★阿修羅♪ > 戦争b23 > 720.html
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ ★阿修羅♪
収監されたカナダ人将官は何を語るのだろう?(マスコミに載らない海外記事)
http://www.asyura2.com/19/warb23/msg/720.html
投稿者 HIMAZIN 日時 2022 年 5 月 09 日 17:45:11: OVGN3lMPHO62U SElNQVpJTg
 

http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2022/05/post-334e78.html

収監されたカナダ人将官は何を語るのだろう?

2022年5月5日
ウラジーミル・プラートフ
New Eastern Outlook

 5月1日、マリウポリのアゾフスタリから逃れようとしていたカナダ人将官トレヴァー・ジョン・カディエのロシア軍による逮捕は「西側諸国」がウクライナでロシアに対する戦争をしかけた公式証拠の一つになり得る。7カ月前、彼はカナダ軍司令官の最有力候補と思われたが、既に仲間の士官の間ではセックス・スキャンダルで「有名になって」いた。

 キエフ当局と欧米が、国連事務総長や、フランスのマクロン大統領やトルコの大統領エルドアンを巻き込んで、アゾフスタリからの一般人用人道的回廊地帯の考えを思いついたのは、このカナダ将官「退去」のためだったとされている。狙いは「難民」に見せかけて、そこに残った多くの他の上級NATO当局者と共に、彼がロシアに管轄されるドンバスの交戦地帯を去り、モスクワによる恥ずかしい束縛だけでなく、見せしめ裁判も避けられることだった。流布している報告によれば、カディエ将官が、18人が致死性ウイルスの分野で働いていた生物学研究所No.1を含め、アゾフスタリ地下バンカーの責任者だったことは注目に値する。

 従って彼は、明らかに、モスクワの調査者にだけでなく、ニュルンベルク裁判のような公開裁判で、語るべきことがあるはずで、そこでは、ウクライナで戦争を放ち、この目的でウクライナ人ナチ犯罪人連中を支援し、守り、ウクライナのアメリカ秘密研究所で生物兵器を作り、国際法の全ての規則に違反して、ウクライナ国民で、それらを実験することに対し、アメリカと西洋の同盟諸国が告訴されるのは確実だ。

 だが、もちろん、これらの事実は今や誰にとっても秘密ではない。結局、何の理由もない「民主主義国家」だとアメリカが主張しても、今日アメリカのメディアが公然と指摘しているように、とうの昔に、共和国から帝国権力へと自身を変えていたのだ。アメリカ人は既に、大変な代償を支払っているが、更に厳しい道義的な報いが待ち構えている。結局のところ、バイデンと彼の政権は、ウクライナを犠牲にして、連中の家族の富を露骨に増やしているだけでなく、ウクライナを略奪し、ウクライナ人が返済するのに数十年はかかるアメリカと国際的金融負債を課して、自分たちがしたいことをウクライナでしているのだ。アメリカ当局者は、ロシアとの軍事衝突での、アメリカ直接的関与について国際的疑惑を無視する決意が益々強く、現在キエフ当局への殺傷兵器供給を隠そうともせずに拡大している。

 紛争が始まって2週間後、ジョー・バイデン大統領は「NATOとロシア間の直接対決は第三次世界大戦になる。我々はそれを防ぐよう努力しなければならない。」と保障した。

 だが彼は、またしても皆にウソをついたように思われる。特にアメリカ大統領は繰り返し、ロシア政権転覆を好む率直な意見を述べた。今オースティン国防長官は、感情的爆発の後ろに隠れようとさえせず、政権の目的はロシアを「弱める」ことだと、あからさまに述べている。これはモスクワに対する、敵であり、それに対する戦争の始まりという実際の宣言ではないだろうか?そして、ロシアが直接報復する理由ではないか?

