★阿修羅♪ > 経世済民135 > 779.html
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ ★阿修羅♪
もっとひどくなる金融危機/田中宇
http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/779.html
投稿者 仁王像 日時 2022 年 6 月 16 日 09:42:41: jdZgmZ21Prm8E kG2JpJGc
 

◆もっとひどくなる金融危機/田中宇
 https://tanakanews.com/
 【2022年6月15日】
 世界的にインフレが悪化し、金利が上がって株や債券が下落している。
 米銀行界で金融機関が相互に信用しなくなる信用収縮が起きているとの指摘もある。米連銀はインフレ対策として利上げとQT策をやっているが、インフレの原因は通貨政策でなく流通網の詰まりや対露制裁なので、利上げとQTの緊縮策をやってもインフレはおさまらない。
 連銀はインフレがおさまるまで緊縮を続けると言っているが、これは金融崩壊を引き起こすだけの不必要な大失策だ。
 高金利による不況とインフレの同時進行が来年まで続く。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. DJエロ親父[76] REqDR4ONkGWVgw 2022年6月16日 11:37:46 : fFoZCoVXWs : RlFzcy91aGlDNVU=[24] 報告
金利上げてなんとかドルの価値保ってるしね。岸田総理と日銀も金利上げずにドルの価値が下落しないように協調介入を行ってるしw
2. 2022年6月16日 13:09:36 : MUwqwR1Gy6 : U2FpVFZBTnltTlU=[1] 報告
いえ、アメリカ経済は強いですよ。まず、食料とエネルギーの自給ができています。
又、アメリカのワクチン接種率は日本などと比べて5割程度低い。つまり、近い将来ワクチンの悪影響が出て来た時の被害が他国よりも格段に小さい。
アメリカの利上げの原因となっているインフレは新型コロナ対策の200兆円の政府支出であり、政府からは様々な形で資金が民間へ出されています。つまり、アメリカは自分でインフレを起こし、自分で利上げをしている。
目的は世界中の国々の破壊でしょう。日本が典型的ですが、多くの国が低利で国債発行を重ねてしまっている。それらの評価損が出るし、今後の債券発行が高利でないと出来なくなります。
日本は地方自治体の債券が200兆円、国が1000兆円程度、低利の赤字ですから、これが今後火を吹く事になりますね。
それらの債券の運用利回りは0.2%程度。物価上昇率が1%でも損が出ます。物価上昇が続くとなれば、保有している債券を売りに出す事になる。そして、それが更に債券売りを招くのです。
結果的に、物価上昇率よりも格段に高い利子率てないと国債も地方債も発行が出来なくなります。
しかしながら、国も地方自治体も赤字体質ですから、高い利子率での債券発行は無理。
結果的に社会全体が荒れて行き、より輸出が出来なくなります。
貿易赤字だけで無く、経常赤字も続く様になり、円安はとめどなく進むのです。
打てる唯一の事は、食料とエネルギーの自給率の向上です。
地熱発電の開発をやれば、食料自給率も高まります。冬場の農業が出来る様になるからです。
3. [882] iKQ 2022年6月16日 18:30:38 : 2PO6QU0fEg : RVU2LktrbnViUG8=[786] 報告

 >2 さんの言ってることは    吉田繫治と同じだね

 金利を 3%に上げると 日本政府は デフォルトする

 ===

 だから 逆に言えば アメリカに追随して 3%に利上げはできない 日本は 円安になる

 円安になると 日本の株式は安くなるので 海外から買われてしまう

 だから 政府は MMTで 株を高く保つ必要がある

 ===

 アメリカに追随して 円高方向に維持すれば 金利が払えなくなるので 

 どっち道 円を増産して 赤字国債が増えることになる
 
 ===

 結果は 同じだといえる
 

4. [883] iKQ 2022年6月16日 18:45:30 : 2PO6QU0fEg : RVU2LktrbnViUG8=[787] 報告

 >アメリカ経済は強いですよ。まず、食料とエネルギーの自給ができています


 う〜〜ん この解釈が 難しい 良いのか 悪いのか??

