★阿修羅♪ > 戦争b23 > 721.html
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ ★阿修羅♪
遂につかんだ「バイデンの動かぬ証拠」――2014年ウクライナ親露政権打倒の首謀者(YahooNews)
http://www.asyura2.com/19/warb23/msg/721.html
投稿者 HIMAZIN 日時 2022 年 5 月 09 日 17:55:02: OVGN3lMPHO62U SElNQVpJTg
 

https://news.yahoo.co.jp/byline/endohomare/20220506-00294750

遂につかんだ「バイデンの動かぬ証拠」――2014年ウクライナ親露政権打倒の首謀者

遠藤誉
中国問題グローバル研究所所長、筑波大学名誉教授、理学博士
5/6(金) 12:58

 ヌーランドの会話録音の中に「バイデン」という言葉があり、バイデンの自叙伝を詳細に分析したところ、マイダン革命の首謀者がバイデンで、ヤヌコーヴィチ大統領に亡命を迫ったのもバイデンだったことが判明した。


◆ヌーランドの会話録音の中に一ヵ所「バイデン」が

 5月1日のコラム<2014年、ウクライナにアメリカの傀儡政権を樹立させたバイデンと「クッキーを配るヌーランド」>でヌーランドの音声を拾ったが、そのとき、後半の方に出てくる“Biden”(バイデン)という言葉に関しては言及しなかった。

 なぜなら、バイデンに関しては、マイダン革命が起きてから、親露派のヤヌコーヴィチ大統領がロシアに亡命するまでの3ヵ月の間に9回もヤヌコーヴィチに電話しているという情報があり、そのことはバイデン自叙伝に書いてあるとのことなので、それを深く考察して、真相を確認してから書こうと思っていたからだ。

 このたびバイデン自叙伝“Promise Me, Dad”(約束して、父さん)の関連部分を読み終わり確信を得たので、ヌーランドの会話録音の中にある、バイデンに関する部分も含めて、分析を試みることとした。

 まず、リークされた会話録音の中で、ヌーランドは、次のように言っている。文中のジェフは、駐ウクライナのアメリカ大使Geoffrey Pyatt(ジェフリー・パイアット)のことだ。

 ――ほら、だからね、ジェフ、私がサリバンにメモを渡したじゃない?そしたら 彼、大急ぎで戻ってきて、私に「あなたにはバイデン(の力)が必要だ」って言うわけ。だからね、私、言ったのよ。たぶん明日にはあの「イカシタ男」(=バイデン)に連絡して詳細を固めるってね。だって、これはバイデンの積極的な意図なんだからさ。

(ここに出てくるサリバン、当時のバイデン副大統領の国家安全保障問題担当補佐官を務めていた人で、現在はバイデン大統領の国家安全保障問題担当補佐官を務めている人物だ。)

 非常に長い会話の中の一部分なので、分かりにくいかもしれない。前回のコラムの続きでもあるので、重複するが一応ご説明すると、要は、親露派のヤヌコーヴィチ政権を倒すためのマイダン革命において、アメリカ(バイデンやヌーランドなど)が背後で動いていたということに関して、2015年1月に当時のオバマ大統領がCNNの取材でも認めており、その具体的な動きに関する会話(当時のヌーランド国務次官補と駐ウクライナのアメリカ大使との会話)が録音され、リークされていたという話である。

 上掲の録音内容は、オバマも認めた「背後でアメリカが動いていた」という、その人物たちのトップには、「バイデン副大統領がいた」ということを証明している。


◆バイデンは親露派のヤヌコーヴィチに3ヵ月で9回も電話

 ヤヌコーヴィチ政権を倒すためのマイダン革命が勃発したのは2013年11月21日で、ヤヌコーヴィチ大統領がロシアに亡命したのは2014年2月22日だった。

 その3ヶ月間に、バイデンは9回もヤヌコーヴィチに電話をしている。

 これに関する情報は複数あるが、たとえば2014年2月25日のnbcnewsはAP通信の情報として報道している。

 それならバイデンはヤヌコーヴィチに対して親切で好意的だったのかというと、全くそうではない。その逆だ。

 たとえば、ウクライナの国営放送のウェブサイトであるukrinformは、<Biden says he had urged Yanukovych to flee Ukraine(バイデンは、ヤヌコーヴィチがウクライナから亡命するよう急き立てた)>という見出しで、バイデンの電話の内容を報道している。

