★阿修羅♪ > 国際30 > 170.html
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ ★阿修羅♪
ダーク・ウインターの後に予定されているリセット(櫻井ジャーナル)
http://www.asyura2.com/21/kokusai30/msg/170.html
投稿者 赤かぶ 日時 2021 年 1 月 27 日 23:36:15: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

ダーク・ウインターの後に予定されているリセット
https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/202101260000/
2021.01.26 櫻井ジャーナル


 ジョー・バイデン政権を読み解くためのキーワードはいくつかあるだろうが、中でも「リセット」と「ダーク・ウィンター」は重要だろう。いずれの用語ともしばしば耳にする。

 「リセット」を有名にしたのはWEF(世界経済フォーラム)を創設したひとりであるクラウス・シュワブ。COVID-19(2019年-コロナウイルス感染症)を利用して資本主義システムを大々的に「リセット」すると彼は主張した。

 「ダーク・ウィンター」は2001年6月にアンドリュース米空軍基地で実施された軍事演習の名称で、天然痘を生物兵器とする攻撃をアメリカは受けたと想定されていた。訓練の主体はジョンズ・ホプキンス市民生物防衛戦略センター、CSIS(戦略国際問題研究所)、国土安全保障ANSER研究所、MIPT(国立テロリズム防止オクラホマシティ記念研究所)だ。COVID-19を語るときにもこの用語が使われる。

 リセットは経済のグローバル化が限界に近づいていることから迫られていると言える。巨大企業による国境を越えたビジネスが問題になったのは1970年代。アメリカ上院では1972年に多国籍企業小委員会が設置されたが、こうした動きは封印されてグローバル化は推進されたのだ。

 勿論、世界を支配している私的権力が支配システムを手放すはずはない。労働者が革命を起こすというようなこともないだろう。そのための覚悟があるようには思えず、準備もしていない。それに対し、現在の支配者は覚悟を決め、準備をしてきた。支配システムをリセットするために彼らはパンデミックを利用するつもりだ。

 ダーク・ウィンターの3カ月後にニューヨークの世界貿易センターとバージニア州アーリントンの国防総省本部庁舎(ペンタゴン)が攻撃され、アメリカでは国内の収容所化と国外での侵略戦争が本格化した。

 2005年9月にCIAは中国や東南アジアのような地域でパンデミックが起こるという想定に基づく報告書を作成、2010年5月にはロックフェラー財団とGBN(グローバル・ビジネス・ネットワーク)が「技術の未来と国際的発展のためのシナリオ​​」を発表する。そこでは2012年に新型インフルエンザのパンデミックが起こり、マスクの着用、公共施設やマーケットの入り口における体温の測定が強制され、そうした管理、監視体制はパンデミックが去った後も続くとしている。支配者だけでなく被支配者である市民も安全と安定を得るために自らの主権やプライバシーを放棄するというのだ。かつて正常とされた状態には戻らないとする分析はMIT(マサチューセッツ工科大学)の「MITテクノロジー・レビュー​​」の2020年3月11日号にも掲載された。

 2019年1月から8月にかけてアメリカ政府は中国でインフルエンザのパンデミックが始まるという想定の演習を実施、その年の10月にはビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団とジョンズ・ホプキンス健康安全保障センターがニューヨークでイベント201を開催、コロナウイルスが全世界で流行するというシミュレーションが行われている。このイベントと同時に武漢では各国の軍人が競技大会を実施している。

 ダーク・ウィンターは2001年の演習、リセット発言は2020年。その間にジョージ・W・ブッシュ、バラク・オバマ、ドナルド・トランプの3人が大統領になっているのだが、この流れは継続している。ホワイトハウスの背後にいる支配者の意思が反映されているということだろう。



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 赤かぶ[115228] kNSCqYLU 2021年1月27日 23:37:38 : DiuQjGfad6 : UTBWZXVVMUNWUkE=[14004] 報告

