★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK268 > 324.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
立憲民主と国民民主の合流は「当たり前」か…3つの疑問 永田町の裏を読む(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/19/senkyo268/msg/324.html
投稿者 赤かぶ 日時 2019 年 12 月 19 日 15:55:15: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

 


立憲民主と国民民主の合流は「当たり前」か…3つの疑問 永田町の裏を読む
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/266424
2019/12/19 日刊ゲンダイ


立憲民主の枝野代表(右)と国民民主の玉木代表(C)日刊ゲンダイ

 立憲民主党と国民民主党の「合流」について、マスコミでは「何をもたもたしているのか、さっさと一緒になって政権構想を打ち出さないと安倍政権に太刀打ちできないじゃないか」と、合流するのが当たり前であるかの論調が圧倒的に多いが、それは果たして本当か。

 第1に、まずは両党のそれぞれが、どんな日本にしたいのかという意味での理念と基本政策をはっきりさせるべきではないか。立憲民主のほうはまだ、旧民主党以来の政策資産を何となく引き継いでいるようには見えるが、枝野幸男代表自身の言葉で改めて国民に結集を呼びかける宣言が必要だろう。

 一方の国民民主は、基本的には、小池百合子を首相にして政権を取りに行こうという前原誠司らのばかげた構想に思い惑った人たちという以外に何のアイデンティティーも共有しておらず、それでいて連合労組との関係で原発推進だけははっきりしているという妙な集団である。理念・政策がはっきりしない者同士がどうやって新しい党の理念・政策を擦り合わせるのか。

 第2に、来年にはたぶん総選挙があるだろうから、政権構想は早く立てたほうがよい。しかしそれは、壮大な未来ビジョンを語るというよりも、アベノミクスはじめ安倍政治の害毒を断ち切るための緊急対策が中心となるもので、しかも共産党を含めて合意し、それに基づく強力な選挙協力体制で裏打ちされなければならない。従ってそれは、立憲・国民の合流いかんとは直接には関係がない。

 第3に、それでも野党第1党は大きいほうがよいと思っている人が多いのは、「2大政党制」による政権交代こそベストだとする幻想が根強く残っているからだ。日本と同じ時期に同じような選挙制度を導入したイタリアでは、連立政治が当たり前で、保守側もリベラル側も複数の政党が連合して政策を掲げ、場合によっては首相候補も明示して選挙を戦い、頻繁な政権交代を実現している。日本も、巨大野党の出現を待望するより、連立政治の技法に習熟すべきではないか。

 ある立憲のベテラン議員も「確かに、旧民主党は理念・政策よりもまず数の力だということで無原則に合流を受け入れて、ブヨブヨの体で政権に就いたために持ちこたえられなかった。その轍を踏みたくない」と、またも沸き起こる合流話に警戒気味である。



高野孟 ジャーナリスト
1944年生まれ。「インサイダー」編集長、「ザ・ジャーナル」主幹。02年より早稲田大学客員教授。主な著書に「ジャーナリスティックな地図」(池上彰らと共著)、「沖縄に海兵隊は要らない!」、「いま、なぜ東アジア共同体なのか」(孫崎享らと共著」など。メルマガ「高野孟のザ・ジャーナル」を配信中。












 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 赤かぶ[46717] kNSCqYLU 2019年12月19日 15:56:49 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[36791] 報告


2. 赤かぶ[46718] kNSCqYLU 2019年12月19日 15:57:47 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[36792] 報告


3. 赤かぶ[46719] kNSCqYLU 2019年12月19日 15:58:27 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[36793] 報告


4. 赤かぶ[46720] kNSCqYLU 2019年12月19日 16:00:23 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[36794] 報告


5. 2019年12月19日 16:06:55 : V8wTcUyxiU : cmovM2hXRVB5TFE=[5] 報告
⇒《日本も、巨大野党の出現を待望するより、連立政治の技法に習熟すべきではないか。》

オリーブの木でしょうか?
沖縄とか新潟とかですかね…
ムズカシイところだ… ただの有権者では判断できないと思う(私にはできない)。
政治家の判断に任せるのがよいと思う。

