★阿修羅♪ > 医療崩壊6 > 736.html
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ ★阿修羅♪
ワクチン研究者が「大きな間違い」を認め、スパイクタンパク質は危険な「毒素」であると語る (LIFE SITE) 
http://www.asyura2.com/20/iryo6/msg/736.html
投稿者 魑魅魍魎男 日時 2021 年 6 月 14 日 10:28:58: FpBksTgsjX9Gw 6bOWo@mx6bKSag
 

mRNAワクチンによる健康被害が次第に明らかになってきました。

とくに生殖器官に対する影響は深刻です。

少なくとも、未成年、これから子どもを生む予定の成人、妊婦、授乳中のお母さんは、
スパイクタンパク質の影響がはっきりするまでは、接種を見合わせたほうが賢明です。


「ワクチン研究者が『大きな間違い』を認め、スパイクタンパク質は危険な『毒素』であると語る」
(LIFE SITE 2021/5/31)
https://www.lifesitenews.com/news/vaccine-researcher-admits-big-mistake-says-spike-protein-is-dangerous-toxin

-----(抄訳ここから)--------------------------------------

* 予想に反してスパイクタンパク質は血流にとどまるという恐ろしい研究が発表された。
 このタンパク質は血栓や心疾患、脳疾患につながり、また乳児や生殖も危険にさらす。

* COVID-19ワクチンのスパイクタンパク質が血流にはいり、何千も報告されている
 血栓や心疾患、脳疾患、生殖の問題を引き起こしている可能性があると
 カナダの研究者が先週発表した。

* オンタリオ州・ゲルフ大学のウイルス免疫学者バイラム・ブライドル准教授は、
 「われわれは大きな間違いを犯した、いままで気づかなかった。恐ろしいことだ」と言う。

* 「スパイクタンパク質は優れた標的抗原だと考えていたが、それ自体が毒素であり
  病原性たんぱく質であるとは知らなかった。意図せず毒素を接種していることになる」

* ブライドル氏はCOVIDワクチン開発のために昨年23万ドルの政府補助金を受けた。
 日本の規制局からの生体内分布研究に関する情報提供を要請した。

* 「科学者が、接種後mRNAワクチンがどこへいくのか内々に見るのは始めてだった。
  肩の筋肉にとどまるといった予想は完全に間違いで、当惑させる内容だった」

* ワクチン研究者は、mRNA COVIDワクチンは、今までのワクチンと同じで、
 感染症や重篤な症状をを引き起こすスパイクタンパク質の大半は、接種した肩の筋肉に
 とどまると思っていた。

* しかし日本のデータは、接種後数日のうちにスパイクタンパク質は血管にはいって、
 脾臓や骨髄、肝臓、副腎、とりわけ卵巣に多く蓄積されることを示していた。

* 「われわれはスパイクタンパク質は病原性タンパク質であり、毒素であることを知っていた。
  血液循環系にはいれば、体にダメージを与える」

* SARS-CoV-2スパイクタンパク質は人間の細胞に影響を及ぼす。
 ワクチンメーカーは特異なタンパク質を選んだ。
 それが接種した人の細胞がタンパク質を生成し、理論的には、タンパク質に対する
 免疫反応を引き起こし、影響を受けた細胞から守るはずだった。

* 多くの研究により判明したのは、血栓や出血などSARS-Cov-2の最も激しい症状は、
 ウイルス自身のスパイクタンパク質によるものということだ。

* 「科学者が見つけたのは、スパイクタンパク質は、それ自体が血液循環にはいり込むと
  心血管系にダメージを与えることだ」とブライドル氏は語る。

* これは動物実験でも確認された。また、血管脳関門も通り抜け、脳に損傷を与えることも
 わかった。

* ブライドル氏曰く、「スパイクタンパク質は血液循環系にはいり込まないと思っていたことが
 とんでもない間違いだった」

* 「ワクチンにより三角筋の細胞がこのタンパク質をつくるという明確なエビデンスがある。
  ワクチン自体とタンパク質が血液循環系にはいりこむのだ」と彼は言う。

* モデルナ製ワクチンを接種した13人の若い医療従事者のうち11人の血漿から
 SARS-Cov-2タンパク質が見つかったと言う。
 そのうち3人からはスパイクタンパク質が見つかっている。

* スパイクタンパク質の一部であるサブユニット・タンパク質S1も見つかった。
 スパイクタンパク質は、最初の接種から平均して15日後に見つかった。
 ある接種者では29日目、2度目の接種から1日後に検出され、2日後に消えた。

* スパイクタンパク質は血液循環系にはいり込むと、血小板や血管内皮細胞の
 特定のACE2レセプターに結びつき、血小板凝集や血栓を生じさせる。
 また出血も引き起こす。

* ブライドル氏は、最近報告されている接種した若者に起きた心疾患も説明できると語る。

* 漏れたファイザーのmNRAの生体内分布に関する研究結果は驚くべきことではないが、
 それが示すものは恐ろしいとMIT上級研究者のステファニー・セネフ氏は言う。

* 「ワクチンの含有物が、脾臓や腺、とりわけ卵巣や副腎に運ばれるのは明らかだ。
  放出されたスパイクタンパク質が血流に乗って全身にダメージを与える
  ACE2レセプターは心臓や脳にあり、これがスパイクタンパク質が心血管疾患や
  認知問題を引き起こす」と彼女は言う。

* CDCは、先週、コネチカット州だけで18人の若者がワクチン接種後、心疾患で
 入院したことを発表。

* アストラゼネカ製ワクチンは致命的な血栓を引き起こす可能性があり、すでに多くの国で
 使用中止になっているが、同様にmRNAワクチンも、多くの血栓の問題が報告されている。

* 小児リウマチ専門医J.パトリック・ウェラン氏は、COVIDワクチンに含まれるスパイクタンパク質が
 微小血管を損傷し、肝臓や心臓、脳にダメージが生じる。安全性確認がなされていない」
 とFDAワクチン諮問委員会に警告した。

* ウェラン氏は、ワクチンの有効性については議論しなかったが、
 「スパイクタンパク質をベースにしたワクチンの意図しない作用を見逃した結果、
  何億人もの人が、長期的あるいは恒久的な心疾患、脳疾患に苦しむのは非常に問題だ」
 と語る。

* スパイクタンパク質により、多くのCOVIDワクチンの副作用を説明できる。

* 政府の報告によると5月21日現在、4000人の死者、15000人の入院患者が生じている。
 これらは報告されたものだけであり、氷山の一角である。
 ハーバード・ピルグリム医療研究によると、報告されるのは全体の1パーセント以下である。

* ワクチンで生じた病原性スパイクタンパク質が血液と一緒に病弱な患者に輸血される
 危険性がある、とブライドル氏は言う。

* また乳児が母乳からスパイクタンパク質をもらう可能性もあるという。
 ブライドル氏曰く、「血中のあらゆるタンパク質は母乳に濃縮される。
 乳児が胃腸管の出血性疾患を起こすエビデンスがある」