 そこには、詳細はバイデンの自叙伝“Promise Me, Dad”にあるというので、それを購入して読むことにした。


◆バイデンの自叙伝に書いてあるヤヌコーヴィチとの電話

 数多くあるので、電話の内容を全て書くわけにはいかないが、最も決定的なのは2014年2月20日に掛けた電話の内容で、その前後の流れに関して、バイデンの自叙伝には、以下のように書いてある。概略的に示す。

 ●私はヤヌコーヴィチとは2009年にウクライナに行った時から接触している。

 ●2014年2月下旬(2月20日)に掛けた電話で、私(バイデン)はヤヌコーヴィチに「あなたは立ち去らなければならないという時が来た(=立ち去るべきだ)」と言った。「あなたの唯一の支持者は、政治の後援者とクレムリンだけだ」ということを、私は彼に忠告した。

 ●「ウクライナ人は、もう誰もあなたのことを信用してない」と、私はヤヌコーヴィチに言った。

 ●この不名誉な大統領は翌日、ウクライナから逃亡し、政府の支配は一時的にアルセニー・ヤツェニュクという若い愛国者の手に渡った。

 ウクライナの国営放送のウェブサイトにある通り、「バイデンがヤヌコーヴィチをロシア亡命へと追いやった」のである。ヤヌコーヴィチがウクライナからいなくなれば、ヤヌコーヴィチ政権は完全に崩壊し、ウクライナはバイデンたちが人事まで決めている親米政権になる。

 案の定、ヌーランドの録音の中にある「ヤツェニュク」の手に政権が一時的に渡り、最終的にバイデンの腹心のポロシェンコが6月に大統領に就任するのである。  

 「一時的に」と書いたのは、バイデンの自叙伝にcontrol of the government ended up temporarily in the hands of a young patriot named Arseniy Yatsenyukとあるからだが、ヤツェニュクは2014年2月27日 〜2016年4月14日と、約2年間首相を務めたので、「一時的」という言葉を使うなら「2014年2月23日 〜 2014年6月7日の間大統領代行を務めた」オレクサンドル・トゥルチノフと書くべきかもしれないが、“Promise Me, Dad”の原文に沿って解説した。

 こうして、完全に「バイデンのための」ウクライナ政府が出来上がっていく。

 ヌーランドの会話録音とバイデンの自叙伝を突き合わせれば、これぞ正に、「動かぬ証拠」ではないだろうか。


◆バイデンの狙いはエネルギー資源か

 なぜ、そこまでしてバイデンがウクライナを意のままに動かせるようにしたかったのかに関しては、バイデンが2009年7月から「ウクライナがNATOに加盟すれば、アメリカはウクライナを強くサポートしていく」と言い続けていたように、ウクライナを親露ではなく親欧米の国にしたかったという基本はあるものの、もう少し詳細に見れば、何よりも「エネルギー資源」の問題が際立っている。

 その証拠に、ヤヌコーヴィチがロシアに亡命した2ヶ月後の2014年4月20日、バイデンはウクライナの議会で演説し、その後、臨時政府の首相となったヤツェニュクと記者会見に臨んだりしたが、いずれの場合も「エネルギー安全保障問題」に触れ、ロシアからの天然ガス供給に依存しないで、独立しなければならないと強調し、アメリカはそのためにウクライナを支援する用意があると述べている。

 すなわち、エネルギー資源として、アメリカは長いこと中東の石油に頼ってきたが、アメリカでシェールガスが生産されるようになってからは、ロシアの天然ガスとの競争に入るようになっていた。

