★阿修羅♪ > 原発・フッ素53 > 273.html
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ ★阿修羅♪
フランス「原子力ムラ」の圧力 福島事故調査に神経とがらせ「検閲」…研究者を解雇 (東京新聞) 
http://www.asyura2.com/20/genpatu53/msg/273.html
投稿者 魑魅魍魎男 日時 2021 年 1 月 29 日 04:05:40: FpBksTgsjX9Gw 6bOWo@mx6bKSag
 

「フランス「原子力ムラ」の圧力 福島事故調査に神経とがらせ「検閲」…研究者を解雇」
(東京新聞 2021/1/27)
https://www.tokyo-np.co.jp/article/82352

 東京電力福島第一原発事故後の日本の民意について調査したフランスの社会学者が昨年、所属する仏研究機関から解雇された。クリスティーヌ・ファセールさん。事故から10年の節目が近づく今月、研究者仲間らが「学問の自由が脅かされている」として仏紙ルモンドに抗議声明を発表。本人や関係者の証言からは、福島事故の社会的影響が原発大国フランスにどう伝わるかに敏感になり、研究内容に介入しようとする仏原子力界の姿勢が浮かび上がってくる。(パリ・谷悠己)

◆日本で避難者らに調査

 この機関は、仏政府の管轄下で商工業分野での放射線の影響を調べている「放射線防護・原子力安全研究所」(IRSN)。リスクコミュニケーション研究を専門とするファセールさんは2012年に雇われ、福島事故後に日本政府や自治体が国民へどう情報を伝えたかを調べる「信頼プロジェクト」を立ち上げた。

 10回の来日で原発周辺から避難した人ら120人以上にインタビューを実施した。「最初は私たちに警戒していた行政関係者も、打ち解けてくると気さくに話してくれた。日本には良い思い出しかない」と振り返る。
 その中間成果として15年末、国連大学(東京都渋谷区)で発表した報告書が最初の火種となった。

◆「原発関係者は信頼失った」の削除要求

共同研究者の1人で東京工業大の調(しらべ)麻佐志教授によると、報告書案を精読したIRSN側は「事故後、原子力関係の専門家は日本国民の信頼を失った」とする記述の削除を求めた。調教授は「日本では定着している概念なのに、『本当なのか』と疑った。不当な検閲だと感じた」と話す。
 「検閲」はその翌年、さらにエスカレートする。

もう1人の共同研究者でパリ政治学院の長谷川玲子研究員によると、同学院が提出した中間報告書についてIRSN側が「承服できない点がある。修正しないとプロジェクト資金の振り込みはできない」と主張。長谷川さんの上司に電話をかけ修正を迫った。上司が要求をはねのけてくれたが、長谷川さんは「修正を求める理由は科学的ではなく『IRSNの出したいメッセージに合わないから』というだけだと感じた」。

◆「見聞きもしていないのに」

 象徴的だったのは仏国内でのある座談会における出来事。長谷川さんが原発周辺から避難した人たちへのインタビューから「故郷に戻らない決断をした人たちへの支援が重要だ」と提言すると、同席したIRSN幹部から「愛着ある土地だからこそ放射線とともに生きようとする人が多いはずだ」と反論された。「自分で見聞きしていないのに…」。長谷川さんが苦笑する。
 こうした衝突が続く中で昨年6月、プロジェクトの代表者だったファセールさんは解雇された。IRSNの広報担当者は本紙の取材に「解雇理由はファセール氏自身の不適切な行動によるものだ」と主張する。

◆監視、情報操作…自由制限に危機感

 だが、処分無効を求めて係争中で多くを語れないファセールさんを支えようと、ルモンドに抗議声明を寄稿した仏国内外の研究者16人は「研究内容が問題視されたための解雇だ」と指摘。「原子力分野の研究活動は(1986年の)チェルノブイリ原発事故後から独立性が模索されてきたが、監視や情報操作の時代に逆戻りしたようだ」と批判した。
 その1人で、ファセールさんの解雇後にIRSNへ助言する外部委員会の委員を辞任した仏カーン大のダビド・ボワレ研究員は「初めから答えありきの研究しか許されず、自由が制限されている」と指摘する。
 ファセールさんと共同研究者の2人はいずれも福島事故前は原子力分野での研究機会はなく、「他分野では発表前に報告内容を検閲されたことは一度もない」と声をそろえる。
 前出の調教授は「日本では『原子力ムラ』のこうした評判をよく聞いていたが、表現の自由をうたうフランスでも同じようなことが起きるとは、ショックだった」と話した。

-----(引用ここまで)----------------------------------------

原子力推進の障害になる不都合な事実は徹底して隠蔽、改ざんする。

原子力ムラによるこういった弾圧は、1950年代の原子力黎明期から
頻繁に行われています。

解雇ならまだよいほうで、暗殺されたと思われる研究者が何人もいます。

何をいまさらです。

思想や表現の自由を弾圧しないと、原子力は成り立ちません。

自由に研究したければ、原子力ムラの息のかかっていない中立機関に
行くべきでしょう。


(関連情報)