* 政府の報告書によると、この3月にある母親が2回目のファイザーワクチンを接種した。
 彼女の母乳を飲んでいる5か月の乳児は、次の日にひどい発疹、発熱が見られた。
 この乳児は微笑血管に血栓ができる希少病、血栓性血小板減少性紫斑病と診断され、
 亡くなった。

* また新たな研究によると、新型コロナでは重症になりにくいと言われる子どもたちでも
 深刻な影響がみられる。

* ファイザーの秘密のデータが示すスパイクタンパク質の精巣と卵巣への高い集積は、
 若者を不妊にするのかとブライドルは懸念する。

* 接種後の生理不順や流産に関する多くの報告があり、男性の生殖機能の異常も
 報告されている。

* ブライドル氏を支持するメールもある一方、中傷キャンペーンも始まった。

* 彼曰く、「公務に携わる学者が、国民の論理的な質問に、いやがらせや中傷を受けずに、
 正直に科学に基づいて答えることは不可能な時代だ。
 だが、科学的事実を公表しないわけにはいかない」

* 独立系医師、科学者や専門家からなるカナダCOVIDケア・アライアンス(CCCA)のメンバーと
 彼は重要な科学的エビデンスをまとめた報告書を作成した。
 CCCAは、入院患者を減らしより多くの命を救うため、エビデンスを根拠とした質の高い情報を
 提供することを目的としている。

* 彼らは、10代までの子どもがワクチンの市場戦略のターゲットになっていることに対する
 危険性を訴えている。

* 5月28日時点で、カナダにおける19歳以下の感染者は25万9306人、0.048%が入院、0.004%が死亡。
 数字からすると季節性のインフルエンザのほうがCOVID-19より深刻ではある。

* 子どもへの接種を始める前に、スパイクタンパク質等の質問に答えるべきだとCCCAは言う。
 血管脳関門通過、精液分泌や排卵、胎盤の通過、胎児への影響、母乳の影響などである。

* LifeSiteNewsはCCCAの声明やブライドル氏の懸念をカナダ公衆衛生当局に送ったが、
 まだ回答は届いていない。

* ファイザー、モデルナ、J&Jからはブライドル氏への回答はない。
 スパイクタンパク質がワクチン接種した人の臓器や組織にとどまるという日本の研究データを
 いつから知っていたかついて、ファイザーは回答をしなかった。

-----(抄訳ここまで)--------------------------------------


----(原文引用ここから)-------------------
「Vaccine researcher admits ‘big mistake,’ says spike protein is dangerous ‘toxin’」
(LIFE SITE 2021/5/31)
https://www.lifesitenews.com/news/vaccine-researcher-admits-big-mistake-says-spike-protein-is-dangerous-toxin

Editor’s Note: This article has been amended to note that 11 of 13 vaccinated subjects in a recent Ogata study had detectable protein from SARS coronavirus in their bloodstream including three people who had measurable spike protein. Whereas the article referenced a statement from Professor Bridle's group stating that spike protein was present for 29 days in one person, the study in question states that spike protein was found in the person on Day 29, one day after a second vaccine injection and was undetectable two days later.

May 31, 2021 (LifeSiteNews) ― New research shows that the coronavirus spike protein from COVID-19 vaccination unexpectedly enters the bloodstream, which is a plausible explanation for thousands of reported side-effects from blood clots and heart disease to brain damage and reproductive issues, a Canadian cancer vaccine researcher said last week.

“We made a big mistake. We didn’t realize it until now,” said Byram Bridle, a viral immunologist and associate professor at University of Guelph, Ontario, in an interview with Alex Pierson last Thursday, in which he warned listeners that his message was “scary.”

“We thought the spike protein was a great target antigen, we never knew the spike protein itself was a toxin and was a pathogenic protein. So by vaccinating people we are inadvertently inoculating them with a toxin,” Bridle said on the show, which is not easily found in a Google search but went viral on the internet this weekend.

Bridle, a vaccine researcher who was awarded a $230,000 government grant last year for research on COVID vaccine development, said that he and a group of international scientists filed a request for information from the Japanese regulatory agency to get access to what’s called the “biodistribution study.”

“It’s the first time ever scientists have been privy to seeing where these messenger RNA [mRNA] vaccines go after vaccination,” said Bridle. “Is it a safe assumption that it stays in the shoulder muscle? The short answer is: absolutely not. It’s very disconcerting.”

Vaccine researchers had assumed that novel mRNA COVID vaccines would behave like “traditional” vaccines and the vaccine spike protein ― responsible for infection and its most severe symptoms ― would remain mostly in the vaccination site at the shoulder muscle. Instead, the Japanese data showed that the infamous spike protein of the coronavirus gets into the blood where it circulates for several days post-vaccination and then accumulated in organs and tissues including the spleen, bone marrow, the liver, adrenal glands, and in “quite high concentrations” in the ovaries.

“We have known for a long time that the spike protein is a pathogenic protein. It is a toxin. It can cause damage in our body if it gets into circulation,” Bridle said.

The SARS-CoV-2 spike protein is what allows it to infect human cells. Vaccine manufacturers chose to target the unique protein, making cells in the vaccinated person manufacture the protein which would then, in theory, evoke an immune response to the protein, preventing it from infecting cells.

A large number of studies has shown that the most severe effects of SARS-CoV-2, the virus that causes COVID-19, such as blood clotting and bleeding, are due to the effects of the spike protein of the virus itself

“What has been discovered by the scientific community is the spike protein on its own is almost entirely responsible for the damage to the cardiovascular system, if it gets into circulation,” Bridle told listeners.

Lab animals injected with purified spike protein into their bloodstream developed cardiovascular problems, and the spike protein was also demonstrated to cross the blood brain barrier and cause damage to the brain.

A grave mistake, according to Bridle, was the belief that the spike protein would not escape into the blood circulation. “Now, we have clear-cut evidence that the vaccines that make the cells in our deltoid muscles manufacture this protein ― that the vaccine itself, plus the protein ― gets into blood circulation,” he said.

Bridle cited the recent study which detected SARS-CoV-2 protein in the blood plasma of 11 of 13 young healthcare workers that had received Moderna’s COVID-19 vaccine, including three with detectable levels of spike protein. A 'subunit' protein called S1, part of the spike protein, was also detected. Spike protein was detected an average of 15 days after the first injection. One patient had spike protein detectable on day 29, one day after an injection, which disappeared two days later.

Effects on heart and brain

Once in circulation, the spike protein can attach to specific ACE2 receptors that are on blood platelets and the cells that line blood vessels. “When that happens it can do one of two things: it can either cause platelets to clump, and that can lead to clotting. That’s exactly why we’ve been seeing clotting disorders associated with these vaccines. It can also lead to bleeding.” Bridle also said the spike protein in circulation would explain recently reported heart problems in youths who had received the shots.

“The results of this leaked Pfizer study tracing the biodistribution of the vaccine mRNA are not surprising, but the implications are terrifying,” Stephanie Seneff, a senior research scientist at Massachusetts Institute of Technology, told LifeSiteNews. “It is now clear” that vaccine content is being delivered to the spleen and the glands, including the ovaries and the adrenal glands. “The released spike protein is being shed into the medium and then eventually reaches the bloodstream causing systemic damage. ACE2 receptors are common in the heart and brain, and this is how the spike protein causes cardiovascular and cognitive problems,” Seneff said.

