★阿修羅♪ > 戦争b23 > 267.html
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ ★阿修羅♪
15分でインド軍全員が嘔吐…銃撃せず勝利した中国の秘密兵器
http://www.asyura2.com/19/warb23/msg/267.html
投稿者 パイプライン 日時 2020 年 11 月 18 日 13:35:45: mqQUVKm/jkdw2 g3CDQ4N2g4mDQ4OT
 

中国がインドとの国境紛争でマイクロ波(極超短波)攻撃をしたと、香港明報と米華字メディア多維が16日、中国人民大国際関係学院副院長の金燦栄教授の言葉を引用して一斉に報じた。


金燦栄教授は11日、自身が個人的に運営する中国版ツイッター「微博(ウェイボ)」の講座で、中国がインドとの国境対峙局面でマイクロ波の武器を使用した事実を初めて明らかにした。中国政府の情報に詳しい金教授によると、インドは8月29日、約1500人の「チベット特殊部隊」を動員し、中国と摩擦が生じているパンゴン湖南側の丘の2カ所の高地を奇襲占領した。


インド軍が占領した高地は戦略的要衝地であり、これによってパンゴン湖の中国軍が2つに分かれることになった。これに中国中央軍事委員会は激憤し、西部戦区に奪還を指示した。しかし問題は銃撃ができないという点だった。


このため中国軍がアイデアを出してマイクロ波攻撃を決めたという。金教授によると、中国人民解放軍はインド軍が占領した丘の高地の下でマイクロ波の武器を使用したという。


金教授は「山のふもとで極超短波を発射すると、山の頂上があたかも電子レンジのようになった」とし「高地にいたインド軍がわずか15分で嘔吐し、立ち上がれないほどになって退却し、中国軍が高地の奪還に成功した」と伝えた。


中国軍がマイクロ波攻撃をした時点は明らかにしなかった。これに関連し明報は、インドメディアが10月初めにインド軍がマイクロ波攻撃を受けたようだと報道していた、と伝えた。


マイクロ波攻撃は電磁パルス攻撃とも呼ばれ、大量の電磁波を通じて電子設備を破壊したり人を殺傷したりすることができる。米国はこの分野のトップ走者として知られている。強力な極超短波発射で地上のミサイル指揮統制装置やミサイルの回路を破壊でき、最近はドローンを利用した攻撃に対応するレベルで開発が行われている。


多維は、中国では2017年3月にマイクロ波の武器の開発に関する学術論文が発表されて注目を集めた、と報じた。中国はすでにマイクロ波の武器で航空機などの目標を破壊する試験をしたという。


2014年には米メディアが米教授の言葉を引用し、中国の巡洋艦などがフィリピンやベトナムなど一部のASEAN国家との南シナ海領有権をめぐる紛争でマイクロ波の武器を利用して漁民を威嚇する可能性がある、と報道している。


11/17(火) 10:10配信
中央日報日本語版
https://news.yahoo.co.jp/articles/c54fc54e03752a60bafe4d419df2cc4d78d9199a


「山頂は電子レンジ」中国軍が印軍にマイクロ波攻撃
https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000198655.html


中国の秘密兵器…中国がインドとの国境紛争でマイクロ波攻撃をした

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2020年11月19日 16:51:32 : uy7qTzzVcY : cll2a1gxMVNSckE=[1] 報告
この中国人教授、してやったりと笑ってますが、同じことをインド軍もやり返すんではないですかねえ。
2. 2020年11月20日 02:28:49 : vukwcH5gBc : Mi9ucHk2NnhXQkU=[9] 報告
マイクロ波の帯域については既に実戦配備がなされ、遂には使用までされたということか。いや、世界中で電磁波兵器は使われているのだが。
コロナウイルスに対してもウイルスの直接コントロール技術を得てしまったとも見るべきか(それは良い面もあり悪い面もある。中国とアメリカの裏どちらがマシかという問題についても関わってくるが……)ウイルスの直接コントロールは表向きの人間たちは信じられないだろうが。
3. 2020年11月21日 23:27:51 : OGTQkoJ4Dc : V0c2Yy9QT0Z6ek0=[129] 報告
5Gって、これのちょっと弱いくらいの奴じゃね?w
4. 2020年11月21日 23:55:58 : axTQVM4rO6 : RG9qb2FqMHphcnc=[4] 報告
これは旧日本軍の怪力砲の完成改良型か?
日本軍のは射程10mほどで豚一頭を破裂させたが実戦配備には程遠い代物だった
今でもこの怪力砲研究施設の基礎のあとが残ってる。
この施設の研究資料が米軍に押収された2年後に家庭用電子レンジが発明されてる。
5. 2020年11月22日 13:43:56 : m58JXbmF9I : aVlWLzRJUW42NC4=[2] 報告
だれか言ってたけど銀紙のヘルメットをかぶればいいって。ほんとかな?
6. 2020年11月23日 03:04:57 : 3zY3q1h7YA : eTR5M3BrLlI1aTI=[2] 報告
ネコだって電子レンジに入れて乾かしちゃいけないんだよ!?
7. 2020年11月23日 21:57:35 : VTH59AY6XQ : WWk1VDA0bXVWVGM=[799] 報告
>>3
それそれ、それを中国は言いたいわけよ
武漢のはコロナじゃなくて電磁波だよって