 戦闘訓練を受けたアメリカ人が、何千人もの他の外国人と共に、キエフ側でウクライナでの戦争に参加しているとポリティコが報じている。特に、アメリカ人のハリソン・ジョセフォヴィッツ率いるタスク・フォース・ヤンキーがウクライナで活動している。アメリカは、ウクライナ兵士をロシアと戦うようドイツで訓練しているとドイツ・テレビ局ダス・エルステが報じた。ウクライナでアメリカ軍を使用する好戦的決議が、既に下院共和党のアダム・キンジンガー議員に立案されている。

 4月下旬、文書と写真を引用して、ラジオ-カナダは、カナダがウクライナで(ロシアではその戦士が犯罪捜査対象の)ナチ・アゾフ連隊メンバーにロシアに対する軍事行動を訓練していると報じた。だが、おそらく「謙虚さから」彼らは、ロシアとの軍事紛争における彼の国のこのような直接関与の上で、捕虜にされたカナダ人将官トレヴァー・カディエの役割を説明しなかったが、彼は今や自身で全てを語るだろう。

 フランスの「フィガロ」や多くの他の欧米メディアが、ロシア軍に対するウクライナでの戦いにおけるNATO関与について報じている。4月28日、連合国は、ウクライナへの軍事援助で、合計80億ドルを既に供給したか、提供すると約束したとイェンス・ストルテンベルグNATO事務局長が公的に自慢した!

 最近ほぼ毎日のように、ウクライナで亡くなる欧米兵士に関する報道がある。例えば、デンマークの新聞ユランズ・ポステンとデンマーク外務省が、4月末、ウクライナ軍のため行動していた25歳のデンマーク人兵士がロシア軍砲撃でニコラエフで亡くなったと報じた。22歳のアメリカ人ウィリー・ジョセフ・キャンセルの母親は彼の死を主張している。オレホヴォ町付近で「ジャベリン・システムでロシア戦車を攻撃しよう」としていたアメリカ人マヌス・マキャフリーとポール・グレイは負傷と捕虜について語っている。2月下旬、ロシア航空宇宙軍がリヴィウ付近のウクライナ軍訓練基地に爆弾投下した後、ニコラエフ知事ヴィタリー・キムのパソコンにある名簿の、著名な前ノルウェー人政治家、ノルウェー・サミ議会前議員ノルウェー国民サンドラ・アンデルセン・アイラと数人の他のノルウェー人女性兵士が行方不明になった。ウクライナで戦争を始める上でのNATO指導者の役割は、マリウポリでロシア軍に降状したイギリス傭兵のショーン・ピナー、アンドリュー・ヒルや27歳のエーデン・エスリンや多くの他の人々が率直に述べている。

 同様に、包囲された過激派戦士が、アゾフスタリで降伏について、なぜ対話を禁止され、キエフの圧力で、武器を放棄しようとする誰でも即座に撃つようアゾフ大隊の民族主義者に命じたかを、捕虜にされたカナダ人将官トレヴァー・カディエが、我々に明白な暴露は語るまい。この産業施設と地下避難所の中に潜む「知られたくない内輪の秘密」を覆う秘密は、既にパレスチナ人ジャーナリスト、著者のナビル・セーラムの調査で明らかにされている。「この全ては、NATO秘密本部と、生物兵器生産のための40号ピットNを収容する工場地下専用室の存在に関する報告を背景に起きている。多数のNATO士官、アメリカ、ドイツ、カナダ、イタリア、スペイン、トルコ、スウェーデン、オーストリア、ポーランド、ギリシャの様々な国籍の240人の外国人研究者や、フランスの部隊の兵士も、そこに配置されている。この秘密本部は、ジョー・バイデン大統領の息子、ハンター・バイデンと彼のパートナー、ウォロディミル・ゼレンスキー大統領の会社メタビオタ社に運営されていることが明らかになった。」

 おそらくは、ウクライナのアメリカ生物学研究所でのトレヴァー・カディエの直接関与を考えると、イギリスを本拠とするThe Exposéの調査のCOVID-19大流行出現における、アメリカとウクライナの直接の犯罪関与に、彼は何か加えることが可能かもしれない。

 アゾフスタリからの難民の「コンビナート地下壕の将官とウクライナ大統領との個人的」な緊密な連携に関する最近の情報という条件のもとで、トレヴァー・カディエが、最近判明した彼の10億ドル外国銀行預金口座の監督に加えて、イギリスが既に彼に市民権を与えたゼレンスキーの「価値」に、更なる光をあてる可能性は排除できない。

