★阿修羅♪ > 医療崩壊6 > 886.html
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ ★阿修羅♪
イベルメクチンは動物モデルでCOVID-19の症状を緩和します(パスツール研究所)
http://www.asyura2.com/20/iryo6/msg/886.html
投稿者 AN 日時 2021 年 7 月 16 日 18:41:10: /YP.3B0UurBCM gmCCbQ
 

L’IVERMECTINE ATTÉNUE LES SYMPTÔMES DE LA COVID-19 DANS UN MODÈLE ANIMAL
(イベルメクチンは動物モデルでCOVID-19の症状を緩和します)
INSTITUT PASTEUR プレスリリース 12日7月2021
https://www.pasteur.fr/fr/espace-presse/documents-presse/ivermectine-attenue-symptomes-covid-19-modele-animal

(以下グーグルによるフランス語からの自動翻訳を転載者がわずかに修正したもの)

 Covid-19のパンデミックが始まって以来、この病気と戦うためにさまざまな治療アプローチが模索されてきました。インスティテュートパスツールの研究者は、駆虫治療薬として販売されている分子であるイベルメクチンが、動物モデルでCovid-19の症状を保護することを示しました。科学者たちは、イベルメクチンの服用が気道の炎症の制限とそれに起因する症状に関連していることを観察しています。この治療法は、嗅覚の喪失に対する保護にも関連しています。しかし、結果は、SARS-CoV-2のウイルス複製に対する分子の影響を示していません。研究の結果は、イベルメクチンがCovid-19に対する治療薬と見なされる可能性があることを示唆しています。これらの結果はジャーナルに掲載されました(EMBO Molecular Medicine, le 12 juillet 2021)。


 Covid-19のパンデミックは、2019年12月の発症以来、世界中で350万人以上の死亡と、1億7,900万人以上の確認された感染例を引き起こしています、重症の場合の呼吸困難。抗ウイルス薬(レムデシビルなど)または免疫調節薬(デキサメタゾン、トシリズマブなど)に基づくいくつかの治療アプローチが、この病気と戦うために研究されてきましたが、限られた治療効果しか示されていません。したがって、Covid-19に対する予防的および治療的アプローチの探求は依然として優先事項です。

 パスツール研究所の研究者は、実験室で、動物モデルにおけるCovid-19の臨床症状に対するイベルメクチンの影響を研究しました。イベルメクチンは、駆虫治療薬として販売され、他の病気の治療のために研究されている分子です。研究の著者は、この薬を標準用量で服用すると、動物モデルにおけるSARS-CoV-2感染の症状と重症度が軽減されることを示しました。

 「イベルメクチンはニコチン性アセチルコリン受容体(nAChR)のアロステリックモジュレーターであるため、イベルメクチンの研究を選択しました。この選択は、nAChR受容体がSARS-CoV-2感染の病態生理学において重要な役割を果たし、したがって感染の予防と制御の標的となる可能性があるという仮説に基づいていました」とリッサウイルスの研究者であるGuilherme Dias deMelo−疫学および神経病理学ユニットおよび研究の筆頭著者−は述べています。

 この研究の結果は、イベルメクチンがSARS-CoV-2に感染した動物モデルの免疫応答の調節に作用し、気道の炎症を軽減することを明らかにしています。この免疫調節効果は、病気の症状の出現の減少に関与します。研究者はまた、分子が嗅覚喪失のリスクを減らすことを示しました。しかし、彼らは、イベルメクチン治療がSARS-CoV-2のウイルス複製に作用しないことを観察しました。

 「驚くべきことに、イベルメクチン治療はウイルス複製を制限せず、治療モデルと未治療モデルは鼻腔と肺に同程度のウイルス量を持っていたことが観察されました。私たちの結果は、イベルメクチンには抗ウイルス効果ではなく免疫調節効果があることを示しています」とGuilherme Dias deMeloはコメントしています。

