★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK272 > 695.html
★阿修羅♪ ▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
コロナが促す資本主義的民主主義の終焉 次なる社会は民主主義優先の連動資本主義<雑談板より一部加筆して転載>
http://www.asyura2.com/20/senkyo272/msg/695.html
投稿者 日 日時 2020 年 5 月 22 日 19:47:48: IR1H95zbmUf8k k_o
 

経済原理を表す資本主義。
政治原理を表す民主主義。
その両者を抱合する道徳原理としての自由主義。

西側世界の混乱はこれらの主義の主従関係を、
はっきりとさせずに合体させていることです。

現在はこれらを合体させた資本主義的民主主義であり、
その別名を自由主義と呼んでいる。

何が自由か?
資本家の独占支配が自由であるに過ぎない。

労働者はマネーという見えない鎖によって支配され、
職場と家庭の往復が可能な奴隷収容所に閉じ込め、
高級奴隷や中級奴隷、下級奴隷向け福利厚生があるに過ぎない。
それを自由と洗脳し、催眠術をかけている。

それを今コロナが目覚めさせようとしています。

合体させた以上は連動させなければならない。
そしてどちらの都合が上位に置かれ、
連動するかも決めておかなければならない。

つまり
資本主義的民主主義
ではなく、
民主主義的(優先)連動資本主義とすべき。

現在の資本主義的民主主義は、
資本主義(経済)が主で、民主主義(政治)は従。
資本家が政治家を従えている。

その証拠にコロナで実業の多くが休業を余儀無くされながら、
家賃や債務が平時と変わらず請求され続ける。
本来連動し、その間の家賃も債務も猶予ではなく、消滅されるべきなのです。

実業は実体を扱うので、劣化、腐敗、期限、在庫リスクや製造原価などがあり、
それを止める以上ただでさえ損失が生じます。
それに比べ家賃や債務などの虚業にはそうした損失が無いにも関わらず、
その請求権が守られているわけです。
これこそが悪。

そこで
民主主義的(優先)連動資本主義にすべきと提言。
民主主義が主、資本主義従という関係をはっきりとさせる。
少なくとも上位である民主主義の都合で連動する資本主義にしなければならない。
実業が不可抗力で已む無く止まる場合は、
その間の虚業の請求権は消滅してこそ公平が保たれる社会が実現します。

真の政治家よ、総理よ、今こそ立て!
政治のリーダーシップで経済を従えよ!
今はその時なり その時は今なり

その具体的方法

経済時間を止める。ただそれだけ。
そう一国の首相が宣言するだけ。
今だからこそ、立法を待たずしてそれが可能なのです。
それは諸外国も内政干渉として口が出せないどころか、
同じこのコロナ危機に直面しているので、理解と容認をせざるを得ない。
うまくいけばどの国もそれを手本として真似をせざるを得ない。
大多数の国民の支持も得られる。
いつの世も未曽有の非常事態ともなれば、その対策は法律の想定外にしかありません。

経済時間が止まっても、人は実体として生きなければならない。
つまり衣食住の実業を止めるわけにはいかない。
ここだけは経済抜きで稼働してもらう必要があります。
しかし経済は止まっているので、
その間の労働と商品代価は政府保証のツケ払いとなります。
それは後日経済再開後に利益の無い原価ベースでの支払い。
衣食住の国民負担は富裕層も貧困層も一律0。

食料は自衛隊経由の配給制。
高価や安価な食品の配給のばらつき不公平は試行錯誤しながら、
徐々に工夫すればいい。
問題は誰も餓死しない様にその迅速性が第一。
つまらぬ事務処理を省くため。

この期間内に止まる実業と稼働する実業、需要が倍増する実業と差が出ても
誰も利益を得ることは出来ない。
このマネー停止期間の一切の請求権は無効だから。
それでも活動したければそれはボランティア活動なので、止めはしない。

虚業内のマネーも止める。
この期間の日付の一切の請求権も無効。
不正しようにも不可能。
その監査、チェックも不要。
その日付の中のものは一律例外なく無効であるから。