 ウラジーミル・プラートフは中東専門家。オンライン誌New Eastern Outlook独占記事。

記事原文のurl:https://journal-neo.org/2022/05/05/what-can-the-imprisoned-canadian-general-tell/  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. AN[2353] gmCCbQ 2022年5月09日 18:07:53 : 7MnTY0kXGk : WnV6NThHb3NRa0E=[491] 報告
「カナダ人将官トレヴァー・ジョン・カディエのロシア軍による逮捕」がほんとかどうかは、ロシア側からの発表を待つ必要があるようです。

・Did Russia Capture Canadian General Cadieu In Azovstal?!
 https://www.techarp.com/internet/russia-general-cadieu-azovstal/

2. 2022年5月09日 18:40:48 : wQfcoIvoMw : Y3kyeGkzajhaMlU=[300] 報告
何度か貼ったが再掲:

アゾフスタール製鉄所の地下から脱出を試みて捕縛されたトレバー・カディエ中将。カナダ国防省は4月5日付で退役、「私人としての行動」と説明。カナダは2015年から特殊部隊などをアゾフの訓練にウクライナに派兵してきた。そうした関係も含めてロシアで取調べを受けて下さい。
アジア記者クラブ(APC) @2018_apc 2022/05/03 16:56:00
https://twitter.com/2018_apc/status/1521398364000391169

現役のしかも将官が参戦していたことが発覚したらカナダ政府は対露参戦を言い逃れできない。カナダがウクライナに15年以降派遣してきた軍事顧問団にカディエ中将が関与していたことが証明されたら対露破壊工作に関与していたことになる。
アジア記者クラブ(APC) @2018_apc 2022/05/03 17:43:00
https://twitter.com/2018_apc/status/1521410081585516544

地下工場から脱出しようとしたカナダ人トレバー・カディエ将軍が拘束された件について。

脱出の試みは昨日行われた。
実のところ人道的回廊は騒ぎを大袈裟にして外国傭兵が難民を装って逃げる為に考え出された。
morpheus @morpheus7701 2022/05/04 00:02:00
https://twitter.com/morpheus7701/status/1521324252146077702




情報筋によると、マリウポリで捕らえられたカナダ人将軍はモスクワに連行された。
マリウポリのアゾフスタルにいたカナダ軍退役将校、トレバー・カディエがロシア軍に捕まり、モスクワで裁判を受けるために連行された。未確認の情報によると、カナダの将軍は脱出しようとして捕らえられたという。
The daily olivenews @olivenews 2022/05/02 23:20:00
https://twitter.com/olivenews/status/1521132624625881089

これに先立ち、DNR軍司令部の公式代表であるエドゥアルド・バズリンは、マリウポリに将軍がいる可能性について報告した。欧米メディアもトレバー・カディエがウクライナにいると報じている。
The daily olivenews @olivenews 2022/05/02 23:22:01
https://twitter.com/olivenews/status/1521132907431022592

同将軍のウクライナ駐留に関する情報は、4月21日付のオタワ市民紙が「カディエは昨年9月にカナダ陸軍の司令官に就任する予定」と書いておりほぼ確定していた。しかし元女性警官から暴力を受けたと訴えられ任命は見送られた。その後、彼は職を辞し兵役を辞ししばらくしてウクライナに出発したという。
The daily olivenews @olivenews 2022/05/02 23:24:16
https://twitter.com/olivenews/status/1521133475536916480

[2022/04/25]
カナダのメディアは、「元」陸軍司令官であるトレバー・カディエ中尉がウクライナにおり、2月から行方不明だと報じている。彼はマリウポリで包囲されている可能性があります
mko @trappedsoldier 2022/04/25 17:24:20
https://twitter.com/trappedsoldier/status/1518506180477288449
3. 2022年5月09日 19:02:34 : oDNqB9Ik7g : SG5WeGpSc082WUk=[4] 報告
金の出し手に経営者までNATO
これもう完全にNATOだな

そして実質NATOに盾にされ戦場からの脱出を阻止される市民…
侵略者はどっちなんすかね

4. 2022年5月09日 19:37:59 : tZLL0Er4Kk : Z1FxVG1oTkp2a3c=[1044] 報告
■『収監されたカナダ人将官』の命

 バイデンらが 狙ってるだろ〜ね〜・・・!