 WHOの2021年3月31日の意見では、さらなるデータが利用可能になるまで、臨床試験以外でCovid-19を治療するためにイベルメクチンを使用しないようにアドバイスしています。このテーマについて、Guilherme Dias de Meloは次のように説明しています。「私たちの研究は、動物モデルにおけるSARS-CoV-2感染時のイベルメクチンの保護作用を科学的に実証する前臨床データを提供します。これらのデータは、ヒトでの臨床試験をサポートするために不可欠です」。

 イベルメクチンは、SARS-CoV-2の複製に影響を与えることなく、Covid-19に対する有望な治療薬と見なすことができますが、炎症とそれに起因する症状を緩和します。

 「私たちの結果は重要なブレークスルーを提供し、イベルメクチンが動物モデルの新しいクラスの抗Covid-19剤に属することを示しています。この研究は、ヒトにおけるCovid-19に対するより良い治療のための開発軸への道を開きます」と、リッサウイルス、疫学および神経病理学ユニットの責任者であり、研究の最終著者であるHervéBourhyは結論付けています。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 了徹[125] l7mTTw 2021年7月16日 18:59:41 : ws7TBtPgL6 : b3IzWTFVdGxHZFk=[1] 報告
こんなインタビュー記事が出ていました。

大村智博士×中島克仁 対談C 「抗寄生虫薬がなぜウィルスに効くのか」
https://ameblo.jp/nakajimakatsuhito/entry-12686203077.html

インスティテュートパスツールの研究と、大村智博士の見解は、イベルメクチンには抗寄生虫薬や抗ウイルス薬としてではなく、免疫力を上げる効果があるという点で共通しているようです。

2. AN[1956] gmCCbQ 2021年7月16日 19:39:33 : 7MnTY0kXGk : WnV6NThHb3NRa0E=[90] 報告
イベルメクチンが新コロ治療に有効なことは、明白なようです。

 次に紹介するリンクは、4月28日のものなので、少々古いですが、要領よくまとまっていると思います(読売の記事なので誰も紹介しなかった?)。

・イベルメクチンはコロナ治療に有効か無効か 世界的論争の決着に日本は率先して取り組め
・読売新聞オンライン 2021/04/28 10:36
https://www.yomiuri.co.jp/choken/kijironko/cknews/20210427-OYT8T50019/

 この中で興味深い部分は、
「2021年2月17日の衆院予算委員会で、立憲民主党の中島克仁議員はイベルメクチンについて、「国として早期にCOVID−19の治療薬として承認できるように治験に最大限のバックアップをすべきだ」と提案した。これに対して田村厚生労働相は、「適応外使用では今でも使用できる。医療機関で服用して自宅待機するという使用法もある」と答弁した。菅首相も「日本にとって極めて重要な医薬品であると思っているので、最大限努力する」と、積極的に取り組むともとれる発言をした」との部分でしょう。

 それからすでに5ヶ月経過。自民公明政府は何にもしておりません。というか、”治験の終わらないワクチン”の普及と「飲み屋潰し」だけに躍起になるトンデモ政府です。

 しかし、世界的に見て、”感染者数”に比べた”死亡者数”はこの数ヶ月はそれ以前に比べて、明らかに減少しています。 一つの原因はPCR検査数という分母が増えたためでしょうが、イベルメクチンなど、治療薬の使い方が進歩したことも理由の一つかも知れません。
 治療の報告は治療経験より数ヶ月遅れるのが普通ですから、新コロ治療についても、そろそろ発表する医師が増えるのではないかと期待しております。

3. RAPT理論[-1436] UkFQVJedmF8 2021年7月16日 20:00:46 : H3qewymxyA : akJmdGxndm1hajY=[-1327] 報告
【米】ディズニー女優のオリビア・ロドリゴ、バイデンとコラボし若者にワクチン接種を呼びかける。
https://is.gd/seJyzN