The Centers for Disease Control and Prevention (CDC) recently announced it was studying reports of “mild” heart conditions following COVID-19 vaccination, and last week 18 teenagers in the state of Connecticut alone were hospitalized for heart problems that developed shortly after they took COVID-19 vaccines.

AstraZeneca’s vaccine was halted in a number of countries and is no longer recommended for younger people because of its link to life-threatening and fatal blood clots, but mRNA COVID vaccines have been linked to hundreds of reports of blood clotting events as well.

FDA warned of spike protein danger

Pediatric rheumatologist J. Patrick Whelan had warned a vaccine advisory committee of the Food and Drug Administration of the potential for the spike protein in COVID vaccines to cause microvascular damage causing damage to the liver, heart, and brain in “ways that were not assessed in the safety trials.”

While Whelan did not dispute the value of a coronavirus vaccine that worked to stop transmission of the disease (which no COVID vaccine in circulation has been demonstrated to do), he said, “it would be vastly worse if hundreds of millions of people were to suffer long-lasting or even permanent damage to their brain or heart microvasculature as a result of failing to appreciate in the short-term an unintended effect of full-length spike protein-based vaccines on other organs.”

Vaccine-associated spike protein in blood circulation could explain myriad reported adverse events from COVID vaccines, including the 4,000 deaths to date, and nearly 15,000 hospitalizations, reported to the U.S. government’s Vaccine Adverse Event Reporting System (VAERS) as of May 21, 2021. Because it is a passive reporting system, these reports are likely only the tip of an iceberg of adverse events since a Harvard Pilgrim Healthcare study found that less than one percent of side-effects that physicians should report in patients following vaccination are in fact reported to VAERS.

Nursing babies, children and youths, frail, most at risk

Bridle said the discovery of vaccine-induced spike protein in blood circulation would have implications for blood donation programs. “We don’t want transfer of these pathogenic spike proteins to fragile patients who are being transfused with that blood,” he said.

The vaccine scientist also said the findings suggested that nursing babies whose mothers had been vaccinated were at risk of getting COVID spike proteins from her breast milk.

Bridle said that “any proteins in the blood will get concentrated in breast milk,” and “we have found evidence of suckling infants experiencing bleeding disorders in the gastrointestinal tract” in VAERS.

Although Bridle did not cite it, one VAERS report describes a five-month-old breastfed infant whose mother received a second dose of Pfizer’s vaccine in March. The following day, the baby developed a rash and became “inconsolable,” refused to nurse, and developed a fever. The report says the baby was hospitalized with a diagnosis of Thrombotic Thrombocytopenic Purpura, a rare blood disorder in which blood clots form in small blood vessels throughout the body. The baby died.

The new research also has “serious implications for people for whom SARS Coronavirus 2 is not a high risk pathogen, and that includes all of our children.”

ffect on fertility and pregnancy?

The high concentration of spike protein found in testes and ovaries in the secret Pfizer data released by the Japanese agency raises questions, too. “Will we be rendering young people infertile?” Bridle asked.

There have been thousands of reports of menstrual disorders by women who had taken a COVID-19 shot, and hundreds of reports of miscarriage in vaccinated pregnant women, as well as of disorders of reproductive organs in men.

Vicious smear campaign

In response to a request, Bridle emailed a statement to LifeSiteNews on Monday morning, stating that since the radio interview he had received hundreds of positive emails. He added, too, that “a vicious smear campaign has been initiated against me. This included the creation of a libelous website using my domain name.”

“Such are the times that an academic public servant can no longer answer people’s legitimate questions with honesty and based on science without fear of being harassed and intimidated,” Brindle wrote. “However, it is not in my nature to allow scientific facts to be hidden from the public.”

He attached a brief report outlining the key scientific evidence supporting what he said in the interview. It was written with his colleagues in the Canadian COVID Care Alliance (CCCA) ― a group of independent Canadian doctors, scientists, and professionals whose declared aim is “to provide top quality, evidence-based information about COVID-19, intent on reducing hospitalizations and saving more lives.”

A focus of the statement was the risk to children and teens who are the target of the latest vaccine marketing strategies, including in Canada.

As of May 28, 2021, there have been 259,308 confirmed cases of SARS-CoV-2 infections in Canadians 19 years and under. Of these, 0.048% were hospitalized, but only 0.004% died, according to the CCCA statement. “Seasonal influenza is associated with more severe illness than COVID-19.”

Given the small number of young research subjects in Pfizer’s vaccine trials and the limited duration of clinical trials, the CCCA said questions about the spike protein and another vaccine protein must be answered before children and teens are vaccinated, including whether the vaccine spike protein crosses the blood-brain barrier, whether the vaccine spike protein interferes with semen production or ovulation, and whether the vaccine spike protein crosses the placenta and impacts a developing baby or is in breast milk.

LifeSiteNews sent the Public Health Agency of Canada the statement of CCCA and asked for a response to Bridle’s concerns. The agency responded that it was working on the questions but did not send answers before publication time.

Pfizer, Moderna, and Johnson & Johnson did not respond to questions about Bridle’s concerns. Pfizer did not respond to questions about how long the company was aware of its research data that the Japanese agency had released, showing spike protein in organs and tissue of vaccinated individuals.

Updated on June 1, 12:15 p.m. to include an additional comment by Stephanie Seneff.

----(原文引用ここまで)-------------------
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2021年6月14日 10:46:39 : PN4tDmmZJQ : dEZDNVNVR3Job2s=[189] 報告
先日、25歳の医療従事者が接種後、錯乱状態になって、
高速道路で車から飛び降りて亡くなるという痛ましい事故があった。

スパイクタンパク質が血管脳関門を通り抜けて脳にはいるとすれば、
これも説明がつくね。

新型コロナワクチン 接種直後に急死した日本人85人詳細データが公表 
(NEWSポストセブン) 
http://www.asyura2.com/20/iryo6/msg/727.html

2. 2021年6月14日 11:26:24 : vYniXJ3Qek : VjlTbmhkQlQ1bEU=[6] 報告
確か急性統合失調症とか診断されてたよね?。
311の後知らない病名がいっぱい出てきたが、今回も色々出て来そう。
3. 2021年6月14日 12:33:08 : PN4tDmmZJQ : dEZDNVNVR3Job2s=[190] 報告
ひょっとして、こういう危険性が出てきたので、国会議員は
接種を見送ったのでは?