それで実業と虚業の損失は均衡がとれ、公平な連動となる。

富裕層に限らず、全てのの貯蓄は失われない。
経済凍結解凍後は元に戻ることを保証。

参考

http://www.asyura2.com/14/idletalk41/msg/814.html
今、傷付いていない職業は何か?
銀行
公務員
賃貸業

それ以外は皆、悲鳴を上げているというのに…

家賃や債務と言うのは
実体の無いルールに過ぎない

実体は厳として、不可逆の物だ

だからスポーツ、ゲームでも
公平性を保つ為にはいくらでも時間は止められるのだ

経済も同じゲームに過ぎない
マネーのルールなどいくらでも時間を止めることが出来る

そう、公平性を保つ為に

いくら経済支援しても、家賃や債務が止まらなければ
そして停止した期間の家賃や債務も無効にしなければ
そんな経済支援など焼け石に水

追いつくわけが無い

そして経済恐慌が起き、
銀行
公務員
賃貸業も自身の首を絞める社会が待っている

自業自得と言うものだ
奴隷根性丸出しの我良し社会では
文明の発展はここまで

真の先進社会にはマネーなど存在しないと言いきる

景気?消費マインド?成長率?
そんな寝言と実体とは全く無関係

それが証拠にコロナ一つで
全産業がほぼ強制的に停止状態になった訳だが
銀行
公務員
賃貸業の
権利だけは守られている
連動していない
全く無関係である事を暴露しているではないか

景気とは親切と置き換えても同じ
強者は弱者を助け
共に生きる

最近は大家の中にも個人的判断で家賃を減額、免除と言う者も現れている
この流れが大きく育った時
世に胡坐掻く銀行、公務員、賃貸業こそが責めを負う

改心は今の内

その事をコロナが気付かせようとしている。
人類は滅ばずに次の主義を手に入れる事が出来るだろうか?

このコロナ危機によって
今それが浮き彫りにされて来た

更にその次なる主義とは何か?  
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 日高見連邦共和国[20041] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2020年5月22日 20:36:11 : eekW3inXIk : WjdPZ1M1SHAxd0U=[1] 報告
私は『半径2kmの資本主義』を提唱します。質問のある方は、ド〜ぞ!
3. 佐助[8024] jbKPlQ 2020年5月22日 21:21:26 : gC6DjuOMDQ : d3ZqVjR6ZlBYeFU=[50] 報告
政治と経済レベルは、それぞれ独立した利己的なシステムをもっているためと、三代目には革命直接体験者はゼロになるので一強・一党独裁支配制を採用した国家は自壊します。

そのために貧富の格差が少ない資本主義が高度に発達した議会制民主主義を超えるものが必要になりました。経済は産業革命が人類を救うことになるはずです。

しかも
東欧の社会主義国の一党支配制度はベルリンの壁で40 年後自壊した。中国社会主義国家も80 年目の2025年前後に自壊します。

石油輸出国も、40 年目に政治的自由の要求に譲歩し、政治体制を維持するが、戦後80 年目の節目には、民衆蜂起によって指導者層は分裂し、自壊することを避けるのは難しい。

英国や明治の日本でも三百年以上の長期政権でも、40 年ごとに改革され80 年ごとに革新されたが、最後は停滞し自己崩壊する。日本はライバルの社会主義国家が自壊すると改革を停滞させ自壊します。

そのために政治,現代版応仁の乱となり,既成政党の腐敗・不信による,近代二大政党制は機能不全となっている。これをやっちゃうと希望の党や未来の党のように自滅する。維新は独自の路線を歩んでいるので持っている。

「結論」
一強・一党独裁下の国家・企業・個人が、利己的に防衛思考し行動する法則の作用から逃れることはできない。資本主義国家でも、官僚支配するビジネスに参加するにはコネと賄賂と癒着が絶対必要である。社会主義政治体制は官僚支配なので、どんな開放政策にも認可権がつきまとう。そのため、自由経済システムそのものも腐敗堕落が避けられない。

そのために農奴開放を体験した世代の消滅する80 年目には、腐敗堕落した自由経済システムから開放するため、窒息させられている政治的自由を渇望する民衆蜂起が勝利するはずです。


「追記」
国家権力は、40 年ごとに、古いルールを破壊する思考行動の容認改革派と弾圧派に分裂し、改革に成功する。80 年前の革命を直接体験した国民が少数派になると、低い平等より自由を求めると、国家は自壊し民族ごとに分割し、連邦制度は崩壊する。