【日本】はじめしゃちょーと河野太郎がコラボしワクチンを宣伝。https://rapt-plusalpha.com/performing-arts/post-15773/

若い世代に猛毒・コロナワクチンを接種させようと必死‼︎https://rapt-plusalpha.com/health/post-15577/

[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理

4. 了徹[126] l7mTTw 2021年7月16日 22:50:23 : ws7TBtPgL6 : b3IzWTFVdGxHZFk=[2] 報告
>2 ANさん

リンクの読売の記事を読みました。

まあ、五輪とワクチン接種に血道を上げている今の政府には、何の旨みも無さそうな話には飛びつかないのでしょうね(しかし、五輪ワクチンに目先の皮算用以外の何の旨みがあるのやら…
とんでもないエグ味しか残らない気もしますが)。

表題のパスツール研究所に関して、トライヤルニュースにも関連記事があったので、以下に機械翻訳したものを掲載します。
ーーー
Institut Pasteurの前臨床試験。SARS-CoV-2を標的とした強力な免疫調整剤イベルメクチン


トライアルサイトスタッフ
2021年7月14日

Institut Pasteurの前臨床試験。SARS-CoV-2を標的とした強力な免疫調整薬であるイベルメクチン

フランスに拠点を置く世界的に権威のある研究機関が、イベルメクチンがCOVID-19症状の軽減に関連するという前臨床研究をEMBO Molecular Medicineに発表しました。しかし、世界保健機関(WHO)は、このような結果を示した何十もの研究にもかかわらず、低・中所得国(LMIC)にとってのイベルメクチンの可能性をまだ認めていません。Institut PasteurのJean-Pierre Changeux氏は、この薬がニコチン受容体に作用することを示唆しており、このテーマで興味深い議論が展開されることは間違いありません。ハムスターを用いた包括的な前臨床試験において、研究チームは、イベルメクチンが強力な免疫調整薬であり、COVID-19パンデミックに対する世界の戦いに役立つ可能性があると結論づけました。今回の研究では、抗寄生虫薬であるイベルメクチンが、臨床症状の悪化を防ぎ、嗅覚障害を軽減し、上下気道の炎症を抑制することが明らかになりました。研究者らは、COVID-19に対抗する手段として、この薬を検討することを推奨しています。

挑戦と機会

壊滅的なパンデミックは、新たな亜種が出現し、犠牲者が増え続けています。一方で、ワクチンは効果的で安全であると思われますが、公平とは言えない方法で配布されています。低・中所得国(LMICs)では、市場ベースのシステムによって製品が高値で取引されているため、人口のほんの一部にもワクチンを接種することができません。

一方、世界中で62件以上のイベルメクチンの研究(ランダム化比較試験、観察研究、ケースシリーズ)が行われ、圧倒的に良好な結果が得られています。いくつかのメタアナリシスが有望な証拠を追加していますが、規制当局、最高レベルの研究機関、世界保健機関(WHO)などの世界的なグループは、その動向を監視しながら、再利用されたジェネリック医薬品の進歩と可能性を阻害する方法で行動しようとしています。 トライアルサイトでは、イベルメクチンの著名な生産者であるメルク社を含む、イベルメクチンに対する指示・関心・組織化された誤報キャンペーンを確認しています。メルク社は、COVID-19と呼ばれる独自の抗ウイルス剤「モルヌピラビル」を開発するために、米国政府から3億5600万ドルを受け取り、その数ヶ月後には12億ドルの公共調達を約束しています。トライアルサイトでは、政府の自由な資金提供が、パンデミック時に公的資金に依存する文化をもたらし、市場と結果を腐敗させたと指摘しています。

トライアルサイトは、WHOが世界的な権威としての役割を果たせず、加盟国を助けるために資金や治療法を配分することができなかったと記録しています。WHOが製薬会社を非難しているが、実際には、ワクチン接種をより公平に配分する責任があった。それが実現していない。しかし、WHOは、パンデミック対策として低コストで可能なイベルメクチンに関連する証拠が出てきているにもかかわらず、それに抵抗している。

