★阿修羅♪ > 戦争b23 > 746.html
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ ★阿修羅♪
ウクライナ軍の約1万6千人がルガンスクのセベロドネツク―リシチャンスク地域で包囲される(Voennoe Obozrenie / Military Review)
http://www.asyura2.com/19/warb23/msg/746.html
投稿者 Silverfox 日時 2022 年 5 月 17 日 23:08:13: DiI5lSKh.N61A U2lsdmVyZm94
 

ウクライナ軍の約1万6千人がルガンスクのセベロドネツク―リシチャンスク地域で包囲される(Voennoe Obozrenie / Military Review)
https://topwar.ru/196399-v-lnr-soobschili-o-popadanii-v-okruzhenie-v-rajone-severodonecka-lisichanska-porjadka-16-tysjach-voennosluzhaschih-vsu.html
2022年5月17日

ウクライナ軍の約1万6千人がルガンスクのセベロドネツク―リシチャンスク地域で形成された新たな「孤立地帯」に入った。ルガンスク人民共和国内務大臣補佐官ビタリー・キセリョフが発表した。

ルガンスクからの情報によると、ウクライナ軍の約1万5千人ないし1万6千人の軍人がセベロドネツク―リシチャンスク地域を絶対死守し、退却しないようにと命令を受けているが、すでに包囲されているとのことである。キセリョフの説明によれば、同様のことはすでにルベジュノエでも起こっており、ウクライナ軍の部隊は同地を離れることを禁じられている。

確かに、ルベジュノエで捕まった捕虜が語ったところでは、彼らは繰り返し、逃げずに死ぬまで戦えと命令を受けていた。そして指揮官はというと、とっくに一と月前に逃げていた。(捕虜たちはチャンネル1の放送で語った)

一方、軍事専門家が指摘しているように、セベロドネツク―リシチャンスク地域の状況は、ゼレンスキーとウクライナ軍最高司令官ザルジュヌィの間の不和の原因となった。最高司令官は、この要塞地域を離れ、残った兵力を状況が比較的ましなスラビヤンスクに向けることを提案した。しかし、ゼレンスキーはそれに反対し、逆に 、セベロドネツク―リシチャンスクの防衛を強化するために兵力を注入するよう命じた。

キエフはこのところアゾフスタルのテロリストの降伏など旗色が悪くなっているので、それを少しでも挽回するために何らかの「勝利」を必要としている。

ゼレンスキーのチームのクリエイティブなスタッフの計画によると、セベロドネツク―リシチャンスク地域で陣地を固めることは、ロシアとルガンスク人民共和国の連合軍の侵攻を確実に食い止める、いわば「ドンバスのスターリングラード」の役割を果たすはずだということである。 ウクライナ軍の参謀は、このグループは一部が破壊され、一部が降伏すると考えている。しかし、今キエフでは、軍の言うことに耳を傾ける人はおらず、もしもいるとしたら、それは外国人顧問である。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2022年5月18日 00:37:27 : BenOoI7waI : WjVxcnA1b1RBQi4=[10] 報告
ゼレンスキーは死守命令で、現場の上官は逃亡ってまんまスターリングラードじゃん。当時も高級将校は飛行機で逃げ出していたし。
そこらへんドイツ版映画スターリングラードで描写あるよ。

あと当時スターリングラードの第六軍は包囲されたままで赤軍の前進止めれてないぞ。役割を果たすってなんだよw

2. 2022年5月18日 00:54:37 : wQfcoIvoMw : Y3kyeGkzajhaMlU=[351] 報告


3. 2022年5月18日 01:22:19 : hNHhUPgfXo : Y0YySUlQWnE0ZG8=[181] 報告
ゼレンスキーは人殺し大統領になった。アメリカのポチのコメディアンは今や国内の男に死ぬまで戦えと命令するだけの人間になった。マスコミに持ち上げられるだけの人間はこんなもの。
4. 2022年5月18日 01:38:02 : wQfcoIvoMw : Y3kyeGkzajhaMlU=[352] 報告
ロシアの捜査官は、ドンバスの民間人に対してウクライナの政権によって犯された犯罪の刑事事件の調査の一環として、アゾフスタリから降伏した過激派に尋問する

5. 2022年5月18日 01:42:25 : wQfcoIvoMw : Y3kyeGkzajhaMlU=[353] 報告
報告:マリウポリのアゾフスタリ製鉄所で、包囲されたアゾフ・ナチの隠れ家の数人の上級NATO将校が降伏した件が…確認された。
https://twitter.com/timand2037/status/1526065943520108545

アゾフスタリで捕らえられた米国ワシントン州タコマ出身の米国海軍大将エリック・オルソン(特別作戦指揮官)
https://twitter.com/Ukraine66251776/status/1525823300571652096

Trans>元フランス兵 #AdrienBoquet は、支援任務のために3週間ウクライナに滞在し、彼が目撃した戦争犯罪について、「すべてがウクライナ軍によるもの」と述べている。
アゾフは人間の盾を使い、ロシア人捕虜の足を撃ち殺害した。
https://twitter.com/timand2037/status/1526091669296365568

6. ご免なすって![199] grKWxoLIgreCwYLEgUk 2022年5月18日 06:59:26 : T2WoRq7wCM : dTdoSC81NFk2S0k=[2] 報告

敵軍を固定して、大火力で破壊する戦術

最終的に、可能であれば、ロシア軍は戦車や歩兵でウクライナの陣地を制圧することは避けたいだろう。その代わり、ウクライナの部隊を所定の位置に固定し、圧倒的な火力で破壊することを戦術の中心に据えている。これがドンバスで見てきたことであり、ドネツクでこれから見ることである。ウクライナ軍は、ロシアの大砲が彼らを粉砕しているラインを維持するように命令されていて、そこを動けない。ロシア軍はアメリカ軍の3倍の密度で大砲を配備しており、その武器は射程距離で優位に立っている。つまり火力が重要なのだ。メディアはわかっていないが、ロシアはこの戦争を彼らの計画通りに戦っている。ウクライナを様々な作戦深度で地上火力で叩いている。局地戦場では旅団が砲撃し、国の奥深くではカリブルがダメージを与えている。

7. Silverfox[178] U2lsdmVyZm94 2022年5月18日 07:32:21 : MXwSzY9ZHM : N2Z1NHVGVmt5SUE=[1] 報告
>>1

ウクライナ軍はスターリングラードのソ連軍のつもりでいるようです。

8. 2022年5月18日 12:29:25 : 2KPGLfeh8U : NkM3NnExdDFxTmc=[1] 報告
銀狐氏>「最高司令官は、この要塞地域を離れ、残った兵力を状況が比較的ましな    スラビヤンスクに向けることを提案した。しかし、ゼレンスキーはそれに    反対し、逆に 、セベロドネツク―リシチャンスクの防衛を強化するために    兵力を注入するよう命じた」