それでは個人・企業・国家ごとの利己的な思考と行動の判定規準は何か。
自分にプラスなら味方・正義・善であり、マイナスなら敵・不正義・悪だと判定。
封建制度以前、血族とその縄張への忠誠度,忖度で判定し国家民族よりも封建君主&貴族荘園&地主への忠誠優先。させる国家になるのが目安で判定基準値となると,排外主義的な怒りや暴力や不快感に簡単にとりつかれて、コロナウイルス感染や再び戦争や紛争にまきこまれることを回避することはできない。これが基準・目安になる。

この正義と不正義、善と悪を移動させてしまう悪人や悪行が善人や善行に移動反転するように目まぐるしい事態になると,次のどれかの脱出をやらないと資本主義は崩壊する。

@消費税廃止によるエンジンレス産業革命

A社会の富が大企業や政治家,官庁,族議員に収奪され、無駄な事業や娯楽費に使われている。

B仕事や暮らしを持てないのならば民主的な社会経済のしくみとはいえません。

C日本からは、何十億ドル、何兆円もの資金が、アメリカの金融資産に注ぎ込まれている。

D無恥・無知・無能・無策の官僚や政治家の言葉に、人々は惑わされ医療、年金の崩壊。

E株式の所有は、現在のように富裕者に独占させるのではなく、少なくとも51%の株はその企業の従業員が所有し、経営権は資本家ではなく従業員たちが持たなければならない。組合の経営介入。人事権は従業員。従業員の代表が経営にあたる。

F農産物の生産者と消費者が直結した「協同組合方式」を採用と@による千倍収穫農業。

G政府によって、癒着等無い完全な競争が保障,大きな賃金格差が無い。

H医療,米国のような所得や富の差が、受けられる医療と教育の差につながることがあってはならない。ドイツのような平等で無料に提供されなければならない。

I教育分野,教育の差につながることがあってはならない,無知を追放するためには教育が一番の手段であり、無知のために過ちを犯すことがないように、教育はすべての人に平等に無料で与えなければならない。

J政府によって、癒着等無い完全な競争が保障され,この分野での現行の経済システムでは労働条件や賃金面が不当であったり、非常に低いものになることが多いですが、労働者に適正な賃金が支払われているか、大きな賃金格差が無いか、税金が規定通り支払われているかなど、厳重にチェックする。

K地方分権,エネルギー、工業用原材料の生産、交通、通信などが公共分野に属する産業と言います。 公共事業分野は官僚主義に陥りがちな中央政府ではなく、地方自治体が直接運営しなければならない。

L天下りや談合や随意契約の廃止,これだけでも資本主義はもつ。

仕事や暮らしを持てないのならば民主的な社会経済のしくみとはいえません。懸命に働けば何かを達成できる国だった。でも今はそうではなくなった。ある1部の人間が富を独占しているからです。

独占的経済体制となり,富の集中で独占的経済体制を作り出すことによって、最終的には多くの失業者や開発途上国においては食糧危機に直面するほどの貧困を作り出すことになる,失業の増加や環境汚染などで資本主義は爆竹のように弾けて終焉するだろう、

産業革命やらずにAIやBIや金融改革や多極化や金本位制などをやると自壊の道に進む。

4. 2020年5月22日 22:32:02 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[381] 報告

希望的妄想に反して

現実の世界は、反グローバリズムと国家分断による貧困化が

さらにコロナ騒動で加速し、特に途上国を中心として安全保障の崩壊と

地域紛争・内戦の悪化が加速していくことになるのだろう

それは先進国でも同様であり、中国のような非民主的な国家資本主義に基づく監視国家が主流化し、
そうでない国は、治安の悪化と貧困化により、途上国化していく可能性が高いだろう


5. 2020年5月22日 23:52:10 : ES5sTnCWZY : dWx5UFU2Ljl2Umc=[47] 報告
共産主義が負け資本主義の勝ちだみたいに言われてたけど結局はどっちにも課題があるんだよな
まぁ資本主義は弱肉強食の思想であり富めるものが力を持ちそのまま固定されるってのがな
大きなものを小さくし、中央集権から地方への分散
こういった社会になっていければいいねえ
6. 日高見連邦共和国[20047] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2020年5月23日 06:32:01 : lTp88KxCGo : YmNGMXN3U0JwTGs=[2] 報告
『共産主義』も死に、『資本主義』も死んだ。これが私の主張。今存在してるのはただの“残滓”。