WHOの反対にもかかわらず、イベルメクチンには多くの成功例がある。トライアルサイトでは、インドのバングラデシュやウッタル・プラデシュ州、メキシコシティ、さらにはフロリダ州ブロワード郡などで、医師や臨床研究者がインパクトのある結果を報告している研究を次々と紹介しています。トライアルサイトでは、WHOの消極的な姿勢を受けて、ボンベイの弁護士たちが、WHOとその主任科学者であるSoumya Swaminathan氏を相手に、薬を支持する証拠が次々と出てくるのを避けているとして、訴訟を起こすことを発表したと報じている。

研究結果

このたび、世界的に著名なフランスの非営利民間財団が、イベルメクチンに関する新たな情報を発表しました。著者らは、"現在のワクチンの効果を危うくする変異体は、病気に対する炎症の寄与を含むCOVID-19の病態生理を包括的に理解する緊急の必要性を生み出します。"と宣言しています。

著者らは、今回のパンデミックでは、"病気の転帰を改善できるような免疫調整剤の探索 "も必要であるとまとめています。 パスツール研究所の科学者たちは、前臨床のハムスター実験で、抗寄生虫薬イベルメクチンが、SARS-CoV-2感染ハムスターの臨床的悪化を防ぎ、嗅覚障害を軽減し、上下気道の炎症を制限することを紹介した。

フランスの前臨床研究者らは、イベルメクチンが感染動物の気道のウイルス量に影響を与えなかったことを報告しました。さらに、感染した肺のトランスクリプトーム解析を行った結果、イベルメクチンは1型インターフェロンの反応を弱め、さらに多くの炎症経路を調節することがわかったという。注目すべきは、イベルメクチンが「肺組織におけるIl-6/Il-10比を劇的に低下させ、マクロファージのM2極性化を促進することで、IVM治療を受けた動物のより良好な臨床症状を説明できるかもしれない」と報告したことである。

フランスの科学者たちは、"この研究は、SARS-CoV感染患者の臨床状態を改善するために、イベルメクチンのような免疫調整剤を使用することを支持するものである "と結論づけた。

研究責任者の見解

疫学者で本研究の共著者であるGuilherme Dias de Melo氏は、フランスの新聞に掲載された研究者たちのコメントを引用し、有意に良好な結果であるにもかかわらず、その効果は抗ウイルス剤ではなく免疫調節剤であるようだと宣言したと報告した。共同研究者のHervé Bourhyは、「この結果は大きな進歩であり、ヒトにおけるCOVID-19のより良い治療法の開発への道を開くものである」と述べています。

Institut Pasteur(パスツール研究所

1887年に設立されたInstitut Pasteurは、1世紀以上にわたって感染症の研究を行ってきました。パリに拠点を置くこの世界的な生物医学研究機関は、1983年にエイズの原因となるウイルスであるHIVを世界で初めて分離しました。長年にわたり、ジフテリア、破傷風、結核、インフルエンザ、黄熱病、ペストなどの病気を制御するための発見に貢献してきました。1908年以来、パスツール研究所の10人の科学者が医学・生理学の分野でノーベル賞を受賞しています。

主任研究員/投資家

Herve Bourhy, Lyssavirus Epidemiology and Neuropathology Unit, Institut Pasteur, Paris, France, Corresponding Author

Jean-Pierre Changeux, 神経科学部, Institut Pasteur, Collège de France, Paris, France

行動への呼びかけ 他の著者のレビューや研究内容を読むには、リンクをクリックしてください。


www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

5. 了徹[127] l7mTTw 2021年7月16日 22:54:24 : ws7TBtPgL6 : b3IzWTFVdGxHZFk=[3] 報告
また、こんな記事もありましたので、翻訳文を併せて掲載します。
ーーー