 ヒトラーとマンシュタインだな、1942年12月19日マンシュタイン麾下のホト集団軍は、第六装甲師団中心にスターリングラード包囲のソ連軍に50キロまで迫ってた。包囲されらパウルス第六軍が、東方から友軍の砲撃音が聞こえる近さだった。
パウルス軍が内側から呼応して打って出れば、脱出成功の可能性あった、《冬の嵐》の始動である。がしかし、いろいろ折衝あったが、ヒトラーは第六軍がスターリングラードを放棄し、ホト集団軍合流目指し進撃を許さなかった。現在のゼレンスキーとおんなしである。で結局アゾフ大隊と同じく、壊滅にむかった。セベロドネツク―リシチャンスク地域絶対死守命令も、オンナシだろう。歴史は繰り返えす。

9. 2022年5月18日 13:40:23 : sObml2JNZY : WWFSWUh2NlJsR28=[116] 報告
本来、欧米人の発想では捕虜になるのは恥じゃないわけだろ?
命を守るためにやむを得ず投降するのは兵士の権利で、むしろ、解放された捕虜は英雄として迎えられると聞いた。
ジョン・ケリーみたいな大物政治家になった人もいる。

それが今度の戦争ではゼレンスキーが決して投降するなとか、最後の一兵まで戦えとか、「生きて虜囚の辱を受けず」の旧日本軍みたいなことを言い出しててずっと違和感を持ってた。

たしかに捕虜虐待の噂は両軍共に出てるけどな。
だからって、大統領がああまで言っちゃうのは異常だろう。

10. 2022年5月18日 14:02:27 : tN0zli4NMg : TUUvTlB6MFFvV0k=[1] 報告
ウクライナの軍事組織は、”政府の直轄の全体としては士気の低い政府軍”と”士気は高いが政府の指揮に必ずしも従わないいくつかの国営ネオナチ軍”に分かれるそうな。したがって、政府はこれらの軍を有機的に結合し、機動的に運用することが困難だと。従って、マウリポリで見られたようにあまり得策ではない籠城戦を選択しがちだと。もう一つ言えば、ネオナチ軍は地域性のある部隊だから自由に動かせない事情があるのだろう。
 また、ゼレンスキーの黒幕はネオナチの黒幕と共通だが、ゼレンスキーは大統領になった直後、ネオナチに”俺たちに従わなければムソリーニみたいにしてやるぞ”と手酷く侮辱され強迫された恨み&政治的敵対関係があるから、ネオナチ軍に籠城させ玉砕に誘導しているのだろう。
 ゼレンスキーに敵対的なネオナチ軍がロシア軍により組織として壊滅してくれれば、ゼレンスキーの政治的自由度が増すし、ゼレンスキーのもう一方の飼い主である米欧の”戦後、我々が育てたネオナチは米欧でアルカイダのように活躍するんじゃないか?”という懸念にも応えることになる。
 この戦いの第2幕は、アフガニスタンやイラクのように国軍同士の撃突が終わった後の治安戦にある。ウクライナ人は基本、ムスリムじゃないから”ジハードで死ねば極楽に行けて幸せになれる”とは思うまいが第2次大戦の後も根強い反ソ闘争が10年くらい続いたところを見ると第2幕のパルチザン闘争もそのくらいは続き、ロシアはアフガニスタンの時のような消耗を強いられるだろうし、ウクライナ人はそれ以上に苦しむだろう。
 つまり、米帝をはじめとする白人+名誉白人の帝国主義は最悪。米帝の「明白なる運命」が典型だが、あれは日帝の八紘一宇思想と変わらん
11. ご免なすって![203] grKWxoLIgreCwYLEgUk 2022年5月18日 14:24:49 : T2WoRq7wCM : dTdoSC81NFk2S0k=[6] 報告

【未確認ですが情報ですが】ウクライナ軍の兵士16000人がリシチャンスクとセベロドネツク付近で降伏したようです。確認されればウクライナ軍の総崩れが始まっている兆候で、全面降伏が近いサインです。アゾフ全滅状態でウクライナ軍の指揮系統が機能していない。もしかしたら停戦に向けた交渉が極秘で進んでいる可能性がある。大規模な地上戦、超音速ミサイル攻撃は現在止まっていて、全土が停戦状況になっている。このあと何が来るのか。軍事作戦終了があってもおかしくない。2ヶ月前にチェチェン共和国の軍隊がマリウポルの街頭でナチスを倒している時点で、実質的に、すでに戦争は終わっていたのだが。


12. 2022年5月18日 15:08:52 : hQEwkM5ePw : RmJQNHYyd2d5c2s=[49] 報告
ウクライナナチ
ロシアソビエト
ソビエトの勝ち
13. 2022年5月18日 15:11:13 : p4eYOBlQWI : dEpydWxoTll6QWM=[10] 報告
プーチン大統領頑張れ🚩😃🚩
14. 悪魔に魂を売るとは[1] iKuWgoLJjbCC8JSEgumCxoLN 2022年5月18日 15:33:12 : T4jJmFZpwE :TOR Sk5JNklXTy96anM=[29] 報告
マツコ・デラックスとの共演時有吉弘之が

「悪魔に魂を売る」選択をしたと自分たちの過去を

TVで告白したことがずいぶん以前に報道されている

ナチス・ウクライナのゼレンスキーというユダヤ人も

そうした選択をすることで普通の平凡な一般民間人が

手にすることのできない「成功出世」を手に入れた

「人物」だと捉えている

今回のウクライナ紛争で自国兵士や自国民そして特に

特に多くのロシア系ウクライナ人の命の犠牲の上に

莫大な利益を手にしており世界中で演説を行い獲得

した支援金からも利益を得ているそうである

因みにグレートリセット新NWO「デジタル一元一括

管理世界統制完全監視社会」への移行を強引に推進

している世界経済フォーラムとそのリーダー

クラウス・シュワブを裏から操るヘンリー・キッシン

ジャーは「軍人」を「無能な生き物」と認識

単なる駒として戦争で使い捨てにされて当然である

と過去公に発言

ゼレンスキーはクラウス・シュワブの意向に従い

ウクライナが西欧での新NWOの先陣を切ると公に

宣言している

ユーラシア大陸を世界支配の為のハートランドと

捉える地政学に基づきロシアに対する先制核攻撃計画

を立案徹底的な反ロシアロシア憎悪に貫かれていた

ブレジンスキーはキシンジャーと共に筋金入りの

日本人嫌いで有名である

twitter買収一時休止状態のイーロン・マスクが

先日「近い将来日本人が消滅する運命にある」と予告

めいた発言を行っていたのもご主人様の計画を知らされ

ているからだと推察

キッシンジャーが同様に「将来的な国家の消滅」を予言

した「イスラエル」は皆国民「ワクチン複数回接種」

アジェンダ推進の先頭を走ってきており「日本」も

それにぴったりと追随している事実とリンクしてくる

その日本の首相岸田も世界経済フォーラムのクラウス・

シュワブに忠誠を誓い「グレートリセット新NWO」への

移行を積極的に推進中

15. 茨城市民[527] iO@P6Y5zlq8 2022年5月18日 16:21:21 : L7K5kePxVQ : RmZsblR3TG45RTI=[266] 報告