新型コロナワクチンの国会議員優先接種は当面見送り
=世論に配慮、自・立が合意 (時事通信) 
http://www.asyura2.com/20/iryo6/msg/698.html

4. 2021年6月14日 12:42:26 : fCZ83cf8p2 : YzI0bTRWZmk2Mms=[3497] 報告
 普段、世論無視して政治ショーやってる連中がワクチン接種については世論に配慮?!  ヤバイと思ってるのが丸わかりじゃん   税金喰ってて国民に先に治験させるな!
5. 2021年6月14日 12:51:57 : PN4tDmmZJQ : dEZDNVNVR3Job2s=[191] 報告
生殖器官に影響があるという話を聞くと、やはり、人口削減のため、
人類を不妊にさせる目的が潜んでいたのではないかと、
陰謀論ではなく陰謀ではないかと疑わざるを得ないね。
6. 2021年6月14日 12:57:59 : N8qSzco7eo : aGV6QUg5Yy9kclE=[1] 報告
職場摂取なら真っ先に国会議員ガラスだ❗

大勢、不特定多数の有権者と合う必要があるから。

7. 2021年6月14日 13:11:21 : PN4tDmmZJQ : dEZDNVNVR3Job2s=[192] 報告
ワクチン接種した母親の母乳を飲んで亡くなった赤ちゃんのレポート。
3月17日に接種、翌18日に発疹、20日に亡くなった。

https://twitter.com/AlexBerenson/status/1385634620587315202
(Alex Berenson)
VAERS reports a breastfeeding five-month old infant has died of TTP
- a rare clotting disorder linked to, yes, low platelets.
He became ill one day after his mother received her second
@pfizershot. This is an authentic and highly detailed report.
9:40 AM Apr 23, 2021

8. 2021年6月14日 14:31:05 : YiI2mVtUhc : UURxWDVkNWlyRHM=[4] 報告

ワクチン接種すると、

人体がスパイクタンパク産出装置と化して、

免疫が過剰出動して、そのうち免疫系が全て壊れる。

で、ちょっとして風邪でも重症化して死ぬ。

当然母乳からも、エクソソーム(遺伝子、スパイクタンパク質)は、

出る。

呼気からも出る。

女性は不妊、男性はインポになる、

が、セックスを楽しもうなどという気力も失せ、

やがて死んで行く人が続出するだろう。

この接種者、非接種者ともに、このワクチン禍から、身を守る方法として

いくつもあるが、

長崎大が最近発見した、元々サプリの「5-ALA」をお薦めする。

ネットで簡単に買える。

レビューも良い書き込みが多い様だ。

重曹なども併用すると良い。

イベルメクチンも有効だ。

9. 少人長[347] j62QbJK3 2021年6月14日 15:01:06 : eeHNTboPh6 : UUJEd0tZWmMyaTI=[47] 報告


>それ自体が毒素であり病原性たんぱく質であるとは知らなかった。
これはB科学者の言であり、全てをお膳立てしたA科学者が潜んでいる

「このワクチン兵器(みながファイザーのコロナワクチンなどと称しているもの)は、コロナウイルスのmRNAが持つ危険性をフルに活用した時限式殺人兵器です。打った直後に死ぬと大量殺傷ができないので、強力なコロナの変異種のパンデミック時に感染して死ぬように仕組まれています」

☆基本知識 なぜワクチン兵器なの?
https://ameblo.jp/kongoujizou/entry-12671861430.html

新型コロナワクチンは人間のすべての免疫能力を破壊して人を死に導く《本文参照》
http://www.asyura2.com/20/iryo6/msg/650.html#c2

10. 2021年6月14日 15:50:30 : 7mNLBtH6Xk : Y2VBOWdnUlcvQm8=[757] 報告
とりあえず、
とっても昔に、人類削減したいんだ・・・と言った方がいました!
死んだ方の証言です!!
とっても有名な、インタビュー動画です!文字起こしもあります!
しっかりご照査ください!

●弁護士ニック・ロックフェラーとの会話を暴露したアーロン・ルッソ監督
https://ameblo.jp/chanu01/entry-11831438167.html

・911の11ヶ月前に会う
・対テロ戦争はでっちあげ
・銀行家、エリートや知事などが人々にチップを埋め込み支配 ←ここ大事
・一般市民はただの人間でこの支配層に奉仕
・多すぎる世界の人口を減らす           ←ここ大事

一部抜粋・・・
・・・・ニックと僕は色んな話をしたけれども、
その中の一つ、彼が言い出したんだけど、
世界人口を減らすということ。世界中に人間が多すぎるという話しをしました。見方によっては僕も同感だけれど、だからといって僕は自分に
『誰が死んで、誰が生き残るか』を決める権限などないと思っています。
でも彼らは、『世界の人口を半減させなければいけない』と考えていました。・・・

ついでに、
●「ロックフェラーの友は、911を事前に予告した」
アーロン・ルッソ_インタビュー(18分19秒)

http://vision.ameba.jp/watch.do?movie=600415
http://uramedia.blog119.fc2.com/blog-entry-39.html

11. 2021年6月14日 16:04:12 : Y4ekD06rfY : RjB4N3dnWkJQWW8=[1] 報告
>また乳児が母乳からスパイクタンパク質をもらう可能性もあるという。

これは既に確認済み。
そして、乳児の血液を調べたら抗体ができていたとのこと。

これにより、乳牛にワクチン接種してスパイクタンパク入り牛乳を作って飲めば、
わざわざ注射でワクチン接種する必要がいらないのではと議論になっていた。

12. 2021年6月15日 08:49:49 : juJg7V4FOs : QVVMOFFrWHlaRDY=[978] 報告

 一つ 質問をしてもよいかね〜〜

 新型コロナは スパイクたんぱくを 血管内に 放出はしないのですか??

 ===

 mRNAのスパイクたんぱくは 新型コロナのスパイクたんぱくを手本としてつくられる

 ワクチンのスパイクたんぱくが 有害なのなら もっとたくさん出てくる 
 新型コロナのスパイクたんぱくは 有害ではないのですか??

 ===

 インフルエンザでも インフルエンザワクチンでも コロナなら スパイクたんぱくは あるでしょう?

 君たちは インフルエンザのスパイクたんぱくは 無害だけど
 新型コロナのスパイクたんぱくは 有害だと??

 しかも それが 生殖細胞に 集積するんですか〜〜

 

[スレ主【魑魅魍魎男】による初期非表示理由]:アラシかも(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)

13. 2021年6月15日 08:55:07 : juJg7V4FOs : QVVMOFFrWHlaRDY=[979] 報告

 そもそも 

 コロナウイルスは 何億年も前から存在して スパイクたんぱくも 何億年も前から存在する

 仮に 動物の体から スパイクたんぱくが 排出されないとしてら

 動物は コロナによって 全滅しているはずだ 

 旧型コロナ vs 新型コロナ で スパイクの形が 変わって 新型コロナだけ
 体内から 排出されない??  って 主張なんでしょうか??

 ===

 君たちは 自分が 何を言ってるのか 理解していますか??
 
