★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK272 > 587.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
審議先送りでも黒川検事総長実現では赤点(植草一秀の『知られざる真実』)
http://www.asyura2.com/20/senkyo272/msg/587.html
投稿者 赤かぶ 日時 2020 年 5 月 18 日 18:00:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

審議先送りでも黒川検事総長実現では赤点
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2020/05/post-f43a36.html
2020年5月18日 植草一秀の『知られざる真実』


安倍内閣が検察庁法改正案の今国会での成立を見送る方針を固めたと伝えられている。

市民の行動が変化を引き起こす重要な事例となる可能性がある。

各種世論調査でも今国会での成立を急ぐ必要がないこと、検察人事に介入することはないとする安倍首相答弁を信用できないとする声が圧倒的に多い。

政治家、閣僚、総理大臣の刑事責任を追及する立場にある検察に対する人事介入は検察の独立性を破壊する行為であり容認されない。

日本の主権者が大きな声を上げるのは当然のことだ。

ただし、私たちは今回の問題の本質を見誤ってはならない。

今回の法改定に関して二つの異なる重大な問題が存在する。

第一は、安倍内閣が黒川弘務東京高検検事長を違法な勤務延長の手法で無理矢理検事総長に引き上げようとしていること。

法治国家の根幹を揺るがす不正を容認してはならない。

本年1月の勤務延長閣議決定は違法であり、これを撤回させることが必要だ。

第二は、法改定によって検察幹部について最長3年間の勤務延長を可能にすることの問題。

内閣が内閣の恣意で検察最高幹部の勤務延長を行うことは政治権力による検察への不当介入そのものだ。

検察官の特殊性を踏まえれば、このような恣意的人事を法律で正当化することは許されない。

法案の条文案そのものを変える必要がある。

検察OBが法務大臣に提出した意見書に検察官の特殊性が明確に示されている。

「検察官は起訴不起訴の決定権すなわち公訴権を独占し、併せて捜査権も有する。

捜査権の範囲は広く、政財界の不正事犯も当然捜査の対象となる。

捜査権をもつ公訴官としてその責任は広く重い。

時の政権の圧力によって起訴に値する事件が不起訴とされたり、起訴に値しないような事件が起訴されるような事態が発生するようなことがあれば日本の刑事司法は適正公平という基本理念を失って崩壊することになりかねない。

こうした検察官の責任の特殊性、重大性から一般の国家公務員を対象とした国家公務員法とは別に検察庁法という特別法を制定し、例えば検察官は検察官適格審査会によらなければその意に反して罷免(ひめん)されない(検察庁法23条)などの身分保障規定を設けている。

検察官も一般の国家公務員であるから国家公務員法が適用されるというような皮相的な解釈は成り立たない。」

「これまで政界と検察との両者間には検察官の人事に政治は介入しないという確立した慣例があり、その慣例がきちんと守られてきた。

これは「検察を政治の影響から切りはなすための知恵」とされている(元検事総長伊藤栄樹著「だまされる検事」)。」

今回の検察庁法改正案は、検事総長、次長検事、検事正については、最大で3年間の定年延長をできるようにするもの。

検察最高幹部の例外的な定年延長を内閣の一存で3年間も認めるものになっている。

この新制度が政治権力による検察に対する不当介入そのものであることは明白だ。

検察官の定年を65歳に引き上げることについては、公務員と同等に取り扱っても良いのではないかとの意見があるが、検察官は法曹資格を有する特別公務員であり、身分保障が一般公務員と比べて格段に強い。

検察官の定年を引き上げる理由はないとする意見があり、この主張が説得力を持つ。

この点は措くとして、今回の問題では、黒川氏に対する処遇と、検察最高幹部の定年を内閣が恣意的に3年も延長できるようにする制度変更の是非が問われねばならない。

今国会で法案採決が行われなくても、黒川氏の検事総長起用が断行されるなら、問題が解消されたことにならない。

黒川氏に対する本年1月の勤務延長閣議決定が違法なものであることを明らかにし、この閣議決定を撤回することが求められる。

その場合、黒川氏は退官せざるを得なくなり、検事総長就任は消滅する。

今国会で検察庁法改定が断行されなくても、黒川氏が検事総長に就任し、その後、臨時国会で法律改定が強行されるなら、問題は何一つ解消されないことになる。

仮に、今国会での法改定が行われなくなった場合、焦点は本年7月の検事総長人事に移る。

稲田伸夫検事総長は65歳の定年を迎えるのが来年8月だ。

7月の就任2年で退官しなければ、本年8月に黒川氏の勤務延長期間が満了する。

法改定が行われなければ、黒川氏の二度目の勤務延長を行う大義名分が立たない。

黒川氏の退官が決定する。

稲田検事総長は退官せずに、黒川氏の定年退官を誘導するべきだ。

日本の主権者は今国会での法改定見送りに安心してはならない。

黒川検事総長を阻止することが目下の最重要目標になる。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 赤かぶ[77149] kNSCqYLU 2020年5月18日 18:00:56 : Etqgkm55TU : RGtULnlHMS9YdlE=[6991] 報告