2. 2021年1月28日 07:19:18 : 4btnGE4hEQ : L0tnQ0Fab3hoUnc=[68] 報告

 慧眼、いつもながら凄い 櫻井ジャーナル
3. 2021年1月28日 10:17:26 : PPpM4Bzao2 : RkQ4LlVQZUpWcm8=[1] 報告
「リセットは経済のグローバル化が限界に近づいていることから迫られている」と言いながらパンデミックを煽って更にグローバル化の邪魔をしている(笑)と主張する櫻井春彦。自分の言う事が矛盾している事に気づかないほど馬鹿なのだ。

グレートリセットは資本の所有者中心の資本主義から経営者、労働者、地域住民全体を視野に入れた企業へと転換させるステイクホルダー主義への転換を主張しているものだ。
櫻井の言うファシズム化とか収容所化とかと何の関係もない。

4. 2021年1月28日 11:15:41 : PPpM4Bzao2 : RkQ4LlVQZUpWcm8=[2] 報告
だいたいグローバル化は限界になど近づいてないよ。まだ始まったばかりだ。これから何百年も続くのだ。

限界に近づいたのはヘッジファンドだ。

5. 2021年1月28日 12:48:19 : xsBtQWPuRk : WTZDYWdMcHNHVGs=[4] 報告
> 労働者が革命を起こす

実は、革命さえ、ディープステイトが、用意したものだ。

新型コロナウイルスパンデミックの虚偽性を見抜いた、各国の人々が、抵抗運動を行っている。

今回の米国大統領選挙の結果に、異議申し立てを行っている何千万人のパトリオットたちの動きも、これに連動する。

ディープステイトが、これに対応する手段は、二つで、外に向かっては、戦争、内に向かっては、弾圧排除であろう。

中国との八百長戦争が準備されているように思う。

6. 2021年1月28日 15:21:51 : lEoTNCBUqo : L1NSZzRoSWFJWGc=[1] 報告
 櫻井氏>「2019年1月から8月にかけてアメリカ政府は中国でインフルエンザのパンデミックが始まるという想定の演習を実施、その年の10月にはビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団とジョンズ・ホプキンス健康安全保障センターがニューヨークでイベント201を開催、コロナウイルスが全世界で流行するというシミュレーションが行われている。このイベントと同時に武漢では各国の軍人が競技大会を実施している」


  犯罪捜査のイロハは、それで最も利得を得るもんを疑うだろう、今回のコロナで最上の利得えたもんは誰か、間違いなく黴毒臀インチキズルパンズルチン痴呆老人だろう。ボケぶりも半端でなく、“今回は完璧な不正選挙仕掛けるから・・・”とポロッ!と本音を喋っちまうくれえじゃから、ボケも相当だが。ボケ老人は羊の皮を被った狼だが、今は女性・黒人等優遇のポーズで羊の皮演出に余念ないが、バックがCIA・産軍複合・グローバル等じゃから、直に正体出すよ。程なく戦争・弾圧・抑圧等恐ろしい時代が始まるぞ。ボケ老人にとっては、ヴィーヴァ!コロナ、悪疫大流行バンザーイ!ちゅう感じで、不正選挙とコロナのお陰で何とかローバルルームに入えり込めたちゅう感じで、コロナに足向けて寝られねえつうとこだろう。コロナによる社会的混乱なかったら、大々的なドミ機使用や郵便投票不正とか、不正をこいほどにはでけんじゃったろう。黴臀爺さんの利得に逆比例して、一般大衆の失ったもんは余りにデケスギるし、怒るもんも出るよ。
  チョーサー『カンタベリー物語』には同じ情景描写あるよ。連日の教会の鐘、今日も又行列で、村の飲んだくれの3人の極道の若者が死神の仕業に違げえねえと、義憤に駆られて死神退治に出掛ける場面だ。おっとり刀で行くと、村の外れで乞食のような老人に出会った。老人に死神の居場所を問い詰めると、向こうの森の中の樹の下にいるという。喜んだ3人が樹の下へ行くと、死神の代わりにフロリン小判が8俵もうずたかく積まれてた。極道者達は死神退治も忘れて、小判にうつつ抜かしたが、最終的には数時間も経たないうちに、奪い合いから3人とも往生してしまったちゅう、老人に化けた死神のほうが一枚上手だったちゅう、チョーサー大先生のモノローグだ。今回も黴臀爺さんは、よく見ると死神の相に似て見えるが、大衆が単純に怒りをぶつけても、手練手管を駆使しても容易には土俵割らねえだろう。トランプすら正規軍動員しても持て余しちょるくれえだ、死神が万能の善なる神を誅する、悪人が善人より上回る、右を見ても左を見ても、この世はまっ暗闇ちゅうアンベエじゃが、こんたなマンまでええのか。
20/11/16阿修羅 “ポンペオ氏の衝撃的な発言、大局は把握している?”パイプライン氏サイトに関連させて、下記コメを載せたので再掲する。