 

[スレ主【魑魅魍魎男】による初期非表示理由]:アラシかも(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)

14. 2021年6月15日 09:15:53 : PN4tDmmZJQ : dEZDNVNVR3Job2s=[207] 報告
>>12,13
ブライドル先生に直接質問したらよかろう。

Byram W. Bridle (University Guelph)
https://experts.uoguelph.ca/byram-bridle

15. 2021年6月15日 09:38:33 : fCZ83cf8p2 : YzI0bTRWZmk2Mms=[3506] 報告
>>13
? 接種者からスパイク蛋白排出されまくりだろ  だから弱毒と言われるウィルス以上に大問題になってるんだが
16. 2021年6月15日 10:03:18 : fCZ83cf8p2 : YzI0bTRWZmk2Mms=[3507] 報告

↑続; エボラにしろワクチン普及後に感染が広まったの知らない?
17. 2021年6月15日 10:20:15 : juJg7V4FOs : QVVMOFFrWHlaRDY=[980] 報告

 だからさ〜〜

 おいらが 聞いてるのは

 インフルエンザのスパイク vs 新型コロナのスパイク vs mRNAのスパイク

 この3つで 何が違うのよ〜〜〜

 答えてよ〜〜
 

[スレ主【魑魅魍魎男】による初期非表示理由]:アラシかも(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)

18. 2021年6月15日 10:23:18 : oTswp9pZkQ : QU4uRWxXVHRNd0k=[206] 報告
>8,9,他

ほとんど妄想に近い。無茶苦茶。
仮にスパイクタンパクが毒であるとして、増加することは考えられないので、どこで毒が大きな被害を与えることができるかが納得できない。
 血中の毒を我々の体がどうして処理できないのか。慢性毒が体を破壊するには、数多くの要素が関わっていて、とても容易ではなかろう。勿論それらが複合的に偶然にも作用するのが数万に一つ程度あるというようなことはありうる。しかし、ここで言っているのは、もっとメカニズム的に酷い作用のことで、とてもそれを認めることは
ここで言っているだけでは考えられない。

19. 2021年6月15日 10:25:44 : juJg7V4FOs : QVVMOFFrWHlaRDY=[981] 報告

 >ブライドル先生に直接質問したらよかろう

 あほか??

 お前が聞いて答えるべきだろう 

 わからないのなら 黙ってろ!!
 

[スレ主【魑魅魍魎男】による初期非表示理由]:アラシかも(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)

20. 2021年6月15日 10:30:59 : juJg7V4FOs : QVVMOFFrWHlaRDY=[982] 報告

 >エボラにしろワクチン普及後に感染が広まったの知らない?

 今は ワクチンの効果がどうなのかは 議論していない 話をよそにそらさないで

 そもそも スパイクは 有害なのか? が問題だろう
 有害である可能性を否定はしないが それが どれくらいのものなのか?
 だから インフルエンザの場合は どうなのか?? ってことで

 そこまで 考えてるのかな〜〜 って
  

[スレ主【魑魅魍魎男】による初期非表示理由]:アラシかも(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)

21. 2021年6月15日 10:37:20 : juJg7V4FOs : QVVMOFFrWHlaRDY=[983] 報告

 >ほとんど妄想に近い。無茶苦茶

 ま〜〜ね そうだよね〜〜

 スパイクたんぱくという言葉が 突然飛び出してきて いかにも怖そうな名前に
 多くの国民が 不安に「おびえている」のだが その人たちは インフルエンザには「おびえていない」
 むしろ インフルエンザを歓迎しているのだから 新型コロナは「怖くない」と思ってる??

 でもね インフルエンザにもスパイクはついてるのだ いままで 知らなかっただけだ
 スパイクが 怖いのなら インフルエンザも怖いと考えるべきだよね〜〜〜
 

[スレ主【魑魅魍魎男】による初期非表示理由]:アラシかも(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)

22. 2021年6月15日 12:00:12 : G49bqt4cx6 : YzBVSUpla1hvcDI=[1] 報告

ホントに、愛と自称する変態工作員w

たちは、おバカだな〜w

お前の真似して〜w

コロナもインフルもどちらも怖くない!

怖いのは、君たち変態工作員wの雇い主が作り出した遺伝子組み換えワクチンなんだよ、

分かるかい?

もう一度、おバカ諸君、上記記事の重要部分を読んでみよう。


SARS-CoV-2スパイクタンパク質は人間の細胞に影響を及ぼす。
 
ワクチンメーカーは特異なタンパク質を選んだ。
 
それが接種した人の細胞がタンパク質を生成し、理論的には、タンパク質に対する
 
免疫反応を引き起こし、影響を受けた細胞から守るはずだった。

* 多くの研究により判明したのは、血栓や出血などSARS-Cov-2の最も激しい症状は、
 ウイルス自身のスパイクタンパク質によるものということだ。


* 「科学者が見つけたのは、スパイクタンパク質は、それ自体が血液循環にはいり込むと
  心血管系にダメージを与えることだ」とブライドル氏は語る。

* これは動物実験でも確認された。

また、血管脳関門も通り抜け、脳に損傷を与えることも
 わかった。

以上、意味分かるか?

変態工作員wの頭では理解不能だろう。

いいか、このワクチンは、コロナウイルスのスパイクタンパク質を利用して作っている、

>それが接種した人の細胞がタンパク質を生成し、理論的には、タンパク質に対する
 
>免疫反応を引き起こし、影響を受けた細胞から守るはずだった。

免疫反応を利用してタンパク質(抗体)を作る筈だったのが、

ここには詳しく書いてないが、

抗体自体が、非中和抗体を作り出している訳だ。

非中和抗体が発生し、それが、血中などのウイルスに結合し、

そのウイルスが、免疫細胞に感染すると、

コロナウイルスはコピーを作って増殖するんだよ。

そうすると、免疫系が過剰反応が起こり、サイトカインストームなどが引き起こされる。

ここでは、もう一つ問題がある訳だ。

ワクチンそのものの中にあるスパイクタンパクが、

血中に流れて脳や循環器系、内臓などにダメージを与える問題、

それから、非中和抗体が、スパイクタンパクを持ったコロナウイルスを

増殖させる問題。

その結果、免疫系が過剰反応して、様々な悪さをする訳だ。

専門家によると、そのうち自然免疫は、機能しなくなると。

そうすると、他の病原菌に襲われた時に、

対抗出来ないで、死んでしまう、

ということだ。

分かったかな?

愛という自称の変態工作員くんw


23. 2021年6月15日 12:09:47 : G49bqt4cx6 : YzBVSUpla1hvcDI=[2] 報告

愛と自称の変態工作員くんw

既に接種済みだな、コロナワクチンを、

でなければ、そこまでイカレてないよなw

まあ、頑張ってDS悪魔にご奉仕しなさい、

とってもスンバラしいご褒美が、死後待ってるよ、

楽しみにね💓w

24. 2021年6月15日 12:30:36 : juJg7V4FOs : QVVMOFFrWHlaRDY=[984] 報告

 >免疫反応を利用してタンパク質(抗体)を作る筈だったのが、
 ここには詳しく書いてないが、
 抗体自体が、非中和抗体を作り出している訳だ。

 非中和抗体が発生し、それが、血中などのウイルスに結合し、
 そのウイルスが、免疫細胞に感染すると、
 コロナウイルスはコピーを作って増殖するんだよ。

 おいおい 最初の3行は スパイクたんぱくの話なのに 次の3行は ウイルスが主語になっている

 ===

 小学校を まともに 卒業したんだろうか??  心配だ

 主語が違う 2つの文章を くっつけて 論理が展開していくようだ

 ===

 あ〜〜 怖いこわい   ワクチンよりも 怖いのが ↑22 
 

[スレ主【魑魅魍魎男】による初期非表示理由]:アラシかも(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)

25. 2021年6月15日 12:39:12 : juJg7V4FOs : QVVMOFFrWHlaRDY=[985] 報告

 >ワクチンそのものの中にあるスパイクタンパクが、
 血中に流れて脳や循環器系、内臓などにダメージを与える問題、
 それから、非中和抗体が、スパイクタンパクを持ったコロナウイルスを
 増殖させる問題。

 は〜〜 ここでも 主語は2つある スパイクタンパク と コロナウイルスだ〜〜

 つまり サイトカインが起きるのだろうけど 

 ワクチンを摂取した人は 「まもなく 本物のウイルスに感染して 異常増殖させる ??

