★阿修羅♪ > 戦争b23 > 238.html
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ ★阿修羅♪
中国との衝突航路に艦船を航行させるワシントン(マスコミに載らない海外記事)
http://www.asyura2.com/19/warb23/msg/238.html
投稿者 赤かぶ 日時 2020 年 6 月 28 日 14:38:10: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

中国との衝突航路に艦船を航行させるワシントン
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2020/06/post-07f86b.html
2020年6月28日 マスコミに載らない海外記事


Finian Cunningham
2020年6月24日
Strategic Culture Foundation

 今月時点で、中国に対する明確な脅威となるよう意図した太平洋哨戒のため、アメリカは同時に航空母艦を三隻配備している。各空母打撃群は、駆逐艦、航空機と潜水艦から構成されている。アメリカは総計11隻の航空母艦を保有している。

 インド-太平洋軍司令部の作戦部長ステファン・ケーラー海軍少将は、この異様な配備について、こう述べたと引用されている。「航空母艦と空母打撃群はアメリカ海軍戦力の目を見張るような象徴だ。私は現在空母打撃群が三つあることにわくわくしている。」

 戦略国際問題研究所CSISのChina Power Project部長ボニー・グレイザーは、この作戦が、北京にとって、ある種プロパガンダ・クーデターだったと示唆しながら、挑発的だったことを認めた。彼女はこう述べた。「中国は、これをアメリカ挑発の例として、アメリカが、この地域で不安定の原因である証拠として描くのは確実だ。」

 中国による「描写」などどうでもよい。ワシントンが太平洋で戦争行為と不安定さを増やしていることは明らかに事実だと思われる。

 アメリカによる未曾有の軍事力の誇示は、ワシントンと北京間の政治的関係が、新冷戦に陥った時に行われているのだ。コロナウイルス流行を巡って、ドナルド・トランプ大統領は、中国に対し、新たな人種差別的な暴言で、支持基盤を強化している。最近オクラホマ州とアリゾナ州の集会で、大統領は中国から「クン・フルー」(格闘技カンフーと、インフルエンザを組み合わせた造語)「疫病」が来たと述べた。

 一方、先週マイク・ポンペオ国務長官は、オンライン会議で、北京政府は、民主的な欧米諸国を脅かす「ならず者」だと述べた。ポンペオは、中国の「専制政治」に対し、アメリカと共に立ち上がるよう、ヨーロッパ同盟諸国に促した。

 北京はポンペオが「根深い冷戦心理」で「政治ウイルス」を広めていると酷評した。

 ワシントンの反中国ヒステリーは最高潮に達している。その一部は、アメリカの死亡者数が120,000人を上回り、減少する兆し皆無の、コロナウイルス対策を酷く誤ったため、トランプ政権は、中国に罪をかぶせることが必要なことかから生じている。これは世界の死者数のほぼ四分の一で、トランプが是が非でも日常業務の再開を要求しているので、今後数週間で増加し続ける可能性が高い、恐ろしい実績だ。

 更に、長期的、根本的な戦略上の対立という傾向がある。アメリカ戦力に対する世界的標的として、焦点を明示的に中国に当て「アジア重視政策」に着手したのは、2011年、バラク・オバマ大統領下のことだった。

 トランプ政権は、中国との対決という戦略上の狙いを遂行したに過ぎない。様々大統領が変われども、常に帝国主義政策が闇の国家の計画路線に置かれるアメリカ政治権力の構造的性格を示している。

 トランプの激烈な性格が、アメリカ産業を「レイプした」と中国を非難し、あらゆる種類の他の不正行為とされるものに対する貿易戦争に関する彼のおはこで、反中国の動きをあおったのは確かだ。

 それはコロナウイルス流行が、アメリカ経済大国の弱点と、トランプのいわゆる「アメリカを再び偉大な国にする」妄想を残酷に暴露する前だった。それで、アメリカの傲慢さが脱け殻だと暴露された「怒り」のため、身代わりにする見いださなければならなかったのだ。アメリカ帝国主義にとって既成のプロパガンダ標的、中国を強化するのだ。

 中国に本拠を置く中国南海研究院の今週の研究が、トランプ政権は、これまでになく大規模な米軍を配備していると主張している。二期のオバマ政権中、アメリカ海軍は、係争中の南シナ海で「航行の自由」作戦を四回実行した。中国南海研究院によれば、トランプ下で、このような作戦の数は22回に達している。

 だが、より不安なのは、2017年にトランプが就任して以来、アメリカと中国の軍司令部間の連絡が劇的に減少していることだ。

 それは、南シナ海と台湾海峡周辺の中国を巡る米軍大規模増強によって、何らかの事件あるいは、侵犯と見なされるものが手に負えない状況に陥る本格的リスクがあることを意味している。(カリフォルニアやバージニアへの中国海軍による同等の増強はまだ目にしていない。)アメリカと中国の軍艦は既に危険なニアミスに出くわしている。だが現状を一層危険にするのは、両国の軍間連絡の真空に加えて、トランプ政権が意図的に悪化させている北京との好ましからぬ緊張だ。習近平中国国家主席に対するトランプの過去の親しげな言葉にもかかわらず、両国の信頼感はどん底だ。