 事実、2014年にポロシェンコ政権が誕生して以降、ウクライナはロシア産天然ガスへの依存を低下させる政策を実施している。

 ロシアの天然ガスの多くは、ウクライナを経由したパイプラインによりヨーロッパに送られており、ウクライナはロシア天然ガス輸出の要衝だ。ウクライナはその仲介料という収入をロシアから得ていたので、本来ならロシアとウクライナはウィン・ウィンの関係にあるはずだが、ウクライナはガス料金未払いや「ガスの抜き取り」などを年中やっていたので、ロシアとウクライナの間では「ガス紛争」が起きていた。それを回避するために、ドイツはウクライナを経由しない「ノルド・ストリーム」を別途建設したくらいである。

 このように、ウクライナは、「ロシア天然ガスの対欧州パイプライン拠点」としての位置づけがあり、バイデンとしてはウクライナを「アメリカの采配下」に置いて、ロシアの天然ガスに対抗したかったものと解釈することができる。

 そうしないと、アメリカが入る余地がなくなる。

 となると、NATOも必要なくなり、NATOが無ければ、「アメリカが君臨する組織」が無くなり、アメリカの権威が失墜する。

 そのような中で中国経済が成長し、習近平とプーチンが蜜月になったのでは困る。しかし習近平は、アメリカからの制裁を逃れるために、西へ西へと経済的勢力を伸ばしていき、「一帯一路」構想でアジア・ユーラシア大陸をつなげようとしている。ウクライナは中国から見ても一帯一路のヨーロッパへの中継地になる。

 ウクライナを押さえておかねば、世界の勢力図が、アメリカを頂点としたものではなくなることを、バイデンは憂慮したものと解釈することができる。


◆ハンター・バイデンがウクライナ最大手天然ガス会社の取締役に

 その象徴のように突如、登場したのがバイデンの息子のハンター・バイデンだ。

 なんとバイデン(副大統領)の、ウクライナ議会における演説が終わるとまもなく、ハンターは突如、ウクライナの天然ガス関連の最大手であるブリスマ(Burisma)社の取締役の職に就いてしまったのである。

 ブリスマは民間企業ではあるものの、実はヤヌコーヴィチ政権時代の国家安全保障防衛評議会の経済社会保障副長官だったミコラ・ズロチェフスキーが創設に関わっており、実際上、彼が支配していた。その意味でも、バイデンとしては、ヤヌコーヴィチには何としてもウクライナを去って頂かなければならなかったのだ。

 ハンターは父親のバイデンがウクライナを訪問するたびに、必ずと言っていいほど同行していた。


◆バイデン訪中でもハンターが同行

 実はバイデンは、2013年12月4日に、訪中して習近平と会談している。

 訪中目的は中国が設けた防空識別圏に関して抗議するためだとか言っているが、何のことはない、同行したのはハンターで、ハンターは2013年6月に北京に設立したBHRパートナーズというファンドとの話があり、その宣伝のために父親を利用している。それ以外にも中国ではさまざまなビジネスに関わり、現在アメリカで捜査対象となっている上に本論から外れるので、ここでは触れない。

 一方、これまで何度か触れた、ヤヌコーヴィチが大統領として訪中したのは2013年12月3日で、マイダン革命が進行中にウクライナを離れることなどできないはずだが、4日はやむなく西安の兵馬俑を参観で時間を潰し、12月5日に習近平と会談し「中国ウクライナ友好協力条約」を締結している。

 バイデンと会った時と比べて、会談の雰囲気は華やかで、報道も大きかった。

 あのときは、まるで「ウクライナが米中のどちらを向くか」、奪い合いをしているように映った。

 以上、一つのコラムでは語り切れないが、少なくとも拙著『ウクライナ戦争における中国の対ロシア戦略』の「第五章 バイデンに利用され捨てられたウクライナの悲痛」で書いたことは正しかったことが確認できてホッとしているところだ。