 家族も も〜人質のとられてるのでは?


5. 2022年5月09日 20:41:55 : y3A3upb3gA : cWg1cGNkZ3RJbFU=[1] 報告
ロシア志願兵が言ってたとおりロシア大統領は我慢してきたのだな、でも戦争は所詮意地の張り合い、縄張り争いだ 、敵味方の庶民には悲惨でしかない、あ、でもロシア大統領は当初は西側と仲良くしようとしていたのだよな、西側アメリカがわざと受け入れず敵に下手あげて軍産儲けと覇権のため にロシアを扱ったのだろう、やはり志願兵の言うとおりイギリスとアメリカが消滅したら大半の戦争はなくなるだろう、当分は、だが
6. 2022年5月09日 23:37:41 : gbtV5qOxCo : UVhjME4zcDl3N00=[23] 報告
確かにこの方100年間、英米がほとんどの戦争の主役だわな
7. 2022年5月09日 23:56:47 : Nf2PcZ7ZZc : Z2E4eW1QcUxVaFU=[684] 報告
他の国ならイザ知らず、プーチンに脅しは効かないでしょうからなぁ。引渡し交渉(恐喝)なんぞに応じるわけないし。

この将官さんがどこまで、何を喋るのかはわからないけども、西側諸国は「そんな人間など、そこには存在しない」事にするしか手はないでしょうね。
で、マリウポリの施設も人員も全廃棄して「何もなかった」事にする。そんなところかな。

ロシアは悪者にされたけど、ウクライナの東部南部全域を実効支配し、西側諸国に実物資源による経済圧迫を強いる。西側はメディアを駆使して、正義の味方気取りのまま、全身に毒が廻っていく。目立たずに、ゆっくりと強大化を続け笑う中国。
干からびる日本。ウクライナでは詐欺師が目を泳がせている。

そんな未来を、今のところは進んでいますね。

8. 2022年5月10日 06:58:54 : 3UfVvZohAo : V29VQmhxRmpSWE0=[5] 報告
チェチェンの大将がこの大きい魚はラマダン明けのお祝いで、まだ巨大なサメが4ひきいるってよ
9. 2022年5月10日 14:18:00 : EGketZZquc : RVZVOG1iOW4xb2M=[21] 報告
プーチンはある意味悪党よ「ロシアファースト」の愛国者。元KGBに居た人だから、国際情勢の裏を知悉している。裏切り者に対しては容赦しない。売国奴は大嫌い。愛国者ゆえに冷徹なところがあると、戦勝記念日のプーチン演説を聞いて思ったわ。

しかし、そのプーチン以上の大悪党がアメリカに居たわけよねーと。DSネオコンの事だけど; それにしても、英米の国際金融資本家たちもその大悪党のお仲間だったとはね。ファイザー社もDSの仲間・・・

10. 2022年5月10日 17:10:18 : sObml2JNZY : WWFSWUh2NlJsR28=[97] 報告

やっぱり、いたんだねえ。外国の軍人、それもお偉いさんが。他にもまだいるんでは?だったら、民間人を盾にしても投降できなかったはずだな。

http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2022/05/post-334e78.html

退役した人が個人でボランティア(この言葉は元々「義勇兵」って意味だそうだ。ちなみに有償か無償かは関係ない)として行くなら、どこの国の人間がいようとかまわないが、現役の軍人、しかも将官クラスが参戦してたってことは、つまりはその国も参戦してるってことになるだろう。これは問題になるよ。そんなことをさせるくらいなら、初めから堂々と国として名乗りを上げて参戦しろよ。

11. 2022年5月10日 19:37:31 : niyy4hTwUA : OHU1UGRCUHhtN0k=[8315] 報告
洗いざらい暴露しても、某大国は「知らぬ存ぜぬ」ですかね?
12. 2022年5月10日 22:33:28 : sObml2JNZY : WWFSWUh2NlJsR28=[98] 報告
まさか、「死して屍、拾う者なし」(「隠密同心心得の条」より)とかじゃないよね?
ちゃんと拾ってあげないと。
13. 2022年5月10日 23:00:22 : 9a4XYJrnDY : Q0QweC45UlAzb1E=[748] 報告
国境無きグローバリスト
14. 2022年5月13日 06:14:17 : S6S1On9L0U : OEJyZGZzMThMc0k=[92] 報告
このカナダの軍人(だったという)人のご祖先は、黒海周辺や、
流れて東欧などから流れてきた人だったりしませんでしょうか?ウクライナでは、生物化学兵器研究所の
責任者だったといいますが。ナチは、イス勢力と同じで、その後盾も日本という国の
某集団だったりするとか。