 田中宇は 悪いと 読んでいる
 
 ===

 世界全体では 異常事態だ その中で アメリカだけが 景気が良いということになれば

 その他の国は 大変な損失が起きるわけで それは まわりまわって アメリカ経済に跳ね返る

 ま〜〜 それには 相当の時間がかかるかも〜〜
 

5. 2022年6月16日 19:58:38 : OO6Zlan35k : L3FGSWVCZWxFS3c=[550] 報告

日銀が金融緩和をなぜ止めないかの理由が明快に述べられているが

>連銀はインフレがおさまるまで緊縮を続けると言っているが、これは金融崩壊を引き起こすだけの不必要な大失策

これは誤り

インフレは供給不足だけでなく、需要超過(賃金上昇や借金の増加、政府のバラマキ)によっても悪化する

そして金融引き締めは、企業や家計の借り入れコストを上昇させ、金融機関の貸し出し態度を悪化させるし、企業の雇用削減や賃金抑制を強化するので、当然、需要を抑制し、インフレ圧力を下押しすることになる

ただし、このプロセスには時間がかかるから、今回のように脱炭素、コロナ、戦争などグローバル要因や、中国の政策ミス(ロックダウン)、
さらにバイデンの過剰なバラマキ給付金やインフラ拡大などが、あったために、需給の強烈な逼迫が発生した

メインシナリオとしては遅くとも来年、早ければ年内にはインフレ率は低下に向かい、軽いリセッションに米国は陥ることになるし

日銀が緩和姿勢を維持し、選挙対策で岸田政権がいつものバラマキをするだろうから、日本も一時的には~3%程度のCPIになるだろう
ただコアコアは1%程度に収まり、その後、米国発のグローバルな景気後退が始まるので、政策としては妥当だったという結果となるだろう

特に大変なのは、資源も生産力も不十分な新興国や途上国の国民で、また悲惨な飢餓や暴動が世界で多発し、専制的な政権では経済難民も発生し先進国へと流れ込んでいくので
そうした影響はかなり長く続く

当然、戦争(地域紛争)は多発し、バイデン政権がレームダック化して、トランプ的な時刻中心主義が世界の流れとして復活するようになれば、
台湾のリスクは特に高くなるだろうから日本もさらに大変な事態になっていくのも確実だろう


6. 2022年6月16日 20:17:47 : OO6Zlan35k : L3FGSWVCZWxFS3c=[551] 報告
>>2 貿易赤字だけで無く、経常赤字も続く様になり、円安はとめどなく進む
>>3 金利を 3%に上げると 日本政府は デフォルト

これは間違い
米国が資源や食料、そしてITや金融、軍事面で非常に強い状況は、当面は続くが、
今のFRBの引き締めは(潜在成長率が2%程度だから)、景気後退を招かずに長く続くことはあり得ない。せいぜい来年が限度だろう。

そして日銀が今のYCCを続けるのであれば政府はデフォルトしないし
米国の金利上昇が止まれば、円安も続かない。
(多分、ドル150円にすら届かないだろう)

ただし、現在のような非効率な財政支出を続け、労働規制改革もせずに、大企業叩きや、投資の邪魔ばかりしているようであれば

グローバルな景気後退の結果、再び日本のデフレ圧力が高まり、実質賃金は上がらず、これまで通り、日本の地位は、どんどん低下していくことになる

吉田に限らず、日銀の政策を批判している人々は、金融政策が実体経済に及ぼす影響を過大評価しすぎているが、
本当に重要なのは、常に、国内の生産性を高め、徹底的な省エネやムダ労働の削減努力を続けることだ

そのためにも常に労働者の能力向上と企業の科学技術力向上が必須であり、特に昆虫資源の利用を含む食料生産&保存技術や、蓄電、再エネや新原発開発も含めたエネルギー生産技術への投資を積極的に支援することが軍事技術開発同様、重要だろう

