★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
あまり匿名希望さんを悪く言いたくないのだが・・・ 投稿者 書記長 日時 2002 年 9 月 27 日 17:57:33:

(回答先: 最低限のプライドも良心も捨ててどんな未来が待っているのでしょう。 投稿者 書記長 日時 2002 年 9 月 26 日 19:33:32)

>問題は新しい現実に対して我が国がどう対処するか、と
>いうことだ。そして結論を先に述べると、この米国の決
>定を”全面的に”支持すべきだ、ということになる。逆
>に米国のコミットメントに異を唱えるのは国の将来を危
>うくする大きな過ちになる。
>覇権国の身勝手さなど先刻承知の上でどの国の外交も内
>政も成り立っているのだ。そういう冷徹な現実主義が無
>視できるのは子供だけである。

 ずいぶん主観的で恣意的な認識であり主張であると言え
る。こんな大問題が日本でも世界でもそんなにきれいに割
り切れるはずはないではないか。
 匿名希望さんに言わせると対イラク戦争不参加を支持す
るドイツ人や、反米的フランス人は幼稚なんだろうか。そ
れとも彼らと同じような気持ちを持った日本人だけ幼稚な
んだろうか。
 こんな基本的な人道やプライド、未来の国家主権に係る
大問題について、あっさりと「アメリカを全面的に支持」
と認めてすばやく協力行動にでるほうがよっぽど幼稚で異
様なことくらい分からないのだろうか。それは他の国々か
らも軽蔑され敵視される態度ではないか。そういう態度に
出る人間集団の心性は自分たちの誇りも立場も哲学もない
ものだと国民自体が軽く見られるはずだ。日本人全体がそ
んなふうに見られるなら、まともな人達がかわいそうであ
る。
 大体他国に脅されて人殺し(の手伝い)をする集団など
最下層の奴隷ではないか。最低限の人権を認められていな
いということだし、先祖に泥を塗り子孫を永続的に辱める
ことでもある。我々はアメリカが怖いので根拠も必然性も
なく人殺しをする集団なんだという思いが、未来の子供達
の心にどれだけの悪影響を与えるか分かったものではない

 こういうことをドイツ人がいうと大人のまっとうな意見
で、日本人がいうと幼稚ということになるのだろうか。
 国会でも閣議でもない議論の場で基本的にアメリカ反対
でなかったらそちらの方がよほど問題である。
 国会や閣議でもアメリカに反対か賛成かは難しい問題な
はずだ。実際に野中や亀井は「アフガンでの戦争協力は異
常」と言っている。簡単に割り切れてすぐに解答がでる問
題では絶対にない。
 それを答えが分かりきったことで、すぐにアメリカへの
賛成・協力を明らかに出来ないようでは駄目だし、アメリ
カに反対する日本人を政治的不適格者扱いする匿名希望さ
んは、よほど国際的標準からすればバランスを欠いた軽い
人物である。
 彼が日本人を差別して恥ずかしげもなく英米支配者のお
先棒を担ぐのだったら、それはかなりみっともない種類の
日本エリートであるということになる。
 今までだってアメリカのわけのわからないイラクなどへ
のミサイル攻撃に即座に賛意を示してきたのは日本とイギ
リスくらいなもので、それでさえ恥ずかしいと思ってきた
のに・・・。
 私は匿名希望さんの知性や立場には深い敬意を持ってき
たが、かかる発言を目にした今となっては・・・。やはり彼
はアメリカに洗脳か何かされているのかもしれない。
 ある超大国とその指導者たちに世界における実質的強制
力による世界統制権力を認めることは、独立主権国家の国
益と個々の国民の利益・自由にとって大変危険なことであ
る。特に、その超大国が初めから他国の法律や立場を無視
した無理難題を押し付けるような強引な姿勢で世界統制の
道を歩んでいる場合はなおさらである。
 それを憂慮し、阻もうとする意見が国民の間で大勢を占
めないようならそちらの方がよほど情けないことは言うま
でもない。

 次へ  前へ



フォローアップ:



 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。