6. 赤かぶ[46731] kNSCqYLU 2019年12月19日 16:35:13 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[36805] 報告


7. 2019年12月19日 17:30:11 : Uvo0GCw7k2 : RkdDczY0ZGNwZTY=[4] 報告
対立相手「自民党」が大きすぎる。

現状では、自民党を勝たせる策でしかない。

どうしても、自民党を割らないと。TT

8. 罵愚[8040] lGyL8A 2019年12月19日 17:56:16 : 20J2t8E1gs : SG9HdzY3MFNzS1U=[13] 報告
>>7
>現状では、自民党を勝たせる策でしかない。

 まったくだ。高野かが言っているように、連立を見据えた複数野党が実現すれば、もしかしたら、自公政権から公明を引きはがした連立政権が見えてくるかもしれない。そうなったら、自民党自体が、変質するきっかけになるだろう。

9. 2019年12月19日 19:07:51 : JUDGlpHzU2 : SzR3TjF3UnNON2s=[1] 報告

国民 玉木 → 前原

立憲 枝野 → 野豚

これらが背後霊のごとく憑いている。

それに、時代錯誤な連合も。

10. 2019年12月19日 19:14:21 : TBMogv1vYk : MjFUbEJJOGhlRnM=[19] 報告
馬鹿だねwイタリア人と日本人が同じだと思ってる
革命経験がない奴隷根性が染み付いた日本人が外国人と同じはずないだろw
自分をインテリだと思ってる奴ほど愚民の多さがわかってないし、愚民はインテリの指導ですぐ変わると思ってるw
自分たちで覚醒しない限り変わらない
北欧を見習えとか言ってる奴らも甘すぎてお話にならない
インテリが騒ぐだけで世の中変わると考えてるお花畑脳w
向こうの人たちも「お前らなんかと一緒にするな!」と怒ることだろうw

インテリの人たちも口ばっかじゃなくちゃんと汗水垂らして行動しな
欧州を見習えとか話はそれからだ

11. 2019年12月19日 19:20:15 : 3ZrunsX56I : Sm1hQi5welRJdWc=[187] 報告
自公政権を倒したければ、単純に自公を過半数割れにもっていけばいいだけ。
野党の票を増やすことよりも自公の票をいかに減らすかを考えるべき。
現状、自公の保守票の一部を取り込めるのはれいわ新選組しかない。
ネトウヨの一部もれいわを支持し始めているし、
不景気であえぐ自民支持層もれいわ支持の動きを見せている。
やはりれいわを単独で戦わせ、保守の受け皿として100人以上を擁立することが、
現状の自公政権をつぶす近道だと考える。
12. マッハの市[2232] g32DYoNugsyOcw 2019年12月19日 20:23:39 : VxhYX55hXg : RnlEUlNvZE1ndWM=[14] 報告
高野孟さん > 立憲民主と国民民主の合流は「当たり前」か...3つの疑問

仰るとおりだと思います。
緑の狸派と立憲民主が合体したら、
証城寺の庭は、緑狸や茶狸が入交じってポンポコポン、奇妙奇天烈。
双方には理念,政策に大きな違いがあるから合流よりも共闘でしょう。

共産党、れいわ太郎 社民、とも共闘すべきであり、それができなきゃ、
立憲は国民玉木ともども急降下でっせ。
太郎と組んで上昇気流に乗るか、組まずに落下するか、好きなようにどうぞ !!

13. 2019年12月19日 23:05:54 : QukD9uG742 : YWc1YWEvbDBYY1k=[135] 報告
>>11
うん、まずは自民公明の票を削らないと話にならん
自分の当初の考えでは太郎さんが保守色の強い国民民主に接近したのはそういったことを意識してたんだろうなと見ていた
まぁなんにせよ現在のれいわは立憲支持とかそれまでの層とは違う人達に刺さっているのでそっちの方向性でいってもいいんじゃないかなと
14. 楽老[1444] inmYVg 2019年12月20日 08:51:55 : T8JrIOrw0g : R3M0dXdZcXBHWm8=[328] 報告
11.13.氏に賛同します。