 ===

 普通 ワクチンを打つような人は 本物の新型コロナに感染したくないひとで
 99% 新型コロナに感染しないように 気を付けている

 それが 過ぎにでも起きそうな話だけど それって 何時起きる問題なのよ〜〜

 接種を受けて 4時間後に起きるのか? 4日後に起きる問題なのか 4週間後に起きる??

 おしえてくれ〜〜〜〜〜〜〜
 

[スレ主【魑魅魍魎男】による初期非表示理由]:アラシかも(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)

26. 2021年6月15日 12:51:15 : juJg7V4FOs : QVVMOFFrWHlaRDY=[986] 報告

 >その結果、免疫系が過剰反応して、様々な悪さをする訳だ。
  専門家によると、そのうち自然免疫は、機能しなくなると。
  そうすると、他の病原菌に襲われた時に、
  対抗出来ないで、死んでしまう、

 私の理解だと 免疫反応があれば 「発熱する」 副反応が起きると理解していた

 その副反応の「発熱」も2日もあれば 熱は収まるので いわゆる 過剰反応は解熱とともに終わる?
 
 という風に 考えていたんだが 免疫細胞は 解熱したあとも「様々な悪さをする訳だ} ってこと??

 ===

 へ〜〜 免疫細胞は 抗体ができるときに 発熱までして 対抗するのだが
 その後 解熱しても うらで こそこそ してるんだと言いたいようですね〜〜

 ===

 ま〜〜ね こういう人を 「見てきたようなウソを言う人」 ウソつき っていうだあよ〜〜ん
 
 

[スレ主【魑魅魍魎男】による初期非表示理由]:アラシかも(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)

27. 2021年6月15日 13:00:52 : juJg7V4FOs : QVVMOFFrWHlaRDY=[987] 報告

 まあね 2020年は 死亡者が 2万人減ったのだ
 今年  2021年も 死亡者が 2万人以上減るだろう
 
 これに 文句の言いたい人は いるかね??
 
 

[スレ主【魑魅魍魎男】による初期非表示理由]:アラシかも(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)
28. 2021年6月15日 13:14:38 : eELS5DFxpg : MXduVHBMeE5iaTI=[4] 報告

>>QVVMOFFrWHlaRDY

ここはお前のネットデイサービスじゃないぞ。
とっとと逝け、構ってちゃんのくたばりぞこない。

http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/395.html#c13

  

29. 2021年6月15日 14:38:29 : G49bqt4cx6 : YzBVSUpla1hvcDI=[3] 報告

愛と自称の変態工作員野郎w

野郎じゃないか、女?

どちらにしても変態工作員だw

お前は本当に、超が千個くらいつくアホやな。

理解力ゼロ!w

お前の様なアホにも理解出来るように、

コロナワクチンとスパイクタンパクの関係など大まかな全体像がイメージできるように

書いたが、まるっきし、

お前には、猫に小判、豚に真珠だったようだな。

上記は、お前の様なアホに書いた文章ではない。

お前が理解できない事は、百も承知だ。
普通の頭脳を持った人間なら、理解できる内容だ。

こうやって、お前、相手にしてもらえるだけ喜べw

子供とマジで喧嘩している大人になりたくないよw

30. 2021年6月15日 14:59:57 : juJg7V4FOs : QVVMOFFrWHlaRDY=[988] 報告

 ↑29

 主語が二つの文が合体 (そもそも文章が書けない人)
 
 そんな文章で 誰も理解できるはずがない あの文が理解できる人は 文裂症だよね!!
 

[スレ主【魑魅魍魎男】による初期非表示理由]:アラシかも(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)

31. 2021年6月15日 15:02:10 : juJg7V4FOs : QVVMOFFrWHlaRDY=[989] 報告

 主語が2つ 愛が指摘して はっと気が付くくらい 鈍愚なんだろうね〜〜
 

[スレ主【魑魅魍魎男】による初期非表示理由]:アラシかも(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)
32. 2021年6月15日 15:20:29 : YlhpHzMCF5 : VmpFbFI0SzdGSGc=[11] 報告
喧嘩なんかしないでまともな態度(言葉)で議論をしてくれ。
これじゃあ、どちらの言うことも信用できないよ。
阿修羅に登場する方々には偉そうに主張する人が多いな。
言葉遣いも悪く、折角良いこと言っても信用できないよ。
33. 2021年6月15日 18:56:38 : w88VG0Ahy6 : S0VOSjlYYkVJbms=[5] 報告
 
自分にワクチンを打って死にます

他にワクチンを打て打て
を内包する 愛(QVVMOFFrWHlaRDY)
 
こんなのをサイコパスっていうの?

 

34. 2021年6月15日 21:37:14 : tp7l0QKF2M : a212YUxvQWdvVUk=[284] 報告
S蛋白
M蛋白
N蛋白
Eも蛋白
ゲノムRNA
自己免疫は凄い
1年半も耐えしのぶ

ロシュ試薬の怪しい抗体

35. 2021年6月15日 22:08:25 : trnPZvS5n6 : Q2ppR1VDNEhUUlU=[3] 報告
愛とかいうゴミ野郎は消えろ。
お前はずっと他の投稿でも反日活動繰り返してたよな?
お前は人間のクズなんだよ。
ワクチンで大勢死んだらお前は責任取れんのか?取らないよなあ?
まあ既に何人かワクチンで死んじゃってるわけだけど
36. 2021年6月16日 07:59:18 : iwAujJtOFE : ZGZXRTcuMFlZQXM=[1202] 報告
そのうち黒塗りになって非表示扱いされるから気にすんな。
ワクチン接種直後に200人近くも実際に死んでいるんだぜ。
理屈はどうあれ事実を見ただけで拒絶するよな。

 https://www.mhlw.go.jp/content/10906000/000790071.pdf

厚労省はこの後データの隠蔽を始めているが、公表した直近では
一日約10人のペースで死んでいる。

37. 2021年6月16日 11:13:02 : PN4tDmmZJQ : dEZDNVNVR3Job2s=[214] 報告
「コロナワクチン 病原はスパイクプロテイン 血液中に入ると判明
Dr Byram Bridle COVID-19 Vaccines 2021/05/27 (Bit Chute)」
https://bitchute.com/video/8NKV6HBt1zSD
38. 2021年6月16日 14:49:40 : jkMq6JFYjo : dGFsUGZwaFMxTDY=[25] 報告
>>QVVMOFFrWHlaRDY または、愛さん