2. 赤かぶ[77150] kNSCqYLU 2020年5月18日 18:04:06 : Etqgkm55TU : RGtULnlHMS9YdlE=[6992] 報告

首相、検察庁法改正案の今国会成立を断念 世論反発受け
https://digital.asahi.com/articles/ASN5L523ZN5LUTFK015.html
2020年5月18日 15時22分 朝日新聞


首相官邸に入る自民党の二階俊博幹事長(中央)=2020年5月18日午後2時43分、岩下毅撮影



首相官邸に入る自民党の二階俊博幹事長=2020年5月18日午後2時42分、岩下毅撮影

 幹部ポストを退く「役職定年」の年齢を過ぎても政府の判断で検察幹部にとどまれるようにする検察庁法改正案について、安倍晋三首相は18日、今国会での成立を断念した。同日午後、自民党の二階俊博幹事長らと首相官邸で会談し、改正案をめぐり「国民の理解なくして前に進むことはできない」との認識で一致した。一般の国家公務員の定年年齢を段階的に引き上げるなど抱き合わせにしたすべての改正案を、次の国会以降に先送りする。

 改正案は、現在63歳の検察官の定年(検事総長は65歳)を段階的に65歳に引き上げ、併せて役職定年を導入することが柱。役職定年には、検事総長や次長検事、検事長は内閣が、検事正は法相が必要と判断すれば、最長3年とどまれる特例が盛り込まれており、政権にとって都合の良い幹部だけを、ポストにとどめる恣意(しい)的な運用ができる余地があるとの指摘があった。

 ツイッター上では、俳優や歌手ら著名人からも「#検察庁法改正案に抗議します」という投稿が相次いだほか、元検事総長を含む検察OBからも反対する意見書が15日に法務省に出されていた。

 こうした世論の反発を受け、政府高官は18日朝、「今国会で成立しなくても困るものではない」と語った。自民党関係者も「検察庁OBの反発で官邸内の風向きが変わった」と話した。

 安倍首相は、新型コロナウイルス対応で必要となった2次補正予算案を27日をめどにとりまとめる指示をしており、改正案の成立を強行すれば、予算案の国会審議への影響が避けられないと判断した。自民党幹部は見送りの理由について「新型コロナのさなかに国論を二分するのは良くないということだ」と話した。

3. 赤かぶ[77151] kNSCqYLU 2020年5月18日 18:06:39 : Etqgkm55TU : RGtULnlHMS9YdlE=[6993] 報告

4. 赤かぶ[77152] kNSCqYLU 2020年5月18日 18:07:54 : Etqgkm55TU : RGtULnlHMS9YdlE=[6994] 報告

5. 赤かぶ[77153] kNSCqYLU 2020年5月18日 18:09:16 : Etqgkm55TU : RGtULnlHMS9YdlE=[6995] 報告

6. 赤かぶ[77154] kNSCqYLU 2020年5月18日 18:10:07 : Etqgkm55TU : RGtULnlHMS9YdlE=[6996] 報告

7. 2020年5月18日 18:23:54 : nyZjxZVz6M : QXJoLzU5d3dpcms=[11] 報告

 ニュースで政府寄りのコメンテーターは、今回の見送りは捲土重来だと。

 とにかく、バカ殿の息の根をとめないと。

8. パレオリベラル[86] g3CDjINJg4qDeIOJg4s 2020年5月18日 18:59:13 : untLRXagwg :TOR SHZYdVp2SXgydUE=[2] 報告
⇒《稲田検事総長は退官せずに、黒川氏の定年退官を誘導するべきだ。》

安倍晋三と稲田伸夫がどういうディールをしているかですね…

林真琴、堺徹、甲斐行夫、中川清明…
https://www.jiji.com/jc/bunshun?id=37881
まぁ、あまり興味がわかないなぁ… 小役人は興味津々なんでしょうが。
「法の支配」が重要ですから、逆に言えば「誰がなろうと変わりがない」レベルにガチガチに法制化(裁量を最小化)してしまえばいいのです。
そうすれば小役人も出世レースに興味がなくなるでしょう。

一人の市民として望むことは以下です。

■冤罪予防として…
(1)取り調べの全面可視化
(2)弁護士の立会権の保障
(3)代用監獄(法務省の拘置施設ではなく、警察署の留置施設で拘留すること)の廃止
(4)勾留の必要性についての厳格な審査
(5)証拠開示の更なる充実
(6)無罪判決に対する検察の上訴権の廃止