< 闇の奥(heart of darkness)の死闘が、今回のポンペ発言で多少に垣間見えてきた気がするな。従来の共和vs民主のイメージの絵柄は、陳腐化かも。赤がかっての民主のイメージで、青(黴電)はむしろ以前の共和カラーのそれか。4年前に虎登場の時は、金融寡頭体制から国を取り戻す、軍産複合体打倒、アメリカ国家と国民を再生する、アメリカ・フアーストだとかで、虎はオーバルルームに乗り込んだ。DS側は、オバマ的政治を永続させる中で、永遠に甘い汁吸う気でいたが、虎登場で目論見が外れた。同時に、4年後の2020年選挙での虎排除の虎排除の長期戦略がスタートしたかも。当戦略は、メデイアを使う徹底したプロパパンダも壮観だが、並みの手段では虎打倒できないと、コロナ妖術も選択肢で、それで経済を混乱させ、それを理由とする選挙の投票行動への直接介入と特殊投票開票機導入など、半端ではなかった。2019年は初夏から、当事者以外は考えられない出来事があった。
 2019年7月にフォート・デトリック細菌兵器研究所(米陸軍傘下)突如閉鎖されたが、ここは911同時テロ後発生の「アメリカ炭疽菌事件」では、炭疽菌の出所の事実が後に判明した機関だ。2019年10月18日には、「世界軍事オリンピック」が中国・武漢で開催されたが、米軍人400名が参加したが、正にこの同じ日に、コロナウイルスの模擬演習 (「イベント201」命名)がアメリカ・ニューヨ―クで実施された。この演習の主催団体はジョンズ・ホプキンス大学、WHO、メリンダ&ビル・ゲイツ財団、世界経済フォーラム等であった。これら主催団体は「ID2020」計画を2020.1月からスタートさせる予定だったが、この計画は「マイナンバー・カード」のような電子化された身分証明書を、「ナノチップス」という超極微のかたちにして、それをワクチン接種という手段を使って地球上の全員の身体に埋め込ませることを目的としていたと言われる。
 上記にメリンダ&ビル・ゲイツ財団の名があるが、ビル・ゲイツが今回のコロナ騒ぎに一枚かんでるのは、事実だろう。2015年に完成したゲイツの軽井沢別荘なろものは、敷地6700坪の山林を切り拓いて、床面積1890坪の地上1階地下3階の、別荘というより地元ではシェルターと呼ばれてる巨大建築であるが、施工の大成建設にゲイツ側が出した最大要求は高機能コトロールというか、いかに汚染空気をシャットアウトするか、いかに汚れた空気を絶対に中に入れない構造と機器設置とするか、の1点だったという。ゲイツの使用目的は何か、コロナ・パンデミックまで想定していたのか、本人に聞きたいところである。しかし当“別荘”の建築開始は2013年1月であるから、オバマの時代で虎の時代でないから、今回の大統領選とコロナ騒動は、直接には関係したていかも。しかし、ゲイツのコロナパンデの構想はこのころからあり、今回大統領選にこれ幸いと乗ったかも >

7. 2021年1月28日 17:23:47 : bRKXjmdg2s : em5XaDVtVkw3c3M=[6] 報告
陰謀論者は、造語りまくるのやめて欲しい
気持ち悪いし
8. 2021年1月28日 18:48:50 : oyZaIFcmqk : MllDcjNWVHpBMmc=[292] 報告
今でも実質「主権国家」などは存在しない。