インド人にはえらい迷惑な話だが
西側諸国でやってるコロナ劇場はいい館にやめようぜってことで
ロシアもインドへはそれくらい辛抱しとけと助言

8. 2020年11月27日 09:52:51 : pEHE6sKVdU : UmNoRUlHbk9IcUE=[4] 報告
>>3
5Gはすでに兵器レベル

人に向けて使うなって言いたいわ

9. 2020年11月30日 10:12:51 : yuVq1i11NE : dmJiQmZFcENvalE=[8] 報告
湾岸戦争で米軍が実験していたようなものが
いまさら秘密兵器?
10. 2020年11月30日 13:26:51 : 3FAswkWQJw : TGo3UVpQZC5MSUU=[3] 報告
秘密兵器≠新兵器、ではないからね。
11. 2020年12月13日 15:29:00 : 4D3OjxhHhg : TEswdkdERG1YZ0E=[327] 報告
https://www.democracynow.org/2020/12/3/india_protests_modi_neoliberal_reforms
印度は二億5000万人の農民がストライキで、世界史上最大規模だね。
コロナのいかさまがばれたね
12. 2020年12月18日 04:31:23 : 97nT4tE5Pk : bVRnRExUNktMLmc=[12] 報告
中国は「く号兵器」を既に実用化してるんだね
まあ、旧日本軍の実験部隊はデータを置いて逃げてるわけで、当然中国もそれを持っているだろうしな
従来の銃を打ち合うような戦場が一変して、電波兵器や戦闘用ドローンが行き交う、見た事も無い様な未来戦が現出するんだろうな
大量破壊兵器やABC兵器で汚染された土地には価値が無い・・・如何に人間だけを排除するか、という戦いになるだろうな
核シェルターに隠れた権力者をシェルター内部に留めたまま丸ごと焼き殺す兵器も、既に存在するのだろう・・・家の庭に核シェルターを用意して喜んでる嫌韓のネトウヨが、人民解放軍の電波兵器でシェルター内部で電子レンジの卵になる未来が見えるw
実にめでたいwww
13. 2020年12月19日 12:55:35 : VTH59AY6XQ : WWk1VDA0bXVWVGM=[890] 報告
車がガソリンエンジンから電気モーターになる
もう酸化反応をエネルギーとする時代じゃない

自衛隊の朝鮮人どもが戦車で富士山を荒らして喜んでいるが
戦車をどんな状況で使うんだよ
戦車なんか今やドローンの格好の餌食だ

富士山で砲撃の練習をしているが、あんな高価で役立たずの砲弾を作るなよ
実戦で使い道が無くても政府が言い値で買うから企業は大儲けだ
それがレーザー兵器ならコストは5桁くらい安くなるが企業は儲からない

自衛隊に納入している企業はいっぺん潰したらよい
時代は変わってるんだ

14. 2021年1月04日 23:41:01 : pNlPCkSbrE : UHFWeXlvcDg5aEk=[41] 報告
本当だったらこんな「秘密事項」漏らすか?
それとも中国側になにか意図があるのか?
15. 2021年1月05日 07:44:53 : lc5aH7ibBI : S2tZYnk4U3Zubi4=[8] 報告
怪力線(かいりきせん)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%80%AA%E5%8A%9B%E7%B7%9A

殺人光線
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AE%BA%E4%BA%BA%E5%85%89%E7%B7%9A

