★阿修羅♪ > 国際30 > 169.html
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ ★阿修羅♪
バイデン大統領を信頼するのは見当違いの可能性が高い(マスコミに載らない海外記事)
http://www.asyura2.com/21/kokusai30/msg/169.html
投稿者 赤かぶ 日時 2021 年 1 月 27 日 10:15:45: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

バイデン大統領を信頼するのは見当違いの可能性が高い
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2021/01/post-c931f1.html
2021年1月26日 マスコミに載らない海外記事


2021年1月21日
ジェームズ・オニール
New Eastern Outlook

 ドナルド・トランプの二度目の弾劾と、彼が、アメリカ大統領選挙戦で、ジョー・バイデンへの敗北をはっきり認めることで、大喜びの民主党が祝うアメリカ合州国の光景は今のところ啓発的でない。外部の観察者にとって、彼らが何をうれしがっているのか理解するのは困難だ。

 確かに、ドナルド・トランプ大統領は、その外交政策ゆえに、アメリカ合州国を本当に支配している人々にとって幸せな経験ではなかった。トランプ大統領の四年間は、緊張や恫喝や多数の怒鳴りつけに満ちていたが、実際のところ、四年間、彼は物理的に他国を実際に侵略するのに抵抗していたのだ。

 これは大した業績でないように思われるかもしれないが、第三国を攻撃するのがアメリカ外交政策の不可欠な部分だった第二次世界大戦後のアメリカ合州国の大統領では前例がない。

 トランプ時代が、平和や、想像上なり現実なりの敵に対する愛に満ちていたと言うわけではない。政権を掌握していた四年間、トランプは、自分が真の大統領だと主張する人物を正当な大統領と認めさえしたベネズエラに対するものを含め、様々な手段で戦争した。彼のこの愚行に、オーストラリアを含め多くの西欧諸国が参加した。この試みは最終的に死につつあるように思われるが、それにまつわる対ベネズエラ制裁は、国と国民に壮大な困難や苦しみをもたらした。ベネズエラ人の罪は、アメリカ支配を受け入れるのを好まない大統領を選出したこと以外の何ものでもなかったように思われる。

 トランプ政権のイラン対応は更に酷かった。アメリカ合州国は、前任者バラク・オバマと、いくつかのヨーロッパ諸国が考え出した協定を無効にしたのだ。バイデン政権はイラン合意に再参加したがっているように見えるが、改訂を望んでいる。イランは正しく、きっぱり拒否したが、バイデン政権がどれぐらい大本の合意の改訂を要求し続けるか見るのは興味深い。ここでは、イランへのどんな譲歩にも厳しく反対するイスラエル政府の態度が、おそらく主要因だ。

 バイデン政府のもとで、アメリカ外交政策のどんな大きな改善も期待するのは決して賢明ではあるまい。この悲観的な考えには、いくつか理由がある。まずバイデンには彼の将来の政策は何かについての手引きとなる長い実績があるのだ。彼の実績には、信頼を抱かせるようなものは皆無だ。

 オバマの副大統領として、バイデンは政権の攻撃的政策の最前線にいたのだ。その結果には、平和なヨーロッパを望む人々を、いまだに悩ませている2014年のウクライナ・クーデターも含まれる。

 バイデン政権下で、ウクライナ状況の解決は、ありそうもない。アメリカ合州国と西欧政府全般は、クリミアでの一連の出来事を、クリミアのウクライナとの紛争を解決する上で、ロシアが攻撃的行動をしているかのように、わざと不正確に伝え続けている。六年以上たった今も、クリミアが1954年にウクライナの支配下に入ったことや、歴史的に、ロシアの不可欠な地域だったことを、欧米メディアが認めたのを私は見たことがない。

 ジョー・バイデンは息子のハンター・バイデンの活動を通して、ウクライナ政府と個人的つながりを持っているが、その詳細は、欧米メディアが無視するのを好む分野だ。これら出来事の結果、バイデンがロシアに好意的見解を持っている可能性はまずない。

