★阿修羅♪ > 近代史4 > 591.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ウインザー公とシンプソン夫人の恋 _ シンプソン夫人はナチスのスパイだった?
http://www.asyura2.com/20/reki4/msg/591.html
投稿者 中川隆 日時 2020 年 3 月 17 日 08:45:44: 3bF/xW6Ehzs4I koaQ7Jey
 

(回答先: 世界を変えた女たち 投稿者 中川隆 日時 2020 年 3 月 12 日 11:42:10)

ウインザー公とシンプソン夫人の恋 _ シンプソン夫人はナチスのスパイだった?


Wallis Simpson: The Secret Letters (Royal Family Documentary) | Timeline




ウォリス・シンプソン(, 1896年6月19日 - 1986年4月24日)は、ウィンザー公爵エドワード(元:イギリス国王エドワード8世)の妻。「王冠を賭けた恋」として知られるこの結婚のため、エドワード8世は退位してウィンザー公爵となり、彼女もウィンザー公爵夫人となった。


アメリカのボルチモアの一族、ウォーフィールド家に生まれる。本名ベッシー・ウォリス・ウォーフィールド()。生後5ヶ月で父を結核により失ってからは、下宿を経営する母と2人きりの苦しい生活を強いられる事となる。幼少時代は、裕福な親戚の援助によって、良家の友人たちに囲まれて成長することとなった。


その後、ボルチモアの社交界にデビュー。彼女は抜群の美貌ではなく、また小柄だったが、お洒落や会話術、ダンスなどに人一倍の努力を払っていたこともあって、男性たちを魅了、ボーイフレンドに恵まれており、常々「金持ちで、いい男を見つけて結婚するのが夢なの」と周囲に語っていたという。


1916年にアメリカ海軍の航空士官中尉と結婚したが、夫のアルコール依存症に起因するDVと女癖の悪さに耐え兼ね、1927年の夫の中国への転勤を機に離婚した。


1928年には、ニューヨーク生まれの船舶仲介会社社長のと結婚した。アーネストは、父の生まれたイングランドに憧れ、イギリス国籍を取るためイギリス近衛歩兵連隊の少尉になった経歴があり、夫の経営する会社のロンドン支店で働くうちに、社交界に繋がりを持つようになった。これに伴うかたちで、すぐに社交界内の花形になったウォリスは常々「今がとっても幸せ」と語っていたという。


シンプソン夫妻を王太子エドワードに紹介したのは、当時の王太子の愛人であった、ファーネス子爵夫人テルマであった。1931年1月に、夫人の別荘で催されたパーティーにおいて2人は出会い、ウォリスは王太子に一目惚れし、同年6月にはバッキンガム宮殿で開かれた王太子の父ジョージ5世の謁見にシンプソン夫妻が揃って参内した。夫人がニューヨークに出かけた1933年の冬頃、ウォリスは王太子と不倫関係となった。


以降の2年間は、王太子から夫妻揃って幾度となくロンドン郊外の王室所有の別荘に招待される様になったが、王太子は次第にウォリスにのみ極端に緊密に接するようになり、ウォリス自身もその様な王太子にますます惹かれていった。その後の王太子は、シンプソン夫婦がまだ婚姻関係にあるにもかかわらず、外遊には必ずウォリスを同伴させ、高価な宝石などを好きなだけ買い与え続け、王太子の邸宅で同棲するにまで至った。


一方ウォリスの夫シンプソンにも当時愛人がおり、シンプソンは妻と王太子のこのような行状をほぼ黙認していたといわれる。さらにウォリスも、駐英ドイツ大使でその後ドイツの外務大臣となったヨアヒム・フォン・リッベントロップや他のイギリス人とも性的関係にあったと噂された。


1936年1月のジョージ5世の死後、王太子は独身のまま「エドワード8世」として王位を継承し、即位式にはウォリスが立会人として付き添った。しかし、王室関係者はウォリスを「ただの友人」扱いをしたため、エドワード8世はウォリスに対して「愛は募るばかりだ。別れていることがこんなに地獄だとは」などと熱いまでの恋心を綴ったラブレターを送ったり、これ見よがしにウォリスと同年の8月から9月の間に王室の所有するヨットで海外旅行に出かける、ウォリスと共にペアルックのセーターを着て公の場に登場する等アピールを繰り返した。しまいには、スタンリー・ボールドウィン首相らが出席しているパーティーの席上で、ウォリスの夫アーネストに対して「さっさと離婚しろ」などと恫喝した挙句に暴行を加えるなどといった騒ぎまで引き起こした。


ウォリスは夫の不貞を理由に、裁判において離婚を申し立て、1936年10月27日に勝訴した。これに対してエドワード8世はウィンストン・チャーチルと相談しながら、「私は愛する女性と結婚する固い決意でいる」という真意を国民に直接訴えようと、ラジオ演説のための文書を作成する準備をしたが、ボールドウィン首相は演説の草稿の内容に激怒し、「政府の助言なしにこのような演説をすれば、立憲君主制への重大違反となる」とエドワード8世に伝えた。


チャーチルは「国王は極度の緊張下にあり、ノイローゼに近い状態」であるとボールドウィン首相に進言したが、...


