★阿修羅♪ > 医療崩壊6 > 394.html
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ ★阿修羅♪
日本でPCR検査数が劇的に増えないのはなぜなのか? (Newsweek) 
http://www.asyura2.com/20/iryo6/msg/394.html
投稿者 魑魅魍魎男 日時 2020 年 11 月 04 日 05:07:33: FpBksTgsjX9Gw 6bOWo@mx6bKSag
 

「日本でPCR検査数が劇的に増えないのはなぜなのか?」
(冷泉彰彦 Newsweek 2020/10/27)
https://www.newsweekjapan.jp/reizei/2020/10/pcr.php

<PCR検査を担当する「臨床検査技師」は、国家資格の専門職で「臨時増員」が難しい>

アメリカは、下手をすると新型コロナウイルスの「第3波」となりそうな気配もあります。春に東海岸と太平洋岸で発生したピーク、夏に南部や中西部で発生したピークに続いて、全国における新規陽性者の数は再び上昇に転じているからです。

ですが、社会は意外と平静です。その理由としては、PCR検査の件数が爆発的に増加しており、検査を受けたい人はほぼ受けられるようになったという点があると思います。

例えば、ジョンズ・ホプキンス大学のデータによれば、アメリカの場合、現在ではほぼ1日に120万件の検査数となっています。

一方で、日本の場合ですが、厚労省としては、PCR検査の最大検査能力としては、7万5026件(暫定値、10月24日時点)プラス検疫所における検査能力が1万300件(抗原定量検査)となっています。これ自体が決して多くないわけですが、実際の検査数は平日の場合は1日平均2万人程度で推移しています。つまり、アメリカの60分の1というわけです。

この検査数については、アメリカの投資関係者などから、日本のコロナ対策は優良だと思うが、検査数が少ないのでどうしても確証がつかめないということで、「どうして日本はもっと検査をしないのか?」と何度も聞かれました。

■ 「なぜ日本は検査しない?」

その都度、これは別に隠すためではないし、日本の場合は超過死亡数も大きくないことを説明しているのですが、なかなか納得してもらえません。その一方で、どうして検査数を抑制しているのかということでは、日本国内では様々な議論があるようです。

抑制の理由としては、偽陰性の人が過度に安心して感染を拡大するとか、反対に偽陽性の場合にその接触者に対するトレーシング発生などの問題が出るからという説明がされています。ですが、感染拡大をするという点では、偽陰性の人も、無検査で実は陽性の人も大差はないと考えられます。

つまり、検査数を増やすことで、偽陰性の人がウイルスを撒き散らすマイナス効果が、陽性者が発見されて感染抑止につながるプラスの効果を相殺してしまうとは考えにくいわけです。確かに偽陽性という結果は余計なコストになるでしょうが、それを加えてもプラス効果を打ち消すほどではないと思われます。

検査数については、安倍前総理が8月28日に行った「今後のコロナ対策および辞任の意向等についての安倍内閣総理大臣記者会見」で明言していますが、政府は1日20万件の検査体制を目指すとしています。また検査数拡大によって陽性者が増加しても社会的に対応できるように、「今後は政令改正を含め、運用を見直します。軽症者や無症状者は宿泊施設や自宅での療養を徹底し、保健所や医療機関の負担軽減を図ってまいります(同会見より、原文のまま)。」という方針が示され、菅内閣に継承されています。

そうではあるのですが、現時点では検査数は増えていません。その理由ですが、予算不足だとか、いや健保の医療費抑制策が原因だとか、色々なことが言われています。この点に関して言えば、もっと本質的な雇用体系の問題だと考えるのが、一番しっくり来るのではないかと思います。

それは、検査業界や保健所の問題でもなく、医療関係の専門職とか国家資格という問題を越えた、もっと大きな「専門職の定員」という考え方にあるように思います。

日本のPCR検査において常に課題となっているのは、採取した検体を分析する要員には限界があるということです。その作業に従事するには、「臨床検査技師」という国家資格で、これは多くの場合4年制の大学で専攻した後、国家試験を受けて取得するものです。

それだけではダメで、PCRなど遺伝子検査の場合は「2年程度の実務経験」があって一人前となります。ですから、人材の絶対数が限られています。厚労省も、そのことは理解していて、必要な人材を育成する努力はしています。また、「臨床検査技師」になって、遺伝子検査の分析業務に従事すれば、高給とまでは言えないものの正規雇用としての保証が得られます。

問題は、日本の雇用体系の中に「専門職は正規雇用」というと強い縛りがあり、同時に「正規雇用は時給換算で非正規雇用より上」というヒエラルキー制度も色濃く残っているという点です。その上で「正規雇用はコスト的に固定費なので、厳しく定員を管理する」というのが官民共通のマネジメントになっています。

■ 正規雇用の臨時増員は困難

専門職の中でも、個人の裁量が大きく、個人事業主にできるような弁護士や会計士などは別ですが、一般的に反復作業を伴う現場の業務で、しかも高度な知識と資格を要求するような職種の場合は、この雇用体系に入ってきます。

つまり、PCRの分析要員は「正規雇用の専門職」なので「定員」がある、従って「数年単位で収束するかもしれないパンデミック」へ対応するための「臨時」の増員というのは難しいわけです。現場が既得権にしがみついて増員を拒んでいるというわけではなく、とにかく制度として臨時の増員ができない仕組みになっていると考えられます。

菅首相は、秋以降はインフルの流行が重なることも考えて検査体制を整えると言っていますが、この問題はそう簡単ではないと思います。専門的な業務を安く買い叩くようでは、結果的に人材の質が下がって仕事の精度が失われてしまいます。ですが、現在のような定員に縛られた体制では対応ができないわけですから、期間限定で有資格の経験者への再研修、再雇用を行うとか、様々な検討がされているのだと思います。