 アメリカ合州国の中東外交政策も、いかなる大きな変化も期待できない。副大統領時代、バイデンは、ジョージ・ブッシュ大統領のイラク攻撃という大失敗を認めず、副大統領としての八年間、イラクへのアメリカの関与を減らす措置をとらなかった。彼の統治下の2015年に、アメリカはシリアを攻撃したが、その紛争を終わらせたり、イラクやシリア両国を悩ませる複数の反政府集団へのアメリカ支援を終わらせたりする誓約もない。

 バイデンはヨーロッパに「戻る」と約束したが、ことの真相はアメリカは決してそこを去っていないのだ。アメリカ軍部隊派遣の再配置は撤退からはほど遠いが、それが本質的にトランプ政権がした全てなのだ。バイデンは、現在亡命している前大統領候補をアメリカが支持しているベラルーシに対するアメリカの干渉を減らす約束もしていない。

 欧米メディアが直面できないものに、まさにバイデンの精神衛生という本当に重要な問題がある。バイデンが精神障害の徴候を示しているという非常に説得力ある証拠がある。彼が四年間務められるかどうかは未解決の問題だ。彼が機能不全になったり、亡くなったりした場合、副大統領のカマラ・ハリスの人格は、極めて重要になる。

 彼女がなぜ選ばれたか全く不明瞭だ。カリフォルニア州司法長官としての彼女の実績は極めて保守的な特徴と、黒人の容赦ない追求は注目に値する。支持者が伸びず、彼女は最初に大統領予備選挙から撤退した。バイデンにとって、彼女の主な魅力は、人種と性と地理的場所のように思われる。そうした特徴のどれも彼女の能力の手がかりにはならず、彼女は、大統領選選挙運動中、どんな確信を抱かせる発言も行動もしていない。

 主要外交政策分野におけるバイデン任命者の主な特徴は、前回在職中、仲が良かった人々への依存だ。彼らの誰も、バイデンとの関係が、彼の大統領職の成否を決める二つの国、ロシアや中国への共感があるとは知られていない。

 前任者のものに対して、バイデン大統領のスタイルには多少の変化はあるだろうが、大きな変化を期待するのは重大な間違いだろう。バイデンの過去の時代に対する明白な傾倒が、それと結びつく。これまで四年で、世界は変わっており、ほとんど、そのどれも、アメリカに好ましいものではない。このプロセスは続く可能性が高い。大きな疑問は、それら変化に対するアメリカの対応、特に、アメリカ覇権の時期が、今や、とっくに、本当に終わっていることを進んで認めるか、否かだ。

 ジェームズ・オニールは、オーストラリアを本拠とする法廷弁護士で地政学専門家。オンライン誌New Eastern Outlook独占記事。

記事原文のurl:https://journal-neo.org/2021/01/21/faith-in-a-biden-presidency-likely-to-be-misplaced/

----------


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 赤かぶ[115110] kNSCqYLU 2021年1月27日 10:17:30 : DiuQjGfad6 : UTBWZXVVMUNWUkE=[13886] 報告

2. 2021年1月27日 13:26:35 : bRKXjmdg2s : em5XaDVtVkw3c3M=[3] 報告
バイデンは信頼できなくても
陰謀論者は論外
3. 2021年1月27日 14:18:57 : 8z9V3hsfMI : ZXptcVZMNURsRDI=[63] 報告
南北戦争以降のアメリカの政党政治を見てみると、
米民主党:外国を利用した経済政策、米共和党は自国内政を重視した経済政策を
重視しているように見受けられるのだが…

ということから、共和党のほうが良くないか?