16. 2021年1月06日 07:26:28 : VTH59AY6XQ : WWk1VDA0bXVWVGM=[982] 報告
>>14
どの部分が秘密なのかな
EMP兵器とか最近の流行りなのに
17. 2021年3月21日 19:37:31 : WouBD0jAAE : Tk8ucGJielRwY3M=[11] 報告
中国人民解放軍、「マイクロ波兵器」すでに実用化か
https://news.biglobe.ne.jp/international/0224/jbp_210224_0864853784.html
中国の国営中央テレビは2月18日、インドに隣接する新疆ウイグル自治区の山岳地帯に、機動性に優れステルス性能を高めた戦車を配置したと報道。また、チベット自治区の駐屯地で、インドとの国境地帯に新たに配備される大砲を積んだ軍用車両が並んでいる映像も公開した。

 それと相前後して、中国共産党機関紙の解放軍報(2021年2月19日付)は、昨年6月に起きたインドとの衝突により、中国兵4人が死亡したと初めて発表して、国境警備を強化する必要性を正当化した。


中国政府に近い学者が言及した人民解放軍の「マイクロ波兵器使用」の実績
 中印両国は1962年以来、国境をめぐる紛争が絶えず、未だに正式な国境線が画定されていないが、昨年6月の衝突については、イギリスのタイムズ紙(電子版、11月17日付)も、「中国、マイクロ波兵器使用か インド軍否定」という記事を報じたばかりだ。

アメリカの大使館員が次々と原因不明の頭痛、めまい、吐き気に
 マイクロ波を利用した対人兵器システムは、もともと米国企業が暴動鎮圧用に「非致死性兵器」として開発したもので、米軍はアフガンとの対立で短期間戦地へ持ち込んだが、使用しなかったともいわれている。

 マイクロ波は、電子レンジや携帯電話に利用されることで知られているが、専門家によれば、95ギガヘルツのマイクロ波を照射されると、一瞬で皮膚表層が熱くなり、やけどこそしないものの、皮膚細胞の水分が沸騰して苦痛を与えるという。また、1〜6ギガヘルツのマイクロ波に長時間さらされると、人間の体内に到達して脳や内臓にダメージを与え、頭痛、吐き気、記憶障害、激しい倦怠感などを引き起こすという。微弱なため、当初は自覚症状がなく、外傷も残さないのが特徴だ。兵器化に当たっては、その出力と条件を研究することが課題だともされる。

 マイクロ波を利用した疑惑は、過去にも二度例がある。

 2016年、キューバに駐在していたアメリカの外交官とその家族、CIA職員ら44人が、頭痛、めまい、吐き気、目のかすみ、耳鳴りなどの症状が突然現れて、帰国したことがある。この時は、ロシアのマイクロ波による攻撃を受けた疑惑がもたれ、脳損傷をもたらす「ハバナ症候群」と呼ばれた。

 2017年にも、中国の広東省にある米国領事館で、米国人外交官とその家族ら15人に同様の症状が現れて、即刻帰国した。当時、私はこの不可解な出来事が強く印象に残ったが、その後の報道は一切なく、遠い記憶となっていた。

 ところが、昨年末、米国のNBCテレビの報道(2020年12月15日付)で、米国科学アカデミーが、長期間「ハバナ症候群」の原因を究明してきた末に、12月5日に研究結果を発表し、「指向性」(しこうせい)エネルギー兵器であるマイクロ波を使用した可能性が高いと結論付けた。また、ロシアではこの種の「重要な研究」が行われているとも指摘した。

 マイク・ポンペオ国務長官も2020年10月、ハバナ症候群の“謎解き”に「アメリカ政府が持つ重要なリソース」が投入されていたことを認めている。

 指向性エネルギー兵器(DEW、directed-energy weaponの略称)とは、レーザー光、メーザー波、マイクロ波、素粒子エネルギー、電子ビーム、音響など、多種にわたるエネルギーを使用して、目標物や人間に対して直接照射し、破壊したり機能を停止させたりするというSF小説ばりの兵器だ。現在も研究開発の段階にあるとはいうものの、技術の進歩と投資の増加により、2020年〜2027年までに、世界の指向性エネルギー兵器市場は大幅な拡大が見込まれている。軍事防衛の面から「夢」の兵器として期待されているというが、私たち人類にとっては「悪夢」が到来する日も、そう遠い将来ではないということだ。

18. 2021年4月12日 22:44:09 : pNlPCkSbrE : UHFWeXlvcDg5aEk=[187] 報告
高山病に尾ひれがついたんじゃね?

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b23掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b23掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
戦争b23掲示板  
次へ