安倍トンデモ政権を倒すには自民の分裂が必要です。
自民の良識派を糾合できる懐の深さを持つのは山本太郎だけです。

    

15. 2019年12月20日 09:07:55 : gF03O3ic46 : bEpycVVKNXQvOVk=[4] 報告
投票率を上げないことには何も始まらん
理想論者はそこを疎かにしてるから駄目なんだ
16. 2019年12月20日 11:48:53 : ugjE1gUSZE : SVYzUTZUTGYxam8=[1] 報告
 高野さんのイタリア式連立政治のススメに異論、反論、オブジェクション。

 連立政治に対する高野さんの意図するところ分からないでもないが、現在の日本の小選挙区制度だと、ある選挙区に仮に、自民党A、立憲B、国民C、共産D、れいわEが立候補した場合、ほとんどの場合、自民Aが勝ってしまうのが現実。
 得票数で「自民A<立憲Bプラス国民Cプラス共産DプラスれいわE」であったにしても、ひとりしか当選できないわけだから、野党側の候補者によほどの力量がない限り、残念ながら自民には勝てない。自民には候補者を立てていなくても公明票という隠れ自民もいる。

 野党側には小沢さんがしきりに力説する統一候補という手もあるが、現実問題、これがなかなかできない。
 とすれば、ばらばらの野党候補者を減らす意味でも、いくつかの野党の合流。そして、仕切り直しで統一候補の選定。
 理念を馬鹿にするわけでもないが、「打倒安倍、打倒自公」を“理念”にできないものかと考える。

 もうひとつ、いわゆる「党議拘束」的なものの撤廃。消費税5パーセント賛成で結集できた野党グループの中で、原発推進派がいてもいいじゃないか。改憲派がいてもいいじゃないか…と考える。
 仮にこうした事案を多数決で決める状況になったら、彼らが少数派になるように野党内で意見をもみ合えばいい。
 「党議拘束」で同じ政党のすべての議員が“金太郎あめ”になる方がかえって気持ち悪い。
 「打倒安倍」で最低限一致して、政権交代が実現すれば、警察、検察、裁判所の闇を暴けるし、馬鹿官僚の追放だってできる。
 とにかく政権交代が一義。

 こうした考え方ができなければ、実際の選挙になった場合、自民党の得票数がめっちゃ少なくても、当選者数では優に過半数を超える“悪夢”が再び繰り返される気がしてならない。

17. 2019年12月20日 14:14:10 : 3ZrunsX56I : Sm1hQi5welRJdWc=[188] 報告
11です。私は自公政権を過半数割れに追い込むには、
れいわ新選組が単独で100人以上の候補者を立て、
自公に代わる第2の保守政党として、
保守層や無党派層の受け皿として戦う以外にはないと考えています。
5%の野党共闘では逆に、保守層から見れば旧民主に入れる感覚になり、
れいわすらもその魅力が薄まって半減し、結局投票率そのものが伸びないのではないか、
また、れいわも含め野党全体が共倒れし、獲得する票の総数は伸びず、
結局は自公が過半数以上を獲得することになってしまうのではないかと見ています。
また既に共産党とは5%減税でれいわと協力することが決まっていますが、
共産党が5%減税の旗を立てられなくても野党共闘すると表明したことで、
共産党が消費税減税に本気ではないことが垣間見えます。
そういうことも有権者の多くはしっかりと見ているはずで、
野党全体に対する不信感はそんな小さなところから芽生えてくるものと思います。
れいわ新選組の経済政策は細かな部分はさておき、枠組みがしっかりとしており、
保守層が聞くと、なるほどとうなずけるものばかりです。
また、野原氏が再び立候補することで公明の票を削ることも可能です。
旧民主の事業仕分け的なものはもうまっぴらだと考える人は、
絶対に旧民主を感じさせる政党には入れないと思います。
とにかく山本太郎はきわめて有能な戦略家だと思います。
馬淵氏と組んだこと、高橋氏を招くことを反対しなかったことも含め、
すべては保守層を崩して取り込むためです。
18. 2019年12月20日 14:56:14 : ren6dV0SBQ : TWRLeGJmRGQ2bms=[5] 報告
野党第一党の位置に居続けたい立憲民主の古狸の論調。