 追記:言うまでもないが、ロシアの侵略行為は絶対に許されるものではない。武力を行使したプーチンは残虐なだけでなく愚かであり、敗北者であるとさえ言うことができる。

 ただ、もしアメリカの大統領がトランプだったら絶対にウクライナ戦争は起きてなかったことだけは確かだ。トランプは「NATOなど要らない!」と主張し、プーチンとは仲良しだった。トランプ政権時代、中国では「プーチンとトランプがハグする風刺画」が流行り、習近平が指をくわえて羨ましそうに見ているというイラストも出回ったことさえある。ウクライナ戦争によって人類は再び軍拡を中心とする時代に戻ってしまった。アメリカのLNG産業と軍事産業は儲かるだろうが、戦争を引き起こした遠因を直視しなければ、次に犠牲になるのは日本だ。そのためには真相を追及しなければならないと考えているだけである。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2022年5月09日 19:17:16 : oDNqB9Ik7g : SG5WeGpSc082WUk=[6] 報告
ゼレンスキー政権が本格的にミンスク合意違反となるドローン攻撃を行ったのも訪米後の事で
それなりのプレッシャーがなければ、さすがに自国民を虐殺する命令の実行にはGOサインを出さないだろう
2. 2022年5月09日 21:41:25 : niyy4hTwUA : OHU1UGRCUHhtN0k=[8294] 報告
バイデンがウクライナ情勢に躍起になる理由だね。

で、何これ、追記って?
ヤプーが勝手に追記したのか??
不自然過ぎる。

3. 2022年5月09日 22:08:02 : wHz0tjbCVA : eE4wUmhpbldOcEk=[6] 報告
>>2
去年「タリバンの首都」カブールでカニさん見殺しにしているから
カズワン沈没で知床で行方不明の人たち
12人全員国後島で発見されたという連絡入っているんだろ
何ばっくれていやがるんだ
そんなにロシアの海保に頭下げるのが嫌か
プーチン知床遊覧船の親方のこと笑ってられんぞ
4. 2022年5月09日 22:34:04 : rYUOvuhSGg : LnNqMkJWNjZYU0E=[404] 報告
DV男プッツンぷぅ狆涙目
習近平と夢見る
世界分割の野望が座悦する
そんなぷぅ狆の手下の下痢ゾウの
また手下暇人
いまさらバイデンのことより
日本を罵奸凌の支配する全体主義国家にしていいのか
そんな世界が暇人の理想なんだ
自爆巻き添えテロを夢見る
オウム信者になれなかった
ろくでなし中高年だろうおまえは
一人で孤独に縊死しろ



[スレ主【HIMAZIN】による初期非表示理由]:アラシかも(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)

5. AN[2354] gmCCbQ 2022年5月09日 23:59:46 : 7MnTY0kXGk : WnV6NThHb3NRa0E=[492] 報告
つまりは「バイデンの戦争」なわけですね。

 それはまぁ、誰に聞かなくても自明と思われますので、最後の追記は全くの蛇足。
 発表の場のYahooに迎合しているのかも知れませんが、筆者の遠藤誉って人は嫌中でもあるようだから、なにか思惑があるのかも知れませんね。
 

6. 2022年5月10日 05:11:54 : rYUOvuhSGg : LnNqMkJWNjZYU0E=[405] 報告
ウクライナではプーチンの演説は聞けるが
ロシアではゼレンスキーの発言はきけるか?
聞けないだろう
自分を批判する発言を弾圧する
そんな国のどこがよいなのだろう


[スレ主【HIMAZIN】による初期非表示理由]:アラシかも(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)
7. 2022年5月10日 08:41:47 : EWDDJpVvQo : ekw2NFAwejh3RG8=[1] 報告
とりあえず、
なんども、スミマセン!
なんども、そんとき訪問していたバイデン!
サッサッと、死●刑にしてください!
根の腐ったアメリカ人の皆様!
よろしくおねがいします。
8. 2022年5月10日 09:14:42 : niyy4hTwUA : OHU1UGRCUHhtN0k=[8300] 報告
>>6
>ロシアではゼレンスキーの発言はきけるか?
>聞けないだろう
聞けると思いますよ。
ウクライナより、日本より、情報は開かれてるようですから。
無根拠にデマを流されても迷惑なだけですよ。
そして根拠はこれね。