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 中川隆[-13890] koaQ7Jey 2020年3月17日 08:46:20 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[991] 報告


2017.3.17
お坊ちゃんだったが故、ウォリスとの出会いで人生が流転…
https://forzastyle.com/articles/-/51211


"世界には想像の遥か上を行く、お洒落な偉人たちがいた"。彼らのスタイルや生き方を学ぶことこそ、スマフォー(スマートな40代)への近道と考えた編集部員たちは『MEN'S CLUB』『Gentry』『DORSO』など、数々のファッション誌の編集長を歴任した大先輩である服飾評論家 林 信朗氏を訪ね、教えを乞うことに。新連載二回目は、イタリア人でも憧れる英国ファッションのアイコン、ウインザー公についてたずねます。

ヤナカ:う〜ん、ウインザー公のお洒落力、ちょっと圧倒されちゃいますねえ。まさにお洒落に生きた人生、そういう感じがしますよ。だってカッコ悪いウインザーの写真って一枚もないですものね。


林:とくに王子時代は、服に国家予算をふんだんにつかえたわけだし(笑)、従者たちもそのためにとにかく懸命に働いたんでしょうね。

ヤナカ:でもね、先輩、いつだったか先輩がオススメになっていたNetflixの「ザ・クラウン」のシーズン1をぼくも観たんですが、退位してからのウインザー公のことを好意的には描いていませんね。悪巧みをしたり、お金にも困っていたというか、年金の額を増やせとか(笑)、わりとセコイ話がでてきたり。

林:ははは、あったね。取材でもお金とるとかね(笑)。でもね、そのあたりを知るのも大切なんだよ。たとえば、英国人とウインザーについて話す場合も、ファッション以外については、けっこう微妙だよ。ひとつには、政治的に、ウインザーはナチシンパ、ヒトラーシンパだと存命時から思われていたというのがあるね。


ヤナカ:そりゃあ、ヤバイんじゃないですか(笑)。

林:ヤバイ、ヤバイ。英国にとって第二次世界大戦最大の敵ですからね。

ヤナカ:それがまたどうして? ハニートラップとか(笑)。

林:もともとウインザー家というのは、ハノーヴァー・サクス・コバーグ・ゴータ家というのが本名なんだ。英国っぽい名前じゃないでしょ? おじいちゃんであるエドワード7世から始まったドイツ系の王朝なんです。エドワード7世のお父さんのアルバートも、お母さんのヴィクトリア女王もドイツ系だから。だけどあまりにドイツっぽいからって名前を変えたわけ。その間もドイツは敵だったり味方だったりしたけれど、ウインザー公は基本的にドイツ贔屓、それがまずかった。

ヤナカ:まさかドイツと通じていたとか……?


林:そう思われてもしかたがないんだよ。なにしろ1937年、英国王を一年足らずで退位した翌年ですね、ウインザー公とシンプソン夫人はだなあ、あ、もうシンプソン夫人はおかしいな、ウォリスは、非公式ではあるがドイツを訪問、大歓迎を受け、ヒトラーと仲良く記念写真におさまっている。英国王室に徹底的に嫌われたシンプソン夫人もドイツに暖かく迎えられて舞い上がっちゃったんじゃないか。しかも、ウォリスは、駐英ドイツ大使で、後にナチス政権の外務大臣になったリッベントロップとデキていた。性的な関係もあったのです。だから、あなたハニートラップってさっき言ったけど、逆ハニートラップですよ。

ヤナカ:凄まじいダークヒストリーですね!