ロンドン大学クイーン・メアリー校の研究者によるイベルメクチンのベイズ・メタアナリシスでCOVID-19を標的とした有効性が示される


トライアルサイトスタッフ
2021年7月14日


ロンドン大学クイーン・メアリー校の研究者によるイベルメクチンのベイズ・メタ分析は、COVID-19を標的とした有効性を示している
最近、ロンドン大学クイーン・メアリー校の2人の研究者が、イベルメクチンを評価する査読付きのメタ分析を行い(Bryant et al, 2021)、この抗寄生虫薬はCOVID-19の死亡を減らすための安価で有効な治療法であると結論付けました。重要なのは、これらの結論は、後に行われた研究(Roman et al, 2021)の結論とは全く対照的だったことです。Romanら、2021年)は、メタ分析に同じ古典的な統計的アプローチを適用し、(Bryantら)が使用したのと同じ試験データのサブセットに基づいて同様の結果を出したものの、イベルメクチンが有効であるという結論を支持するには証拠の質が不十分であると主張しました。ロンドン大学クイーン・メアリー校の研究者らは、同じ試験データのサブセットにベイズ法を適用して、COVID-19の重症度とイベルメクチンを死亡率に結びつけるいくつかの因果関係仮説を検証し、古典的なアプローチに代わる分析結果を出しました。同じ結論に達する多様な代替分析法を適用することで、結果に対する全体的な信頼性が高まるはずです。著者らは、イベルメクチンとCOVID-19の重症度と死亡率との間の因果関係を支持する圧倒的な証拠があることを示し、i)重症のCOVID-19では、90.7%の確率でリスク比がイベルメクチンに有利であること、ii)軽症/中等症のCOVID-19では、84.1%の確率でリスク比がイベルメクチンに有利であることを示しています。また、ベイジアンメタアナリシスの結果、重度のCOVID-19患者の場合、イベルメクチン治療を行わない場合の死亡確率の平均は22.9%であるのに対し、イベルメクチン治療を適用した場合の死亡確率は11.7%でした。この論文では、メタ解析に古典的な統計手法ではなくベイズ法を用いることの利点も強調されています。

TrialSiteでは、Romanらの報告とメタ分析への反応を紹介しています。我々はBryantらについて報告し、COVID-19との戦いにおいて、ワクチン接種や適切な公衆衛生プロトコルとともに、再利用されたジェネリック医薬品が公衆衛生上の武器として使用される可能性を示す証拠を示唆した。

主任研究員/投資家

Marin Neil、ロンドン大学クイーン・メアリー校

Normal Elliott Fenton, クイーン・メアリー, ロンドン大学

6. 了徹[128] l7mTTw 2021年7月16日 23:43:14 : ws7TBtPgL6 : b3IzWTFVdGxHZFk=[4] 報告
さて、フランス拠点のパスツール研究所でのこの発表があった一方で、
ワクチン義務化(ワクチンパスポート)に対抗する大規模デモが起こりましたね。当然と言えば当然ですが。

https://news.yahoo.co.jp/articles/a00626a2404891036d98f2ff2beac0a4e7cac8b5/comments

7. AN[1957] gmCCbQ 2021年7月17日 01:04:14 : 7MnTY0kXGk : WnV6NThHb3NRa0E=[91] 報告
>>4. 了徹さん

 TrialSiteNewsの紹介、ありがとうございます。
 2つの論文は、次のリンクにありますね;
https://trialsitenews.com/tag/ivermectin/

 TrialSiteNewsという組織/サイトがあるのは知りませんでした。
 幅広く「臨床研究」を紹介するサイトのようで、ダニエル・オコナーという方が設立したとのことですが、どんな人物なのかな??