(とは言え、経験則では政治に期待してもムダだから、長期衰退がメインシナリオであることは変わらないが)

7. 2022年6月16日 20:44:44 : rREj2lqsVA : R0pxd05JQ01oMWc=[196] 報告
日銀の持ってる国債・債権が不良化すれば、円の信用ガタ落ちで200円突破もあるか。

今世界で起きてることは、DSのグレートリセット劇。
米国債の買い手が居なくなれば、容易に実行できる。
円崩壊→ドル崩壊が進行中か。

8. 2022年6月16日 20:47:25 : OO6Zlan35k : L3FGSWVCZWxFS3c=[552] 報告

ちなみにコアコアが1%に近づくのは、本当に久しぶりであり、
仮に、消費者への価格転嫁が今後、順調に進み、世界情勢の転換でエネルギー価格が低下していくようだと、
CPIが落ち着く中での2%超えも夢ではないが、公明党やメディア(つまり高齢者や一般大衆)の声を聞く力は強い岸田政権が、それまでCPIを放置する可能性は低いだろう

雇用悪化とのバランスということになるだろうが、日本の雇用ひっ迫は米国以上(投資不足と円安誘導で、失業率2%台、多くの高齢者や女性が生産性の低い労働を担っている)だから
例によって大企業にコストを押し付ける社会主義的な対策など、筋の悪い緊縮政策を採りそうだ

貯蓄から投資と言ったところで、海外に多くのマネーは流れるから、これも小さいとはいえ円安圧力になり、やはり実質可処分所得の下押し要因となる

https://www.stat.go.jp/data/cpi/sokuhou/tsuki/pdf/kubu.pdf

9. [886] iKQ 2022年6月16日 22:09:56 : 2PO6QU0fEg : RVU2LktrbnViUG8=[790] 報告

 >>3 金利を 3%に上げると 日本政府は デフォルト

 ま〜〜 間違いとは言えないけど デフォルトが すぐに起きるわけではないよね

 ===

 日本がデフォルトする前に 世界中で 何かが起きる確率の方が高い

 ===

 なぜか 今日は スイスの金利が 上がったということで 日本の円が高くなった

 何を考えているのか??
 
 

10. 2022年6月16日 22:31:50 : VXGfa1a9TA : SWtPTzBKV29JSm8=[8] 報告
デブが減るだけだろ
11. 政雄[285] kK2XWQ 2022年6月16日 23:11:28 : 3Md1Zec6Bk : aW1XSWFraUdkcG8=[1] 報告
戦火を引き延ばせ!

NATO諸国の兵器の供与のタイミングで戦争の長期化が謀られている。
歩兵を戦車が叩き、戦車を携行ミサイルが叩く、携行ミサイルを榴弾砲が叩き、榴弾砲をロケット砲が叩く。エスカレートした先は核。
ウクライナを支援しているのではない。
ウクライナを犠牲にして戦争を
引き伸ばしている。

米のロケット砲の供与は事実上宣戦布告である。
銃規制を呼びかけるバイデンだがウクライナでは大量殺戮をやっている。
戦争の長期化で西側諸国の経済が削がれ、食糧不足になる。
犠牲になるのは労働者庶民である。
「平和を取り戻す」と言うゼレンスキーとバイデンの真の目的は世界経済の破壊である。

12. 命を大切に思う者[6339] lr2C8JHlkNiCyY52gqSO0g 2022年6月16日 23:47:16 : LN8kojZrik : MlpTLi9NWWR4VWM=[43] 報告
アメリカは、エネルギーを自給で賄えないほど使い過ぎているから、エネルギー資源の輸入が必要で、そのせいで物の値段だけが上がって行ってるのだろう、一般庶民の賃金が上がってなくて...
コロナのせいで経済活動が縮小してるのに、一般庶民の賃金が上がることが原因のインフレが起こってるとは、とても思えないのですが...