林:ヒトラーは、どうやら、この二人を利用しようとしたんだね。戦況がドイツ寄りになったら、ウインザーを王にもどし、英国を間接支配しようと。この事実ね、王室の人間がヒトラーの陰謀に加担していたというのは、ほんとにまずいから、戦後チャーチルはこのあたりの情報をすべて隠蔽するんだが、結局ひとの口に戸はたてられない。現在の英国のメディアには、ナチシンパ・ウインザーの話は数限りなく出回ってるんだよね。

日の名残り (ハヤカワepi文庫) カズオ イシグロ著
amazon

ヤナカ:なんだかカズオ・イシグロの『日の名残り』にでてくるあのドイツと宥和しようとする貴族のようですね。ちょっと悲しいなあ。

林:どうだろうね、ウインザーは、甘やかされて育ったお坊ちゃんだから、悪気はないでしょう。ウォリスとの出会いが彼の人生を狂わせたような気もするな。


ヤナカ:先輩、こういっちゃなんですけど、ウォリスって、プレイボーイのウインザーが夢中になるほどの美人ですか? 

林:いやあ、ごらんのとおり、特別美人というわけでもないでしょう。スタイルだって欧米の感覚からすれば貧弱だよな。服やアクセサリー、インテリアなどのセンスは天下一品ではあるが。


ヤナカ:そういうセンスや趣味的なところがウインザーと気があった、と見るべきですかね。

林:それもあるだろう。二度の離婚など人生経験豊富だから、ウインザーの相談にもいろいろのってあげたんでしょう。でもね、ベッドのほうでもウォリスはたいへんなものだったとチャールズ・ハイアムという作家が書いているんだよ。若いころ香港の娼館で男として自信のない男性をリラックスさせ、喜ばせるテクニックを体得したのだと。ウインザーはモテるのは最高にモテるんだけど、そちらの方面ではコンプレックスがあったらしいから、ふたりはうまくいったんだろうね。


ヤナカ:それだったら別れられないですよね。王位を捨ててまで彼女を選んだ理由、なんとなく理解できるような気がします。

林:いや、もちろんウインザーは退位なんかしたくなかったんだよ。ウォリスもものすごい上昇志向の女性だから、なにがなんでも英国王室に入りたかった。だけど、王室も、英国教会も、政府もそれだけはゆるさなかったわけだよ。ヤナカ君も観た『ザ・クラウン』では、退位してパリ郊外に住んでいるウインザー公夫妻が登場するんだが、あの二人の王室への恨み節がアチコチにでてくるでしょう? 


ヤナカ:はい。王室は王室で、この夫婦が悪しき前例をつくり、王室を傷つけたという恨みがあるから、できるだけ避けよう避けようとしているというか。

林:まあ、それでもウインザーは死ぬまで好きな女性と過ごせたわけだし。シンプソン夫人も好きなファッションや社交の世界で、驚くほどスタイリッシュな生活をしてたわけだからね。

ヤナカ:ほんとだ、すごくお洒落な家ですね。適度に英国っぽくって。

『The Windsor Style』Suzy Menkes著
amazon

林:そう、これはスージー・メンケスというファッションジャーナリストの”The Windsor Style”という本だよ。ウォリスのスタイルブックと言ってもいいかな。もちろんウインザーのファッションについても詳しく書かれているよ。


ヤナカ:ぼくがまとめるのはヘンかもしれませんが(笑)、パリでこんなお洒落な生活ができるなら、いいじゃないですか。歴史的にみても、ウインザーさんがヒトラーのスパイになって連合国側の情報を漏らしてもらったら困るし(笑)、国王にはマジメな弟のほうが適任だったようですし。

林:そこらへんはね、『英国王のスピーチ』と『クイーン』という映画もセットで観るといいよ。英国王室の近代史が見事に集約されているからね。
https://forzastyle.com/articles/-/51211  



▲△▽▼

ウィンザー公エドワード8世「世紀の恋」

イギリス国王エドワード八世が、王位を捨て二度も離婚歴のあるアメリカ女性
ウォリス・シンプソンと結婚した。それは「王冠を賭けた恋」と一大スキャンダルとなった。

 離婚歴のある女性との前代見聞のスキャンダルに王室関係者は眉をひそめた。
 写真家のセシル・ビ−トンはウォリス・シンプソンのことを「愛嬌のあるブス」と形容した。
 傲慢な性格で二度の離婚歴のある女性にどんな魅力があったのか?


皇太子には、性的な欠陥があり、それをウォリスが克服させた。

「なぜ皇太子が、美人でもないシンプソン夫人にあれほどご執心なのか」

という疑問に、答えられる者は誰もいなかった。

答えは、シンプソン夫人のベッド・テクニックに皇太子が参ってしまったから。

彼女が海軍士官夫人だったころ、夫の赴任先である上海にしばらく住んでいたことがある。
このときに習得した中国式の閨房術によって、エドワードの早漏を治したというのである。
http://www.ebookbank.jp/hochi/ep/item/1-39832/