>五輪ワクチンに目先の皮算用以外の何の旨みがあるのやら…

 いやほんと、小生にも判らなくなりました。
 昨年の発端からずっと日本政府は迷走しているように見えるわけですが、その頃からワクチンが登場して(一部の人間の)大儲けになるだろうなんてことは想像外だったはずで。
 小生は一貫して、「アベ・ガスはバカではなくワル」と主張して来ているんですが、最近の政府のドタバタを見ると、「もしかしたら単なる馬鹿?」と思うようになりました^^;


 私事ですが……イベルメクチンの研究紹介の末尾に、パスツール研究所の紹介があって、主任研究員/調査員として「Jean-Pierre Changeux ジャン=ピエール・シャンジュー」の名前が出てきたのにはビックリ。
 まだ現役だったんだ……。
 ジャン=ピエール・シャンジューといえば、「アロステリック効果」を提唱して生化学の教科書に載るようになった人物ですが、だいぶ前にパスツール研所長を辞めた、と聞いていたので。 まだ85歳、もう85歳^^; ノーベル賞を上げたい学者の一人です。

8. 了徹[129] l7mTTw 2021年7月17日 03:36:53 : ws7TBtPgL6 : b3IzWTFVdGxHZFk=[5] 報告
>7 ANさん

当方も軽くダニエル・オコナー氏について調べてみたものの、今のところよくわかりません。恐らく何らかの事情で、半分anonymousの様な立場で活動されているのでは?と推測します。

ただ、もしかすると常にこのサイトの末尾に記されているような「投資家」としての側面がある方なのではないかと…。

ジャン=ピエール・シャンジュー氏(や彼が提唱なさったというアロステリックについては初耳でしたが、wikiで調べてみて、なんとなく分かったような、分からなかったような…笑)
でも、凄い発見をした方だというのははっきり分かりました!笑

因みに当方の亡父は、90年代初頭ノーベル賞候補に挙がった事があります。尤も自身の研究事業にしか興味がなかったので、周りに群がった者は多々いても本人はノーベル賞とかどうでもよかったみたいで結局受賞とはなりませんでしたが、結局周りに押し切られる形で日本での勲三等は渋々受ける羽目に…笑
なんかWHOの顧問とかもやってましたが、最後まで金に執着せず、飄々と生きた「医学者+人間工学+informatics」の先駆者でした。

ただ当方は、北米の技術系高校は出たものの、医学に関しては独学のテキトーな知識と、父等から聞き齧った事以外は全くの半可通の、ほぼ主婦というか妻&母親兼フーテンみたいな人生しか送ってこなかった為(というか、数学や物理では一点突破した以外ほぼ落第w)、そこまで医学に対して深い議論が出来る自信は有りません。
とは言え、未だ興味は尽きないのですが…笑

そんな事はともかく、当方のIDをクリックすると分かるように、そもそもこのIDを使い出した発端は、元れいわ大西つねき氏の命の選別発言が発端でした(その時にANさんに共感を覚えた記憶もあります)。
当方と主人は、基本的にBIや政府通貨に強い関心を持った活動をしていたので…。
因みに最近でも時々大西つねき氏のYoutubeを見る事がありますが、どうやら彼もイベルメクチンを推しているようです。

なんか変な自己紹介みたいになっちゃいました。悪しからず。

PS.
>>小生は一貫して、「アベ・ガスはバカではなくワル」と主張して来ているんですが、最近の政府のドタバタを見ると、「もしかしたら単なる馬鹿?」と思うようになりました^^;

当方は…

安倍スガ両氏(+麻生)を見ていてどっちかというと、ワルぶるのがカッコいいと信じるそこらのヤンキー(というか精々イキがったパンピーのガキンチョか末端チンピラ、小指ましてや命賭けるなんてほどの筋も通せないからヤクザの幹部なんて絶対ムリだけどw)ぶったタダの脅迫&暴力(つまりコケオドシ)主義の超おバカ、だと思って来ました。維新の面々も含め。