在モスクワの日本人もびっくり、実態とかけ離れたロシア報道 - JBpress
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/69899
この阿修羅掲示板の紹介記事
http://www.asyura2.com/15/gaikokujin2/msg/396.html

元サイトは有料で最後まで読めないかもしれませんけど、西側報道も普通に見られるようですよ。
(紹介記事のコメント2つ参照)

9. 2022年5月10日 12:02:07 : jpANwa3qXg : ODR4cEtua2JGYWs=[73] 報告
>>6

少なくとも、Telegramで聞けるし、見れるよ。西側がロシアからの情報を閉ざしてるだろうが。

10. 2022年5月10日 12:20:31 : TmE3IIJZ3c : bHBKRmJiOVpMSEE=[43] 報告
>>6

ちゃんと調べもせず、思い込みで発言する愚か者だな

11. Silverfox[173] U2lsdmVyZm94 2022年5月10日 20:32:42 : BaemsUyioo : VmJOR001d0pFQ2M=[1] 報告
>>2
遠藤誉さんはガチガチの反プーチンですから、これを書いておかないとプーチンを擁護していると思われるのを警戒なさったのでしょう。
12. 2022年5月10日 21:26:09 : mrRIgpDvKA : dDdZakZmOVQ0WU0=[475] 報告
ウクライナには

バイデン息子もおるでよー。

13. 2022年5月11日 08:22:32 : FZOPvgNti6 : MGIwWmVGbGxoNEk=[264] 報告
ハンター・バイデンはウクライナ絡み、中国絡みでFBIに公式に捜査されている。11月のアメリカ中間選挙で民主党の大敗は確定的で上院、下院とも共和党が多数を握ると見られておりバイデン大統領本人も弾劾訴追される公算が高いようだ。

トランプはバイデンのウクライナ疑惑の捜査資料の提供をゼレンスキーに求めたがうやむやにされ、反対にフェイクで大統領選に影響を与えようとしたとして民主党による弾劾に利用された。マスコミ、ツイッターも総動員でトランプを攻撃した。

ウクライナ戦争はオバマ時代のバイデン一派の工作が下地としてあり、トランプ時代には下火になっていたが、バイデンが大統領になってから、ウクライナ軍によるドンバス総攻撃(ウクライナ軍主力12万人を投入・現在はマリウポリで一部が殲滅され、大半はドンバス接触線の数カ所で包囲されつつある。)準備が直接の引き金となった。