 「王冠を捨てた恋」の真実が暴露されたのは21世紀に入ってからだった。イギリスの諜報部の資料から、シンプソン夫人はエドワード8世との交際と同時進行で年下のセールスマンとも付き合っていた事実や、ナチスのリッペンドロップとも深い関係にあった事などが次々に暴露されたのだった。

「王冠を捨てた恋」でシンプソン夫人の結婚による王室入りにイギリス政府が難色を示した本当の理由は離婚歴ではなく、シンプソン夫人の正体はナチスの手先で、エドワード8世との結婚によってイギリスがナチス融和路線に転じて国の進路を誤るのではないかと危惧したという事であった。

「王冠を捨てた恋」のロマンスの背後にはヒトラーの影があった。ヨーロッパでナチスドイツの進撃盛んな頃にカリブ海に夫妻が追いやられたのも、イギリス政府がシンプソン夫人の背後にいるナチスを警戒したためであった。
 
 その事実をエドワード8世は知る事はなかったものの、シンプソン夫人との夫婦仲は冷え切っており、それでも意地で外では仲の良い世紀のロマンスのカップルを演じ続けなければいけない苦しさ。「王冠を捨てた恋」はエドワード8世とシンプソン夫人を死ぬまで縛り続け、世間の目を気にして2人は離婚も出来ず、別の伴侶と恋愛の自由を謳歌も出来ず、これなら結婚などせずに愛人関係のままの方がどんなに良かったろうと思った時もあったのではないか。
http://www.geocities.jp/showahistory/history02/11c.html


「ドイツ外交文書集1918−45(Documents on German foreign policy 1918-1945)」という本があります。中身は、第2次世界大戦後ドイツを占領したイギリス軍によって押収され、編集を加えた上で戦後すぐ刊行されたドイツの外交文書です。しかし、その中の、ある文書を出版するとウィンザー公とナチスドイツとの「淫靡な関係」が明らかになろうとしたので、イギリス政府がその部分を抑えたのでした。

ところが、その後60年たって押収されたあと隠されていたその文書の一部が明らかになり、国王エドワード8世のイギリスへの背信行為が白日の下にさらされることになったのです。

そしてさらに、21世紀に入った2002年にアメリカのFBI文書の公開によって、さらに明らかになったことは、実は退位してウィンザー公となった彼の「最愛の妻」シンプソン夫人は、ドイツ諜報部の職業的工作員だったという事実でした。しかもヒトラーの外務大臣リッペントロップのエージェントで、愛人でもあったのです。

ウィンザー公とつまりエドワード8世がハニートラップにあって、国王自身がドイツ外務省のエージェントに成り果てようとしていた。そのことをイギリスのスパイ摘発機関が嗅ぎつけて、それを国王に突きつけたのです。たとえ国王であっても国を裏切る者は許さない、この峻厳さが数百年にわたるあの国の存立と繁栄を支えるものでした。だからこそ、これを「悲恋物語」に仕立てて、王位を去らせたのです。

しかし例え、「王室を守るため」であっても、歴史の真実を独占することは許されません。イギリス政府の隠蔽にも拘わらず、60年後の1995年11月、イギリスの有名な新聞「ガーディアン」が「カイザー・エドワード」と題してウィンザー公と、つまりエドワード8世はドイツのスパイだった、という記事を掲載し、同じく「オブザーバー」は「ウィンザー王室の恥−ナチスとの協力」と題し、60年ぶりに歴史の真実の一端を報じました(それぞれ11月12日、同13日付)

悲恋物語はウソだったのです。しかし、それでもイギリス政府はいまだに隠し続けています。エドワード8世の裏切りに関するイギリス側の公文書の公開は「2044年まで非公開」という決定が下されている。つまり「100年ルール」が適用されることが明らかにされているわけです。このエピソードは。「歴史は誰のものか」を考える意味で、いくつかの重要な問題を含んでいます
http://piano-music-life.blog.eonet.jp/default/2009/05/post-0984.html

2. 中川隆[-13889] koaQ7Jey 2020年3月17日 08:48:41 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[992] 報告

中国の女性は、すごいベッドテクを仕込まれるらしい


ウィンザー公エドワード8世「世紀の恋」

イギリス国王エドワード八世が、王位を捨て二度も離婚歴のあるアメリカ女性
ウォリス・シンプソンと結婚した。それは「王冠を賭けた恋」と一大スキャンダルとなった。

 離婚歴のある女性との前代見聞のスキャンダルに王室関係者は眉をひそめた。
 写真家のセシル・ビ−トンはウォリス・シンプソンのことを「愛嬌のあるブス」と形容した。
 傲慢な性格で二度の離婚歴のある女性にどんな魅力があったのか?