>11. ご免なすって! 【未確認ですが情報ですが】ウクライナ軍の兵士16000人がリシチャンスクとセベロドネツク付近で降伏したようです。

〇マリウポリのアゾフ隊の本部は消滅し、もう、死ぬまで戦えという上からの命令に従う者は少なくなってきたということでしょうか。
 終わりは近いですね。

16. 2022年5月18日 18:42:03 : niyy4hTwUA : OHU1UGRCUHhtN0k=[8458] 報告
ここでは大物は釣れませんか?
17. 2022年5月18日 18:49:03 : rizddiLny2 : UWxmd3laQXh3ZFk=[197] 報告
>>9
>本来、欧米人の発想では捕虜になるのは恥じゃないわけだろ?
>それが今度の戦争ではゼレンスキーが決して投降するなとか、最後の一兵まで戦えとか、
>「生きて虜囚の辱を受けず」の旧日本軍みたいなことを言い出しててずっと違和感を持ってた。
______________________________________________

まあ、普通の国であれば、軍が壊滅を予想されるほど劣勢の時には「降伏もやむなし」との命令を
下すだろうね。でも、ウクライナのネオナチ・クーデタ政権は、普通じゃないんだよね。

2014マイダン・クーデタ、オデッサの虐殺及びドンバス地方の大量虐殺・強姦殺人(人道犯罪)、地下施設での生物兵器開発・幼児誘拐・人体実験などなど、あらゆる悍ましき犯罪国家となっている。そして地下に隠していた悍ましき研究施設がロシア軍の手に落ちた。将校クラスもロシア軍に捕まっている。

そして遠からずバイデンの息子=ハンターバイデンの隠れ家(>>2の地図の赤丸に近い。たぶん東部のこれ➡https://imgur.com/YsOZZ4K)も制圧されそうだ。そこは、あらゆる犯罪のオンパレードだ。バイデン大統領としては、何としてでも隠し続けたいだろう。だからバイデンがゼレンスキーに命令し、ゼレが軍に命令したということだろう。

そのうえ多くのアゾフ隊を含む兵士が投降して捕虜になって取り調べを受ければ、西側の報道が全てウソとデタラメの「嘘の帝国」であり、ゼレンスキーやポロシェンコの犯罪はもちろん、裏で蠢いていたオバマ・ヌーランド・バイデン親子ほか、マクロン(仏)やトルドー(カナダ)の責任問題に発展する。

だからバイデンの傀儡であるゼレンスキーは、「悍ましき施設の徹底的破壊とアゾフ隊やウクライナ軍は、一人残らず自決せよ!」と言っているわけ。でもロシア軍は「命は大切だ、出ておいで、自白しなさい」と言っているのだ。

ちなみにゼレンスキーは、ジョージソロスのいとこだというペンタゴン情報もある。また、戦争によって毎日莫大な財産・貯蓄を築き上げていると暴露されている。まあ、ポーランドのアメリカ大使館地下室ならばウクライナに何があっても安全だろし、毎日唸るほどの金が転がり込んでくるわけだから、何でも言いたい放題なわけだ。さすが金に汚いニセユダヤである。
______________________________________________

>どうして? ゼレンスキー大統領の懐が侵攻後も膨らみ続けている謎
https://twfan.net/user/814509223551737856/new/1
ロシアの軍事侵攻後1ヶ月ごとに1億ドル増加、昨年公表された「パンドラペーパーズ」によって、ゼレンスキーは大統領に就任した後の2年間で8億5,000万ドルもの蓄財をなしたことが暴露された   
https://www.mag2.com/p/news/538575  2022年05月16日(月) 22:50:59

>ゼレンスキー大統領はジョージ・ソロスのいとこ。
https://ameblo.jp/jblle8t/entry-12736125473.html
 国防総省は、ウクライナのゼレンスキー大統領がジョージ・ソロスのいとこであることを明らかにしました。ソロスは、主権国の通貨を繰り返しショートさせ、それから無数の利益を上げてきました。つまり、金融界の欧米諸国の大ボスです。 1998年、彼は香港ドルをショートさせようとしましたが、国の支援を受けて、香港はソロスを首尾よく阻止しました。ゼレンスキーとソロスはいとこです、信じるか信じないかはあなた次第です。
______________________________________________