大きな塊になった方が、どう考えても一般国民は投票しやすいですよ。

だって小さな野党が少々増えたところで、

足し算して自公を超えるのはいつのことでしょう。

残念ながられいわが増えても足りません。

れいわの合流は最後でもいいけれど、とにかく一つにならなければ。

19. あおしろとらの友[2571] gqCCqIK1guuCxoLngsyXRg 2019年12月20日 17:45:53 : PHYai1BYpA : R2pkL1FrdGVMZEk=[32] 報告

旧民主党は基本理念の違いから分裂したのではないので再統合は難しいものではない。

日本の旧来の「家」的共同体思考からの脱却を目指して新しい「公共」の考えを日本社会にもたらそうとしていたのが「民主党」である。安倍政権を象徴する言葉、「私物化」はこの「家」的思考の延長上にある。

現在、日本に閉塞感をもたらしているのはこの「家」的秩序が復活し力を増してきていることによるものではないかと考えられる。このことに無自覚にされてしまった国民によって日本は国際社会からもとり残されようとしている。

20. 2019年12月20日 19:46:32 : FdinEgdBpM : QUFWOTgzWndQQTY=[9] 報告
イタリアの様に政治が迷走・混迷している国を例に挙げても説得力がありません。

立民の枝野に対する分析もいい加減です。

山本太郎のれいわ新選組と共産党の共闘が核になれば大きな塊になります。

因みに二大政党制が機能している国はありませんね。

スイスのマジックフォーミュラ政府が最強で、機能しています。
外国に政治介入を与える隙がありません。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%B8%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%A9%E3%83%BC

21. 2019年12月20日 20:41:58 : uOOhjYM5o6 : cWMzNDdYa3RlWGs=[467] 報告
拙速を 必死に煽る ダマスゴミ
22. 2019年12月21日 10:19:27 : WO8gK02Pdg : ejVVTVNpUkFlbm8=[30] 報告

高野孟偽リベラルの御用言論人現在の政治の悪政混迷の元凶消費増税を推進して民主党崩壊へ導いた
軍産金融資本の安倍同様の犬である菅直人野田佳彦枝野幸男の熱烈支援者の高野孟が
偉そうに何を言ってもお里が知れている

冤罪の陸山会事件をテレビに出て散々小沢さんのネガキャンをしていたのを決して
忘れない
高野孟は山口二郎同様の軍産に飼われている偽リベラル言論人であります


23. 2019年12月21日 19:58:12 : GYRlyZSc2c : Nmg3ZU56Ulh6akk=[1] 報告
自民党にしか利益をもたらさない小選挙区制度の廃止を公約にする政党がいないのは何故か。小選挙区制度があるかぎりれいわが議席をとる見込みもない。連立政権も成り立たない。野党は旧民主党系の個人的に強い人しか当選しない。
24. 2019年12月21日 20:03:17 : YPxQC275Sk : ejdscTUvTnNMN00=[1] 報告
高野孟は民主党結成のために社民党を分裂させ潰すのに功績のあった人。共産党を含め左派の衰退を招くのには活躍した。
25. 2019年12月23日 20:59:26 : D2nl7lxkFU : LlVJVlkwUlNkZW8=[5] 報告
野党への期待をしぼませた原因を反省しなきゃダメだ。
突然のTPP参加表明(実際に参加したのは【絶対反対】といっていた自民党だけど。)
勝利無き大政奉還。味方の累々たる落選候補にどうやって詫びる。
国民に示すマニフェストのない政権奪取ではまた同じ間違いを繰り返すだけ。
消費税ゼロ、途中経過としての5%への減税も表明できないなら何の意味もない。
税と社会保障の一体改革は反古にされたんだからとらわれる必要はない。増税後も福祉予算は削られ、保険料は上がり。年金の物価スライドも廃止されこれ以上苦しくなれば自殺も犯罪も増えるだろう。総貧困老人社会になるよ。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK268掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK268掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK268掲示板  
次へ