 ワシントンは、中国が法的に「世界経済を崩壊させる」のに責任があるとほのめかしているだけではない。トランプ政権は、中国と欧州連合に経済関係を減少させるよう要求している。中国の通信技術が、アメリカの国家安全保障のリスクだという主張から、中国がEU中のインフラ計画に投資しているので、ヨーロッパの国家主権を損なっているということまで、あらゆる種類の中傷が北京に投げつけられている。

 EUは中国の最大貿易相手国なのだから、ワシントンによるこのような要求は北京の重要な世界的利害関係に対する直接の攻撃だ。

 中国に向けてアメリカ艦隊を航行させるのは決して孤立した作戦ではない。極めて挑発的なものだ。明らかに「政治」「経済」から軍事に及ぶ敵意の構図だ。ゼロサム心理が戦争の前兆である崩壊しつつある帝国による典型的な帝国主義の攻撃作戦だ。

個々の寄稿者の意見は必ずしもStrategic Culture Foundationのものを意味しない。

 Finian Cunninghamは主要報道機関の元編集者・記者。国際問題について多く書いており、記事は複数言語で刊行されている。

記事原文のurl:https://www.strategic-culture.org/news/2020/06/24/washington-sailing-on-collision-course-with-china/

---------


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2020年6月28日 19:00:42 : RLrVK3EsfE : S21SV0hQeGdoNUk=[2] 報告
乗らぬから 構ってくれと 割って入り
2. 2020年6月29日 23:54:59 : Yu2pyCqzAU : aXZxV1Rnb3ZscE0=[11] 報告
中国のやっている南沙西沙諸島の軍事化は?
国連海洋法に対する明確な挑戦、中国こそ侵略国家だね。

最大の貿易国?他国との貿易で成り立つ国である、だからこそ国際秩序を守るべき
立場ってのを理解せず、帝国主義、軍拡主義に走ってるのは中国だね

少なくとも、1度は国際社会が叩いておくべき国なのは事実だね。
だから、必ず軋轢から戦争に発展するだろう
あの国は軍ですら政府が掌握してる物ではない、だから中国軍は現実に存在しない
人民解放軍は共産党の軍だって事を忘れるべきでない

3. 2020年6月30日 12:20:42 : S5UA9lJf8g : TEgzUGw4Uk5VOEU=[3] 報告
北アメリカの行っている在日米軍も主導する香港デモも明らかな侵略行為だろww
北アメリカの脅威を排除するには専守防衛なんて無謀だね
新ウィルスが報道通りの効果があるなら先に収束した中国が北アメリカと戦端を開かないと駄目だろ

黄色人種とかいう差別主義者からしたら黒色人種以下の人種のくせに北アメリカを正義のヒーローと断定してる思考と歴史と世界情勢を無視した日本の黄色い差別主義者もどうしようもない

国際的に次叩かれるのは北アメリカやイスラエルの背後に居る奴らであるべき

4. 2020年7月01日 22:47:32 : nCalfi6YqE : aTlaQUw5Ymc3MUk=[140] 報告
この記事が本当だとしたら、戦争を故意に起こしているのは米でしょ

わざと前に割り込んで急ブレーキとかしてくる輩みてーだなw


日本が前ならえしてんのはこんな対応しかできない無能大国なんでしょ

悲しいね


白豚どもの思い上がった思想とは相成れない
なぜこうまで他を受け入れられないのか・・

まさに鬼畜の思考よな
人間じゃねぇ


さすが意味不明のカルト宗教大国だわな

イカれ具合からすりゃオウムと何らかわらねー

5. 2020年7月11日 22:32:44 : YaLTRdj8WA : VnFJVWNsZ0dGS2M=[9] 報告
>>2

自国の領海ですのでセーフだよ。

6. 2020年7月19日 00:04:51 : QZiWJStv0s : YktSVDhndGV4eU0=[4] 報告
>>2

イラク戦争をもうお忘れらしい。

7. 2020年7月24日 10:24:31 : XUVh31plBA : b1IvWjVvMnl2aG8=[166] 報告
アメリカと中国に領土をめぐって対立があることは確かだろう。しかしアメリカは尖閣諸島も竹島も日本の領土だとは言わない。尖閣諸島は日本が実効支配しているが主権が日本、中国のどちらにあるかは明言しないとしている。もちろん竹島も同様である。アメリカが日本のために軍事行使してくれるなど夢のまた夢である。アホの夢想である。

ネトウヨくん、知ってるかね。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b23掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b23掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
戦争b23掲示板  
次へ