★阿修羅♪ > 原発・フッ素53 > 458.html
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ ★阿修羅♪
1993年、ロシア海軍が日本海に核廃棄物をこっそり投棄 激しい非難が起きロンドン条約が厳格化された 
http://www.asyura2.com/20/genpatu53/msg/458.html
投稿者 魑魅魍魎男 日時 2021 年 4 月 15 日 05:57:59: FpBksTgsjX9Gw 6bOWo@mx6bKSag
 

若い世代は知らないだろうが、1993年にロシア海軍が日本海に核廃棄物を
こっそり投棄したのが発覚し、日本を始め世界中で激しい非難が起きた。

「ロシア海軍の専用船 日本海に核廃棄物投棄 環境団体が放射能測定 通常の10−70倍」
(ころりんのブログ)
https://ameblo.jp/x-csv/entry-10970111364.html

国際環境保護団体グリーンピースによると、ロシア海軍の放射性廃棄物の海洋投棄専用船「TNT−27」が17日午前8時ごろから、ウラジオストクの南東約200キロ、北海道・奥尻島の西方約450キロ沖の日本海で、液体放射性廃棄物の投棄を始め、夕方までに終えた模様だ。外務省は16日、モスクワの日本大使館を通じてロシア政府に事実関係を照会しているが、17日夜までに回答はない。しかし、インタファクス通信によると、ロシア環境天然資源省のアミルハノフ次官は、今回の投棄を認めるとともに、国際機関や関係国には事前に通告したとしている。
日本政府としては、海洋投棄規制条約(ロンドン条約)に違反する放射性廃棄物の投棄が確認されれば、直ちに中止を申し入れる方針だ。
「TNT−27」を監視している調査船「グリーンピース号」からグリーンピース・ジャパンに入った連絡によると、16日朝、パブロフスクの原潜基地を出港した「TNT−27」と、放射能をモニターする調査船「ペガス」は、同夜遅く、「第9海域」と呼ばれる投棄点に到着した。
17日朝、「グリーンピース号」から小型エンジン付きボートを下ろし、5人の乗組員が放射線防護服を着て「TNT−27」から15メートルの距離まで接近した。検知器で大気中の放射能を測定したところ、自然界のバックグラウンドの約10倍から70倍の放射能を検出したという。
液体放射性廃棄物は同船から海水面下につながっているパイプを通じて直接、投棄されている模様だという。液体廃棄物は、解体された原潜で使われていた冷却水など、約900トンとみられている。
午後6時には投棄点を離れ、パブロフスクの基地に向かって戻りつつあるようだという。しかし、グリーンピースは、投棄作業が終わったわけではなく、約900トンの液体廃棄物をもう一度、積み込むために帰港しているとみている。
甲板上には、6、7個の大きさの違う金属製コンテナが並んでおり、その中には固体放射性廃棄物が入っているとみられるという。 (朝日新聞 1993/10/18)

国際環境保護団体・グリーンピースはこのスクープで一躍有名になった。

彼らが発見しなければロシアの海洋投棄は闇に葬られた可能性が高い。
日本はグリーンピースに足を向けて寝られないだろう。

当時、この投棄に対して日本政府はカンカンに怒ったわけだが、まさか28年後に自分たちが
汚染水の海洋放出で世界から糾弾されるとは夢にも思わなかったに違いない。

この事件の影響でロンドン条約がより厳格化された。

厳密に解釈すれば、福島第一の汚染水放出はロンドン条約に違反する可能性が高い。
通常の稼動で排出される基準以下の放射性物質ではないからである。

それはともかく、太平洋沿岸諸国と事前協議をするのは当然のことであって、
勝手に放出を決めるなど論外である。

各国が怒るのは当然のことだ。

五輪どころの話ではない。

政府は各国に頭を下げて謝罪し、海洋放出を中止すべきだろう。


(関連情報)

「東京電力福島第一原発からの海洋への放射能汚染水流出:日本の国際的責任を考える」 
(GREENPEACE 2013/10)
https://www.greenpeace.org/static/planet4-japan-stateless/2018/12/f9ed838a-f9ed838a-leaking_bp_jp.pdf

「ロンドン条約は船舶・航空機のみならず陸からの投棄も禁止 福島第一の汚染水放出は
明らかに違反である」 (拙稿 2019/9/21)
http://www.asyura2.com/19/genpatu52/msg/115.html

「チェルノブイリ新聞切り抜き帖(1993年)」 
(京都大学複合原子力科学研究所・原子力安全研究グループ)
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/Chernobyl/etc/JapNews/News1993.html

「わが国の海洋投棄中止にいたる経緯 (05-01-03-11)」 (ATOMICA 2005/5)
https://atomica.jaea.go.jp/data/detail/dat_detail_05-01-03-11.html

「参院・予算委員会 1993/12/15」 (江田五月 国会会議録)  
https://www.eda-jp.com/satsuki/kokkai/931215.html

「衆院・科学技術委員会 1 1993/10/22」 (同上)   
https://www.eda-jp.com/satsuki/kokkai/931022-1.html
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2021年4月16日 19:00:38 : 8ZOfzsUjXw : SmpsVDRtem00WS4=[964] 報告
協議など せずに進めろ 独断で

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素53掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素53掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
原発・フッ素53掲示板  
次へ