それで、金利云々の話は、円安が続いている原因とは関係ないと思う。
投資会社が、持ってた円をすべて交換し終えてしまった筈で、今起きてる円安は、政府から円を永続的に供給され続けてる奴(日本人)がドルに変え続けてるせいで起きている。
つまり、日本政府が、わざと円安にする工作をしているせいなのです、それをやめれば為替相場は正常に戻る。
どういう操作か...
まず、消費税として奪った金を、アリバイ作りのために30%だけ医療に使い、残り70%は、金持ちだけに渡す。
金持ちは元々金を持ってるから大手銀行に預ける。
大手銀行が、預かった金で、アメリカの国債や社債を買う。つまり、私達から消費税名目で奪った金を、ドルに交換し続けているのです、アメリカの国債や社債を買うために。
帳簿上は、政府が渡した金持ちの金だが、形式的にそうだというだけで預金は永久におろせない。国債や社債の満期が来ても絶対に金を返してもらえない、新たな国債や社債を渡されるだけ、「金を返せ」なんて迫ったら核ミサイルを撃ち込まれる、すべて米軍を使った虐殺の力だけでごり押ししてくる。アメリカの国や会社に永久に貸したままになる。だから、ドルを円に交換する時期はやって来ない。世界はすべてが暴行と殺人だけで動いている。逆らったら米軍から軍事攻撃を受けて殺されるから、泣き寝入りするしかない。だから、ドルを円に交換する時期は来ず、ずっと円安が続く。
円安は、日本政府がアメリカに金を献上し続けるための工作、私達一般庶民から金を奪って銀行にまわし、アメリカの国債や社債を買う工作をしてるのが原因だからな。円安の理由はそれだけ。金利云々の話に騙されてはならない。金利云々の話は、投資会社が、そのとき持ってる円を交換し尽くした時点で終わるんだ。
円→ドル 交換の大半は、長期的に見れば、トヨタ、日産、ホンダ等の輸出企業と、海外から食料を得たい一般庶民(正確には輸入業者)の間で行われているからな。投資会社の介在なんてほんの一部。短期で見ればある程度の額になるが、そんなのは短期間で終わる。こんなに続くわけないんだよ。こんなに続いてるのは、日本政府から永続的に円を供給し続けてもらってる奴が、ドルに交換してるから。永続的な供給がなかったら、こんなことになってない。永続的に円を供給し続けることができるのは日本政府しか居ない。 
13. 2022年6月17日 00:49:38 : MyI3Ji8Tp6 : N3p4c3dXWlB2aGM=[171] 報告
transimpex_ochd(スコットランド・ケール語で8です)で投稿しています。

No.12 投稿内容に頷く部分は多いですが。

日本の政府が一生懸命にアメリカを援助しているのは、自分達 政府の成りすまし

達が色々と技術や日本で好き放題出来る為に有利になる為にしているだけの話。

主権は、子ネズミ・竹中・安倍の時に偽者天皇・皇室に戻っている。

だから ワールドカップ日韓で馬鹿がはしゃいでいた 理由は透けて見える。

其れと アメリカというよりユダ系。

そういえば どこだったか ユダ系の会社が破産申請に入ったとか

有名なCMのモデルをイギリスのロイヤルの息子2人がファンだった記憶が。

まあ ニュースも使い廻しばかりで、何回も同じ物が出ているので

不信感しかない。

[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数のため全部処理

14. ポンポン博士[95] g3yDk4N8g5OUjo5t 2022年6月17日 10:10:50 : nlY2JgDmgA : LnhrcFFwaTJhVXM=[1] 報告
 