18. 2022年5月18日 19:43:16 : FQONd8eNkj : R0VlYkVXZ2kudnc=[245] 報告
●ウクライナ軍がスベルドネツクで1万5千人包囲されている! 司令官は死ぬまで戦えと命令し逃亡。一昨日は各前線へのロシア軍の一斉攻撃で470人以上のナショナリストが死亡。昨日はリビウの訓練キャンプにカリバー攻撃。アゾフスタリの投降で、ウクライナ軍の士気は総崩れ。ドンバスで1500人の集団投降
https://twitter.com/trappedsoldier/status/1526802360172810242
●アゾフスタリのアゾフが投降し、ドンバスでも1500人が集団投降。訓練も装備もなく「領土防衛隊」を前線に送り、包囲されればさっさと逃亡した司令官への不満を捕虜が語っている。
https://twitter.com/trappedsoldier/status/1526835186305929216
●マリウポリで住民を人質にして立てこもっていた親衛隊もロシア軍に投降
https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/202205170001/
●アゾフ降伏で元のハリコフやオデッサに
中国にウクライナ製鉄所の兵士救済訴え 妻ら(★注、投降すれば簡単なのに、なんとも不思議な話だが、習近平だけではなくローマ教皇にもアゾフ救出をウクライナは頼んでいたのですから面妖な?
(画像)アゾフスタル製鉄所の地下から脱出を試みて捕縛されたトレバー・カディエ中将。カナダ国防省は4月5日付で退役、「私人としての行動」と説明。カナダは2015年から特殊部隊などをアゾフの訓練にウクライナに派兵してきた。
(画像)5月15日逃亡を図ったタコマ出身の米国海軍大将エリック・オルソン(高度に装飾された特別作戦指揮官)がアゾフスタリで捕獲される。米国のエリック・オルソン将軍 はイギリス中佐ジョン・ベイリーやアゾフと共に地下深く籠っていた(★注、ネオナチのアゾフ大隊が潜んでいたアゾフスタリ地下要塞は危険な生物化学兵器の研究所も併設されNATO諸国の高級将校が詰めていた可能性が高いという)
https://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/54a62d8dd922d1f9a63e5383be4cb87c
●ロシア国防省「ウクライナ東部の要衝マリウポリのアゾフスタル製鉄所に立てこもる軍人265人が投降」と発表 〜大部分はネオナチの「アゾフ連隊」のメンバー
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=314235
●アゾフスタリの無条件降伏で、ウクライナ軍の士気は崩壊寸前。そこへロシア軍がすべての戦線で一気呵成に攻勢に出ている。スベルドネツクでは1万5千のウクライナ兵が包囲された。1,500人の集団投降も発生している
https://twitter.com/trappedsoldier/status/1526854658840334336
●さらに600人以上が、アゾフスタリ工場から降伏
https://twitter.com/trappedsoldier/status/1526859757268545536
●(ネオナチ画像)アゾフスタリで降伏した「アゾフ」イゴールのSNSからのすべての写真。―ウクライナにはナチズムはない?
https://twitter.com/trappedsoldier/status/1526827675506995200
●(画像)見覚えがあると思った。アゾフスタリの狙撃兵がドネツク病院でロシア人医師に治療を受けているという写真を使い、「ロシア兵がウクライナの医師に救命治療を受けている」と解説をつけるウクライナのデマ宣伝
https://twitter.com/trappedsoldier/status/1526551625778667521
■住民の選挙で選ばれた訳でない、ゼレンスキーが任命した市長や州知事は、市民虐殺を推進するネオナチ。ロシア協力者はその場で射殺していいと許可した、ニコラエフ市長ヴィタリー・キム。市民の避難を禁じたオデッサ州知事マキシム・マルチェンコは、ドンバスで民兵の首を母親に送ったアイダ―司令官
https://twitter.com/trappedsoldier/status/1526806279234105349
●ウクライナでの戦争は、実際にはロシアとアメリカの戦争 〜停戦交渉を事実上拒否しているのは、ウクライナを支配しているアメリカ / アメリカ国防総省による秘密の軍事生物学的プログラムを暴露した安保理公開会合と米軍の態度の変化?
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=314237
●元ロシア大統領メドヴェージェフ氏が「アメリカ中心の世界は崩壊し、新しい世界秩序が始まる」と警告
予想されていた以上の制裁の恩恵によるロシアの経済的飛躍 〜対ロシア制裁が始まったときから、「こんなことは、ロシアが潤うだけ」であり、「西側が自滅するだけの行為」
対ロシア制裁が始まってから、「ロシアの経常収支は過去最高」
「西側の制裁によりロシアが儲ける金額」はブルームバーグのアナリストの試算では日本円で約40兆円…。西側が一丸となってロシアの経済を強化する理由は何?
「次は何か」:元ロシア大統領が西側の「自傷行為」制裁は「米国中心の世界の崩壊」を意味すると警告
https://indeep.jp/medvedev-said-so/
●米国とヨーロッパは、ウクライナから穀物を輸出(強盗)する計画に取り組んでいます-CNNのレポート。さて、私たちはウクライナの将来の飢餓の理由が何であるかを理解しました
https://twitter.com/trappedsoldier/status/1526826741175439361
●中国人がロシアを世界で最も友好的な国と見なす=アジアタイムズ
https://jp.sputniknews.com/20220518/11286165.html
●(動画)「ロシア人たちを本当に楽しみに待っていました!」ロシア軍によって解放されたルガンスクの村で、少女を見つけました。彼女は地下室で、1週間以上過ごしていました。それ以来週に3回、兵士たちはエヴァを訪ね、彼女を自分の娘と呼びます。
https://twitter.com/trappedsoldier/status/1526862270873030656
19. 2022年5月18日 20:03:21 : ScpQ0WdAgI : YlUvYlhXRjR5dE0=[1] 報告
上の連中は逃げて下は退却するな、って旧日本軍そのものじゃないか?
20. 2022年5月18日 20:36:12 : FQONd8eNkj : R0VlYkVXZ2kudnc=[246] 報告
●ロシア国防省によると、この48時間でアゾフスタリから959人のウクライナ兵が投降した。
https://twitter.com/trappedsoldier/status/1526886627737382914
●ロシア軍のアゾフの扱いをとっても心配するロイター。この連中が、8年間ドンバスの市民相手にハンティングと称して、殺害をエンジョイしていた時は、ロイターはどこにいた? ロシアの特別軍事作戦は、ネオナチの戦争犯罪を法的に処罰することも1つの目的にしている
https://twitter.com/trappedsoldier/status/1526871897182326786
●ロシアは第三次世界大戦の勃発を許しませんが、国への攻撃の場合には超強力な対応をします―ドミトリー・メドヴェージェフ
https://twitter.com/trappedsoldier/status/1526875765803208707
●ロシア、5キロ離れた地点からドローンを燃やすことができるレーザー試験実施、事実上、量産している
この新たなシステムは2018年にプーチン大統領が発表したレーザーシステム「ペレスヴェート」の威力さえもすでに上回っている。「ペレスヴェート」は、最大1500キロの軌道上の潜在的な敵の偵察衛星を妨害することができる。すでに量産され、ロシア軍に納入されている。
https://jp.sputniknews.com/20220518/5-11291102.html
●(動画)全世界でナチスに反対している皆さんへ ロシアより大きなありがとうをこめて!
https://jp.sputniknews.com/20220518/11289454.html
21. 2022年5月18日 21:32:35 : ktMm9uCzdQ : LndlTC9QNS5aLnc=[78] 報告
>17
本当に従兄弟同士なんですかね?