14. 2022年5月11日 08:34:29 : vvtsbuhMrU : eDh2Q0dUMmtHbmc=[1] 報告
とりあ●ず、13.さんに賛成デス!
サッサッと、罪のツグナイをさせてください。
根の腐ったアメリカ人の皆様!
よろし●おねがいします。
15. 2022年5月13日 21:00:55 : FQONd8eNkj : R0VlYkVXZ2kudnc=[235] 報告
●ウクライナにおける病原体研究の問題は米国の支配システムを揺るがす可能性
http://www.asyura2.com/21/kokusai31/msg/682.html
●ロシアの天然ガスを輸入する欧州諸国のほとんどは、プーチン提案のルーブル口座をこっそり作ってガス輸入を続けていると伊首相が訪米時に暴露。
http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-6430.html
●ブルームバーグ:ロシアの今年の石油収入は、ボイコットにも拘わらず50%増!
https://twitter.com/trappedsoldier/status/1525004740462977029
●30年前に現在の事態を見通していたフィデル・カストロ「ヨーロッパで起きる次の戦争はロシア対ファシズムだ。ただし、ファシズムは民主主義と名乗るだろう。」
https://twitter.com/Kumi_japonesa/status/1524900446321537024
●米NATOのウクライナへの介入拡大に対して、ロシアがNATOとの直接衝突の危険性を警告し出した。欧米の政治家は、世界核戦争になる可能性をまったく1ミリも考えていないのだろうか。その責任も感じていない。⇒ロシアは、フィンランドとスウェーデンがNATOに加盟することによる脅威を排除するために、軍事技術およびその他の性質の報復措置を講じることを余儀なくされます-ロシア外務省
https://twitter.com/trappedsoldier/status/1524710466299125760
●スウェーデンとフィンランドがNATOに加盟すればロシアの潜在的な攻撃対象=露国連次席大使「彼らが加盟しないことを期待する。しかし、彼らがこれを行えば、これはロシアではなく、彼らにとって最悪の決定となる」
https://jp.sputniknews.com/20220513/nato-11244718.html
●プーチン:「NATOは、最後のフィンランド兵までロシアと戦うことを喜んでいるだろう」プチーン大統領は、2016年にフィンランドがNATOに加盟した場合に何が起こるかを予測しました。
https://twitter.com/trappedsoldier/status/1525010421886775297
●拒否権を持つトルコが、フィンランドとスウェデンのNATO加盟に反対
https://twitter.com/sohbunshu/status/1525074310708469761
●米上院がウクライナへの巨額(400億ドル)な追加軍事支援法案をブロック、「米国経済を犠牲にしてまでウクライナは助けられない」
https://jp.sputniknews.com/20220513/11243128.html
●EUの恐るべき歴史修正とロシア挑発
https://critic20.exblog.jp/32585030/
●南部ヘルソンでテロ攻撃を準備していたウクライナSBUが残したマシンガン、銃、グラナドなどの武器を、ロシアのセキュリティサービスが発見! 武器はヘルソンの元ウクライナ警察ミョコラ・サラマカの情報に基づいて発見された。戦勝記念日に、ヘルソン市民に対するテロを起こそうとしたウクライナ政府
https://twitter.com/trappedsoldier/status/1524720365066358785
●ウクライナ軍は、撤退時、子供の施設に爆発物を仕掛けて行く!
https://twitter.com/trappedsoldier/status/1524723269458227202
●ウクライナ軍は、降伏寸前。アフリカのメディアが報道。●ウクライナ軍は崩壊寸前 米軍元情報将校スコット・リッター氏
https://ameblo.jp/tony-9/entry-12742410622.html
●教皇との会談で、夫アゾフの救出を要求したウクロナチの妻たち。ナチス妻の正体がバレた! 銃を持ち、またはハイル・ヒットラー!
https://twitter.com/trappedsoldier/status/1524716724779511813
●バチカンは完全に正気を失っている。ピョートル・ベルジロフ(写真2枚目の右側)は、フランシスコ法王が昨日、2人のネオナチ「アゾフ」の妻とともに会見した人物である。
https://twitter.com/pickup_topic/status/1525051038663069697
●マリウポリの長老 「アゾフは、私たち民間人を撃っていた! 私たちをただ撃っていた! ロシア軍や誰も撃っていなかった。彼らは私たちを攻撃し、私たちの家を燃やした。」
https://twitter.com/trappedsoldier/status/1525034636652335104
●だから刺青チェックが必要だと言っているんだ。⇒(動画)ポーランドに入ったウクライナ難民
https://twitter.com/trappedsoldier/status/1525017026263064576
●ワルシャワで、ウクライナ難民のグループがポーランド人を殴打
https://twitter.com/trappedsoldier/status/1524999131420192768