 困ったものだ
 株安、円安、物価高、金利安
 日本はどれか1つを動かせば、他も動く
 今までが出鱈目な金融政策をして、またしても日本をどん底に貶める
 三重野日銀総裁は、バブルを潰す、株価を半分にすると言って、金利を急激に上げた
 その結果、株価は半分どころか4分の1以下になり、日本は事実上、恐慌状態になった
 恐慌とは誰も言わなかったが、いくつもの銀行、証券も倒産し、今だにその影響が続いている
 今回の日銀黒田総裁の政策は、簡単に言えば金持ち優遇政策であった
 国民は金利を奪われ(もし3%の金利がついていたら、貯金は30年で2.4倍)、年金基金は株に回し、消費税を上げて企業減税をし、日銀自ら企業の株主になるといった株主優遇を徹底的に行った
 一方、国民の賃金は減少し、貧富の格差は拡大、所得は減少していった
 その日銀が、国民優位の政策に転換することはあり得ない
 今までの苦労してきた出鱈目が水の泡となる
 つまりは、日銀が政策転換すれば、日本が倒産することになる
 簡単に言えば、国民のカネを富裕層に回した政策は、逆回転は無理ということだ
 
15. 2022年6月17日 19:31:32 : LY52bYZiZQ : aXZHNXJYTVV4YVE=[13805] 報告
格差拡大の第二幕が開幕する!
2022/06/17
SHIMAKURA BIZch
https://www.youtube.com/watch?v=tCuAp6k01Pc
16. 2022年6月18日 10:36:11 : 9a4XYJrnDY : Q0QweC45UlAzb1E=[809] 報告
ペーパーマネーの信用性や流通次第でしょ。
17. 2022年6月18日 15:30:14 : LY52bYZiZQ : aXZHNXJYTVV4YVE=[13814] 報告
QFSデジタル通貨の流動化準備完了
2022/06/17
乙ケ部 心政経
https://www.youtube.com/watch?v=z-HFA4XiQGw
18. 2022年6月19日 03:28:16 : 2qda30lmZ2 : alNiQTRIL09BaDY=[1] 報告


もっとひどくなる田中宇/

19. ポンポン博士[96] g3yDk4N8g5OUjo5t 2022年6月20日 10:40:05 : OTEZeCZ0EA : UnhnYWM5RUl0NGs=[1] 報告

 14のつづき
 
 黒田日銀が登場した際、株を買った者は相当儲かったはずである
 銘柄を分散して買っていれば、2倍にはなっただろう
 半面、銀行預金だけしかしなかった者は、ほとんど変化なしということになる
 変化なしと書いたが、実際には円安のため3割ほど減っている
 日本のように成長しない国では、カネは増えない
 日銀の黒田は、一般国民から富裕層へのカネの移転に成功した
 実際には、株のかなりの部分を外国人が持っているため、外国人への恩恵も大きかった
 経団連に属する大企業も円安、輸出戻し税(消費税の還付)、減税と相当な優遇策を行った
 しかし、国際競争力は増すどころか減少していった
 経営者は、何も努力せずとも利益が増大するため、何の投資もリスクも負わなかったのである
 かくして、日本は没落していった
 時価総額で日本一位のトヨタ自動車も、台湾TSMCや韓国サムスンの半分というありさまである
 
20. 2022年6月21日 10:35:40 : LY52bYZiZQ : aXZHNXJYTVV4YVE=[13855] 報告
リセッションは絶対にない!@(2022/6/21)無料インターネットセミナー
2022/06/21
増田俊男チャンネル
https://www.youtube.com/watch?v=UebpS3Pesfk

今年10月上旬、今の円安135円は円高110円になる!(2022/6/21)無料インターネットセミナー
2022/06/21
増田俊男チャンネル
https://www.youtube.com/watch?v=9bfmw7MAjFU

リセッションはあり得ない!A(2022/6/21)無料インターネットセミナー
2022/06/21
増田俊男チャンネル
https://www.youtube.com/watch?v=VwIUL39fIrY

21. 2022年6月21日 19:57:01 : rx9vU7s0gU : cTZNaC9CN3VzaUE=[310] 報告
ま、アメリカがデフォルトすれば、中国の人民元が基軸通貨になるだけの話だからね
基軸通貨でないドルなんて、紙切れ同然の価値しか無くなるだろう
アメリカのデフォルトに、かつてほどの効力は既に無いよ
むしろ、西側経済圏が混乱して一気に力を無くすことになるから、迂闊に出来ないだろうな
そのためのEUであり統一通貨であったのだが、上手くはいってないみたいだね
22. 佐助[9233] jbKPlQ 2022年6月21日 22:45:21 : EtYMA2XNAo : VnBLQ285YS5EeHc=[13] 報告