日本のメディアさんの役割、まことに同情に値しますが。
この先どうしたものかと考えあぐねていらっしゃるのではないでしょうか?

政治家さんにも最近ウクライナを訪問してきた人がいるということですが、
よからぬ連絡係でもしてきたのではないのでしょうか?
情けないといったらありません。みな。お見通しでいられると思うのに。
(歴史の流れもわかっています。指南役は戦前から同じ勢力で、一体化して暴利を貪っています。)

https://www.youtube.com/watch?v=xjMXd5V-6vI

Conflict in Ukraine:
"inhumane experiment" - Russia publishes new details about the US biological laboratory in Ukraine here.

The Russian Defense Ministry has released new details about the Ukrainian biological laboratory experiment funded by the United States.

"inhumane experiment" - Russia publishes new details about the US biological laboratory in Ukraine here.

The authorities received this information during special military operations in Ukraine. Experts from the Russian Ministry of defense were able to carry out this work directly in two biological laboratories in Mariupol. It turned out that the documents of cooperation with the US military were destroyed immediately. Mariupol has been under the control of the people's Republic of Donetsk since early April.

"Preliminary analysis of the submitted documents shows that Mariupol is used as a regional center for cholera pathogen collection and passport inspection. The selected strains are sent to the Kiev public health center, which is tasked with transporting biological materials to the United States. As shown in the master transmission certificate." documents for download https://disk.yandex.ru/d/zyeRjvO0JMmNtAhttps://disk.yandex.ru/d/EmmPxlSNBUtymw


領土奪取のための戦争なのではないことが、いよいよとはっきりしてきたように思います。。
反人類・反地球の破壊行為のための悪魔の研究を
直ちにやめさせるための戦闘行為だったわけです。

舞台裏はやはり
獣(ジュウ)の狂信者たちでした。(長年のうちに、自分らでも何に憑かれているのか
わからなくなっ今日まできているのでしょう。)

これ以上本体をさらしてしまってどうなりますか?一日も早く
改心していただきたいですが・・・ 
(許されるものならば。)


15. 2022年5月13日 06:17:24 : S6S1On9L0U : OEJyZGZzMThMc0k=[93] 報告
上の投稿の者です。

時間が足りなくて、訳をつけないで申しわけないです。お手数ですが
どうぞよろしくお願いいたします。

16. 2022年5月13日 06:30:31 : S6S1On9L0U : OEJyZGZzMThMc0k=[94] 報告
すみません。もう知られていることかもしれませんが、
(特に前者)何かのお役に立てればと思って。


イーホル・コロモイスキー
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%83%9B%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%A2%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%BC

写真だらけ・・・ です。農業国だった欧州中に散らばって、金融政治を実質乗っ・・・
https://odysee.com/@R.A.I.N.:0/VOLKSLEHRER---J%C3%BCdische-Nazis-in-der-Ukraine:3

17. ぢっとみる[2814] gsCCwYLGgt2C6Q 2022年5月13日 14:25:04 : zykjpVyrS6 : QW1kVkRCMTNmdkU=[620] 報告
奴ッポン人が(何かと)よく言及するマッカーサーだって、
(一時的に)退役(したことに)してフィリピン軍を率いてた。
フィリピン軍元帥の位まで(自分から要求して)もらってさ。
その後、つまり戦争に勝ったので米軍に復帰してル。

元帥の位の部分は別にしても、
そういう仕組みに(私の知るかぎり米)軍はなってルんだと。
米軍に籍を置いたままでは外国軍に所属/指揮できないという。
マッカーサー以外にも、このような例は、いくらもあった。
カナダだって同じかも。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b23掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b23掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
戦争b23掲示板  
次へ