ジョージ・ソロス91歳、
ヴォロデミル・ゼレンスキー44歳、
親子どころか祖父と孫程の歳の差…

まあ、大叔父と兄弟孫などの親戚筋とか言うのならまだ分かるんですが…

22. 2022年5月18日 21:41:23 : 54qpdf8OJs : TnRDenk4Rk5VSkU=[251] 報告
>>18より

●ウクライナでの戦争は、実際にはロシアとアメリカの戦争 〜停戦交渉を事実上拒否しているのは、ウクライナを支配しているアメリカ / アメリカ国防総省による秘密の軍事生物学的プログラムを暴露した安保理公開会合と米軍の態度の変化? https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=314237
__昨日のフルフォード情報日本語版によれば、“先週末、米軍の幹部100名ほどがロシアを訪れ、「全面核戦争を回避するための緊急会議」が開催された…切っ掛けは、先週開かれた国連安保理の緊急会合だった。その場でロシアの国連大使が数百枚にのぼる資料を配布し、西側欧米が画策する「生物兵器(疫病)による人口削減計画」の情報および証拠を公表したのだ。”ということです。
______________________________________________

上記にある「 アメリカ国防総省による秘密の軍事生物学的プログラムを暴露した安保理公開会合」
のリンクが下記です(機械翻訳)。もう、ほとんどすべてがバレバレです。
日本を含む世界のメディアがバンバン報道すべきだろうさ!!!
特に犬HKなんか、金余りで使い道に困ってるだろ。国連に職員を
10人ぐらい常駐させ、BSチャンネルでバンバン報道すべきじゃないのかね?
______________________________________________

>ウクライナの生物学的実験室に関する国連安全保障理事会のブリーフィングにおけるヴァシリー・ネベンツィア常駐代表の声明(議題「国際平和と安全に対する脅威」)。
https://russiaun.ru/en/news/unsc_130522
Statement by Permanent Representative Vassily Nebenzia at UN Security Council briefing on biological laboratories in Ukraine (agenda item "Threats to international peace and security")

同胞の皆さん。
ウクライナにおける軍事生物学的活動に関する安全保障理事会は、
ロシアの要請により3回目の会合が開催された。その理由を説明しましょう。

私たちは、米国国防総省が同国において、軍の秘密生物プログラムの特徴を持つ危険な生物学的プロジェクトの実施に直接関与しているという非常に憂慮すべき文書による証拠を入手し続けている。この活動は、東ヨーロッパの真ん中で、ロシアの西側国境に近いところで行われており、生物学的脅威の国境を越えた性質を考慮するならば、我が国、この地域、そして全世界の生物学的安全保障に対する真の脅威となっているのである。マークラム氏が確認したように、米国もウクライナも、信頼醸成措置の一環であるそれぞれのBWC報告書において、こうした活動に関する情報を国連に提出したことはない。この危険な活動を止めることができたのは、我々の特別軍事作戦だけである。

このテーマに関する前回の会合から2カ月が経過し、その間に新たな証拠が出てきた。私たちは安全保障理事会ですべての資料を回覧しました。その中から最も重要なものを紹介します。

プロジェクト3007「ウクライナにおける水生由来の危険な疾病に関する疫学的・環境的状況の監視」の文書からわかるように、ウクライナの専門家は、アメリカの科学者の指導のもと、ドニエプル川、ドナウ川、ドニエステル川、北クリミア運河などのウクライナの主要河川の水サンプルを系統的に収集した。その目的は、コレラ、腸チフス、A型肝炎、E型肝炎などの特に危険な病原体の存在を確認し、それらの水系伝播の可能性について結論を出し、選択したサンプルの損傷特性を評価することでした。

収集された菌株はすべて、その後米国に輸出された。何のために?なぜ米国は、その地域の河川で広がる可能性のある危険な病原体のコレクションを必要とするのでしょうか?ウクライナの水資源地図を見れば、この「科学的研究」の結果が、ロシアだけでなく、黒海やアゾフ海、さらにはベラルーシ、モルドバ、ポーランドなどの東ヨーロッパで生物災害を引き起こすために利用できることが誰でもわかるだろう。

文書によれば、キエフ政権は、危険な生物製剤を空輸するための技術的な機会を得ようとしたようです。昨年ウクライナは、トルコの無人偵察機メーカーであるBaykar Makinaに、Bayraktarドローンに、300km以上飛行しながら20リットル以上のエアロゾルを噴霧できる装置を装備する可能性について要請書を送りました。この書簡のコピーは、4月19日に理事会で配布した文書一式の中に含まれています。このようなエアロゾルシステムを搭載し、300キロの飛行距離を持つ場合、そのようなドローンはロシアの領土に危険な生物学的エアロゾルを散布する真の脅威をもたらすことになる。

2022年1月、ウクライナは仲介組織を通じて、生物製剤や有毒化学物質の散布に使用できるこのような装置を50台以上購入したと伝えられている。2022年3月9日、30リットル容器と散水装置を搭載した無人航空機3台が、ケルソン地方でロシアの偵察部隊に検知された。4月末には、カホフカ近郊でさらに10台が発見された。

この文書は、キエフ政権が危険な生物製剤を空輸するための技術的機会を得ようとしたことを示すものである。昨年、ウクライナはトルコの無人偵察機メーカー、ベイカール・マキナに、ベイラクター無人偵察機に、300km以上飛行中に20リットル以上のエアロゾルを噴霧できる機器を装備する可能性について、要請を送った。この書簡のコピーは、4月19日に理事会で配布した文書一式の中に含まれています。このようなエアロゾルシステムを搭載し、300キロの飛行距離を持つ場合、そのようなドローンはロシアの領土に危険な生物学的エアロゾルを散布する真の脅威をもたらすことになる。

2022年1月、ウクライナは仲介組織を通じて、生物製剤や有毒化学物質の散布に使用できるこのような装置を50台以上購入したと伝えられている。2022年3月9日、30リットル容器と散水装置を搭載した無人航空機3台が、ケルソン地方でロシアの偵察部隊に検知された。4月末には、カホフカ近郊でさらに10台が発見された。

ロシア国防省は、国防総省がウクライナの領土で実施したいくつかのプロジェクトが、ボランティアであるウクライナ国民の生命と健康を危険にさらしているという衝撃的な証拠を入手した。UP-8プロジェクトの文書には、被験者の「軽微な」事故は72時間以内に米国倫理委員会に報告しなければならないが、ボランティアの死亡を含む重大な事故は24時間以内に報告しなければならない、と規定されている。つまり、プロジェクトの公式文書には、標準的な血液サンプルの採取についてしか書かれていないが、これらの実験は当初、致死的な結果をもたらす可能性を認めていたことになる。被験者が死亡する可能性があるとすれば、それはどのような血液サンプリングだったのだろうか?