その“失敗(腐敗・死亡)”の理由。それは『心(本心や考えていること)が見えない』から。

この青く美しい星が“監獄の惑星”とも呼ばれる所以でもある。

7. 2020年5月23日 07:40:21 : cenGYYQvPk : ZmtFdWl6VGF5dmM=[3] 報告
日高見さんの云ってる事は当たってると思うけど、アベ達が明治や旧日本軍の亡霊であるように、アメポチ、ユダヤポチ亡霊とかが幅を利かせているのが現実だからね・・・・・・。
8. 2020年5月23日 10:13:56 : uiycBuIq47 : b1NiUVVhUUkyLlU=[4] 報告
その“失敗(腐敗・死亡)”の理由。無能馬鹿の日高見ウンコ食い糞ジジイ清掃員、早くタヒねwww

[18初期非表示理由]:担当:アラシ認定により全部処理
9. 2020年5月23日 19:01:25 : Ok1dsCNucQ : TWVYVFROaWc4QnM=[384] 報告
民主主義 カネに染まった 紛い物
10. 日高見連邦共和国[20065] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2020年5月24日 13:46:47 : HtLtUcN2sc : QXVXODhGcXFpcTY=[5] 報告
>>07

はい。まさしく現代の社会(経済)は、ゾンビが跋扈し、腐肉を喰らう亡者がはびこる世界だと言えましょう。

だからそこ、『まだ、なんぼかマシ』な、社会と経済の在り方を試行錯誤していくべきだと思っております。

11. 日高見連邦共和国[20066] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2020年5月24日 14:03:35 : HtLtUcN2sc : QXVXODhGcXFpcTY=[6] 報告
>>01(セルフコメント)

『半径2キロの資本主義』と言いましたが、過去のコメントでは『半径1キロの資本主義』とか
『直径2キロの経済圏』とか、まあ、そんな程度の“ブレ幅”で書き込んできた考え方です。

別名、『徒歩30分圏内の資本主義』あるいは、『畦道(あぜみち)資本主義』ともいいます。

もう少し経済的な言い方に言い直すと、『地本主義』と言い換えてもいいかもすれませんが
『土地絶対主義』と取られかねないので、『知本主義』という漢字を当てた方がいいのかも。

経済や生活が『土地』に根差すもの、という部分が根本です。ですがそれは『土地』に価値が
あるのではなく、その土地から“価値あるものを生みだす事”に主眼を置いた思想でもあります。

『土地』とは、私有を認められた現在の日本においては、『売買で得る』か、『祖相続するか』
という対象ですが、考えてみれば、『固定資産税』や『相続税』は“みかじめ料”みたいっスよね。

『地(知)本主義』の経済原理においては、『土地』は“先祖から相続するもの”ではなく
“未来にこの土地から生み出される価値あるものの恩恵を得る方々”から『前借りしてるもの』
という定義を充てます。つまり、基本、現存する者の誰のものでもない。国家のものですらない。

『半径2キロの資本主義(経済圏)』の考察は、この極めて重要な価値観から出発します。

12. 日高見連邦共和国[20067] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2020年5月24日 14:12:47 : HtLtUcN2sc : QXVXODhGcXFpcTY=[7] 報告
ご参考に。

>これからの日本が目指すべき理念は、『自立と共生』しか有り得ない。
>或いは、もう少し観念的に言うと、『互助と利他』かな。
>『20世紀型民主主義』と『金融資本資本主義』の先に“どのような世界”が開けるか、
>誰もまだ分からない、“試行錯誤”の途上なんだから、そうそう『嵌まる新党名』が出てくるとも思えない。
>巷間、『里山資本主義』、『路地裏資本主義』、『里海資本主義』なんて本が売れてるのも、
>みんながそれぞれ、問題意識をもって必至に考えている証しだろうと、嬉しく思っている。
>私は今度、『畦道資本主義』という本を出す準備をしています。書店で見かけたら買ってネ!(笑)

↓↓↓
http://www.asyura2.com/16/senkyo201/msg/803.html#c4

13. 2020年5月24日 14:32:02 : uiycBuIq47 : b1NiUVVhUUkyLlU=[-5] 報告
これから、無能馬鹿の日高見ウンコ食い清掃員、早くタヒねwww