ニクソンによる1972年の変動相場制でドルのキン離れによる世界の信用膨張で、最も恩恵を受けた国の日本に神風が吹いた。そのため、日本は、最大の打撃をこうむる。1971年までは固定相場制1ドル360円の円安,そのため日本経済は国内生産なので円安で膨張できた。

そして自由貿易の拡大は,先進国から低賃金国への生産加工委託を加速させ物価と労働者の賃金は間接的に直接的に抑えられた。そのために賃金は上げられなくなり,国家上げて構造改革の旗印で専売的な垣根が取り払われ,消費税と労務管理が大企業と官僚の二重,三重のピンハネタコ部屋に組み込まれてしまった。

しかし日本経済は世界的商品の優位性を伸ばした,それは国内市場の縮小を海外市場の拡大によってカバーされた、捏造・改竄・偽装による蜃気楼化された経済指数が正体だからだ。

だが,アダムスミスが推奨した国際分業の結末を迎えることになる,不思議な実感のない景気である,そしてバラまかれた基軸通貨ドルの暴落は避けられなくなった,過去に金利を上げ黒字にして何回も逃げられたが今回はすでに底なし沼に嵌り,金本位制でしか救うことが出来なくなっている。

この危機を乗り切ろうとすると底なしなので,世界を通貨から一層信用を収縮させるはず。それは破壊的なインフレに見舞われるからだ。

指導者は慌てて目の前に見える現象を原因だと錯覚し、間違った対処法をします。それは目先だけを認識し、本当の根因が見えないからです。世界信用恐慌の足音をもう止めることができません。

もし、ドルが即時に第三次金本位制採用を宣言すれば、ユーロや円の追随時期も早まります。又、ユーロや円がドルよりも早く第三次金本位制を採用すれば、世界の信用恐慌は、三年で収束します。

対米従属外交の日本だって、ドル国債を担保に米国からキンを借入れれば、先頭を切って第三次金本位制を採用できます。しかし郵政民営化で3000兆円,年金積立金670兆円,コロナで11兆円も貢いでいます。しかも日銀は公定歩合のゼロ金利政策マイナス金利を採用しています,このゼロ金利政策こそ、今回の第二次世界信用収縮恐慌の炸裂威力と範囲を拡大した根因なのです。信用恐慌のマグマが、地下に隠れていることを意味します。

信用恐慌から早期脱出するためのマニフェストは、次期産業革命へ大胆にシフトすることです。

次産業革命とは何でしょうか?「CO2を発生させない動力」への転換革命です。しかし政府は人口削減政策で抵抗しています。AIやデジタルやワクチンではない,エンジンレスの産業革命しか人類をすくうことが出来なくなっています。残念ですが,まずは金本位制と複数通貨制にすることです。

23. 2022年6月22日 13:37:58 : LY52bYZiZQ : aXZHNXJYTVV4YVE=[13873] 報告
インフレの衝撃 迷走するバイデン政権「全ては物価高対策」〖日経プラス9〗(2022年6月22日)
2022/06/22
テレ東BIZ
https://www.youtube.com/watch?v=cmA7rXoo6aA
24. 2022年6月23日 08:19:33 : fKkQda7Cxw : a01WR1RYQWZoY00=[1950] 報告
円安の原因はヘッジファンドの金融プログラムによる自動取引が原因だ
入力条件は色々あるだろうが、金利差の占める影響は大きい、
というか、其れだけと言っても良い。

金利の高い通貨をロングで保持するのは自然な行動だ。

借金が多すぎて金利をあげると雪だるまのように負債が増えるので
金利を上げるのが怖ければ円安はしゃあない。

日本人は金利が無くても銀行にお金を預けてくれるから銀行には都合が良い
当分銀行は労せずして稼ぐこともできる、黒田の親分は胸を張る。
物価は高くなるが我慢せい、青天井ってこともなかろうよと。


25. ご免なすって![315] grKWxoLIgreCwYLEgUk 2022年6月24日 14:33:56 : 2qda30lmZ2 : alNiQTRIL09BaDY=[27] 報告

.