ブラック・アンド・ヴィーチ社やメタビオタ社といった国防総省の請負業者を通じて、ウクライナの軍事生物学的活動にアメリカの政治体制が直接的に関与していることを確認する証拠があるのである。そして、彼らの目的は科学の振興とはほど遠いものであった。特にメタビオタ社の副社長の手紙には、ウクライナにおける同社の目標が「ウクライナのロシアからの文化的・経済的独立の確保」であると書かれており、控えめに言ってもバイオテクノロジー企業としては非常に珍しい仕事であることがわかる。

前回の会議で、ウクライナは米国国防脅威削減局の資金援助を受けて、軍事生物学的RnDを行う生物学研究所のネットワークを構築していることを理事会に報告した。前回のデータによれば、このネットワークはキエフ、オデッサ、リヴォフ、ハリコフ、ドニプロ、ケルソン、テルノポル、ウジゴルトド、ヴィニツァをカバーしていた。

このたび、マリウポルがこのリストに加わった。この都市の2つのバイオラボで、米軍との関わりを確認する文書の緊急廃棄の証拠を発見した。

現存する文書の予備的分析によると、マリウポルはコレラ病原体の収集と証明のための地域センターとして使用されていることがわかった。選択された菌株は、米国への生体材料のオンワード出荷を担当するキエフの公衆衛生センターに送られました。これらの活動は、菌株の移送からもわかるように、2014年から実施されている。

マリウポルの衛生疫学研究所で、2022年2月25日付の病原体コレクションの破壊行為が発見された。それによると、この研究所では生物兵器となりうるコレラ、野兎病、炭疽病の病原体が扱われていました。・・・・・・・・・・・中略

皆さん。

米国とウクライナによる生物兵器・毒素兵器禁止条約違反を直接的に指摘する資料がかなり集まりました。今後も関連データの収集と分析を続けていきます。米国側はこのテーマに関する建設的な議論に参加することを拒否しているので、我々はBWCの第5条と第6条に想定されるメカニズムに関与する予定である。資料収集が終わり次第、安全保障理事会に提出し、調査してもらう予定だ。それによって、国際平和と安全保障に脅威を与える軍事生物学的活動を抑制し、加害者に責任を取らせることができるようになることを期待しています。

ありがとうございました。・・・以下略
______________________________________________

23. 2022年5月18日 21:55:17 : SosfalkpmU : VDY2MlByQjM1Zk0=[1] 報告
そこを死守せよ!
ゼレチンコ(ユダヤ人)からすればウクライナ人もゴイム(家畜)だから、平気でこういう命令を出せるのだ
そういう意味で、ヒトラーもスターリンも同じことだ

包囲されたウク軍だが、動員兵ばっかっぽい
前線に電気洗濯機を持って行くとか、平和ボケもいいところ
どうあれ、ゼレチンコの為に命懸けで戦うなんてアホは、そうそういまい尚哉www

24. 2022年5月18日 23:28:17 : rJRin5TH7Q : UDdydTdiV2YzeWM=[52] 報告
最早降伏しか無いだろうな。
早く降伏して家族か恋人か親友の元に帰れ!!
25. 2022年5月19日 00:07:58 : qxNlsUXK8U : Z1NyeW5ETTdLMlU=[781] 報告
transimpex_ochd(スコットランド・ケール語で8です)で投稿しています。

No.14 おかま芸人のいう事などシナリオ通りの茶番劇。

昔からTVなどその程度。

半島勢の茶番劇。

帰国一択。

皇室制度廃止と日本人の為の日本再生。

差別? 他国で洗脳工作・侵略活動している外・害人等不要。

政治屋・信者共々 国があるのだから 自国で頑張れ。



[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数のため全部処理

26. 2022年5月19日 01:38:42 : 2Bda7TFrBQ : dm5UM1J3RnRxQXc=[1] 報告
ゼレンスキーは、アメリカとかから紛争を長引かせることで、たんまりと金をもらってるえうえ、従わなければ殺すというおどしも合わせて受けてるんでしょう。ですので、講和は、ないでしょう。上層部が、私服を着やすあいだ、市民と兵士が死んでいくだけです。ウクライナ人は、早くクーデターでも起こしてさっさと蹴りつければいいんですよね。
27. 2022年5月19日 01:42:39 : hNHhUPgfXo : Y0YySUlQWnE0ZG8=[194] 報告
スターリングラードではヒトラーの命令で退却も出来ないドイツ軍が包囲したつもりが逆に包囲され、打つ手が無くなり降伏したとか。

歴史が繰り返されているようだな。規模ははるかに小さいが。

28. 2022年5月19日 01:51:17 : w2ofPGwXDQ : VXRRaHVJSEI1dmM=[92] 報告
ロシア軍はドンバスに布陣するウクライナ軍を包囲・殲滅する為「異なる3つの作戦を試見た」

最初に検討された作戦はロゾバヤ〜パブログラードに出口を用意した大規模な包囲網で、これが実現していれば、ドンバスに布陣するウクライナ軍統合部隊(正式には合同部隊作戦/Joint Forces Operation)約5万人を出口に向かって撤退に追い込むか、出口を閉じて補給路を遮断出来ていたのだが、実行に必要な兵力が足りないという問題の為3月時点で断念。

次に検討された作戦はバルビンコーブ〜ポクロブスクに出口を用意した中規模な包囲網で、最初の案よりも包囲の規模は小さくなったもののドンバスに布陣する大部分のJFOを捕まえることが期待出来、ロシア軍は実際に作戦を実行に移したが、イジュームからバルビンコーブへの進軍が思う様に進まず再び断念。

現在実行されている作戦はヤムピリ〜ポパスナを繋ぐ小規模な包囲網で、セヴェロドネツィクとリシチャンシクに布陣するJFOの部隊をスラビャンスク方面と分断する事を目的にしており、大失敗に終わったドネツ川の渡河も「本作戦に沿ったもの」

小規模な包囲網をロシア軍が完成させる為には、ポパスナ方向から進軍しか残されておらず、これをウクライナ軍が阻止すれば再びロシア軍の作戦は行き詰まる。

https://grandfleet.info/european-region/the-russian-armys-crossing-operation-failed-and-the-surviving-russians-also-swim-in-the-river-and-escape/

29. 2022年5月19日 06:23:59 : 54qpdf8OJs : TnRDenk4Rk5VSkU=[252] 報告
>>22 つづき

>>22と下記にある__先週末、米軍の幹部100名ほどがロシアを訪問__が事実なら、驚愕の情報である。

そして「欧米の軍と諜報当局が全力でハザールマフィアに対する取り締まりを強化・加速させる」との方針が事実なら、ジョー・バイデンやバラク・オバマ、ヒラリー・クリントン、ロックフェラー財団、ソロス財団…などが犯罪者として拘束・告発・逮捕される可能性がある。つまり米軍は、「DSを米国と人類の敵と認定し、プーチンのロシア軍と協力する__と言うことになる。
__以上は、B・フルフォード情報。彼は、ペンタゴンの協力者から情報を受け取っていると言っている。