[18初期非表示理由]:担当:アラシ認定により全部処理
14. 日高見連邦共和国[20242] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2020年6月06日 09:29:43 : wCfKMVBm6Y : Q0EvYXZFZHpuajI=[30] 報告
普段、私にアレコレ絡んできてイチャモンつけて来る連中は、こういうスレッドでは絶対レスつけんのな。(苦笑)

せっかくの機会ですので、もう少し『半径2キロの経済圏・畦道資本主義』の考え方を開陳しておきます。

まず、なぜ『半径2キロ』なのか。それは、老楽男女がだいたい30分で歩ける範囲だからです。

生きるために必要な基本的な生活基盤を『歩いていける距離』に集約していければイイね、という考え方。

当然、過密な都会や、離島、北海道のような広大な土地には当てはまらないのは承知の“モデル”です。

これは、私が生まれ育った場所(岩手県内の中間山村(寒村))から発想するものでもあります。

考えてみれば、昭和40年代の後半から50年代前半の岩手の山村には、半径2キロ圏内に
『生きていくため』に必要なものの“ほぼ全て”が集約されていました。(でもそれだって、
我が小さい村で比較的中心部に近い生家だからこそであって、村はずれの子供たちは小学校に
通うのに、片道(道のりで)4キロを1時間以上をかけて歩いてたし、新入生には辛かったでしょう。
ろくすぽ街灯もない山道を。昭和30年代には、分校があって通学距離は半分以下だったのですが)

父さんが務める村役場と中学校が1キロ先。駅は5キロ先でしたが、主要国道が家から100m(直線距離)
にあったので、大きな街(一関)に出るのも不便はありませんでした。(私が小学生当時はまだまだ
自動車が普及していなかったので、バスも30分に1本走っていましたので、とても便利でしたよね)

そのバス亭を中心にささやかな商店街が形成されていました。駄菓子屋が2件、小さな呉服店が1件
魚屋と豆腐やと床屋が1件。精肉店や荒物屋、玩具屋は村の中心商店街に行かなければありませんが
肉類は魚屋の冷蔵庫に僅かばかり置かれ、駄菓子屋はまあ、なんでも置いていて、ジャンプも買えました。

野菜は『買うもの』ではなく、病院は1キロ先に『千厩病院(県立)付属の診療所』がありました。

ですので、基本このささやかな商店街で、基本的な生活の“ほぼ全て”がまかなられていたのです。

家の周りには数百坪の畑で、野菜・麦・豆を育て、流石に醤油は無理でも味噌は自家醸造。

2百メートル(直線距離)離れた所に2反ぶ(200平米=約60百坪)の田んぼを所有し
よっぽどの大冷害でもない限り、一家5人が1年食うに十分足りる収穫があったものです。

思えば当時、土地の使い方にまったく“無駄”がなかったなって思います。秋に植えた麦を
冬は麦踏み、初夏に収穫したら夏野菜、秋野菜を植えてました。3百メートル(直線距離)先の
小学校に行く途中に2件のおかいこさん(養蚕)兼たばこ農家があって、たばこの周りに
防風林替わりの桑の木(おかいこさんの餌)が植えられ、夏には腹を空かした小学生が
桑の実を食って口や手を真っ黒にしてましたさ。(田舎の食生活では“甘味”が不足してましたし)

そして、たんぼの畦道には『大豆』が植えられていました。見事なまでに無駄を排した土地の有効利用!

『半径2キロの経済圏・畦道資本主義』を別称で“地(知)本主義”と呼ぶ要諦は実はココにあるんです。

まさにこの、岩手の田舎の昭和の山村の姿こそが、究極的な『持続可能な社会』だと言えましょう。
(私は『持続可能な社会』という言い方は好きではありませんがね)

加えていうと、たけのこ、ふき、ふきのとう(ばっきゃ)、シソ、ヨモギ(草餅の元)、クルミ、栗
私の好きなものはその辺にある(その辺に落ちている)ものでしたね。無いのは砂糖と塩くらい?

また、糞尿はそれなりに広い畑に撒いて有効利用。バキュームカーや下水道要らず。(笑)

そんな農村が変わり、沢から沢蟹が、水路からメダカが消えたのは、洗濯機と合成洗剤の普及からです。

まあ、これは北東北の山村のお話しであり、関東の農村部から遅れること十数年の話しではありますが。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK272掲示板 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK272掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK272掲示板  
次へ