権力傘に着れば何でもやりたい放題出来ちゃう!信者みたいなもん。
まあ一応マジなその筋の人々と関わった事がないでもないんで言える立場かも…


9. 了徹[130] l7mTTw 2021年7月17日 03:51:11 : ws7TBtPgL6 : b3IzWTFVdGxHZFk=[6] 報告
まあ、安倍菅麻生なんてのは、ワルでバカに憧れる程がんじがらめの制限の中で生きてきた(つまり自由が許されない)御曹司(オボッチャマ)方だったとしか言えない。
ご愁傷様なこった。

因みに、当方の「了徹」のペンネは、主人の直接の先祖である在家の禅師( 廬陵の七賢、因みにその内の稲川氏も直接のご先祖)からお借りしています。無論主人の了解のもと。
反ー反知性主義なゆえ。


10. 了徹[131] l7mTTw 2021年7月17日 03:59:16 : ws7TBtPgL6 : b3IzWTFVdGxHZFk=[7] 報告
あ、廬陵の七賢と書いたけどそれは中国の故事の方で正式には盧陵(盧領)の七賢に準えた、日本(江戸時代の静岡県富士山麓中心)の「竹林の七賢」です。因みに了徹、稲川の姓は山梨。
11. 了徹[132] l7mTTw 2021年7月17日 04:37:46 : ws7TBtPgL6 : b3IzWTFVdGxHZFk=[8] 報告
すんません、ろりょうも竹林も検索すると中国故事しか出てこないんで、了徹(りょうてつ)か稲川(とうせん)で検索した方が早いかも。

因みに、親戚が池大雅の描いた駿河の竹林の七賢図を所蔵してる。

12. 了徹[133] l7mTTw 2021年7月17日 05:10:37 : ws7TBtPgL6 : b3IzWTFVdGxHZFk=[9] 報告
もう1人、祖先に了徹の息子の海翁(白隠禅師を、囲碁を交わしつつ看取ったという)という禅師がいるのだが…

要するに師匠は、駿河(富士)な、白隠禅師。

13. AN[1961] gmCCbQ 2021年7月18日 02:11:41 : 7MnTY0kXGk : WnV6NThHb3NRa0E=[95] 報告
了徹さん

 詳しい?自己紹介ありがとうございます。
 今はFacebookみたいな”実名主義”のSNSがあったりしますが、ウヨも出没する阿修羅では恐ろしくて明かせませんよね。
 でも自分の立ち位置をはっきりさせるためには、ある程度の背景説明は必要ですし、なかなか書き方に悩むところです。 了徹さんもご苦労なさったと推察しています。

 「医学者+人間工学+informatics」というと、阪大系の学者を想像します。 我が東北大も医と工のタイアップが盛んな大学ですが、少し方向性が違う(医+材料工学に寄っている)気がします。 小生は理学部で生化学を学び、医学部で生理学の研究・教育に進んだので、ジャン=ピエール・シャンジューと似た経歴を辿っているわけです(業績は雲泥の差ですが^^;)。
 小生のご先祖様には武士兼医師が多く、父や兄も医者なんですが、中には小生のような異端児もときどき生まれます(祖父・曾祖父は職業……志士(笑))。

 実はこの半年〜1年ほど、”中華古代ファンタジー活劇”にハマっております^^; 「了徹」って出てきそうな名前で、中国史上の人物から借りてきたのだとばかり思っておりました^^
 あんま”古傷に触りたくない”という気分なんですが、大西つねき氏から発したれいわの分裂はショックで、阿修羅に投稿する気力がだいぶ失せました(実際、「音楽」への投稿は見合わせています)。
 その後もずっと見守ってはいますが、どうも党勢拡大しようという意欲が伝わってきませんね。
 ウチのカミさんなんか、クチが悪いもので、「社会的弱者だけの党」に成り下がってる、と批判しております……それじゃ総理大臣にはなれませんよね^^;