またクレムリンでは、集団安全保障条約機構(CSTO)も開催された。各国首脳は危機感を共有したことだろう。だからプーチンの発言にあるように、各国がNATOに参加するにしてもDSに与することなく、プーチンのロシアと歩調を合わせ、ロシアの脅威になることはないだろう。

これは、犬HKも民放も朝から晩まで特集を組んで放送すべきだ!
______________________________________________

>◆米ロ軍緊急会議の開催と世界の金融経済戦争≪2022/05/16 VOL654≫http://benjaminfulford.jp/
【 米ロ軍緊急会議 】
先週末、米軍の幹部100名ほどがロシアを訪れ、「全面核戦争を回避するための緊急会議」が開催された、と米軍筋やMI6筋が伝えている。そして、そこでは現時点での結論として「欧米の軍と諜報当局が全力でハザールマフィアに対する取り締まりを強化・加速させる」との方針が改めて確認されたという。

この「米ロ軍会議」開催の切っ掛けは、先週開かれた国連安保理の緊急会合だった。その場でロシアの国連大使が数百枚にのぼる資料を配布し、西側欧米が画策する「生物兵器(疫病)による人口削減計画」の情報および証拠を公表したのだ。

その証拠資料の中にはジョー・バイデンやバラク・オバマ、ヒラリー・クリントン、ロックフェラー財団、ソロス財団…などの名前が列挙され、他にも多数の個人名や企業名が具体的に名指しされているという。https://www.bitchute.com/video/Z5QF7qmTnt3s/ ロシア政府は、それらの人物や企業が画策していた「人口削減計画」のかなり詳しい証拠を数多くつかんでいるのだ。

たとえば、ロシア軍が制圧したウクライナの生物兵器工場では大量の“渡り鳥”が発見されている。その鳥たちは番号で管理され、さらには衛星監視システム用の半導体とウイルス(疫病)をばら撒くためのコンテナがそれぞれの体に装着されていたという。ようするに、渡り鳥がアジアやアフリカ、南米などへ向かう時に、・・・(以下、有料記事)
________________

>🇦🇲🇧🇾🇰🇿🇰🇬🇹🇯集団安全保障条約機構(CSTO)の首脳会議 https://t.me/rusembjp/2006?single
集団安全保障条約の30周年と組織の20周年を記念して、モスクワのクレムリンで集団安全保障条約機構(CSTO)の首脳会議が16日に開催された。🇷🇺🎙ロシアのプーチン大統領は16日、集団安全保障条約機構(CSTO)の首脳会議で、ウクライナでは米国の管理下で生物兵器成分がつくられ、独立国家共同体(CIS)の疫学的状況を不安定化するメカニズムが考案されていたと述べた。

💬 プーチン大統領
▫️ 「いまでは、ウクライナでの特殊作戦の過程で、事実上、我われの国境から至近距離で生物兵器成分がつくられていたという文書に基づいた証拠が入手されている。生物兵器禁止条約に違反している。旧ソ連新独立国家(NIS)諸国の疫学的状況を不安定化するための可能な方法とメカニズムが考案されていた」
▫️ 「この文脈では、我々の「自然な」パートナーである上海協力機構と独立国家共同体との協力関係を構築することが重要だ」
▫️ 「フィンランドとスウェーデンという同盟の新しいメンバーの利用を含む拡大(NATO)に関して言えば、ロシアとこれらの国々の間には何の問題もなく、その意味で、これらの国々を利用して拡大しても、ロシアには差し迫った脅威は存在しない」

💬 プーチン大統領は、フィンランドとスウェーデン領内へのNATOの軍事インフラの拡大に対するロシア政府の対応について述べ、警告を行った。
▫️ 「それがどういうものになるか、我々に対する脅威を踏まえ、我々は検討することになる」
______________________________________________

30. 2022年5月19日 12:43:37 : hQEwkM5ePw : RmJQNHYyd2d5c2s=[53] 報告
ゼレンスキーの目的はナチではなく
イスラエルか
奴はシオニスト
ナチとシオニストは相性が良いしなー
31. 2022年5月19日 13:09:48 : niyy4hTwUA : OHU1UGRCUHhtN0k=[8465] 報告
>>23
大日本帝国も出してたよ(嗤)。
その論理だと、天皇もユダヤだね。
32. 2022年5月19日 14:06:09 : H3eoea1Rsk : VVBSZWMvdFVKZmc=[17] 報告
この頃、テレビに映るゼレンスキーの顔つきを見ると、ヒトラーに見えてきたのよね。
アゾフ(親衛隊)を従えてブチャを視察した辺りから、悪目立ちしてきたなと。ウクライナを救う英雄ではない。ゼレさんは偽善者だったわけね。
33. 政雄[272] kK2XWQ 2022年5月19日 14:18:38 : 6YZJOLWIzI : OWkuZWRiNHlXNy4=[1] 報告
NATO加盟

フィンランド、スエーデンがNATO加盟へ。
火に油を注ぐ。

ウクライナの戦争は
NATOとロシアの消耗戦になっている。
つまり、ロシアには他の国を侵攻する力と理由は無い。

フィンランドにはテロ組織が活動しているとして、トルコは非承認
テロは既に世界のサプライチェーンを破壊している。

34. 2022年5月19日 14:18:43 : jpANwa3qXg : ODR4cEtua2JGYWs=[97] 報告
>>11

ありかも。



以下翻訳byGoogle翻訳

「私たちは死に追いやられました!」-前線の軍隊は戦うことを拒否します

今回、ウクライナ軍第115旅団の第3大隊の小隊は、セベロドネツクを守ることを拒否し、ゼレンスキーとウクライナ軍の司令官ザルジニーに訴えを書き留めた。

「背後からの援軍がないため、戦闘任務の遂行を拒否します。 重火器がありません。 増援を2週間待っていましたが、ありません。 私たちは明らかに死に追い込まれている。 命令がありません、 テクノロジーや国民への敬意もありません。 ...そのような状況では、私たちは戦闘任務を遂行することを拒否します!