皇太子には、性的な欠陥があり、それをウォリスが克服させた。

「なぜ皇太子が、美人でもないシンプソン夫人にあれほどご執心なのか」

という疑問に、答えられる者は誰もいなかった。

答えは、シンプソン夫人のベッド・テクニックに皇太子が参ってしまったから。

彼女が海軍士官夫人だったころ、夫の赴任先である上海にしばらく住んでいたことがある。
このときに習得した中国式の閨房術によって、エドワードの早漏を治したというのである。
http://www.ebookbank.jp/hochi/ep/item/1-39832/


 「王冠を捨てた恋」の真実が暴露されたのは21世紀に入ってからだった。イギリスの諜報部の資料から、シンプソン夫人はエドワード8世との交際と同時進行で年下のセールスマンとも付き合っていた事実や、ナチスのリッペンドロップとも深い関係にあった事などが次々に暴露されたのだった。

「王冠を捨てた恋」でシンプソン夫人の結婚による王室入りにイギリス政府が難色を示した本当の理由は離婚歴ではなく、シンプソン夫人の正体はナチスの手先で、エドワード8世との結婚によってイギリスがナチス融和路線に転じて国の進路を誤るのではないかと危惧したという事であった。

「王冠を捨てた恋」のロマンスの背後にはヒトラーの影があった。ヨーロッパでナチスドイツの進撃盛んな頃にカリブ海に夫妻が追いやられたのも、イギリス政府がシンプソン夫人の背後にいるナチスを警戒したためであった。
 
 その事実をエドワード8世は知る事はなかったものの、シンプソン夫人との夫婦仲は冷え切っており、それでも意地で外では仲の良い世紀のロマンスのカップルを演じ続けなければいけない苦しさ。「王冠を捨てた恋」はエドワード8世とシンプソン夫人を死ぬまで縛り続け、世間の目を気にして2人は離婚も出来ず、別の伴侶と恋愛の自由を謳歌も出来ず、これなら結婚などせずに愛人関係のままの方がどんなに良かったろうと思った時もあったのではないか。
http://www.geocities.jp/showahistory/history02/11c.html


「ドイツ外交文書集1918−45(Documents on German foreign policy 1918-1945)」という本があります。中身は、第2次世界大戦後ドイツを占領したイギリス軍によって押収され、編集を加えた上で戦後すぐ刊行されたドイツの外交文書です。しかし、その中の、ある文書を出版するとウィンザー公とナチスドイツとの「淫靡な関係」が明らかになろうとしたので、イギリス政府がその部分を抑えたのでした。

ところが、その後60年たって押収されたあと隠されていたその文書の一部が明らかになり、国王エドワード8世のイギリスへの背信行為が白日の下にさらされることになったのです。

そしてさらに、21世紀に入った2002年にアメリカのFBI文書の公開によって、さらに明らかになったことは、実は退位してウィンザー公となった彼の「最愛の妻」シンプソン夫人は、ドイツ諜報部の職業的工作員だったという事実でした。しかもヒトラーの外務大臣リッペントロップのエージェントで、愛人でもあったのです。

ウィンザー公とつまりエドワード8世がハニートラップにあって、国王自身がドイツ外務省のエージェントに成り果てようとしていた。そのことをイギリスのスパイ摘発機関が嗅ぎつけて、それを国王に突きつけたのです。たとえ国王であっても国を裏切る者は許さない、この峻厳さが数百年にわたるあの国の存立と繁栄を支えるものでした。だからこそ、これを「悲恋物語」に仕立てて、王位を去らせたのです。

しかし例え、「王室を守るため」であっても、歴史の真実を独占することは許されません。イギリス政府の隠蔽にも拘わらず、60年後の1995年11月、イギリスの有名な新聞「ガーディアン」が「カイザー・エドワード」と題してウィンザー公と、つまりエドワード8世はドイツのスパイだった、という記事を掲載し、同じく「オブザーバー」は「ウィンザー王室の恥−ナチスとの協力」と題し、60年ぶりに歴史の真実の一端を報じました(それぞれ11月12日、同13日付)

悲恋物語はウソだったのです。しかし、それでもイギリス政府はいまだに隠し続けています。エドワード8世の裏切りに関するイギリス側の公文書の公開は「2044年まで非公開」という決定が下されている。つまり「100年ルール」が適用されることが明らかにされているわけです。このエピソードは。「歴史は誰のものか」を考える意味で、いくつかの重要な問題を含んでいます
http://piano-music-life.blog.eonet.jp/default/2009/05/post-0984.html

▲上へ      ★阿修羅♪ > 近代史4掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 近代史4掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
近代史4掲示板  
次へ