知識が不足しているようなので、補足説明します。

ご質問のうち、インフルエンザのスパイクと新型コロナのスパイクは全く違う代物です。通常のコロナウイルスには存在しないない特殊なスパイク蛋白質4種類をこの新型コロナウイルスは持っているのです。しかも、それがエイズウイルス由来のものであることが既に学術的に確立されています。 

なので、他のコロナと差別化が確実にできるように、ワクチンのmRNAはこのエイズウイルス由来のスパイク蛋白を産生するものです。ワクチンは体内に入ると、スパイク蛋白のみを産生しまくる。従来は、こうして産生されたスパイク蛋白は、mRNAを取り込んだ細胞膜表面に定着すると考えられていた節があります。そして、そうした細胞自体が免疫反応により攻撃されて消滅するとされています。しかし、ワクチンにより産生されたスパイク蛋白は、細胞表面に定着せず、血中に移行してあらゆる臓器に蓄積されることが明らかになりつつあろ様です。

一方、新型コロナは感染するとウイルスの複製が起こり、スパイク蛋白のみが増えるわけではありません。また、ウイルスに発現するスパイク蛋白はウイルスから容易に脱落しないのでしょう。

新型コロナウイルスの作成に関わった人物の一人にファウチがいます。そして、ワクチンの開発を陣頭指揮した人物はファウチです。しかも、ファウチは問題のエイズウイルス由来のスパイク蛋白GP120の特許を持っている。

これは、偶然ではありません。

39. 2021年6月16日 14:55:11 : PN4tDmmZJQ : dEZDNVNVR3Job2s=[216] 報告
>>38
そしてファウチの所属するNIH(米国立衛生研究所)は、多額の研究費を
武漢ウイルス研究所に供与していた。

そして武漢ウイルス研究所から新型コロナワクチンが漏れた。

陰謀を否定することは難しくなってきたね。

40. 2021年6月16日 19:04:59 : juJg7V4FOs : QVVMOFFrWHlaRDY=[1008] 報告

 38さん ありがとうございます
 
 私も 新型コロナは 人工的に作られたものだと 思っています

 だから インフルエンザのスパイクたんぱく と 新型コロナの スパイクたんぱくが違うことは
 明らかで だから インフルエンザと新型コロナは 違うものでしょう

 ===

 ただ 私が 言いたいのは どちらも スパイクたんぱくでは あるのではないでしょうか

 

[スレ主【魑魅魍魎男】による初期非表示理由]:アラシかも(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)

41. 2021年6月16日 19:18:51 : juJg7V4FOs : QVVMOFFrWHlaRDY=[1009] 報告

 >従来は、こうして産生されたスパイク蛋白は、mRNAを取り込んだ細胞膜表面に定着すると考えられていた節があります。そして、そうした細胞自体が免疫反応により攻撃されて消滅するとされています。しかし、ワクチンにより産生されたスパイク蛋白は、細胞表面に定着せず、血中に移行してあらゆる臓器に蓄積されることが明らかになりつつあろ様です。

 そうだと思います 
 
 >mRNAを取り込んだ細胞膜表面に定着する

 そうなれば 理想的ではあるが なぜか そうならずに 細胞から スパイクたんぱくが
 こぼれ出て 最初は血清に入って 血管にも漏れてはいるでしょう

 ===

 新型コロナが感染した細胞から 完成した新型コロナの表面についている 
 スパイクたんぱくは おっしゃる通り 新型コロナの表面に強固にくっついているはずです

 しかし 表面にくっつけなかった スパイクたんぱくは mRNAがワクチンで作った
 スパイクたんぱくが 細胞からこぼれるのと 同じようにこぼれ出るでしょう

 つまり 新型コロナに感染した人の 血液の中には スパイクたんぱくが 単独で流れているはずです

 ===

 ですから  私が問題提起しているのは
 MRNAが 作って 血液の中にこぼれるスパイクたんぱくも
 新型コロナに感染した細胞から こぼれ出るスパイクたんぱくも まったく同じだろう?? 
 ってことです

 新型コロナによって 血管に染み出てくる スパイクたんぱくで ほかの臓器を傷つけないのなら
 mRNAによって 作られた スパイクたんぱくも ほかの臓器を傷つけないはずです

 同じことは インフルエンザでも 起きているのではないでしょうか??

 
 

[スレ主【魑魅魍魎男】による初期非表示理由]:アラシかも(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)

42. 2021年6月16日 19:24:13 : juJg7V4FOs : QVVMOFFrWHlaRDY=[1010] 報告

 >ファウチの所属するNIH(米国立衛生研究所)は、多額の研究費を武漢ウイルス研究所に供与していた

 アメリカで研究を止められたものを 中国で完成させたということは 想定内でしょう
 まさに ウイルスを作り出す能力を 人類は獲得したということですから
 今後さらに 恐ろしいウイルスが 開発されるのを 止めることは 不可能かもしれません
 
 今の 新型コロナが 人間だけに感染するのならいいけれど 人間から ー> コウモリに感染する

 それがまた 人間に帰ってくることも考えられますよね〜〜
 
 

[スレ主【魑魅魍魎男】による初期非表示理由]:アラシかも(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)

43. 2021年6月16日 19:46:07 : juJg7V4FOs : QVVMOFFrWHlaRDY=[1011] 報告

 だから 私は こういった感染症の対応は まず「隔離」だと 当初から言っています

 江戸時代の 岩国の吉川藩が 取った政策です

 ===

 その角度から見ると 日本のスカカス総理は まったく 落第生ですし〜〜

 新型コロナは インフルエンザと同じだと叫んでる人も 困ったものです
 
 もっと すごい人工的に作られたウイルスだと 人間は全滅するでしょう

 SF小説の時代が すぐそこです 

 それでも 「隔離」は 最大の武器でしょう
 
 

[スレ主【魑魅魍魎男】による初期非表示理由]:アラシかも(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)

44. 2021年6月16日 20:10:15 : juJg7V4FOs : QVVMOFFrWHlaRDY=[1012] 報告

 血管の中に入った スパイクたんぱくは その後 どうなるのでしょう

 1. T細胞に検知される 50%
 2. 血小板などにくっつく ー> 血小板の機能停止 50%

 しかし ここからが T細胞の「すごいところ」です
 T細胞は 感染を検知した瞬間から 猛烈に増殖して 仮に100倍になったとすると

 正常反応が 5000%で 予期しない反応が 50%ですから 目的は 99%達成される
 
 どうです〜〜  愛は 見てきたようなウソをいってるかも〜〜

 だけど 人体の仕組みはまさに 神秘的なくらい よくできています
 
 ===
 
 間違った 反応の細胞は ほとんどすべてが マクロファージに食べられてしまうでしょうから

 心配ご無用なのですね〜〜
 
 

[スレ主【魑魅魍魎男】による初期非表示理由]:アラシかも(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)

