2019年8月07日 13:10:52 : bEPkM33Kvw : VEJ5R1RWZXMuMi4=[152] 報告
洋子は、岸信介の東京においた朝鮮人妾の産んだ子だ、そうな。

父親安倍晋太郎、母親洋子、、、朝鮮の血が入っているのが、安倍晋三。

これが、安倍家の秘密、です。

間違っていたら、提訴するのが常ですが、、提訴はありませんから、黙認してるのでしょう。

事実を覆すことは、裁判所でいくら嘘ついても覆ませんから、、、ね。

国会では出来ているようですが、、、とんでもない国会ですわ。

5. 2019年8月07日 14:52:21 : tjQRSa15nI : aUx3ZXIwYXNhaDI=[118] 報告
やっぱり天下一品の狡賢さの原点は、4番さんの言う通り

なのかも知れない。。

漢字は読めないが、朝鮮語なら堪能?

納得!!!

6. 2019年8月08日 01:44:27 : IvcP6OOU1c : RDY3YlBUTjJ0R1U=[1] 報告
安倍一強をモれタラス主権こそ、我々は見えているだろうか。

角栄が「病気」になった。
x1もx2も…xnも
「病気」に「ポックリ」じゃないか。

社会党の側もそうだ。労組の枢要な地位の者は政治家より吹き飛ばされ易い。企業労組の専従になって毎晩酒盛りで首の後ろに脂肉を盛り上げた社会党左派とか、俺ローンがあるから本部路線に逆らえないと「正直」な「左派」とか。日本中で家や車のローンで浮かれたではないか。

共産党は後の総評は御好きにどーぞと総評・連合を「追い出され」てやって「正義を唱える」一国一城の主に収まってやって、主権者側には御用センターを作らせてやった。「新左翼」も互いに社会からパージしながら民営化に賛成する理屈までこねた部分が出た。
幹部が次々失脚したり路線が変わったりして、とうとう今日を見て御覧。ベネズエラ介入に賛成したり香港カラー革命を賛美したり! 日本の「左翼リベラル」の中には「凄い御里」が…!。ビルの岩盤の花崗岩が溶解した写真まで出たのに、アラブの戦士が飛行機でぇーと今でも言い張る「左翼お仕事」をやってるではないか。

こうやって政党と下部組織だけでなく企業労組や労組センターでも、放送局でも、主権者子飼いに対しライバルとなる者にはパージと「病気」と突然死が吹き荒れた。あの原爆以降どんどん増えたのは癌であり新生児死亡であり得体の知れない難病であった。広島長崎だけでは無かったのだ。放射能こそは原爆や原発の材料となる以前にある重要な機能を発揮することが人体実験で確認されていたのだ。某宗教団体でも起きただろう。ポックリと乗っ取りは会社乗っ取り「技術」でもあり、インフォーマル組織の形成だとか称して労組乗っ取りにも援用された。相乗的に、映画界でも大御所と盟友が早死にしてTVも出来て60年代以降の日本映画はどんどん小振りになっていったが、主権者の明暗統制を剔出してみるのも一興だ。角栄が逮捕された年になぜ高倉健の君憤怒渡河が映画化されたのか?


7. 2019年8月08日 19:41:07 : ZRH8q0wbnY : b1VRZ3pqNmk0Wkk=[411] 報告
破滅へと 追い込むことが 宿命に

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK264掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK264掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK264掲示板  
次へ