★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
無認可香料、食品600社に出荷 自主回収20社に拡大 投稿者 feel 日時 2002 年 6 月 04 日 23:51:07:

2002年06月04日(火)付 朝日
無認可香料、食品600社に出荷 自主回収20社に拡大

協和香料化学(本社・東京)の茨城工場でつくられた香料に食品衛生法で認められて
いない3物質が使われていた問題は、大手食品メーカーによる大規模な商品回収に発
展している。大手スーパーには3日現在で、メーカー20社から菓子、飲料など計8
5品目について自主回収の申し入れが寄せられている。協和香料からの出荷先は約6
00社に及び、4日以降もメーカーによる回収は続くとみられ、食料品の自主回収と
しては過去最大規模となる恐れもある。
問題の物質はアセトアルデヒドとプロピオンアルデヒド、ヒマシ油の3物質で、香料
の配合原料に使っていた。3物質は厚生労働省が発がん性などの安全が確認されてい
ないとして、使用が認められていない。
茨城県は、東京都に寄せられた匿名の投書に基づき調査した結果、5月31日に協和
香料に香料の回収と営業禁止を命令している。使用量がわずかで「健康被害はない」
とされるが、この物質を含んだ製品は400種類以上にのぼる。
食品衛生法では健康被害の有無にかかわらず、同法で認められていない添加物が使わ
れた食品は違法になる。厚生労働省は、工場のある茨城県を通じて各地の保健所に回
収指示などの対応を要請、問い合わせのあった企業にも回収するよう求めている。通
常の違反よりも回収対象になる商品の量が多いため、保健所から対応を確認する電話
も相次いでいるという。
スーパーに自主回収を申し出た業種も菓子、パン、飲料、アイスクリーム、乳製品、
ソース、酒類、ハム、冷凍食品など広範囲に及んでいる。
江崎グリコ(大阪市)が「アーモンドボールチョコレート」などの菓子類110万個
と「食後のアイス」など冷菓17万個の計127万個の回収を決定。ブルボン(新潟
県柏崎市)はクッキーやビスケットなど19品目、明治製菓(東京都)は「チェルシー
」などのキャンデーやチョコレート、レトルトカレーなど19品目の回収を発表した。
また、協和発酵(同、協和香料とは無関係)が「下町酎ハイうめ」や梅酒など9品目。
名糖産業(名古屋市)は看板商品の「アルファベットチョコレート」など37品目、
雪印乳業(東京都)が北海道限定のアイスクリームと「スノーホイップ・チョコレー
ト味」の2品目、理研ビタミン(同)が「カップでスープ コーンポタージュ」など
3品目の自主回収を決めた。
大手スーパーのイオンには、味の素ゼネラルフーヅ、ヒロタ、敷島パン、伊藤ハム、
丸大食品、本高砂屋、カンロ、日本リーバ、東ハト、ニチレイなどから自主回収の申
し入れが寄せられている。スーパーやコンビニエンスストア各社は深夜まで売り場か
らの商品撤去に追われた。
違反物質、知りつつ使用 協和香料化学
00年指摘「判断甘かった」 
コンビニやスーパーに並ぶスナック菓子などが3日、相次いで店頭から消えた。人体
に害はないとされるが、出荷元は違反と知りつつ、無認可の添加物を使っていたとい
う。大手食品メーカーによる一斉回収。事前には見抜けなかったのか。食不信が、ま
た深まる。
問題の香料を製造した茨城県十王町の協和香料化学茨城工場には3日、出荷先の食品
メーカーからの来訪や電話が相次いだ。「大丈夫なのか」「回収はどうなるのか」な
どの問い合わせに、社員約20人が対応に追われた。
同工場は31日から操業を停止している。4日も同じ態勢で対応することにしている。
一方、県保健福祉部は31日に同社に営業禁止命令を出した。それ以後、連日約5
齦、県保健福祉部は31日に同社に営業禁止命令を出した。それ以後、連日約50
件の相談や問い合わせが食品メーカーや全国の都道府県から寄せられているという。
県によると、自主回収を公表した食品メーカー以外にも、独自の判断で商品回収を進
めている企業があるといい、厚生労働省と協議して回収状況の把握を急いでいる。
協和香料化学の平瀬明男社長によると、00年夏前後に経営会議で指摘があった。し
かし、3物質に代わる原材料が開発できるまで、違法と知りながら使っていたという。
昨年3月に開発担当者に新香料を急ぐよう促したという。
一方、茨城県保健福祉部の調べでは、昨年3月にアセトアルデヒドの使用について、
社内で「違法ではないか」と指摘があった。3物質のうち、プロピオンアルデヒドは
昨年7月から使用をやめ、アセトアルデヒドは昨年12月から使っていない。ヒマシ
油は今年5月まで使っていた。
平瀬社長は5月31日に茨城工場で記者会見して陳謝し、「違法な物質をすぐやめさ
せるべきだった。判断が甘かった」と述べた。
将来の影響不明――日本消費生活アドバイザー・コンサルタント協会消費生活研究所
長の宮本一子さんの話
食品会社は特に安全に気をつけなくてはいけない。回収したからいいというものでは
ない。菓子は子どもたちが多く食べている。「健康に問題がない」というが、将来ど
のような影響が出てくるのか分からない。日本の企業には社会的責任、モラルがない。
利益ばかりを追求するからこうなる。企業の信頼性が今一番問われている。消費者は、
会社を厳しく見なくてはいけない。

メモ
アルデヒドは、アルコールが酸化されてできる化合物。アルコールの種類により、そ
れぞれ呼び名が異なる。一般的には香料の原料に用いられるが、アセトアルデヒドや
プロピオンアルデヒドは、揮発性が高く、目や鼻、のどの粘膜や皮膚などを強く刺激
する。
たくさん取り込むと、アセトアルデヒドは、気管支炎や肺浮腫などを起こす恐れがあ
り、発がん性を疑う報告もある。プロピオンアルデヒドは肝臓や肺、心臓などに影響
があるという。
ヒマシ油は、植物のヒマの種子からとれる脂肪油。潤滑油やせっけんなどの製造に使
われる。下剤にもなる。
撤去急ぐ夜のコンビニ
協和香料化学が無認可の添加物を使っていたため食品会社が相次いで回収指示を出し
たのを受け、3日夜、店頭からの商品撤去が始まった。
東京都新宿区のファミリーマート北新宿1丁目店では午後7時すぎ、本部からパソコ
ン通信でお菓子を中心に約15品目の回収指令が届き、店員らが急きょ、店頭にあっ
た該当商品を回収し、倉庫にしまったという。
アルバイトの店員(22)は「回収する種類は多いが、それぞれがそんなに売れ筋の
商品ではなかったので全体数は少なかった」と話した。
この店の近くのサンクス大久保通り店でも午後8時45分ごろ本部から回収指令がき
た。同店の場合、該当する商品はレトルトカレー1種類。店員(37)は「このカレー
はつい最近発売されたばかりだったのになあ」と話していた。
東京都中央区の大手チェーンのコンビニ店には、5日ほど前から本社から緊急撤収を
指示するメールが届いた。グリコのアーモンドボールチョコレートや明治製菓のチェ
ルシーなど約20品目で、撤収を終え、卸業者に引き渡したという。
客から質問があった場合は、事情を話して了解をもらう方針。店長は「今後も撤収商
品が続出することは間違いない」と話した。

 次へ  前へ



フォローアップ:



 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。