「ヤマトシジミの研究者・野原千代さんは殺されたのではないか?」
(拙稿 2015/10/31)
http://www.asyura2.com/15/genpatu44/msg/238.html

「おしどりマコケンさん - 知り合いの記者・研究者が6人も死亡 野原千代さんは盗聴されていた」
(拙稿 2015/12/3)
http://www.asyura2.com/15/genpatu44/msg/439.html

「反・脱原発のリーダーだった吉岡斉・九州大教授 64歳で病死 暗殺の可能性濃厚」 
(拙稿 2018/1/14)
http://www.asyura2.com/17/genpatu49/msg/332.html

「北アルプスで遭難死した反原発運動の草分け・水戸巌教授 今もささやかれる暗殺説」
(拙稿 2020/11/26)
http://www.asyura2.com/20/genpatu53/msg/190.html

「『チェルノブイリ被害の全貌』のヴァシーリ・ネステレンコ氏は何度も脅迫を受け、
少なくとも二度、暗殺未遂にあった 」 (拙稿 2016/8/31)
http://www.asyura2.com/16/genpatu46/msg/394.html

「原子力業界が不当な弾圧を行ない不都合な真実をねじ曲げる科学暗黒時代に終止符を打とう」
(拙稿 2017/2/20)
http://www.asyura2.com/16/genpatu47/msg/552.html

「驚くなかれ、今よりも1950年代のほうが放射能被ばくの研究は進んでいた 
被ばく研究の暗黒時代はまだまだ続く」 (拙稿 2018/3/12)
http://www.asyura2.com/17/genpatu49/msg/511.html  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2021年1月29日 19:00:41 : OknyoRTvyQ : dmlpLmg5bTI2bkE=[424] 報告
困るのよ 下手に真実 探られちゃ
2. ぢっとみる[1757] gsCCwYLGgt2C6Q 2021年1月29日 21:31:19 : LLC16YRhF6 : ZGEwWi9qMFkwMms=[1171] 報告
おフランスは、
やっと、
核のゴミ捨て場を(キョクトーに)確保できそーだった……
ンだからサ。
3. 2021年1月30日 02:38:53 : 5M57i6RQAo : WUJzR2JRUlFERkE=[600] 報告
>表現の自由をうたうフランスでも同じようなことが起きるとは、ショックだった

フランスこそは原子力の総元締めロスチャイルドに支配された
原子力暗黒国家であることを何も知らないらしい。

まあ、フランスの原発が大爆発を起こしてヨーロッパが壊滅するのも
時間の問題だが。

「亡くなったジスカールデスタン元仏大統領はロスチャイルド関係者 
原発を乱立させフランスを原発大国にした張本人」
http://www.asyura2.com/20/genpatu53/msg/203.html

4. 2021年1月31日 10:29:02 : kz8QAS7Iuk : aFdPVGkvei9MSXM=[1] 報告
Y!知恵袋から以下の投稿が強制削除されました。

>私が原発建設前の福島人だったらですが、
力による無理な建設が決まった段階で、
原発が成立しない場所に引っ越していたと思います。

これは危険から避難する意味もありますが、それ以上に
受け入れたことの罪の意識を背負って生きて行きたくないからです。

多くの方々は福島は可哀そうだね、と言いますが、現地の方が
強固な意思を貫かず、餌にむしゃぶりついた報いとも考えます。

そういう意味も含めて汚染に関わらず、
私は福島をあらゆる意味で永遠に拒否し続けるでしょう。
これは見せしめとしての拒否でもあります。
猪苗代出身の野口英世に対しても同じ考えです。

5. 2021年1月31日 13:16:18 : hd5eDwBG32 : QThVaVZ6MkJGV0E=[1] 報告
このIRSNの検閲でも判るとおり、業界というものはその業界に不都合なことは徹底的に隠蔽する、無視する、捏造するのが常である。
原子力業界に関わらず、このたびのコロナパンデミック詐欺のワクチン製薬企業、それと癒着してるWHOも例外ではない。ワクチン接種前の死亡数に比べ接種後の集団的な死亡が多いことについて製薬企業はワクチン副作用との関連性を否定してるがウソである。集団的死亡の環境変化を消去法で考えれば変化したのはワクチン接種開始以外無い。従ってワクチンのせいで死んだのだ。
原子力も、コロナ騒ぎの製薬企業および当局も同じ穴のムジナなので、連中の発表や主張の市民に影響ある部分はほとんどウソ、隠蔽なので決して信用してはいけない。
6. 2021年2月04日 00:29:24 : 5M57i6RQAo : WUJzR2JRUlFERkE=[610] 報告
>>5
タバコ業界もそうでしたね。

「BBC番組「タバコ戦争」 隠ぺい、虚言、贈賄、脅迫、拝金主義、人命軽視 
その悪辣さがどこぞの業界にそっくりだ」
http://www.asyura2.com/17/genpatu49/msg/785.html

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素53掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素53掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
原発・フッ素53掲示板  
次へ