■「人質司法」をやめさせるためには…
(1)刑事裁判を担当する刑事系裁判官という集団をなるべく小さくし、民事、刑事、家事、少年等を交代で担当する制度にする
(2)弁護士経験者から裁判官、検察官を選任する「法曹一元化」
(瀬木比呂志氏『ニッポンの裁判』より)

■個人的には…
(1)死刑廃止
(2)少年法の改名(再犯防止措置法)と適用年齢30歳への引き上げ
(3)司法(検事、裁判官)のAI化

土人司法を改めましょう。

9. パレオリベラル[87] g3CDjINJg4qDeIOJg4s 2020年5月18日 19:03:10 : untLRXagwg :TOR SHZYdVp2SXgydUE=[3] 報告
1のつづき

植草氏、がんばってください。応援しております。

10. 命を大切に思う者[2420] lr2C8JHlkNiCyY52gqSO0g 2020年5月18日 19:15:10 : vtProk3stQ : ZmpCUzhCWW1xWUU=[61] 報告
検察幹部の定年延長を含む法案が見送りにされたけど、
たとえ見送りにされても、否、廃案にされたとしても、
法律上2月に定年した黒川に東京高検検事長の座を不当占拠させる違法行為が未だに続いていることを、
つまり真の問題が放置されてることを忘れてはなりません。
検察幹部の定年延長の企みは、あくまで、国民に「何となくの感じで合法」に感じさせるガス抜き。
東京高検検事長の座の不当占拠、つまり違法行為が真の問題で、見送られたのは、ただのガス抜きの企みだけ。
東京高検検事長の座の不当占拠は依然続いているし、検事総長に黒川が就任する可能性は依然高いまま。

検察OBの意見書も、
検察幹部の定年延長の問題への意見というより、
法律上2月に定年した黒川に東京高検検事長の座を未だに不当占拠させてる違法行為への意見です。
国民はそこを勘違いしてはならない。
法案が見送りや廃案にされても、何も解決しないのです、不当占拠が続く限り。 
11. 2020年5月18日 19:16:51 : XaOsnyMzSc : Vjc4SGw0U0UyYnc=[81] 報告
今週木曜日(5/21)に弁護士&法学者500名以上が「桜を見る会の前夜祭」の件に関し
公職選挙法&政治資金規正法違反で安倍首相&後援会幹部2名の告発状を東京地検に出す予定。検事長定年延長問題も絡み、首相退陣も考えられる。
12. jk[1402] goqCiw 2020年5月18日 19:36:47 : qyjLKDKN06 : WEdzUFpscmRpckU=[328] 報告
「国民の理解なくして前に進めることはできない、
 これからも国民に丁寧に説明して行きたい」総理談話。

国民は総理の「検察も行政官であることには変わりがない、故に三権分立に反してない。検察の幹部の延長人事を内閣が出来る規定があるが、人事に介入することないと断言する」。これは検察庁改正法についての総理の基本的考え方です。

多くの国民は総理の考えと異なり、三権分立、検察の独立が侵され民主政治の崩壊を招きかねない、危惧を抱いたから多くの国民が反対の意思を表明してるのです。

いくら、総理の基本的な思考を丁寧に説明しても納得はしません。
再度、法案を提出するのなら、内閣による定年の延長可能規定を削除すべきです。
この規定の削除無しでは、国民は納得しない事を総理は、先ず理解することです。
それが出来ないのならば、法案を断念すべきです。国民の多くはそのことを要望しています・・・・・

13. 2020年5月18日 19:37:56 : 0D5VluIzuY : RWpTTnRvQldEZFk=[238] 報告
黒川は、自ら辞めないのかね?

家族も迷惑し、自身も不名誉なことになるのに、、、

家名を汚すぞ!黒川。

大した家でないか、、ならどうでもいいか?

14. 日高見連邦共和国[19993] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2020年5月18日 20:28:43 : dFPtH7U8G9 : MXVtTHljTUNBNjI=[1] 報告
後藤兼次もラジオで言ってた。『安倍の完敗』だと!はよ死ねや、安倍!!
16. 2020年5月18日 21:54:50 : Tcojb822lY : UHVOajhnNFpweW8=[166] 報告
10>強く同意。
芸能人も賛同(動員)した今回の、ハッシュタグ/#検察庁法改正案反対
は綿密に計画された、黒川東京高検検事長の定年延長問題を手打ちにする茶番劇?
とは思いたくないが・・・・何でもありの安倍官邸!
17. 2020年5月19日 19:28:49 : Ok1dsCNucQ : TWVYVFROaWc4QnM=[291] 報告
わからない 下駄を履くまで 勝負事

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK272掲示板 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK272掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK272掲示板  
次へ