これまで、不満をぶちまける、この手の動画はあったが、最近は戦闘拒否を宣言するようになってきた。アゾフタルのネオナチのネズミの投降がさらに、投降ドミノに拍車がかかってきたな。寝返る兵も増えてきたしな。

ゼレンスキーよ、首を洗って待ってろ。お前は、広場に吊るされる。
35. 2022年5月19日 15:11:07 : hQEwkM5ePw : RmJQNHYyd2d5c2s=[55] 報告
ゼレンスキーさん
最後はムッソリーニみたいに公開処刑か
あるいはヒトラーみたいに自殺かな
36. ご免なすって![210] grKWxoLIgreCwYLEgUk 2022年5月19日 17:52:17 : T2WoRq7wCM : dTdoSC81NFk2S0k=[14] 報告


二つの対立する陣営の誕生、生き残れないのは欧米

米国はロシアと中国を自国の世界覇権に対する脅威と見なしている。この傾向は必然的に、中国がロシアと同盟することを余儀なくされる。北朝鮮、イラン、パキスタンらも加わり、現在の世界秩序の崩壊と、二つの対立する陣営の誕生を目の当たりにしている。2陣営のうち、欧米は多額の負債、経済の停滞、少子化、移民問題で生き残れないかもしれない。

永久に分裂が続く、ウクライナの未来

アメリカは、ナチスが人々を殺し続ける限りウクライナ支援を続けるつもりだ。引きずられてEUも同調している。アメリカ企業政府の目的は、利益のために終わりのない戦争を引き起こすことだ。利益だけが戦争の原動力であるため、「地球への影響なんてクソ食らえ」なのだ。ロシアがウクライナ全土を征服したとしても、今度はポーランドから攻撃を始めるだろう。そのために今、あの400億ドルでせっせと武器をポーランドにストックしている。株式市場の利益になるなら、ポーランドのような別の国を犠牲にするのを気にしない。軍産複合体の視点から見れば、死は成功を測る究極のバロメーターだ。アメリカ人は企業政府を失脚させることができず、ヨーロッパ人はアメリカ企業に「ノー」と言えず、ウクライナはナチス支配から抜け出せない。


核戦争で、アメリカが生き残るためだけに存在するNATO

ウクライナはヨーロッパの一部になりたかった。それが、気が付いたらヨーロッパの「対ロシアの武器」になってしまった。同じことが、今ヨーロッパ自体にも起こっている。ヨーロッパ自身も「ロシアに対する道具」になりつつある。NATOがロシアの国境に接近する真の理由は何なのか。それが、第三次世界大戦の核戦争でアメリカが生き残るコンセプトとつながっていることをヨーロッパ人は理解しているだろうか。
ミサイルがヨーロッパから飛んでくるまでに、まず破壊しなければならない国境付近のミサイルと戦いながら、一方で、ロシアを狙うミサイル基地を破壊する二面攻撃を余儀なくされる中で、ミサイルの弾薬を使い切るという計算がなされている。トドメに、近くにあるNATOのミサイルがロシアのロケットランチャーを破壊する。そうして米国は、欧州とロシアの相互破壊によって戦争に勝利することができる。現在のウクライナは未来の欧州の姿である。それはまた、日本の未来にも重なる。日本は無理やりNATOの一員にされて、アメリカのための代理戦争の「道具」を引き受けている。名誉なことだ。

ウクライナと同じ運命が、ヨーロッパ人を待っている

ヨーロッパ人は、米国がヨーロッパを自分たちの「身代わり標的」にしていることを理解しているのだろうか。代理戦争によってアメリカは、自国に直接ダメージを与えることなく、ロシアから自国を守ることができる。ウクライナも同じような代理戦争である。ウクライナ人は今、米国の福祉のために死んでいる。それと同じ運命がヨーロッパ人の未来を待っている。ロシアがNATO圏と紛争を起こせば、どの国もロシアの合法的な標的になることを加盟国の人たちは理解しているのだろうか?いざ戦時下では、ロシアがこれらの領土に入り、ミサイルや基地を置くあらゆる’権利’を持っていることを理解しているだろうか。

37. 2022年5月19日 21:48:04 : 76Wf9TYdE6 : WHNuT3hhaHBpMHc=[194] 報告
そんな事実無さそうだぞ?
38. 2022年5月20日 08:24:15 : FZOPvgNti6 : MGIwWmVGbGxoNEk=[269] 報告

露軍は当初は東部での大規模包囲作戦を狙っていたが、投入兵力はそれほど多くないために東部での包囲作戦を手直しして細かく包囲して殲滅する方針に変更。

細かく書くとドンバスのセベロドネツク2,000人、リシチャンシク10,000人、ゾロテ3,000人、スヴェトロダルスク2,000人、アウディーイウカ4,000人、合計21,000人程度が包囲されつつある。

それのかたを付けたら、バークミット、スラビヤンスク、クラマトルクスあたりで本格的に包囲作戦。
その後、ザポロジェ、パブログラート、ドニプロを落すとウクライナの東部戦線は崩壊する。

ウクライナ軍はハリコフ北方で攻勢をかけ露との国境に到達したなどとPR作戦を行い、ドンバスの露軍を牽制しようとしたが、露軍は全く取り合わなかったため戦略的には全く無意味となり、その後押し戻されて元の鞘に。ドンパスへの補給線を断ち切るためにハリコフからイジューム方向へも攻勢をかけたが、待ち構えていた露軍の砲撃を浴びて大損害を出して攻勢は頓挫。

その後は西側の援助で西部で編成しつつあるウクライナ第2軍の殲滅に入るか、南部ニコラエフ・オデッサ攻略あるいはハリコフ攻略となるかは今後の情勢次第。
1軍は東部で崩壊、2軍は所詮はにわか動員で訓練不足と見られ惨事は避けられない。

露軍の投入兵力は最小だど10万人程度と見られており、兵員の消耗を避けて圧倒的な砲兵力とミサイルの多様で圧倒している。極東軍は投入していないと見られ、兵力の余裕度は大きいとみられる。
西側報道ではミサイルは1,000発でなくなるなどという報道があったが、使用数より製造数の方が多いと言われており余裕がある。S400とカリブルのベラルーシへの配備を完了している。ミサイルはロスコスモスが宇宙ロケットなどと一緒に製造しておりコストも西側の1/3〜1/4程度と言われている。

西側の経済制裁で繊維産業はダメージがあるが、むしろ西側の痛手が大きく食料、燃料、各種資源の大資源国である露は長期戦の自信をむしろ深めている。露国内では交渉に対する批判が高まっており、ウクライナ全土制圧の強硬論が強まっている。

39. Silverfox[179] U2lsdmVyZm94 2022年5月20日 23:08:00 : eYoQjZHgzY : NDMyeEo5RG5EM1U=[32] 報告
>>38
ありがとうございます。
関連した記事を投稿する予定ですが、>>38の内容の方が充実していると思います。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b23掲示板 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b23掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
戦争b23掲示板  
次へ