 この1年の”コロナ騒動”を見るに付け、「日本/世界の夜明けは遠い」と感じずにはいられないのですが、まぁ微力は尽くそう、と思っています^^;

14. 了徹[145] l7mTTw 2021年7月18日 15:57:17 : ws7TBtPgL6 : b3IzWTFVdGxHZFk=[23] 報告
まず始めに…
他のテーマを後回しにした上で、
奥様が言っておられたという
>>ウチのカミさんなんか、クチが悪いもので、「社会的弱者だけの党」に成り下がってる、と批判しております……それじゃ総理大臣にはなれませんよね^^;

から。
それは全くの正論だと思います。

実は当方はかつて、山本太郎氏と直接関わった事があります。

彼が参議院議員だった頃、彼の議員宿舎に度々お邪魔した事もあります。

その上で、彼が一番ダメだった所は、
「弱者目線only」に陥ってしまった所だ、と断言致します。

そもそも弱者と一言で言っても、色んな層がいるわけです。

例えば貧困層又は被差別層(外国人系、部落系、障害者系、或いは一般の女性含め)多岐に及ぶわけです。

その、弱者とされる層のなかでも、ざっくり二分すれば、弱者としての立場に甘んじて何の葛藤も努力もせず、立場に甘んじてより権力のある誰かに甘んじ続ける層、と、自分の置かれた立場を認識した上で努力や葛藤を続け、それを克服してより上位の立場を得た層、がいるわけです。

更に細分化すれば、甘んじた層の中で、より自己憐憫に浸れることを良しとして「奴隷化」を良しとする層と、いやいやこのまま奴隷になどなるものか、と本気で声を上げたり実力行使を試みる層。

そして努力して脱却を試みた層では、より強い権力に媚びて、魂を売ってでも忖度しながらより高い地位(所謂勝ち組になる)を望む層、といやいやそんなものなど望まず、魂含めた自由を希求しどんな組織にも帰属せず、純粋に己の才覚と縁を頼りに自然かつ豊かな(老子に近い様な)生き様を追求する層、のように分かれることになる。

同じ「弱者」出身者と雖も、その人次第でそれ程の生き方の差が生じてしまうものです。

そもそも誰しも、どれほど貧しい或いは立派な家庭に生まれて来ようとも、
元々は皆、誰かの庇護や愛情無しには育ちようがない弱き赤ん坊として生まれてきた、即ち「弱者」がスターティングポイントだったものだと思います。

確かに太郎氏は、いい人だし、賢い人間だったと今でも思っています。
ですが芸能界という、ある意味勝ち組社会に身を置いていた(つまり上記の最後の層に近かった)山本太郎氏に、上に記した様な「一言で弱者と言っても、色々な側面があるんだよ」という事実、その感覚が十分に備わっていさえすれば、もう少し違っていたのかも…
という残念感を、今のところ覚えてなりません。

勿論、彼は若いしまだまだ脱皮出来る可能性はあるとは思います。

その他、続きはまた別の項にて今後記そうと思いますが、取り敢えず山本太郎氏に関する論考にて。

15. 2021年7月21日 14:40:00 : yQZx8IqFTs : V29sakE0aHJiUk0=[230] 報告
パスツール研究所が、イベルメクチンの効果を裏打ちした影響は非常に大きいと思う。

今回の新型コロナ騒動で、医療業界とその頂点にあるWHOや各国の健康省が金に汚染されていることがハッキリした。

医療にある多くの人間が人の健康や命よりも、自分の金もうけしか考えていない。

政治家も自分で調べれば判るはずなのに、国民のために行動をしていない。

昨日、厚生省が承認したモノクローム抗体の治療薬もイベルメクチンと効果が変わらない感じだ。

それなのに25万円もするが、イベルメクチンなら個人輸入で150円/錠だ。

因みに国内の医者から処方されたら3000円/錠。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 医療崩壊6掲示板 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 医療崩壊6掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
医療崩壊6掲示板  
次へ