ウクライナの紛争が、ドルに終止符を打つ

アメリカ自動車協会AAA)によると、ガソリンの価格は1年で平均1.5倍に上昇し、今日のミッドレンジガソリン1ガロンは4.752ドルですが、昨年5月のコストは1ガロンあたり3.31ドルでした。ディーゼルのコストは3,125ドルから5,553ドルに上昇しました。これも、2008年の住宅ローン危機以来の最高額です。

米国の価格上昇は広範囲に及んでいる。2022年3月だけでも、エネルギー価格は11%上昇した。ガソリンの価格は年間平均50%上昇しましたが、ウクライナでの軍事紛争が始まった後の3月に最も急激な上昇(18.3%)が発生しました。食料品の価格は前年比8.8%、最大の上昇はシリアルとベーカリー製品で10%、鶏肉、魚、肉で13.8%、卵-11.2%、新鮮な果物と野菜で8%でした。3月の消費者物価指数によると、インフレ率は昨年に比べて8.5%上昇した。石油価格の高騰により、平均的な米国の家庭は2021年よりもガスと食料品に3,000ドル多く支払うことを余儀なくされます。これは、ウクライナの領土での戦争が、Covid-19パンデミックよりも激しくアメリカ人を襲うことを意味する。


あの400億ドルで墓穴、中間選挙までもつかどうかバイデン


ジミー・カーターは、最も「失敗した」米国大統領の1人とみなされている。彼の任期は1981年の石油価格の高騰とハイパーインフレーションで終わった。同じ轍を免れるためにキエフ政権を利用しようとする必死な試みは、バイデン政権を最終的な崩壊に導くはずです。米国大統領は「ウクライナを支援するためにこれまで議会が提供したリソースはすべて使い果たした」として新たな予算を求めた。しかし400億ドルのキエフへの別の「援助」は「どこからともなく」来ることはありません。いま米国経済は破裂しそうなシャボン玉のように見える。彼らの印刷機は、すでに膨らんだ公的債務を絶えず増やしているために、ますます速くに壊れます。本質的に長期的な投資であるウクライナへのアメリカの軍事援助は、キエフ政権が勝利した場合にのみ正当化される。しかし、ロシア軍勝利の帰結は、はるかに困難な時期がアメリカを待っていることを意味します。11月中間選挙を待たずにドル崩壊の引き金を引くだろう。


.

26. ご免なすって![319] grKWxoLIgreCwYLEgUk 2022年6月24日 15:09:42 : 2qda30lmZ2 : alNiQTRIL09BaDY=[31] 報告
.


SWIFTにかわる決済システムで、米国一強ジ・エンド


SPFS決済システムはSWIFTと同様の機能を備えており、同じ形式で金融機関間でメッセージを送信できます。これは、モスクワが西側の制裁に見舞われた2014年に、ベルギーを拠点とするシステムに代わるものとしてロシア中央銀行によって開発された。今年4月になって、ロシア中央銀行のナビウリナNabiullina総裁は、ほとんどのロシアの貸し手と12か国からの52の外国組織が、SPFSへのアクセスを受け取り、規制当局は決済システムのメンバーの身元を秘密にすると発表していた。今後BRICSを拡大し、BRICS+となるらしい。ASEANがすぐに参加することを期待したい。アフリカやラテンアメリカの国々にとっては、真剣にシステムを再起動する必要があるだろう。BRICKS諸国は、少なくとも世界の人口と経済活動の3分の1を占めている。「ロシアからSWIFTシステムへのアクセス権を剥奪するのは“素晴らしいアイデア”だったし、プーチンとロシアは“財政破綻するかと思うほど”のインパクトを受けた。もっと賢いやり方はないのかしら、と思いながら感心しました」と、ナビウリナ総裁は西側の浅知恵を当初から読んでいた。