どこの国でも、ネットのシステムはGAFAが決める。マグドやスターバックスが自由に活動できる国以外は存在できない。地下に眠る原油の採掘権はどこかのグローバル企業とその地域の権力者言いかえれば独裁者が持っている。

そんな国が主権国家かどうかは疑わしい。抵抗できるとすれば中国、ロシアぐらい、その国ももちろん独裁国家だが。

9. 2021年1月28日 19:47:43 : OknyoRTvyQ : dmlpLmg5bTI2bkE=[401] 報告
リセットで 有耶無耶にする 過去の悪
10. 2021年1月29日 10:33:09 : jyhX3pUSwA : UC9kRzBZbHVwMlk=[1] 報告
明治天皇は、ディープステイトの代理人で、ロスチャイルド一門のジェイコブ・シフとは、ビジネスパートナーだった。

中国国民党の蒋介石は、明治天皇の容貌と同じように、青い目をしていたので、ポルトガルあるいはオランダ人とのハーフと見られていた。

そして、不都合な、その履歴は消されているが、日本のミリタリー・スクールで学んでいた。

上海の一通貨ブローカーに過ぎなかった蒋介石が、富を獲得して、急激に台頭したのは、日本側から秘密の支援があったせいかもしれない。

裕仁が作った結社の一員だった鈴木貞一は、命を受けて、上海に派遣され、蒋介石の後見人となった。

1923年に、蒋介石は、モスクワを訪問して、スターリンと知己になり、共産主義を学んでいた。(この経歴も抹消されている。)

中国共産党は、ロシア革命を主導したシフと関係があるユダヤ人たちによって創設されたことは、前に述べたので、詳しく語らない。(Grigori VoitinskyとかIsrael Epsteinとか。)

デイビット・バーガミニの著作では、晩年の孫文のまわりに、毛沢東や周恩来がいて、また、ロシア人であるVasili BluecherとMichael Borodin(aka Mike Berg)の影響下にあったと述べられている。

> He(孫文) had surrounded himself with young Communists like Mao Tse-tung and Chou En-lai. He was under the influence of two Russian advisors: General Vasili Bluecher, the strategic magician who had whipped together raw Red recruits to defeat the Cossacks in Siberia in 1921, and Michael Borodin, the product of a Vitebsk ghetto, best known to some Americans as Mike Berg,

中国国民党と中国共産党は、一方日本の代理人を通して、片方はソ連を牛耳っていたユダヤ人たち通して、ディープステイトに、つながっていた。

戦場では、両国民が、敵味方に分かれて、殺戮の限りを尽くしたけれど、日中戦争は、太平洋戦争と同じように、ディープステイトの構成員にとっては、八百長戦争であった。

11. 2021年1月29日 23:05:50 : LHBMZxzrf6 : Y1IzTVlORXBVdXM=[107] 報告
一つも当たった試しがない奴の唱える陰謀論など、デマと太鼓判をおす様なもんだ。
12. 2021年1月30日 12:35:49 : tIeEzHjPFI : eDk1eUZDdkdvWGc=[1] 報告
>>10続き
大事な事実を忘れていた。

南京大虐殺において、両方の当事者同士、すなわち中国側の蒋介石と日本側の朝香宮と東久邇宮と松井大将、(他に黒龍会の頭山満)が、実は友人同士だったことである。

バーガミニの当該部分を引用する。

> He(蒋介石) still kept in touch with dozens of Japanese friends including Prince Asaka, who would rape Nanking; Prince Higashikuni, who would bomb Nanking: Matsui Iwane, the later general who would be hanged as the “Butcher of Nanking”; and in addition Lord of the Black Dragon Toyama,

南京大虐殺で、たくさんの中国人が、残酷な日本兵に、虐殺され暴行されレイプの犠牲になったことは確かであるけれど、歴史教科書を、そのまま信じることには、躊躇いが生じる。

13. 2021年1月31日 03:58:15 : pKoL0GzSV6 : QmR6anV3NU8zNVE=[99] 報告
ダーク・ウインターの後に予定されているリセット
https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/202101260001/

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際30掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際30掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際30掲示板  
次へ