45. 2021年6月16日 20:19:08 : juJg7V4FOs : QVVMOFFrWHlaRDY=[1013] 報告

 その後のことも 書いておきましょう

 血液中に スパイクたんぱくが存在する限り T細胞は 無限に分裂するのですが〜〜
 スパイクたんぱくがなくなると T細胞は 制御細胞に変身して 分裂を止めるのですな〜〜

 ===

 つまり 無数に分裂した T細胞が スパイクたんぱくの ほとんどを捕獲することになるので
 
 血小板などの 悪害を及ぼす可能性も 急速に減ります
 
 

[スレ主【魑魅魍魎男】による初期非表示理由]:アラシかも(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)

46. 2021年6月16日 20:22:43 : juJg7V4FOs : QVVMOFFrWHlaRDY=[1014] 報告

 こうして 無数に分裂した T細胞は 唾液や 鼻水にも 含まれるでしょうから

 鼻風邪だって なおってしまいますよね〜〜
 

[スレ主【魑魅魍魎男】による初期非表示理由]:アラシかも(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)

47. 2021年6月16日 20:55:14 : pNlPCkSbrE : UHFWeXlvcDg5aEk=[337] 報告
>>12,13

じゃあきみにインフルエンザウィルスを大量に注射したら?

48. 2021年6月16日 21:19:25 : juJg7V4FOs : QVVMOFFrWHlaRDY=[1015] 報告

 >じゃあきみにインフルエンザウィルスを大量に注射したら

 そうですね 私は 2020年の秋に インフルエンザのワクチンを受けました
 T細胞を 訓練するためにね〜〜

 ===

 ただ インフルエンザのワクチンは 効果がないのではないかと 勉強した今ではそう考えている
 
 T細胞は 10の10乗くらい 変化します そのうちの 1つが インフルエンザを検知したり
 別の一つが 新型コロナを検知できるわけですから 原理的には インフルエンザのT細胞を増やしても
 新型コロナを検知できないことになります

 ===

 あなたみたいな馬鹿を攻撃して つぶしたりしても 別のバカを攻撃できないのと同じですね
  
 T細胞を勉強してみてください 免疫について 参考になります
 バカなテレビを見るよりも wikiを 読む方が はるかに賢くなりますよ〜〜
 

[スレ主【魑魅魍魎男】による初期非表示理由]:アラシかも(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)

49. 2021年6月17日 02:21:26 : PN4tDmmZJQ : dEZDNVNVR3Job2s=[221] 報告
さっそくブライドル氏に対する誹謗中傷サイトが日本でも立ち上がっているが、
あまりのレベルの低さに笑ってしまう。全く反論になっていない。

「バイラム・ブライドルの発言『スパイクタンパク質は危険な毒素』は証拠なし」
(ほえのブログ 2021/6/6)
https://www.hoe2021.com/?p=3753

同氏の記事は他のメディアも報じている。「In Deep」を中傷しても無意味。

入手した厚労省の資料が秘密資料かどうかはどうでもよい。
内容が正しいかどうかが問題。

彼の主張が正しいかどうかが問題であり、専門が獣医学であろうが関係がない。

間違っているのなら、科学的に明確に反論しなければならない。

「信頼性のある大手ニュースサイトはこの話題を無視」

大手ニュースサイトがデマ、デタラメを報道してきたことは枚挙にいとまがない。

コロナワクチン禍がどんどん深刻になっている。
そのうちマスメディアも無視できなくなるだろうね。

50. 2021年6月17日 07:50:33 : fCZ83cf8p2 : YzI0bTRWZmk2Mms=[3527] 報告
 愛の言ってるT細胞だが故安保教授の自立神経免疫療法を実践する医師グループではTh-1、ヘルパーT細胞1型を競合する2型に対し如何に優位に活性化させるかに傾注している  ガン対策との共通性が見えてくると興味深い  Th-1は細胞性免疫と言われ漢方では十全大補湯がT細胞やマクロファージを活性化する作用で知られている NK細胞なら補中益気湯や人参養栄湯などが有名  

 ともかく感染やウィルス専門学者以外の専門家にも幅広くコロナ、ワクチン被害軽減化に加わって欲しいものだ  標準療法以外のガン対策がそのままこの問題に当てはまるとは思わないが一つの方向性やヒントを与えてくれる気はする

51. 2021年6月17日 09:05:20 : JsAwrKyAao : TTVPa29pOE5QRFk=[260] 報告
英語で書こうと,日本語で書こうと,糞なものは糞! 英語コンプレックスに乗ずるなヨ.
52. 2021年7月04日 14:23:33 : oTswp9pZkQ : QU4uRWxXVHRNd0k=[234] 報告
>49

"ほえのブログ"を参照してくださって、とても参考になります。
49氏のコメント自身、ほとんど説得あるデータがないといってよいのではないでしょうか。所属や専門が何であるかは問題になりませんが、それが適切に表現されていないならば、やはり偽りを語る宣伝文として評価されても仕方がないのではないでしょうか。

53. アキ[1] g0GDTA 2021年8月25日 15:31:17 : ojJeq0h4nI : akhsVzFwcFl6b2s=[1] 報告
>11
過去のコロナウイルス(Sars-Cov-1)で、猫やフェレットにワクチンを打ったところ、次の感染の際、強くなった抗体に対する耐性が逆に(相対して)強まり、免疫回避(ウイルスが免疫系から逃れること)が起き、免疫系による感染の補助(ADE)に繋がってしまった出来事があり、そのため、研究をしないままSタンパク質の媒体にするために動物に新型用ワクチンを打つことは考えづらいと思います。そもそも、そのタンパク質が入ったものの飲食を過剰にすると免疫系が過剰反応を起こすことも考えられます。また、別の危険につながる可能性も考えられます。
54. アキ[2] g0GDTA 2021年8月25日 15:41:38 : ojJeq0h4nI : akhsVzFwcFl6b2s=[2] 報告
>22

投稿の大半は理解できるのですが、「そのうち免疫機関が機能しなくなる」という部分の理由が分かりません。大量のSタンパク質や対応できない新たな株が原因で免疫系の過剰反応を起こし続けると仮定して、その状況からどのようにして免疫不全につながると考えられるでしょうか

55. 2021年9月16日 19:37:04 : E7PFPGovHc : SWNYTzRWTTdOVEk=[46] 報告
◎皆さん。素晴らしいNEWSが飛び込んできました。絶対読んでください。画像とpdfタイプを載せました。効かないワクチンより、イベルメクチンです。
イベルメクチンが世界中でコロナ・ウイルスに効いて居るという公式見解です。いよいよ日本のパンデミックも終息させられます。
https://d.kuku.lu/cc7d82642  画像タイプです
【ファイルをダウンロードする 】をクリックし【ファイルを開く】をクリックして拡大して見て下さい。
https://d.kuku.lu/facf5935f  PDFタイプです

拡散して下さい。

[スレ主【魑魅魍魎男】による初期非表示理由]:2重投稿(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)

▲上へ      ★阿修羅♪ > 医療崩壊6掲示板 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 医療崩壊6掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
医療崩壊6掲示板  
次へ