16. 2022年5月14日 17:21:57 : LY52bYZiZQ : aXZHNXJYTVV4YVE=[13383] 報告
米国バイデン政権はウクライナ戦争継続を強く望んでいる!!戦争を終わらせる気はさらさらない!
2022/05/13
SHIMAKURA BIZch
https://www.youtube.com/watch?v=vEr1x4-O2Wo
17. 2022年5月14日 18:57:21 : FQONd8eNkj : R0VlYkVXZ2kudnc=[238] 報告
●(イマココ→)@ウクライナ軍が敗北している Aフィンランド、スウェーデンのNATO加盟にトルコが拒否権を行使した Bネオナチの正体がますます暴かれた Cルーブルがさらに強くなった DOPECが反米姿勢を強めている E中国もNATOに身構えている
https://twitter.com/trappedsoldier/status/1525111874135597057
●ロシアのプーチン大統領は、ファイザー、モデルナ、メルク、ギリアド、バイデン、オバマ、ソロス、クリントン、ロックフェラー、ペンタゴンがウクライナに違法な軍事バイオラボを作ったという「証拠」を暴露した
http://takahata521.livedoor.blog/archives/13963112.html
ソロスの財団、クリントン財団、ロックフェラー財団の資金で、オバマとバイデンが始めたウクライナ生物兵器研究所 〜ロシア国防省資料「ウクライナにおける生物化学兵器ラボアメリカの協力フロー」
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=313816
●ランド・ポール米上院議員が自国経済を崩壊させるウクライナ支援を阻止 / イタリア国民の7割は武器支援に反対、ほとんどの人々がロシア擁護 〜 一般市民が「西側」の嘘に気づき始めた
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=313883
●西側の軍事支援の兵器がどのルートでウクライナから闇市場に流出しているか
武器はウクライナからアフリカへ、そこから欧米諸国へと流れる可能性がある。 また、兵器の多くは、イラク、シリア、リビアなど他の紛争地域に向けられる可能性がある。
15-20%の武器が直ちに北、西、中央アフリカ諸国に渡り、民間軍事会社の職員を装ってウクライナに入国したこれらの国の将校らによって供給されて」おり、「支払いは暗号通貨と現金で行われている」。「ウクライナの武器市場」の転売の総売上高は暗号通貨収入を除いても、1ヶ月あたり7億ドルに上る。
https://jp.sputniknews.com/20220514/11253635.html
●ドンバス在住アメリカ人ジャーナリスト、ジョージ・アライスン氏「ミンスク合意に調印した後、合意に沿って政権を運営すれば良かったんです。ドンバスは元に戻ったでしょう。…しかしウクライナは一秒もミンスク合意を守ろうとはしなかった。」 / 西側の主流メディアのフェイクニュースの酷さ
2015年にEU欧州会議でイスラム過激派ISISがウクライナ軍側で対ロシア戦に加担してる問題についての議論があったんだね。これは証拠になりえるが、ただ、欧州会議はこれに回答せずスルー!そのISIS創立に関わり兵器と教練してたのがアメリカだった事もアサンジが暴露してたね。
イギリスのスカイニュース。「ロシア軍はナチスで、祖父たちの名誉を傷つけている、ウクライナで行っていることはファシズムと同じだ」。ポリャンスキー氏、ゼレンスキーの昨日のやらかしを見せながら「英国はWW2で自国民を殺害したナチスドイツの師団を応援するんですね?」。スカイニュースは逃亡。⇒ゼレンスキーがテレグラムで「ナチズムに対する勝利の日に、私たちは新たな勝利のために戦っているのです」と言いつつ、ナチス親衛隊のエンブレムを付けたウクライナ軍兵士の写真を投稿してしまう。それをさらに転載するウクライナ軍公式。
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=313814
●「戦争犯罪を犯しているのはウクライナ人だけです。どこにでもナチスがいます。彼らはSSのイニシャルを持っています。」ウクロナチを助けるためにウクライナに行ったフランス人医師は、現実に遭遇し、ウクライナでナチズムを発見しました。
https://twitter.com/trappedsoldier/status/1525343844694315009
●(画像)アゾフ妻もナチ! 「夫を助けて」と泣きまね
https://twitter.com/trappedsoldier/status/1525360068262121472
(画像)アゾフ妻が、時には「ハイルヒットラー」、時には「夫を助けて。しくしく」
https://twitter.com/trappedsoldier/status/1525360380368719872
●ポーランドに受け入れられたウクライナ難民が集団でポーランドの女性に痴漢行為をして、止めに入ったポーランド男性を集団で笑いながら暴行し、さらにナイフで複数回刺して殺害! ウクライナ難民の凶悪犯罪にポーランド国民は激怒!
https://twitter.com/wangon2010/status/1525372358458212352

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b23掲示板 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b23掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
戦争b23掲示板  
次へ