それがある程度形になったところで、対策案をしっかり公表して社会的な認知を得ること、その上で雇用体系を工夫して業務のピークに対応するということは、コロナ後へ向けて日本が国際社会での信頼を更にリードしていくためにも必要だと思います。

-------(引用ここまで)---------------------------

米国在住なので日本の情報に疎いのでしょうか。
いまだにこんなことを言っている人がいるのにあきれます。

日本でPCR検査数が増えないのは、政府が全力で阻止しているからです。

本当の感染者・死亡者数が公けになると国民がパニックになり、
東京五輪にトドメが刺されるので、必死にPCR否定デマを流して
検査を妨害し、真実を隠そうとしているのです。


(関連情報)

「日本の検査件数は世界159位 法改正阻む厚労省と分科会の罪 (日刊ゲンダイ)」
(拙稿 2020/7/30)
http://www.asyura2.com/20/iryo6/msg/288.html

「児玉龍彦教授 『われわれがPCR検査を行おうとするとありとあらゆる妨害を受けた』」
(拙稿 2020/7/28)
http://www.asyura2.com/20/iryo6/msg/284.html
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. AN[1426] gmCCbQ 2020年11月04日 23:50:15 : hGwbgWsB16 : cWpmejF6Z0ZBbFk=[87] 報告
>日本でPCR検査数が増えないのは、政府が全力で阻止しているからです。

 まったく正しい。

>本当の感染者・死亡者数が公けになると国民がパニックになり、
>東京五輪にトドメが刺されるので、必死にPCR否定デマを流して
>検査を妨害し、真実を隠そうとしているのです。

 それは違います。 本当の感染者数が、公称の100倍ということは大いに有り得ますが、死亡者数が10倍以上ということは有り得ません。 もしそうならば、生活実感として”なんとなく”感じるはずですが、実際にコロナで死んだという話は小生が直接知る人では一人もいません。 親戚は多いほうですし、過去の商売柄、知り合いも多いほうだと思うのですが。
 また世界のコロナ感染状況を見ると、日本よりも公称感染者・死亡者数が少ない国はいくらでもあります。 これらの国がすべて日本のようにインチキ統計を発表しているとは考えられません。
 つまり実際にファクターXは存在するし、日本のような”運が良い”国は存在するのです。

 ではなぜ日本政府は検査を全力で阻止するのか?
 これの答えは自明ではないのですが、政府の過去の行状を見るに、「由らしむべからず知らしむべからず」のエセ論語読み思想から来ているのでしょう。
 大衆を誤解させ、攪乱することも目的の一つでしょう。
 結局すべての目的は、自民党政治を永続させることに収束します。

 というわけで、
>米国在住なので日本の情報に疎いのでしょうか。

 疎いわけではなく、冷泉彰彦もまた自民党政治の永続を願う一人です。

>いまだにこんなことを言っている人がいるのにあきれます。

 呆れるのではなく、指弾しなければなりません。

2. 2020年11月05日 00:22:20 : 5M57i6RQAo : WUJzR2JRUlFERkE=[172] 報告
>>1
>もしそうならば、生活実感として”なんとなく”感じるはずですが、
>実際にコロナで死んだという話は小生が直接知る人では一人もいません。

人間はがんなどで闘病していても、最後は肺炎で死ぬことが多い。
検査をしなければ、新型コロナの死亡者にはならない。

公表より患者が100倍多くて、死亡者が10倍以下ということは有り得ない。

志村けんなど1万人に1人しかいない有名人が何人も亡くなっているということは、
すでに数万人は新型コロナで死んでいるということ。

「有名人1万倍の法則」 いくら政府が統計を隠蔽・改ざんしても真実は隠せない
http://www.asyura2.com/20/genpatu53/msg/109.html

3. AN[1429] gmCCbQ 2020年11月05日 01:24:12 : hGwbgWsB16 : cWpmejF6Z0ZBbFk=[90] 報告
>>2.
>人間はがんなどで闘病していても、最後は肺炎で死ぬことが多い。
>検査をしなければ、新型コロナの死亡者にはならない。

 今年はその”訃報”そのものが例年より少ないのですが(まぁ、それは小生だけの例外かも知れません)。

>公表より患者が100倍多くて、死亡者が10倍以下ということは有り得ない。

 「患者」ではなくて「感染者」または「PCR陽性に出たひと」です。
 なんの症状も無い人が圧倒的に多いことや、”全住民検査”すると陽性率が1%以上ある(日本にあてはめると130万人以上の陽性者ということで、これは公式発表10万2千人の10倍以上である)結果が次々と報道されています。 スウェーデンでは過去に抗体検出率が10%以上という報道もありましたから、実際の陽性率が10〜100倍というのは、そう間違った推論ではありません。

 死亡のほうですが、11月3日現在の公称死亡者数が1,780人ですか……う〜ん、10倍くらい多い可能性はありますね。 そうするとざっと2万人。 日本では年間に亡くなる方は140万人くらいですから、2万人増えても気が付かないでしょう。

>志村けんなど1万人に1人しかいない有名人が何人も亡くなっているということは、
>すでに数万人は新型コロナで死んでいるということ。
>「有名人1万倍の法則」 いくら政府が統計を隠蔽・改ざんしても真実は隠せない

 誰が作った法則かは知りませんが、有り得ない話ではないですね。
 お詫びいたします。
 でも1.で書いた結論は正しい、と思う(笑)

▲上へ      ★阿修羅♪ > 医療崩壊6掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 医療崩壊6掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
医療崩壊6掲示板  
次へ