4. 2021年1月27日 16:45:22 : bRKXjmdg2s : em5XaDVtVkw3c3M=[4] 報告
アホだろ
逆だ
国際貿易重視が共和で
自国産業保護が民主の伝統
あくまで傾向で党議拘束もないからあまり意味ないが
5. 2021年1月27日 19:00:53 : OknyoRTvyQ : dmlpLmg5bTI2bkE=[386] 報告
混乱に 導いていく 今以上
6. 2021年1月27日 19:29:18 : g1YOXucKKs : SmlCUzEvcWVKcFU=[8] 報告
日本政府の基本的米国情報を示します。。
日本政府外務省ホームページでは米国の基本情報には

https://www.mofa.go.jp/mofaj/area/usa/data.html#section1    

政治体制・内政

2 元首
ドナルド・トランプ(Donald J. Trump)大統領(2017年1月20日就任。憲法により三選は禁止。)

3 議会
二院制
上院 100議席,任期6年(2年ごとに約3分の1ずつ改選)
下院 435議席,任期2年(2年ごとに全員改選)
(注)2019年8月現在の議席構成は,上院(民主党45,共和党53,無所属2),下院(民主党235,共和党197,無所属1,欠員2)。

4 政府
大統領
ドナルド・トランプ
副大統領
マイク・ペンス
国務長官
マイク・ポンペオ 


と云う事です。

7. 2021年1月27日 22:57:29 : LY52bYZiZQ : aXZHNXJYTVV4YVE=[8316] 報告
バイデンのやろうとしている経済政策がバラマキ中心の弱者救済政策だとしても今のところ日本の政権がこれに倣う様子は見られない。相変わらず自分には甘く他人には厳しい緊縮財政を旨とした国民を痛めつける政策ばかりだ。オバマが大統領だった時も似たようなものだった。これでは今の野党構成のままで政権交代があったとしても似たような政治になるだけだろう。バイデンを支持することは米国民には意味があることだが日本人にはあまりメリットがない。トランプもよくはなかったがこのままだと何も変わらないままだ。
8. 2021年1月28日 02:21:06 : 8z9V3hsfMI : ZXptcVZMNURsRDI=[64] 報告
>>4
”国際貿易重視が共和で 自国産業保護が民主の伝統 あくまで傾向で〜”

おい、国際貿易TPPは民主オバマで、共和トラが反対した。
党独自で政策を決めていた頃とは違うので、一概には言えないが… 

なお、
米国民主党の大統領のときに対外戦争を起こし自国経済を発奮させている。
湾岸戦争はブッシュ親子だが、オバマが引き継いだ。
(ロビイストのイスラエルや戦争屋が米民主を動かしている?)
日本に凶事が起きるのは米民主党のときが多いと思っている。

170年の米政権の動きを見れば、米民主党が平和主義一辺倒でないのは確かだ

米民主党
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E5%90%88%E8%A1%86%E5%9B%BD%E6%B0%91%E4%B8%BB%E5%85%9A%E3%81%AE%E6%AD%B4%E5%8F%B2

米共和党
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E5%90%88%E8%A1%86%E5%9B%BD%E5%85%B1%E5%92%8C%E5%85%9A%E3%81%AE%E6%AD%B4%E5%8F%B2

アメリカの外交政策
https://www.y-history.net/appendix/wh1102-052.html#wh1401-121_0

9. 2021年1月28日 17:22:10 : bRKXjmdg2s : em5XaDVtVkw3c3M=[5] 報告
トラとか言っているのは気持ち悪い
10. 2021年1月28日 17:30:34 : 9EjU2jBZxI : Q3FVWXFrZWZRMEU=[192] 報告
梅デンは捕まってます‼
11. 2021年1月29日 14:56:38 : LRZmK6JNOo : TVdKL05pY2x6WEE=[12] 報告
当たり前だろう
アメリカ大統領そのものが信用してはいけない人間の筆頭だ
特に、日本国にとっては、世界最大の恐喝乞食の名前が「アメリカ大統領」なのだから
それを前提で考えるべきなのだよ
なにを今更、だ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際30掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際30掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際30掲示板  
次へ