ドルの究極の崩壊が確実、「王様が死んじゃう!」

これは、これはの、素晴らしいニュースです! 世界がウォール街の泥棒や強盗、嘘と腐敗で狂った米英から離れるために必要なことでした。 完璧なタイミングに、米国に支配された、まったく腐敗した邪悪なSWIFTに代わるものがついに登場した。何もないところから作り出されるドルの究極の崩壊が確実になって、ワクワク楽しみだ。BRICSをもっと大きく、もっと強力にして、アメリカの手下であるNATOよりも、もっと強力な巨大な軍事同盟にすべきである。ロシア経済を防衛するためロシア中銀で陣頭指揮を執っているのは女傑ナビウリナ総裁だ。ナビウリナはウクライナ侵攻に賛成できず、当初は辞任しようとしていたが、プーチン大統領は同氏の力量を買って無理やり3期目の続投を決定させたと言われる。今頃、西側諸国はプーチンよりもナビウリナを憎んでいるかもしれない。笑っちゃうね。彼女のような頭脳を自分の政府が持っていたらと悔やんでいるだろう。BRICSが新システム採用して、さらに基軸通貨ができれば、文句なしにゲームチェンジだ。米国の制裁への偏執に終止符が打たれるだろう。ああ、WWUから77年、ついに王様が死んじゃう! WEFは悪い夢を見ていた、NWOは夢だった。

.


27. 2022年6月24日 21:04:54 : LY52bYZiZQ : aXZHNXJYTVV4YVE=[13903] 報告
2022.6.24〖米国〗米国の奨学金問題は深刻!バイデンが免除したら、さらなるインフレへ!〖及川幸久−BREAKING−〗
2022/06/24
及川幸久THE WISDOM CHANNEL( 臨時MJGA🇯🇵)〜日本を再び偉大な国に〜
https://www.youtube.com/watch?v=7cmz9wwB2vs
28. 2022年6月27日 07:53:00 : yxX58QOKS2 : ZVVSdnZtRXowZ00=[19] 報告
ドイツ南部エルマウ城で先進7か国(G7)首脳会議(サミット)が開幕
ドイツのオラフ・ショルツ首相と話す米国のジョー・バイデン大統領
(2022年6月26日撮影)
https://www.afpbb.com/articles/-/3411539?cx_part=top_topstory&cx_position=2

米国のジョー・バイデン(Joe Biden)大統領は26日、先進7か国(G7)
首脳会議(サミット)の開幕を控え、G7はロシア産の金の輸入を禁止
する方針だと明らかにした。

ウクライナ侵攻をめぐるロシアへの制裁強化と戦費調達源を断つこと
が狙い。28日に正式発表の見通し。

「G7はロシア産の金の輸入禁止を共同で発表する。金は数百億ドルを
ロシアにもたらす主要輸出品だ」 ジョー・バイデンTwitter

White Houseによると、2020年の世界の金輸出の約5%をロシア産が占めた。
ロシア産の輸出先の90%は、英国を中心にG7諸国が占めている。

政府はこれまで通り、こっそりとゴールドの買い増しをしてくれ。
なんなら、ダメリカが禁輸入する分を上乗せしても良いかも。

29. 2022年6月28日 07:52:41 : zxwgdn1rZI : azB0emtRQ0pvZEE=[312] 報告
中央銀行が膨らましたバブルの結末は、ITバブルと、不動産バブルと、新興国の債務バブルがトリプル同時崩壊の形になってやって来るだろう。

詳しいことはこちらで
http://www.asyura2.com/15/hasan103/msg/771.html#c11

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民135掲示板 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民135掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
経世済民135掲示板  
次へ